藤井 靖久

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/16 03:52
 
アバター
研究者氏名
藤井 靖久
 
フジイ ヤスヒサ
eメール
y-fujii.urotmd.ac.jp
URL
http://www.tmd.ac.jp/med/uro/
所属
東京医科歯科大学
部署
大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎泌尿器外科学
職名
教授
学位
博士(医学)(東京医科歯科大学)
科研費研究者番号
70282754

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎泌尿器外科学 教授
 
2018年1月
 - 
2018年3月
東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎泌尿器外科学 教授
 
2016年8月
 - 
2017年12月
東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎泌尿器外科学 教授
 
2012年7月
 - 
2016年7月
東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 器官システム制御学講座 腎泌尿器外科学 准教授
 
2011年7月
 - 
2012年6月
公益財団法人がん研究会有明病院 泌尿器科 副部長
 

学歴

 
 
 - 
1988年3月
東京医科歯科大学 医学部 
 

委員歴

 
 
   
 
腎癌研究会  財務委員長
 
 
   
 
Japanese Journal of Clinical Oncology  査読委員
 
 
   
 
日本泌尿器科学会  代議員
 

受賞

 
2015年3月
ポスター賞: 第30回欧州泌尿器科学会(藤井 靖久)
 
2014年4月
日本泌尿器科学会 IJU reviewers of the Year 2013(藤井靖久)
 
2013年4月
日本泌尿器科学会 第101回日本泌尿器科学会総会 総会賞(藤井靖久,小林秀一郎,古賀文隆,横山みなと,吉田宗一郎,石岡淳一郎,松岡陽,沼尾昇,齋藤一隆,増田均,木原和徳) 膀胱頸部腫瘍は筋層非浸潤性膀胱癌の進展の予測因子である:前向きコホートでの検証と進展予測モデルの作成
受賞者: 藤井靖久,小林秀一郎,古賀文隆,横山みなと,吉田宗一郎,石岡淳一郎,松岡陽,沼尾昇,齋藤一隆,増田均,木原和徳
 
2001年6月
The endocrine society ENDO Travel Awards (Yasuhisa Fujii, Yohei Okada, Joseph P Moore Jr, Alan C Dalkin, Stephen J Winters) Pituitary Adenylate Cyclase-Activating Polypeptide (PACAP) Suppresses Follicle-Stimulating Hormone-b (FSH-b) mRNA levels by Up-Regulating Follistatin Expression
受賞者: Yasuhisa Fujii, Yohei Okada, Joseph P Moore Jr, Alan C Dalkin, Stephen J Winters
 

論文

 
Saori Araki, Toshiki Kijima, Yuma Waseda, Yoshinobu Komai, Yasukazu Nakanishi, Sho Uehara, Yosuke Yasuda, Soichiro Yoshida, Minato Yokoyama, Junichiro Ishioka, Yoh Matsuoka, Kazutaka Saito, Kazunori Kihara, Yujiro Nakano, Takanobu Yoshimoto, Tokujiro Uchida, Yasuhisa Fujii
Int. J. Urol.      2018年11月
To determine the incidence and preoperative risk factors of post-excisional hypoglycemia in patients undergoing pheochromocytoma resection.
Patients who underwent surgical resection of pheochromocytoma at a single institution were retrospectively ...
Kawamura N, Saito K, Inoue M, Ito M, Kijima T, Yoshida S, Yokoyama M, Ishioka J, Matsuoka Y, Kihara K, Fujii Y
Urologia internationalis   1-6   2018年10月   [査読有り]
Waseda Y, Saito K, Ishikawa Y, Kawano K, Yokoyama M, Ishioka J, Matsuoka Y, Morimoto S, Kihara K, Fujii Y
International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association      2018年10月   [査読有り]
Predictive significance of absence of inchworm sign on diffusion-weighted MRI for progression of the pT1 bladder cancer
Yajima Shugo, Yoshida Soichiro, Tanaka Hiroshi, Tanaka Hajime, Inoue Masaharu, Kijima Toshiki, Yokoyama Minato, Ishioka Junichiro, Matsuoka Yoh, Saito Kazutaka, Kihara Kazunori, Fujii Yasuhisa
INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY   25 234-234   2018年10月   [査読有り]
Kawamura N, Yokoyama M, Tanaka H, Nakayama T, Yasuda Y, Kijima T, Yoshida S, Ishioka J, Matsuoka Y, Saito K, Kihara K, Fujii Y
International journal of urology      2018年9月   [査読有り]

Misc

 
Yasuhisa Fujii
Int. J. Urol.      2017年12月   [査読有り][依頼有り]
An accurate prediction of progression is critically important in the management of non-muscle-invasive bladder cancer. At present, three risk models are widely known for prediction of the risk of tumor recurrence and progression of non-muscle-inva...
Soichiro Yoshida, Taro Takahara, Thomas C Kwee, Yuma Waseda, Shuichiro Kobayashi, Yasuhisa Fujii
AJR Am J Roentgenol   208(6) 1218-1228   2017年6月   [査読有り][依頼有り]
DWI has been increasingly applied in the management of bladder cancer. In this article, we discuss the role of DWI as an imaging biomarker for bladder cancer.
The DWI signal is derived from the motion of water molecules, which represents the physi...
内視鏡操作ロボットを用いたガスレス・シングルポート・ロボサージャン前立腺全摘除
松岡 陽、井上雅晴、伊藤将也、吉田宗一郎、横山みなと、石岡淳一郎、沼尾 昇、齋藤一隆、藤井靖久、木原和徳
日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会雑誌   8(1) 31-35   2016年7月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Gasless Single-Port RoboSurgeon Surgery in Urology
Kazunori Kihara, Yasuhisa Fujii, Kazutaka Saito, Fumitaka Koga, Noboru Numao, Yoh Matsuoka, Junichiro Ishioka, Minato Yokoyama, Hitoshi Masuda, Tatsuya Nagai, Soichiro Yoshida, Manabu Tatokoro, Toshiki Kijima, Naoko Kawamura, Masaharu Inoue, Masaya Ito (担当:共著)
Springer   2015年9月   ISBN:978-4-431-54504-0
進行性腎細胞癌に対するI-CCA療法(インターフェロンα、シメチジン、シクロオキシゲナーゼ-2阻害剤およびレニン・アンジオテンシン系阻害剤併用療法) / Year Book of RCC 2014
藤井靖久 (担当:分担執筆)
メディカルレビュー社   2015年2月   
第4編 男性尿路生殖器の腫瘍原発部位 37膀胱 / TNM悪性腫瘍分類カラーアトラス 原書2版.杉原健一,秋田恵一 監訳
藤井靖久,荒木沙織 (担当:共訳)
丸善   2014年8月   
第4編 男性尿路生殖器の腫瘍原発部位 34序論および概論 / TNM悪性腫瘍分類カラーアトラス 原書2版.杉原健一,秋田恵一 監訳
藤井靖久 (担当:共訳)
丸善   2014年8月   ISBN:978-4-621-08831-9
MAP 眼で見る前立腺がん / 新しい診断と治療のABC 49.前立腺がん.改訂第2版.木原和徳 編集
藤井靖久 (担当:分担執筆)
最新医学社   2014年2月   

講演・口頭発表等

 
嚢胞状腎癌と鑑別が困難であったMixed epithelial and stromal tumorの一例
戸出真宏、安田庸輔、金子香澄、田邉健児、福田翔平、福島啓司、森山真吾、上原翔、木島敏樹、吉田宗一郎、横山みなと、石岡淳一郎、松岡陽、齋藤一隆、藤井靖久
第629回日本泌尿器科学会東京地方会   2019年2月21日   
悪性黒色腫ニボルマブ治療後の転移性腎細胞癌に対し、分子標的治療法後のニボルマブ再投与が奏功した1例
田邉健児、横山みなと、布施洸、金子香澄、戸出真宏、福田翔平、福島啓司、森山真吾、上原翔、安田庸輔、木島敏樹、吉田宗一郎、石岡淳一郎、松岡陽、齋藤一隆、藤井靖久                     
第628回日本泌尿器科学会東京地方会   2018年12月14日   
東京医科歯科大学における閉塞性腎盂腎炎の特徴と治療成績
福島啓司、布施洸、田邉健児、金子香澄、戸出真宏、福田翔平、森山真吾、安田庸輔、上原翔、木島敏樹、吉田宗一郎、横山みなと、石岡淳一郎、松岡陽、齋藤一隆、木原和徳、藤井靖久
第136回尿路生殖研究会   2018年12月1日   
無阻血腎部分切除後の急性腎障害および中期的腎機能の検討
横山みなと、川村尚子、上原翔、安田庸輔、木島敏樹、吉田宗一郎、石岡 淳一郎、松岡陽、齋藤一隆、木原和徳、藤井靖久
第49回腎癌研究会   2018年7月4日   
精巣癌集学的治療後、残存リンパ節病変の胸椎浸潤に対して、椎体全摘除を含む残存腫瘍摘除を施行した一例
金子香澄、戸出真宏、木島俊樹、横山みなと、田邊健児、福田悠一、福田翔平、早稲田悠馬、安田庸輔、森山慎吾、上原翔、吉田宗一郎、石岡淳一郎、松岡陽、齋藤一隆、藤井靖久、木原和徳
第627回日本泌尿器科学会東京地方会   2018年6月23日   

競争的資金等の研究課題

 
前立腺癌
腎癌
膀胱癌
前立腺癌診療におけるMRIと経尿道的超音波内視鏡による画像統合ガイダンスの開発
文部科学省/日本学術振興会: 
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 松岡 陽
腎細胞癌における腫瘍促進性炎症と免疫逃避のメカニズム:新規治療戦略の構築に向けて
文部科学省/日本学術振興会: 
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 齋藤 一隆

社会貢献活動

 
根治治療後に再発した前立腺に対する治療
【取材協力】  株式会社Qlife  がんプラス  2018年1月16日
進行がんの薬物治療.効果が期待できる薬を順番に使う.低コストで安全かつ効果的な進行前立腺がんの順次薬物療法・がんサポート 2015・3号 (藤井靖久)
【取材協力, 講師, 情報提供】  エビデンス社  がんサポート  2015年3月
ここまでわかるがん治療.進行腎がんに対するI-CCA治療・日刊現代2014/12/3(藤井靖久)
【取材協力, 講師, 情報提供】  日刊現代  日刊現代  2014年12月3日
医療用ロボットによる低侵襲手術の進化・医学部 A to Z(藤井靖久)
【取材協力, 講師, 情報提供】  代々木ゼミナール/Y-Sapix  医学部 A to Z  2014年
がん治療最前線.進行腎がんI-CCA治療.・日刊現代2013/11/7(藤井靖久)
【取材協力, 講師, 情報提供】  日刊現代  日刊現代  2013年11月7日