犬丸 敏康

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/01 13:15
 
アバター
研究者氏名
犬丸 敏康
 
イヌマル トシヤス
所属
金城大学
部署
医療健康学部作業療法学科
学位
修士(保健学)(金沢大学), 博士(保健学)(金沢大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1992年
 - 
1993年
日立ソフトウェアエンジニアリング(株) システムエンジニア 
 
1997年
 - 
2002年
辰口芳珠記念病院 作業療法士 
 
2002年
 - 
2008年
金沢大学 助手 
 
2008年
 - 
2013年
金沢大学 助教
 
2013年
 - 
現在
金城大学 准教授
 

学歴

 
1988年
 - 
1992年
金沢工業大学 工学部 電子工学科
 
1994年
 - 
1997年
金沢大学 医療技術短期大学部 作業療法学科
 
2000年
 - 
2002年
金沢大学 医学系研究科 作業療法学領域
 
2002年
 - 
2005年
金沢大学 医学系研究科 リハビリテーション科学領域
 

委員歴

 
2013年7月
 - 
現在
日本作業文脈学研究会  代表
 
2013年7月
 - 
現在
植物いきいきサークル  顧問
 

論文

 
日常生活における生活者としての新たな視座 -ADLとAPDLの関連から-
日本作業文脈学雑誌   6 1-4   2018年
ペグ作業へのFittsの法則の適用
日本作業文脈学雑誌   5 7-10   2017年
上肢の等尺性収縮課題の計算モデルと、そのソフトウェアの開発
日本作業文脈学雑誌   4 9-13   2016年
Towards establishment of "Horticultural Sociology”
Proceedings of Academic & Practical Conference of Department of Horticultural Therapy   24-28   2015年
手と作業
日本作業文脈学雑誌   3 1-8   2015年

Misc

 
運動指令の入力がリーチング運動に及ぼす影響
日本作業療法学会抄録集   P18001   2011年
神経の集団ベクトルからみた機能回復の可能性
日本作業療法学会抄録集   H1-Ⅲ-1   2009年
立位における姿勢と荷重の変化に対する下肢筋群の貢献度
日本作業療法学会抄録集   p458   2008年
手部への徒手抵抗課題を支援するソフトウェアの作成
日本作業療法学会抄録集   p325   2007年
二関節筋における筋活動度の違い-モデル研究-
日本作業療法学会抄録集   p490   2006年

書籍等出版物

 
Towards establishment of “Horticultural Sociology”
中国林业出版   2016年1月   
Research and Practice Proceedings of 2015 Chinese Horticultural Therapy pp24-28

競争的資金等の研究課題

 
日常生活動作・基本動作や作業活動における運動解析
運動制御や治療的作業のモデル化,シミュレーション解析
運動過程における筋活動量を決定するメカニズムの解明
人類史における作業の変遷とその価値と意味の探求
園芸(ガーデニング)を主体とする療法・福祉的側面の実践