松﨑 秀夫

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/14 14:41
 
アバター
研究者氏名
松﨑 秀夫
 
マツザキ ヒデオ
URL
https://sites.google.com/site/kokoromatsuzaki/
所属
福井大学
部署
子どものこころの発達研究センター
職名
教授
学位
博士(医学)(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2012年11月
 - 
現在
福井大学 子どものこころの発達研究センター 教授
 
2010年
 - 
2012年
 浜松医科大学子どものこころの発達研究センター, 特任准教授
 
2006年
 - 
2010年
 大阪大学大学院医学系研究科 子どものこころの分子統御機構研究センター, 特任助教授
 
2001年
 - 
2006年
 浜松医科大学解剖学講座神経機能学分野, 助手
 
2002年
 - 
2005年
 エール大学医学部精神科, 博士研究員
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2001年3月
大阪大学大学院 医学系研究科 
 
1987年4月
 - 
1994年3月
大分医科大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2011年
   
 
日本臨床精神神経薬理学会  一般会員
 
2010年
   
 
International Society for Autism Research  一般会員
 
2009年
   
 
日本児童青年精神医学会  一般会員
 
2012年
   
 
日本脳科学会  評議員
 
2006年
   
 
日本生物学的精神医学会  一般会員
 

論文

 
Toritsuka M, Makinodan M, Yamauchi T, Yamashita Y, Ikawa D, Komori T, Kimoto S, Hamano-Iwasa K, Matsuzaki H, Kishimoto T.
In Vitro Cell Dev Biol Anim.   54(7) 523-527   2018年6月   [査読有り]
Nelissen TP, Bamford RA, Tochitani S, Akkus K, Kudzinskas A, Yokoi K, Okamoto H, Yamamoto Y, Burbach JPH, Matsuzaki H, Oguro-Ando A
Neuroscience   372 114-125   2018年1月   [査読有り]
Morimura N, Yasuda H, Yamaguchi K, Katayama KI, Hatayama M, Tomioka NH, Odagawa M, Kamiya A, Iwayama Y, Maekawa M, Nakamura K, Matsuzaki H, Tsujii M, Yamada K, Yoshikawa T, Aruga J
Nat Commun.   8 15800   2017年6月   [査読有り]
Fluvoxamine reverses estrogen-dependent decline in voluntary activities and decreased amygdala levels of serotonin in ovariectomized rats.
Ishibashi Y, Izumo N, Iwata K, Morikawa T, Kameyama T, Watanabe Y, Manabe T Matsuzaki H
Journal of Brain Science.   46 5-19   2017年5月   [査読有り]
Andrade EC, Musante V, Horiuchi A, Matsuzaki H, Brody AH, Wu T, Greengard P, Taylor JR, Nairn AC
J Neurosci.   37(10) 2709-2722   2017年3月   [査読有り]
Ikawa D, Makinodan M, Iwata K, Ohgidani M, Kato TA, Yamashita Y, Yamamuro K, Kimoto S, Toritsuka M, Yamauchi T, Fukami SI, Yoshino H, Okumura K, Tanaka T, Wanaka A, Owada Y, Tsujii M, Sugiyama T, Tsuchiya K, Mori N, Hashimoto R, Matsuzaki H, Kanba S, Kishimoto T
Brain Behav. Immun.   61 375-385   2017年3月   [査読有り]
Makinodan M, Iwata K, Ikawa D, Yamashita Y, Yamamuro K, Toritsuka M, Kimoto S, Okumura K, Yamauchi T, Yoshino H, Tsujii M, Sugiyama T, Tsuchiya K, Mori N, Matsuzaki H, Kishimoto T
Neurochem. Int.   104 1-5   2017年3月   [査読有り]
Kameno Y, Suzuki K, Takagai S, Iwata K, Matsuzaki H, Takahashi K, Wakuda T, Iwata Y, Magata Y, Mori N
Acta Neuropsychiatr.   28(6) 352-356   2016年12月   [査読有り]
Sato R, Tsuchiya KJ, Matsuzaki H, Takei N, Itoh H, Kanayama N, Suda T, Watanabe H, Ohashi T, Tanaka M, Nishimura S, Maekawa M, HBC study group.
Medicine   95(14) e3219   2016年4月   [査読有り]
Maekawa M, Iwayama Y, Ohnishi T, Toyoshima M, Shimamoto C, Hisano Y, Toyota T, Balan S, Matsuzaki H, Iwata Y, Takagai S, Yamada K, Ota M, Fukuchi S, Okada Y, Akamatsu W, Tsujii M, Kojima N, Owada Y, Okano H, Mori N, Yoshikawa T
Sci Rep.   6 20268   2016年1月   [査読有り]

書籍等出版物

 
新版児童青年精神医学第6版
マイケル・ラター編 長尾圭造監訳 (担当:共訳)
明石書店   2018年4月   ISBN:9784750346410
発達障害児者支援とアセスメントのガイドライン
金子書房   2014年   ISBN:978-4-7608-3257-6

講演・口頭発表等

 
発達障害におけるFOXP1 転写因子の役割
臼井紀好、Konopka G.、松﨑秀夫
第4回 包括的神経グリア研究会 UNG light 2018   2018年1月6日   
自閉症におけるミトコンドリア機能不全
松﨑秀夫
第17回日本ミトコンドリア学会年会   2017年11月23日   
Phosphoinositide‒responsive Phldb2 regulates synaptic plasticity through glutamate receptors.
Xie MJ, Ishikawa Y, Yagi H, Matsuzaki H, Fukazawa Y, Sato M.
The Society for Neuroscience 47th annual meeting   2017年11月11日   
小児AD/HD患者を対象としたグアンファシンの国内臨床試験
松﨑秀夫
第27回日本臨床精神神経薬理学会   2017年11月2日   
選択性緘黙の併存が自閉スペクトラム症の社会的情報への注目にあたえる影響
藤岡徹、新井清義、水野賀史、滝口慎一郎、藤澤隆史、土屋賢治、片山泰一、松﨑秀夫、友田明美、平谷美智夫、小坂浩隆
第58回日本児童青年精神医学会総会   2017年10月17日   
血中ラジカル消去活性に着目した自閉症エネルギー代謝異常の研究
松﨑秀夫
第58回日本児童青年精神医学会   2017年10月15日   
小学生の自己肯定感向上を目的としたTreasure File Program (TFP)の効果検証:パイロット研究結果
岩堀美雪、押山千秋、松﨑秀夫
第44回日本脳科学会   2017年10月14日   
血中ラジカル消去活性に着目した自閉症エネルギー代謝異常の研究
松﨑秀夫
第39回日本生物学的精神医学会   2017年9月29日   
自閉症の科学 [招待有り]
松﨑秀夫
名古屋市立大学医学部「医療・保健学びなおし講座」   2017年9月27日   
Measurement of multiple radical scavenging activity as a diagnostic method for children with ASD.
Matsuzaki H, Hirayama A
第60回日本神経化学会   2017年9月9日   
Autism-like behavioral abnormalities in N-ethylmaleimide-sensitive factor knockout mice.
Xie MJ, Iwata K, Fukazawa Y, Matsuzaki H
第60回日本神経化学会   2017年9月7日   
分子から脳発生と神経発達障害を読み解く
臼井紀好、Konopka G.、松﨑秀夫
第60回日本神経化学会大会   2017年9月7日   
自閉症関連遺伝子Foxp1 の機能解析
臼井紀好、Konopka G、松﨑秀夫
第18回ORIGIN神経科学研究会   2017年8月26日   
新規セロトニントランスポーター制御因子としてのNSFヘテロノックアウトマウスの解析
謝 敏珏、松﨑秀夫
第18回ORIGIN神経科学研究会   2017年8月26日   
自閉症関連遺伝子Foxp1 の機能解析
臼井紀好、Konopka G、松﨑秀夫
第5回生物学的自閉症研究会   2017年7月15日   
インチュニブの国内臨床試験 [招待有り]
松﨑秀夫
インチュニブ新発売記念全国講演会   2017年6月25日   
子どもの生活習慣と脳の発達 [招待有り]
松﨑秀夫
福井県PTA活動地区別研修会   2017年6月17日   
自閉スペクトラム症における酸化ストレス [招待有り]
松﨑秀夫
第70回日本酸化ストレス学会学術集会   2017年6月   
GABAA receptor activation by maternally-derived taurine underlies the temporal regulation of cellular properties of the neural stem cells in the mouse developing cortex.
Tochitani S, Frukawa T, Ito T, Matsushima Y, Kojima T, Matsuzaki, H. and Fukuda A.
The 20th International Taurine Meeting   2017年5月27日   
自閉症関連遺伝子FOXP1の機能解析
臼井紀好、Konopka G、松﨑秀夫
神経科学の新しい解析法とその応用」「グリア細胞機能から迫る脳機能解明」合同研究会   2017年5月26日   
Measurement of Multiple Radical Scavenging Activity as a diagnostic method for autism spectrum disorder in children.
Matsuzaki H, Hirayama A.
2017 International Meeting for Autism Research   2017年5月11日   
生活習慣の重要性 [招待有り]
松﨑秀夫
福井県放課後子どもクラブ従事者研修会   2017年3月3日   
気がかりな子どもへの理解と対応 [招待有り]
松﨑 秀夫
福井県放課後子どもクラブ従事者研修会   2017年3月3日   
生活習慣の重要性 [招待有り]
松﨑秀夫
福井県放課後子どもクラブ従事者研修会   2017年3月1日   
気がかりな子どもへの理解と対応 [招待有り]
松﨑秀夫
福井県放課後子どもクラブ従事者研修会   2017年3月1日   
子どものこころを診る [招待有り]
松﨑秀夫
福井県大野市青少年問題協議会   2017年2月22日   
自閉症者脳PET所見に基づくシナプス膜移行異常仮説の検証
松﨑秀夫
第4回生物学的自閉症研究会   2017年1月21日   
自閉症の科学
松﨑秀夫
平成28年度福井大学公開講座   2016年11月19日   
Measurement of Multiple Radical Scavenging Activity as a diagnostic method for autism spectrum disorder in children.
Hirayama A and Matsuzaki H.
The Society for Redox Biology and Medicine’s 23rd Annual Meeting   2016年11月19日   
Genome-wide DNA methylation profiles in postmortem brains from subjects with autism.
Iwata K, Nakabayashi K, Hata K, Nakamura K, N Shintani, Matsuzaki H, Mori N.
The Society for Neuroscience 46th annual meeting   2016年11月13日   
Phosphoinositide responsive Phldb2 regulates synaptic plasticity.
Xie MJ, Yagi H, Iguchi T, Oka Y, Fukazawa Y, Matsuzaki H, Iwata K, Ishikawa Y, Sato, M.
The Society for Neuroscience 46th annual meeting   2016年11月13日   
Specific Hypolipidemia caused by VLDL degradation in Children with ASD.
Matsuzaki H, Iwata K, Nakamura K, Tsujii M and Mori N.
The Society for Neuroscience 46th annual meeting   2016年11月13日   
自閉症の科学 [招待有り]
松﨑秀夫
名古屋市立大学医学部「医療・保健学びなおし講座」   2016年11月2日   
自閉症の科学 [招待有り]
松﨑秀夫
新潟精神医学会   2016年10月22日   
自閉症者血清中の糖脂質: MALDI-TOF-MSによる網羅的糖鎖分析
原田陽子、渡邊賢、松﨑秀夫
第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会合同年会   2016年9月8日   
Phldb2, a phosphoinositide mediator, regulates synaptic plasticity through AMPA reseptor and CaMKⅡ.
謝 敏かく、八木秀司、猪口徳一、岡 雄一郎、黒田一樹、深沢有吾、松崎秀夫、岩田圭子、石川保幸、佐藤 真
第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会合同年会   2016年9月8日   
自閉症死後脳縫線核メチル化状態の網羅的解析
松﨑秀夫、岩田圭子、中林一彦、中村和彦、秦健一郎、森則夫
第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会合同年会   2016年9月8日   
Clinical research for Child Mental Development in Japan. [招待有り]
Matsuzaki H
VIMM seminar   2016年8月30日   
脳の発達と問題行動 [招待有り]
松﨑秀夫
福井県藤島中学校区夏季合同研修会   2016年8月3日   
NSF interacts with SERT and modulates its trafficking: implications for pathophysiology in autism.
松﨑秀夫
第5回日本DOHaD研究会学術集会   2016年7月23日   
子どもの生活習慣と脳の発達 [招待有り]
松﨑秀夫
福井県PTA連合会地区別研修会   2016年6月26日   
自閉症スペクトラムの生物学的研究
松﨑秀夫
アスペ・エルデの会総会   2016年5月22日   
発生期マウス大脳皮質においてタウリンは神経前駆細胞の時系列的性質変化を制御する
栃谷史郎、古川智範、伊藤崇志、小島俊男、松﨑秀夫、福田敦夫
第2回国際タウリン研究会日本部会   2016年3月5日   
脳の発達と問題行動 [招待有り]
松﨑秀夫
福井県第2回いじめ・不登校対策研修会   2016年1月22日   
自閉症の科学 [招待有り]
松﨑秀夫
徳島大学FD講演会   2015年12月22日   
発生期マウス大脳皮質においてタウリンは神経前駆細胞の時系列的性質変化を制御する
栃谷史郎、古川智範、伊藤崇志、小島俊男、松﨑秀夫、福田敦夫
BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会)   2015年12月2日   
新規SERT 制御因子としてのNSF ~自閉症発症メカニズムへの関与~
岩田圭子、松﨑秀夫、立花太郎、中村和彦、片山泰一、森 則夫
第42回日本脳科学会   2015年11月13日   
発生期マウス大脳皮質においてタウリンは神経前駆細胞の時系列的性質変化を制御する
栃谷史郎、古川智範、伊藤崇志、小島俊男、松﨑秀夫、福田敦夫
第42回日本脳科学会   2015年11月12日   
NSF interact with SEAT and modulates its trafficking : implications for path ophysiology in autism.
Iwata, K., Matsuzaki, H., Tachibana, K., Nakamura, K., Katayama, T. and Mori, N.
Neuroscience 2015   2015年10月21日   
PET所見に基づく自閉症・シナプス膜移行異常仮説の検証
松﨑秀夫
第45回日本神経生物薬理学会、第37回日本生物学的精神医学会 合同年会   2015年9月25日   

Works

 
血清メタボローム解析による自閉症脂肪酸代謝異常の解明と診断マーカーの確立, 基盤研究(C)(一般)
2014年
自閉症スペクトラムのstate marker-注視点検出装置の臨床応用と展開, 基盤研究(C)(一般)
2014年
非公開, 挑戦的萌芽研究
2014年
非公開, 基盤研究(C)(一般)
2014年
統合失調症の病態発生因子としてのミクログリアの機能解析, 基盤研究(B)
2013年

特許

 
特許EP PATENT #10823205.9 : Method and marker for determination of degree of risk of onset of high-functioning autism
森則夫、中村和彦、鈴木勝昭、土屋賢治、岩田圭子、松﨑秀夫
特許CN PATENT #ZL201080046519.3 : 判定高功能自閉症的友病危陰度的方法及栃氾物
森則夫、中村和彦、鈴木勝昭、土屋賢治、岩田圭子、松﨑秀夫
特許US PATENT #8518659 B2 : Method for determination of degree of risk of onset of high-functioning autism
森則夫、中村和彦、鈴木勝昭、土屋賢治、岩田圭子、松﨑秀夫
特願2016-170479 : 自閉症スペクトラム障害の判定方法と判定用キット
平山暁、松﨑秀夫
特願2015-017613 : 妊娠期母体腸内細菌攪乱による行動異常モデル動物の作製方法とその用途
栃谷史郎、松崎秀夫