伊藤盡

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/15 18:31
 
アバター
研究者氏名
伊藤盡
 
イトウツクス
所属
信州大学
部署
学術研究院人文科学系
職名
教授

経歴

 
2016年5月
 - 
現在
信州大学・大学院 人文学部・人文科学研究科 教授
 
2009年4月
 - 
2016年4月
信州大学人文学部 准教授
 
2001年4月
 - 
2005年3月
杏林大学外国語学部 専任講師
 
2005年4月
 - 
2007年3月
杏林大学外国語学部 助教授
 
2007年4月
 - 
2009年3月
杏林大学外国語学部 准教授
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
2017年3月
日本中世英語英文学会  学会誌 Studies in Medieval Language and Literature委員長
 
2002年6月
 - 
2004年6月
日本アイスランド学会  事務局
 
2009年12月
 - 
2012年12月
日本中世英語英文学会  大会準備委員
 
2009年8月
   
 
国際サガ学会  評議委員
 
2012年12月
   
 
日本中世英語英文学会  学会誌編集委員
 

論文

 
News from Eastern Lands on Northern Languages: Notes on a Japano-Anglo-Saxon Library
伊藤盡
POETICA: An International Journal of Linguistic‐Literary Studies   (86) 139-154   2017年3月   [査読有り]
書評 Matthew Townend: Viking Age Yorkshire. 2015(Pickering: Blackthorn Press, 2014)
伊藤盡
日本アイスランド学会会報   (34) 20-24   2015年6月   [査読有り]
北欧神話の雷神ソールと『マイティ・ソー』
伊藤盡
ユリイカ:詩と批評   198-209   2014年5月   [査読有り]
Language as an Instrument of the Epicist: J. R. R. Tolkien's Mythopoeia.
『ねびゅらす』   18 81-98.   1989年   [査読有り]
Under the Cloak of Clouds: A Study of Sky Synonyms in Beowulf.
The Round Table   6 1-31   1991年
The Meaning of Lhammas or 'Account of Tongues' for Tolkien's Mythology.
Colloquia   14 30-35   1993年
Note on Line 164 of Havelok the Dane.
Medieval English Studies Newsletter   28 7   1993年
Old Norse Idiomatic Phrases in Havelok the Dane.
Tsukusu Ito
『藝文研究』   64 19-39   1993年   [査読有り]
Wæs Þæt God Cyning se þe Monegum Mægþum Meodosetla Ofteah?
伊藤 盡
The Round Table   9 1-6   1994年
'If Their Wits Fail in Courtly Discourses': Some Examples of Taciturn Description in Icelandic Sagas.
Tsukusu Ito
The Round Table   13 147-60   1998年
Óðinn and the Names of God: Justification of Paganism in Snorra Edda'
Zwischenzeiten Zwischenwelten: Festschrift für Kozo Hirao. Ed. Josef Fürnkäs, Masato Izumi and Ralf Schnell. Frankfurt am Main: Peter Lang   243-257   2001年   [査読有り]
Considering the Differences of Scandinavian Tradition in Danelaw
Tsukusu Ito
The Round Table   22 45-59   2008年
中英語詩Havelokにおけるut-再考:Separable Verbsのparticle分離過程
伊藤盡
人文科学論集. 文化コミュニケーション学科編   44 55-64   2010年   [査読有り]
The Gosforth Fishing-Stone and Hymiskviða: An Example of Inter-Communicability between the Old English and Old Norse Speakers
Tsukusu Itó
Á austrvega, Saga and East Scandinavia. Preprint Papers of the 14th International Saga Conference, Uppsala 9thö15th August 2009.   1 429-437   2009年
Review on John Grigsby, Beowulf and Grendel: The Truth behind England's Oldest Legend (London: Watkins, 2005, 256pp).
Studies in Medieval English Language and Literature   (24) 77-84   2009年   [査読有り]
The Gosforth Fishing-Stone and Hymiskviða: An Example of Inter-Communicability between the Old English and Old Norse Speakers
Scripta Islandica, Isländska sällskapets årsbok   (60/2009) 137-57   2010年   [査読有り]
北欧ゴシックとモリス、ラスキン、そして…ラスキンの秘書「コリングウッド」
伊藤 盡
ラスキン文庫だより   (59) 9-12   2010年   [査読有り]
北欧語から英語への借入語としてのTroll
伊藤 盡
人文科学論集. 文化コミュニケーション学科編   46 69-83   2012年3月   [査読有り]
荻原規子の神話ファンタジーの中の〈夢〉と〈名前〉
伊藤盡
ユリイカ:詩と批評   (2013年4月) 139-50   2013年3月   [査読有り][招待有り]
ゲルマン語派文献学者(?)としてのトールキンの〈相〉
伊藤盡
三色旗   (2013年5月号) 10-16   2013年4月   [査読有り][招待有り]

Misc

 
12モンキーズ
伊藤盡
スクリーン・イングリッシュ   (1997-1) 59-61   1997年1月   [査読有り][依頼有り]
フェア・ゲーム
伊藤盡
スクリーン・イングリッシュ   (1996-12) 70-72   1996年12月   [査読有り][依頼有り]
ベイブ
伊藤盡
スクリーン・イングリッシュ   (1996-11) 73-75   1996年11月   [査読有り][依頼有り]
セブン
伊藤盡
スクリーン・イングリッシュ   (1996-9) 77-79   1996年9月   [査読有り][依頼有り]
ゴールデン・アイ
伊藤盡
スクリーン・イングリッシュ   (1996-8) 74-76   1996年8月   [査読有り][依頼有り]

書籍等出版物

 
貴婦人ゴディヴァ:語り継がれる伝説
ダニエル・ドナヒュー著、伊藤盡訳 (担当:単訳)
慶應義塾大学出版会   2011年10月   
探求するファンタジー:神話からメアリー・ポピンズまで
伊藤盡 (担当:共著, 範囲:第6章 「トールキンのファンタジー:想像力の源泉としての中世英語・北欧語文献学」)
風間書房   2010年3月   
現在のゲームやファンタジー作品の元になっているのは中世までの著作、戦記、年代記、サガである、という立場から、中世英語・北欧語文献学者であるトールキンの作品こそが、如何に現代に影響を与えたか、あるいは与えないまでも、トールキン作品に認められるのかを示した。
国際理解にやくだつ世界の神話5 ヨーロッパの神話(監修 吉田敦彦、辺見葉子、伊藤盡共編著 イラスト 奥田みき;「第二部 北ヨーロッパの神話」pp.43-70担当)
ポプラ社   2000年   ISBN:4-591-06373-9
大英図書館:秘蔵コレクションとその歴史
ニコラス・バーカー、大英図書館スタッフ共著、高宮利行監修、松田隆美(全体、英語以外の西欧諸語の書名)、高橋宣也(7, 9, 10, 13章)、原田範行(前文, 序章, 1, 4, 5, 6, 11章)、伊藤盡共訳 (担当:共訳, 範囲:第2, 3, 8, 12, 14章(pp. 25-39, 40-60, 121-41, 208-20, 249-69)翻訳担当)
大英図書館、ミュージアム図書   1996年9月   ISBN:4-944113-11-0
指輪物語 フロドの旅:「旅の仲間」のたどった道(バーバラ・ストレイチー著 伊藤盡訳)
評論社   2003年   ISBN:4-566-02376-1
シリーズ もっと知りたい名作の世界 9 指輪物語(共著 成瀬俊一編。共著者:安藤聡、青木由紀子、井辻朱美、伊藤盡、小野俊太郎、上橋菜穂子、小谷真理、藤森かよこ、赤井俊夫、鬼塚大輔) Chapter 3「トールキンの言葉:文献学的に読むトールキン作品」(pp32-45)、「心に残る名場面」(p104)を分担執筆
ミネルヴァ書房   2007年   
『指輪物語』 エルフ語を読む
青春出版社   2004年   
中世イギリス文学入門:研究と文献案内 (高宮利行、松田隆美共編。共著者:赤江雄一、安形麻理、Andrew Armour、家入葉子、石黒太郎、伊藤盡、井上典子、A. S. G. Edwards、大沼由布、小倉美知子、加藤誉子、神崎忠昭、久木田直江、久保内端郎、小竹直、小林宜子、小路邦子、John Scahill、William Snell、高木眞佐子、高田康成、髙橋勇、髙宮利行、田口まゆみ、田尻雅士、徳永聡子、土肥由美、原島貴子、辺見葉子、Julia Boffey、松田隆美、松村剛、向井毅、Haruk…
雄松堂   2008年   
中世イギリス文学入門:研究と文献案内 (高宮利行、松田隆美共編。共著者:赤江雄一、安形麻理、Andrew Armour、家入葉子、石黒太郎、伊藤盡、井上典子、A. S. G. Edwards、大沼由布、小倉美知子、加藤誉子、神崎忠昭、久木田直江、久保内端郎、小竹直、小林宜子、小路邦子、John Scahill、William Snell、高木眞佐子、高田康成、髙橋勇、髙宮利行、田口まゆみ、田尻雅士、徳永聡子、土肥由美、原島貴子、辺見葉子、Julia Boffey、松田隆美、松村剛、向井毅、...
『ベーオウルフ』とその周辺—忍足欣四郎先生追悼論文集. Essays on
唐澤一友編、忍足欣四郎、他 (担当:共著, 範囲:Agony of Agnostos Theos: Descriptions of Grendel as Nature Genius)
春風社   2009年9月   ISBN:4-861-101905
『探究するファンタジー:神話からメアリー・ポピンズまで』第6章 トールキンのファンタジー:想像力の源泉としての中世英語・北欧語文献学
風間書房   2010年   ISBN:4-7599-1794-9

講演・口頭発表等

 
Búri as deus terra editus and Þórr as Iarðar burr: The Earth-born Gods in the Scandinavian Mythology
15th International Saga Conference, Aarhus University   2012年8月10日   
北欧神話・伝説の 視点から読む 『指輪物語』
日本イギリス児童文学会、中部支部、春の例会   2012年6月30日   
The Origins of the Name "Thrihyrne" in The Lord of the Rings in Relation to the Icelandic Sagas
46th International Congress on Medieval Studies   2011年5月11日   
『ホビットの冒険』の文献学的魔法: Usages of Runes, Magic with Wisdom from the Philological Viewpoints
日本イギリス児童文学会第41回大会   2011年11月20日   
Historicity of the Cumbrian Dialect of English: Dialectizing Process through Language Contact
The 21st International Conference on Historical Linguistics   2013年8月8日