辻 洋

J-GLOBALへ         更新日: 15/04/28 10:12
 
アバター
研究者氏名
辻 洋
 
ツジ ヒロシ
所属
大阪府立大学
学位
博士(工学)(京都大学)

研究分野

 

経歴

 
1978年
 - 
2002年
(株)日立製作所 システム開発研究所
 
1997年
 - 
2001年
 大阪大学大学院工学研究科 非常勤講師
 
1998年
 - 
1999年
 大阪工業大学情報科学部 非常勤講師
 
2002年
   
 
-    大阪府立大学大学院工学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1978年
京都大学 工学研究科 数理工学
 
 
 - 
1976年
京都大学 工学部 数理工学科
 

委員歴

 
2006年
   
 
•システム制御情報学会理事(2006-08) SCI'07プログラム委員長
 
2004年
   
 
•電気学会:21世紀型組織に対応したCSCWシステム技術調査専門委員会 委員長 (2004-06)
 
2005年
 - 
2006年
•電気学会C部門論文誌特集号ゲストエディタ「日常活動を変革する情報システム技術」(2005-2006)
 
2003年
 - 
2004年
•産学戦略研究フォーラムSSR:プロジェクト主査 (2003-2004, 2005-2007, 2008-2009)
 
 
   
 
•オブジェクトマネージメントグループOMG標準化委員(WorkFlow)
 

Misc

 
New Frontiers in Applied Artificial Intelligence   5027 659-668
Ashley A. Bush, Amrit Tiwana, Hiroshi Tsuji
Information and Software Technology   50(6) 499-510   2008年
オフショア・ソフトウェア開発の進化と技術者の経験知
辻 洋 , 守安 隆 , 盛 忠起
情報処理   49(5) 551-557

書籍等出版物

 
経営情報処理のための知識情報処理技術
コロナ社   2000年   
インテリジェントキャッシング、池田俊明(監修)デジタルサービス革命―自立分散サービスシステム、日本工業新聞社、pp147-153(1998)
日本工業新聞社   1998年   

Works

 
家庭内エネルギー消費評価研究
EIP用知識管理システムの研究

競争的資金等の研究課題

 
ソフトウェアのオフショア開発におけるリスク管理
研究期間: 2005年   
米国、中国、台湾、ベトナムの研究者とともにオフショアソフトウェア開発のリスク管理について研究
知識管理に関する研究
情報技術を用いた知識の管理技法、特に、広域、リアルタイム、双方向、スパイラルを考慮した手法
サプライチェーンマネージメントに関する研究
経営情報システムに関する研究
研究期間: 2002年   
経営情報システム研究所を設立して、内外の産業界の研究者・実務者と共同研究を行っている
サービスシステムの構築に関する研究
研究期間: 2005年   

特許

 
知識情報処理システム
推論方法に基づく故障診断方法
オフィス情報処理システム
電子秘書システム
キーワード付与システム