MISC

2019年8月

医療者養成機関における、発達障害およびその特性のある学生支援の基本的理解

医学教育
  • 川上 ちひろ
  • ,
  • 西城 卓也
  • ,
  • 恒川 幸司
  • ,
  • 今福 輪太郎
  • ,
  • 中村 和彦

50
4
開始ページ
337
終了ページ
346
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
(一社)日本医学教育学会

障害者差別解消法により、医療者養成機関においても発達障害およびその特性がある学生への合理的配慮の提供が求められている。合理的配慮とは、できる権利を保障するための配慮であり、教育機関には提供の義務がある。本稿では、医療者養成機関における発達障害およびその特性がある学生の「入学」、「在学中」、「就職」の面から合理的配慮の考え方と、具体的な支援について概説した。発達障害およびその特性がある学生の支援においては、明確な基準の提示、教職員同士の連携・協働、さらに特性のある学生との関わり方の基本の理解が必要である。(著者抄録)

リンク情報
Jamas Url
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&doc_id=20190913080003&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fed9jmded%2F2019%2F005004%2F003%2F0337-0346%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif
Jamas Url
https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&doc_id=20190913080003&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11307%2Fmededjapan.50.4_337&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

エクスポート
BibTeX RIS