国田 清志

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/14 03:06
 
アバター
研究者氏名
国田 清志
 
クニタ キヨシ
所属
専修大学
部署
商学部
職名
教授
学位
修士(商学)(一橋大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2002年3月
一橋大学 商学研究科 経営学及び会計学
 

論文

 
『会社会計基準序説』研究-基礎的概念の体系化と「会計」への接近法の分析-
国田 清志
修士論文 一橋大学大学院商学研究科   >   1999年1月
会計における基礎的概念-『会社会計基準序説』研究-
国田 清志
「一橋論叢」第123巻第5号 一橋大学一橋学会   >797-816   2000年5月
損益計算書における特別損益項目の見方-『会社会計基準序説』を拠り所にして-
国田 清志
「産業経理」第60巻第3号 産業経理協会   >95-106   2000年10月
「継続企業の前提と財務諸表の質的特徴-IASCフレームワークとFASB概念フレームワークの比較」
国田 清志
「企業会計」第53巻第12号 中央経済社   >147-153   2001年12月
「G4+1諸国における会計概念フレームワークの類型」
国田 清志
「会計学研究」第29巻 専修大学会計学研究所   >35-54   2003年3月

講演・口頭発表等

 
公開草案「顧客との契約から生じる収益」への簿記からのアプローチ -取引価格の事後変動を中心として―
日本簿記学会第27回全国大会   2011年8月27日   日本簿記学会
専門科目の学習を支援する日本語教育
世界日本語教育研究大会第10回   2011年8月21日   中国日本語教学研究会
会計概念フレームワークの利用可能性 ―オーストラリア会計制度の展開―
日本会計研究学会第64回全国大会   2005年9月15日   日本会計研究学会
IFRS第15号における収益認識アプローチとIASB概念フレームワークとの整合性-概念フレームワークの目的と役割-
日本会計研究学会第75回全国大会   2016年9月13日   日本会計研究学会

競争的資金等の研究課題

 
会計概念フレームワークの研究