Sato Yukita

J-GLOBAL         Last updated: Nov 2, 2019 at 03:10
 
Avatar
Name
Sato Yukita
E-mail
sato.yukitanihon-u.ac.jp
URL
http://hp.brs.nihon-u.ac.jp/~vetexpr/
Affiliation
Nihon University
Section
College of Bioresource Sciences, Department of Veterinary Medicine
Job title
Professor
Degree
Ph. D. (Veterinary Science)(Hokkaido University)
Research funding number
40271762

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2017
   
 
Professor, Department of Veterinary Medicine, College of Bioresource Sciences, Nihon University
 
Apr 2010
 - 
Mar 2017
Associate Professor, Department of Veterinary Medicine, College of Bioresource Sciences, Nihon University
 
Apr 2005
 - 
Mar 2010
Assistant Professor, Department of Veterinary Medicine, College of Bioresource Sciences, Nihon University
 
Apr 2002
 - 
Mar 2005
Research Associate, Department of Veterinary Medicine, College of Bioresource Sciences, Nihon University
 
Sep 2000
 - 
Mar 2002
Postdoctral Fellow, Faculty of Bioresource Sciences, Akita Prefctural University
 

Education

 
Apr 1987
 - 
Mar 1993
Faculty of Veterinary Medicine, Faculty of Veterinary Medicine, Hokkaido University
 
Apr 1993
 - 
Oct 1994
Division of Veterinary Medicine, Graduate School, Division of Veterinary Medicine, Graduate School of Hokkaido University
 

Awards & Honors

 
Sep 2016
Studies on the transmission cycle of avian haemosporida and its application for zoo and wildlife medicine, Veterinary Science Award, Japanese Society of Veterinary Science
Winner: Yukita Sato
 
Mar 2017
専門学会における学会賞受賞功績に対する表彰, 日本大学 生物資源科学部長賞, 日本大学 生物資源科学部
 

Published Papers

 
Detection of avian haemosporidia from captive musophagid birds at a zoological garden in Japan.
Kakogawa M, Ono A, Inumaru M, Sato Y, Asakawa M
Journal of Veterinary Medical Science   81(12) in press   Dec 2019   [Refereed]
Makino I., Inumaru M., Abe N., Sato Y.
Parasitology Research   117(9) 3003-3008   Aug 2018   [Refereed]
Inumaru M., Murata K., Sato Y.
International Journal for Parasitology:Parasites and Wildlife   6(3) 299-309   Sep 2017   [Refereed]
Ferreira F. C. Jr, Rodrigues R. A, Sato Y, Borges M. A. Z, Braga E. M.
Parasites & Vectors   9 587-599   Nov 2016   [Refereed]
Oi M, Sato Y, Nakagaki K, Nogami S
Parasitology Research   114(10) 3645-3648   Oct 2015   [Refereed]
Ejiri H, Kuwata R, Tsuda Y, Sasaki T, Kobayashi M, SatoY, Sawabe K, Isawa H
Archives of Virology   159(10) 2675-2685   Oct 2014   [Refereed]
We studied the prevalence of avian Plasmodium in 509 mosquitoes of 9 species collected from the Ishigaki and Iriomote islands in the Yaeyama Archipelago, located southwest from the mainland of Japan. Two identical avian Plasmodium lineages were de...
Imura T, Sato S, Sato Y, Sakamoto D, Isobe T, Murata K, Holder A. A., Yukawa M.
Parasitology Research   113(3) 823-828   Mar 2014   [Refereed]
Tanigawa M, Sato Y, Ejiri H, Imura T, Chiba R, Yamamoto H, Kawaguchi M, Tsuda Y, Murata K, Yukawa M
Journal of Veterinary Medical Science   74(3) 319-326   Mar 2013   [Refereed]
Imura T, Suzuki Y, Ejiri H, Sato Y, Ishida K, Sumiyama D, Murata K, Yukawa M.
Veterinary Parasitology   183(3-4) 244-248   Feb 2012   [Refereed]
Ejiri H, Sato Y, Kim KS, Tamashiro M, Tsuda Y, Toma T, Miyagi I, Murata K, Yukawa M.
Journal of Veterinary Medical Science   73(11) 1521-1525   Dec 2011   [Refereed]
We studied the prevalence of avian Plasmodium in 509 mosquitoes of 9 species collected from the Ishigaki and Iriomote islands in the Yaeyama Archipelago, located southwest from the mainland of Japan. Two identical avian Plasmodium lineages were de...
Pigeon louse fly, Pseudolynchia canariensis (Diptera:Hippoboscidae) collected by dry ice trap
Yamauchi T, Tsuda Y, Sato Y, Murata K
Journal of the American Mosquito Control Association   27(4) 441-443   Sep 2011   [Refereed]
Kono J, Toyoshima R, Iseki T, Sato Y, Umematu A, Okano M, Tashiro A, Ano Y, Sata T, Yokoyama T, Onodera T, Yukawa M
Microbiology and Immunology   55(9) 661-665   Jul 2011   [Refereed]
Blood-meal identification and prevalence of avian malaria parasite in mosquitoes collected at Kushiro Wetland, a subarctic zone of Japan
Ejiri H, Sato Y, Kim KS, Tsuda Y, Murata K, Saito K, Watanabe Y, Shimura Y, Yukawa M.
Journal of Medical Entomology   48(4) 904-908   Jul 2011   [Refereed]
Entomological study on transmission of the avian malaria parasite in a zoological garden in Japan: Blood-meal identification and detection of avian malaria parasite DNAfrom blood-fed mosquitoes
Ejiri H, Sato Y, Kim KS, Hara T, Tsuda Y, Imura T, Murata K, Yukawa M.
Journal of Medical Entomology   48(3) 600-607   May 2011   [Refereed]
Matsunami T, Sato Y, Ariga S, Sato T, Shimomura T, Kashimura H, Hasegawa Y, Yukawa M.
Metabolism Clinical and Experimental   60 805-814   May 2011   [Refereed]
Enhancement of reactive oxygen species and induction of apoptosis in streptozotocin-induced diabetic rats under hyperbaric oxygen exposure
Matsunami T, Sato Y, Hasegawa Y, Ariga S, Kashimura H, Sato T, Yukawa M.
International Journal of Clinical and Experimental Pathology   4(3) 255-266   Mar 2011   [Refereed]
Enhanced enteric invasion of scrapie agents into the villous columnar epithelium via maternal immunoglobulin
Ano Y, Sakudo A, Uraki R, Sato Y, Kono J, Sugiura K, Yokoyama T, Itohara S, Nakayama H, Yukawa M, Onodera T
International Journal of Molecular Medicine   26(6) 845-851   Dec 2010   [Refereed]
Use of flow cytometry to separate Leucocytozoon caulleryi from avian blood.
Omori S., Sato Y.(Corresponding author), Toda H., Sasaki K., Isobe T., Nakanishi T., Murata K., Yukawa M.
Parasitology   137(13) 1899-1903   Nov 2010   [Refereed]
Regulation of oxidative stress and inflammation by hepaticadiponectin receptor 2 in an animal model of nonalcoholicsteatohepatitis
Matsunami T, Sato Y, Ariga S, Sato T, Kashimura H, Hasegawa Y, Yukawa M.
International Journal of Clinical and Experimental Pathology   3(5) 472-481   May 2010   [Refereed]
Molecular identification of blood source animals from black flies (Diptera: Simuliidae) collected in the alpine regions of Japan
Imura T, Sato Y, Ejiri H, Tamada A, Isawa H, Sawabe K, Omori S, Murata K, Yukawa M.
Parasitology Research   106(2) 543-547   Jan 2010   [Refereed]
Antioxidant status and lipid peroxidation in diabetic rats under hyperbaric oxygen exposure.
Matsunami T., Sato Y., Sato T., Yukawa M.
Physiological Research   59(1) 97-104   Jan 2010   [Refereed]
ライム病
Journal of Veterinary Medicine   62(12) 993-998   Dec 2009   [Invited]
Oxidative stress and gene expression of antioxidant enzymes in the streptozotocin-induced diabetic rats under hyperbaric oxygen exposure
Matsunami T, Sato Y, Sato T, Ariga S, Shimomura T, Yukawa M.
International Journal of Clinical and Experimental Pathology   3(2) 177-188   Nov 2009   [Refereed]
Ecological study on avian malaria vectors on an oceanic island of Minami-Daito, Japan.
Tsuda Y., Matsui S., Saito A., Akatani K., Sato Y., Takagi M., Murata K.
Journal of the American Mosquito Control Association   25(3) 279-284   Sep 2009   [Refereed]
Ejiri H, Sato Y, Sawai R, Sasaki E, Matsumoto R, Ueda M, Higa Y, Tsuda Y, Omori S, Murata K, Yukawa M.
Parasitology Research   105(3) 629-633   Sep 2009   [Refereed]
ペンギンのマラリア
Journal of Veterinary Medicine   62(7) 563-568   Jul 2009   [Invited]
Mosquito collections from coastal areas of Tokyo Bay receiving migratory birds
Tsuda Y, Sasaki E, Sato Y, Katano R, Komagata O, Isawa H, Kasai S, Murata K
Medical Entomology and Zoology   60(2) 119-124   Feb 2009   [Refereed]
Molecular detection of Leucocytozoon lovati from probable vectors, black flies (Simuliudae) collected in the alpine regions of Japan.
Sato Y., Tamada A., Mochizuki Y., Nakamura S., Okano E., Yoshida C., Ejiri H., Omori S., Yukawa M., Murata K.
Parasitology Research   104(2) 251-255   Feb 2009   [Refereed]
神奈川県の大学農場における蚊の分布および鳥マラリア原虫保有状況
城谷歩惟、柴田明弘、江尻寛子、佐藤雪太*、畠山吉則、岩野秀俊、津田良夫、村田浩一、湯川眞嘉
日本獣医師会雑誌   62(1) 73-79   Jan 2009   [Refereed]
Detection of avian Plasmodium spp. DNA sequences from mosquitoes captured in Minami Daito Island of Japan.
Ejiri H., Sato Y., Sasaki E., Tsuda Y., Matsui S., Takagi M., Omori S., Murata K. and Yukawa M.
Journal of Veterinary Medical Science   70(11) 1205-1210   Nov 2008   [Refereed]
Enhancement of glucose toxicity by hyperbaric oxygen exposure in diabetic rats.
Matsunami T., Sato Y., Morishima T., Mano Y. Yukawa M.
Tohoku Journal of Experimental Medicine   216(2) 127-132   Oct 2008   [Refereed]
Mitochondrial DNA and phylogeny analysis of the Sri Lankan Schistosoma nasale supports its placement affinity to the African group.
Sato Y., Le T.H., Hiraike R., Yukawa M., Sakai T., Rajapakse R.P.V., Agatsuma T.
Parasitology International   57(4) 460-464   Oct 2008   [Refereed]
Two extra chromosomal genomes of Leucocytozoon caulleryi; complete nucleotide sequences of the mitochondrial genome and existence of the apicoplast genome.
Omori S., Sato Y.(Corresponding author), Hirakawa S., Isobe T., Yukawa M., Murata K.
Parasitology Research   103(4) 953-957   Sep 2008   [Refereed]
Avian malaria infection in wild birds inhabiting South Borodino Island in the Okinawa Archipelago, Japan.
Murata, K., Nii, R., Yui, S., Sasaki, E., Ishikawa, S., Sato, Y., Matsui, S., Horie, S., Akatani, K., Takagi, M., Sawabe, K. and Tsuda, Y.
Journal of Veterinary Medical Science   70(5) 501-503   May 2008   [Refereed]
ニホンライチョウの原虫感染症
佐藤雪太
Journal of Veterinary Medicine   61(5) 373-378   May 2008   [Invited]
Plasmodium (Bennettinia) juxtanucleare infection in a captive white eared-pheasant (Crossoptilon crossoptilon) at a Japanese zoo.
Murata, K., Nii, R., Sasaki, E., Ishikawa, S., Sato, Y., Sawabe, K., Tsuda, Y., Matsumoto, R., Suda, A. and Ueda, M
Journal of Veterinary Medical Science   70(2) 203-205   Feb 2008   [Refereed]
Avian piroplasma Babesia sp. isolated from crested serphant eagles (Spilornis cheela) in Yaeyama Archipelago.
Murata K., Itoh K., Sasaki E., Sato Y., Kinjo T., Amano Y., Nagamine T.
Japanese Journal of Zoo and Wildlife Medicine   13(1) 29-33   Jan 2008   [Refereed]
カンムリワシ(Spilornis cheela)に認められたBabesia sp. 感染
村田浩一、伊藤加奈、佐々木絵美、佐藤雪太、長嶺 隆、金城輝男
獣医寄生虫学会誌   5(2) 40   Mar 2007
Detection of DNA closely related to 'Candidatus Rickettsia principis' in Haemaphysalis danieli recovered from cattle in Xinjiang Uygur Autonomous Region Area, China
Chahan B, Jian Z, Jilintai, Miyahara K, Tanabe S, Xuan X, Sato Y, Moritomo T, Nogami S, Mikami T, Maruyama S, Inokuma H.
Veterinary Parasitology   144(1-2) 184-187   Mar 2007   [Refereed]
Geographical distribution and sasonality of the prevalence of Leucocytozoon lovati in the Japanese Rock Ptarmigan (Lagopus mutus japonicus) found in the alpine region of Japan.
Murata K, Tamada A, Ichikawa Y, Hagihara M, Sato Y, Nakamura H, Nakamura M, Sakanakura T, Asakawa M.
Journal of Veterinary Medical Science   69(2) 171-176   Feb 2007   [Refereed]
Complete nucleotide sequences of the mitochondrial genomes of two avian malaria protozoa, Plasmodium gallinaceum and Plasmodium juxtanucleare.
Omori S, Sato Y, Isobe T, Yukawa M, Murata K.
Parasitology Research   100(3) 661-664   Feb 2007   [Refereed]
Phylogenetic comparison of Leucocytozoon spp. from wild birds of Japan.
Sato Y., Hagihara M., Yamaguchi T., Yukawa M., Murata K.
Journal of Veterinary Medical Science   69(1) 55-59   Jan 2007   [Refereed]
よこはま動物園における鳥マラリアの発生と対策
松本令以、植田美弥、佐藤雪太、比嘉由紀子、津田良夫、澤邉京子、村田浩一
獣医畜産新報   59(10) 827-830   Oct 2006   [Refereed]
Two Eimeria Species Isolated from Wild Japanese Rock Ptarmigans (Lagopus mutus japonicus) in Japan.
Ishihara S., Shiibashi T., Sato Y., Murata K., Nogami S.
Journal of Veterinary Medical Science   68(9) 991-993   Sep 2006   [Refereed]
Seroepidemiological evidence for the possible presence of Babesia (Theileria) equi and Babesia caballi infections in donkeys in western Xinjiang, China.
Chahan B, Zhang S, Seo JY, Nakamura C, Zhang G, Bannai H, Jian Z, Inokuma H, Tuchiya K, Sato Y, Kabeya H, Maruyama S, Mikami T, Xuan X.
Journal of Veterinary Medical Science   68(7) 753-755   Jun 2006   [Refereed]
Cryptosporidium infection in juvenile pet rabbits.
Shiibashi T., Imai T., Sato Y., Abe N., Yukawa M., Nogami S.
Journal of Veterinary Medical Science   68(3) 281-282   Mar 2006   [Refereed]
Serological evidence of infection of Anaplasma and Ehrlichia in domestic animals in Xinjiang Uygur Autonomous Region area, China.
Chahan, B., Jian, Z., Xuan, X., Sato, Y., Kabeya, H., Tuchiya, K., Itamoto, K., Okuda, M., Mikami, T., Maruyama, S., Inokuma, H
Veterinary Parasitology   134(3-4) 273-278   2005   [Refereed]
Isolation and functional analysis of a chk2 homologue from Entamoeba histolytica.
Iwashita J, Sato Y, Kobayashi S, Takeuchi T, Abe T.
Parasitology International   54(1) 21-7   Mar 2005   [Refereed]
Leucocytozoon sp. in wild rock ptarmigans (Lagopus mutus) in Japan.
Murata, K., Hagihara, M., Sato, Y., Yamaguchi, T., Isobe, T., Yukawa, M.
Proceeding of Wildlife Disease Association 53th Annual Meeting (San Diego, CA, USA)   606-607   Aug 2004
スリランカの象から採取された肝蛭類(Fasciola属)のミトコンドリアゲノム解析
佐藤雪太、鈴木牧、石上盛敏、R.P.V.J Rajapakse、B.V.P. Pellera、湯川眞嘉、吾妻健
獣医寄生虫学会誌   2(1) 42   Dec 2003
The origin of the triploid in Paragonimus westermani on the basis of variable regions in the mitochondrial DNA.
Agatsuma T, Iwagami M, Sato Y, Iwashita J, Hong SJ, Kang SY, Ho LY, Su KE, Kawashima K, Abe T.
Journal of Helminthology   77(4) 279-285   Dec 2003   [Refereed]
Messenger RNA expression of the mucin core protein, MUC2, is stimulated by IL-4, IL-13, or TNF-α through a MAP kinase pathway in human colon cancer cell lines.
Iwashita J, Sato Y, Sugaya H, Takahashi N, Sasaki H, Abe T.
Immunology and Cell Biology   81(4) 275-282   Apr 2003   [Refereed]
Phylogenetic status of a lung fluke in the Philippines based on the mitochondrial genome
Sato Y, Iwagami M, Iwashita J, Abe T, Yukawa M, Blas B.L, Kawashima K, Agatsuma T.
Japanese Journal of Tropical Medicine and Hygiene   31(1) 1-3   Mar 2003   [Refereed]
Lyme disease with facial nerve palsy: rapid diagnosis using a nested polymerase chain reaction-restriction fragment length polymorphism analysis.
Hashimoto Y, Takahashi H, Kishiyama K, Sato Y, Nakao M, Miyamoto K, Iizuka H.
British Journal of Dermatology   138(2) 304-309   1998   [Refereed]
Experimental infection of larval Echinococcus multilocularis in the rodent brain as a model for cerebral alveolar echinococcosis.
Sato Y, Nakao M, Nakaya K, Ito A.
Journal of Helminthology   72(1) 59-64   1998   [Refereed]
Genetic diversity of Borrelia burgdorferi sensu lato isolated in Far Eastern Russia.
Masuzawa T, Iwaki A, Sato Y, Miyamoto K, Korenberg EI, Yanagihara Y.
Microbiology and Immunology   41(8) 595-600   1997   [Refereed]
Competence of a migratory bird, Red-bellied thrush (Turdes chrysolaus), as an avian reservoir for the Lyme disease spirochetes in Japan.
Miyamoto K, Sato Y, Okada K, Fukunaga M, Sato F.
Acta Tropica   65(1) 43-51   1997   [Refereed]
Transmission of the Lyme disease spirochete, Borrelia garinii from Ixodes persulcatus nymphs to larvae during their cofeeding on mice.
Sato Y, Nakao M.
Journal of Parasitology   83(3) 547-550   1997   [Refereed]
Rapid diagnosis for Lyme disease: Flagellin gene based nested polymerase chain reaction for identification of causative Borrelia species.
Sato Y., Konishi T., Fukunaga M., Nakao M.
International Journal of Infectious Diseases   2(1) 64-73   1997   [Refereed]
Refeeding activity of Ixodes persulcatus immature ticks and transmission of Lyme disease spirochete by partially fed larvae.
Nakao M, Sato Y.
Journal of Parasitology   82(4) 669-672   1996   [Refereed]
Prevalence of Lyme disease spirochetes in Ixodes persulcatus and wild rodents in Far East Russia.
Sato Y, Miyamoto K, Iwaki A, Masuzawa T, Yanagihara Y, Korenberg EI, Gorelova NB, Volkov VI, Ivanov LI, Liberova RN.
Applied and Environmental Microbiology   62(10) 3887-3889   1996   [Refereed]
Phylogenetic analysis of Borrelia species based on flagellin gene sequences and its application for molecular typing of Lyme disease borreliae.
Fukunaga M, Okada K, Nakao M, Konishi T, Sato Y.
International Journal of Systematic Bacteriology   46(4) 898-905   1996   [Refereed]
Antibody production in Syphacia obvelata infected mice.
Sato Y, Ooi HK, Nonaka N, Oku Y, Kamiya M.
Journal of Parasitology   81(4) 559-562   1995   [Refereed]
Influence of mouse pinworm (Syphacia obvelata) infection on the immune system.
Sato Y.
Japanese Journal of Veterinary Research   41(1) 45   1993

Misc

 
蚊から考える犬フィラリア症予防の重要性-今も、これからも、蚊がいる限りー
佐藤雪太
SAC Small Animal Clinic   195 26-31   Jul 2019   [Invited]
保全医学におけるモデル生物 -鳥マラリアを例に-
佐藤雪太
アニテックス   23(3) 35-39   Jun 2011   [Invited]
環境および生態系の保全指標としての鳥類原虫感染症
Journal of Veterinary Medicine   64(1) 15-20   Jan 2011   [Invited]
フローサイトメトリー法によるLeucocytozoon caulleryiガメトサイト分離の試み
大森澄枝、佐藤雪太、戸田秀明、佐々木一枝、磯部 尚、中西照幸、村田浩一、湯川眞嘉
Japanese Jouranl of Veterinary Parasitology   9(1) 65   Sep 2010
神奈川県内で保護された野鳥における住血原虫保有状況および分子系統
寺内宏光、平野文哉、石川智史、佐藤雪太、加藤千晴、福富 潤、炭山大輔、村田浩一、湯川眞嘉
Japanese Jouranl of Veterinary Parasitology   9(1) 62   Sep 2010
青森県の野鳥におけるLeucocytozoon属原虫の保有状況および分子系統解析
平野文哉、佐藤雪太、寺内宏光、進藤順治、村田浩一、湯川眞嘉
Japanese Jouranl of Veterinary Parasitology   9(1) 54   Sep 2010
白馬乗鞍岳および御嶽山のブユにおけるフィラリア保有状況と分子系統
飯川理永、佐藤雪太、原田紗希、松本 淳、野上貞雄、肴倉孝明、村田浩一、高岡宏行、湯川眞嘉
Japanese Jouranl of Veterinary Parasitology   9(1) 64   Sep 2010
動物園の特性を活かした鳥マラリアの感染生態調査
江尻寛子、佐藤雪太、津田良夫、村田浩一、原 樹子、湯川眞嘉
Japanese Jouranl of Veterinary Parasitology   9(1) 59   Sep 2010
日本アルプスに生息するブユにおけるフィラリア保有状況
佐藤雪太、吉田千紘、原田紗希、松本 淳、野上貞雄、村田浩一、高岡宏行、湯川眞嘉
Japanese Jouranl of Veterinary Parasitology   8(2) 110   Mar 2010
沖縄県の湿地におけるシギ・チドリ類と蚊との関係および鳥マラリア原虫保有について
村田浩一、佐藤雪太、當間孝子、宮城一郎、津田良夫
Japanese Jouranl of Veterinary Parasitology   7(2) 96   Dec 2008
関東圏の野鳥公園で採集された蚊の烏マラリア原虫遺伝子保有状況
江尻寛子、葉山政治、佐藤雪太、佐々木絵美、津田良夫、湯川眞嘉、村田浩一
Japanese Journal of Veterinary Parasitology   7(2) 97   Dec 2008
飼育下のシロミミキジに認められたPlasmodium (Benenettinia) juxtanucleare感染
村田浩一、佐々木絵美、石川智史、佐藤雪太、澤邊京子、津田良夫
獣医寄生虫学雑誌   7(1) 31   Oct 2008
南大東島における鳥マラリア原虫の分子系統と宿主転換
炭山大輔、佐々木絵美、佐藤雪太、津田良夫、澤邊京子、松井 晋、堀江明香、高木昌興、猪子英俊、村田浩一
獣医寄生虫学雑誌   7(1) 23   Oct 2008
国内の野鳥における鳥マラリア原虫の感染状況および分子系統
佐々木絵美、佐藤雪太、桑名 貴、大沼 学、村田浩一
獣医寄生虫学会誌   7(1) 22   Oct 2008
ロシアのコウノトリ幼鳥に認められたLeucocytozoon sp.の形態学的および分子生物学的特徴
浅香有希子、佐藤雪太、Kocherga M., Nikitina I., 大沼 学、桑名 貴、村田浩一
獣医寄生虫学雑誌   7(1) 41   Oct 2008
肥大吸虫(Fasciolopsis buski) のミトコンドリアゲノム構造
井上有希、佐藤雪太、湯川眞嘉、Le Thanh Hoa、吾妻 健
獣医寄生虫学会誌   7(1) 37   Oct 2008
日本アルプスに生息するブユにおける吸血源動物の探索
井村貴之、佐藤雪太、玉田明日美、岡野恵美子、吉田千紘、大森澄枝、江尻寛子、湯川眞嘉、村田浩一
獣医寄生虫学会誌   7(1) 24   Oct 2008
鳥類血液寄生原虫のアピコプラストゲノムに関する研究
大森澄枝、佐藤雪太、平川詞保、磯部 尚、湯川眞嘉、村田浩一
獣医寄生虫学会誌   7(1) 42   Oct 2008
鳥マラリア原虫のミトコンドリアゲノム構造
大森澄枝、佐藤雪太、磯部 尚、湯川眞嘉、村田浩一
獣医寄生虫学会誌   6(1) 33   Dec 2007
ライチョウ寄生ロイコチトゾーンを媒介する昆虫種の同定と原虫保有状況調査
中村紫乃、玉田明日美、望月弥生、佐藤雪太、湯川眞嘉、村田浩一
獣医寄生虫学会誌   6(1) 41   Dec 2007   [Refereed]
南大東島で採集された蚊における鳥マラリア原虫遺伝子の検出
江尻寛子、佐藤雪太、佐々木絵美、仁位亮介、津田良夫、松井晋、高木昌興、湯川眞嘉、村田浩一
獣医寄生虫学会誌   6(1) 38   Dec 2007   [Refereed]
国内の動物園における鳥マラリア感染サイクルについて
芳我彩佳、佐藤雪太、佐々木絵美、湯川眞嘉、村田浩一
獣医寄生虫学会誌   6(1) 39   Dec 2007   [Refereed]
動物園における鳥マラリア媒介昆虫の吸血源動物の探索
朝比奈礼子、佐藤雪太、佐々木絵美、澤邉京子、比嘉由紀子、津田良夫、長塚信幸、松本令以、植田美弥、湯川眞嘉、村田浩一
獣医寄生虫学会誌   6(1) 40   Dec 2007   [Refereed]
Leuocytozoon caulleryiミトコンドリアゲノム構造の解析
本橋麻美、佐藤雪太、湯川眞嘉、村田浩一、磯部 尚
獣医寄生虫学会誌   5(1) 40   Dec 2006
首都圏の動物園および水族館における鳥マラリアのベクター検索
澤井理紗、佐藤雪太、佐々木絵美、澤邉京子、比嘉由紀子、津田良夫、植田美弥、松本令以、長塚信幸、湯川眞嘉、村田浩一
獣医寄生虫学会誌   5(1) 27   Dec 2006
特別天然記念物ニホンライチョウのコクシジウム感染に関する研究
椎橋 孝・石原さゆり・佐藤雪太・佐藤喜和・岩田隆太郎・湯川眞嘉・野上貞雄・村田浩一
獣医寄生虫学会誌   4(2) 42   Mar 2006
ニホンライチョウにおけるLeucocytozoon感染の地域性および季節性
村田浩一・玉田明日美・佐藤雪太・中村雅彦・中村浩志・肴倉孝明・山口剛士・浅川満彦
獣医寄生虫学会誌   4(2) 43   Mar 2006
中国新彊地域におけるウマ・ロババベシア原虫感染症の疫学調査
玄 学南、五十嵐郁夫、巴音査汗、簡 子健、猪熊 寿、土屋耕太郎、森田幸雄、佐藤雪太、壁谷英則、森友忠昭、見上 彪、丸山総一
獣医寄生虫学会誌   4(1) 52   Oct 2005
飼育下ペンギン類に認められた鳥マラリアの分子系統解析-感染源特定へのアプローチ-
新家孝太、本橋麻美、佐藤雪太、湯川眞嘉、村田浩一
獣医寄生虫学会誌   4(1) 50   Oct 2005
日本産ライチョウおよび野鳥寄生Leucocytozoon sp. のミトコンドリアゲノム解析と系統関係について
佐藤雪太、萩原未央、山口剛士、磯部 尚、湯川眞嘉、村田浩一
獣医寄生虫学会誌   3(2) 7   Mar 2005
日本アルプスに生息するライチョウ -極寒の環境に適応した氷河期の生き残り-
佐藤雪太
日本大学生物資源科学部資料館 資料館報   14 45-56   Mar 2005   [Invited]

Books etc

 
獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠実験動物学 第2版
久和 茂 編 (Part:Joint Work, 2章、6章一部)
朝倉書店   Mar 2018   ISBN:978-4-254-46036-0
獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠寄生虫病学 改訂版
寄生虫病学共通テキスト編集委員会 (Part:Joint Work, 第6章(6-2-1~2))
緑書房   Mar 2017   ISBN:978-4-86531-291-2
獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠寄生虫病学テキスト
寄生虫病学共通テキスト編集委員会 (Part:Joint Work, 第6章(6-3-1~2))
緑書房   Jul 2014   ISBN:978-4-254-46031-5
Textbook of VETERINARY INTERNAL MEDICINE 2nd edition
文永堂出版   May 2014   ISBN:978-4-254-46031-5
獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠実験動物学
久和 茂 編 (Part:Joint Work, 2章、6章一部)
朝倉書店   Apr 2013   ISBN:978-4-254-46031-5

Conference Activities & Talks

 
ペンギンと鳥マラリア-意外に身近なベクター媒介性感染症- [Invited]
佐藤 雪太
第18回ペンギン飼育技術研究会   25 Feb 2019   ペンギン飼育技術研究会
Difficulties of ex-situ conservation: avian haemosporidia among captive penguins in Japan
Mizue Inumaru, Mineka Yamamoto, Misa Shimizu, Yusuke Echigoya, Koichi Murata, Yukita Sato
The 4th International Conference on Malaria and Related Haemosporidian Parasites of Wildlife   Nov 2018   Beijing Normal University, Beijing Zoo, China Ornithological Society
Prevalence of avian haemosporidia among injured wildbirds in Northern and Eastern Japan
Mizue Inumaru, Yukita Sato
27th International Ornithology Conference   Aug 2018   International Ornithology Conference
動物園・水族館における寄生虫への対応:ペンギンのマラリアを例に [Invited]
佐藤 雪太
第23回日本野生動物医学会大会   Sep 2017   梶ヶ谷博(日本獣医生命科学大学)
鳥類血液寄生原虫の感染経路の解明と野生動物医学への応用 [Invited]
佐藤雪太
日本獣医学会賞受賞講演(第159回日本獣医学会学術集会)   7 Sep 2016   日本獣医学会
付属演習林に生息する野鳥における血液寄生原虫の感染動態の解明
川向一子、犬丸瑞枝、鈴木桃香、越後谷裕介、佐藤 雪太
第161回日本獣医学会学術集会   Sep 2018   一般財団法人 日本生物科学研究所
国内の飼育下ペンギン類における血液寄生原虫感染状況調査(続報)
山本嶺花、 清水美紗、犬丸瑞枝、越後谷裕介、佐藤 雪太
第161回日本獣医学会学術集会   Sep 2018   一般財団法人 日本生物科学研究所
徳島県の蚊における犬糸状虫(フィラリア)保有状況について
冨田あおい、津田良夫、越後谷裕介、佐藤 雪太
第161回日本獣医学会学術集会   Sep 2018   一般財団法人 日本生物科学研究所
大学附属農場・演習林における病原体媒介蚊の疫学調査
澤野一樹、橋本将直、越後谷裕介、佐藤 雪太
第161回日本獣医学会学術集会   Sep 2018   一般財団法人 日本生物科学研究所
国内のブユにおける病原体保有状況の解明
子安美紀、大塚 靖、肴倉孝明、越後谷裕介、佐藤 雪太
第161回日本獣医学会学術集会   Sep 2018   一般財団法人 日本生物科学研究所
国内の飼育下ペンギンにおける血液寄生原虫保有状況および感染サイクルの解明
犬丸瑞枝,山本嶺花,清水美沙,越後谷裕介,村田浩一,佐藤 雪太
第24回日本野生動物医学会大会   Sep 2018   笹井和美(大阪府立大学教授)
鶏マラリア原虫(Plasmodium gallinaceum)のMerozoite Surface Protein 1 mRNA発現動態
工藤健仁、中須秋音、越後谷裕介、磯部 尚、佐藤雪太
第77回日本寄生虫学会東日本支部大会   3 Nov 2017   辻尚利(北里大学医学部教授)
クリプトスポリジウム症が疑われたオオフクロウの一例
牧野 幾子、阿部 仁一郎、佐藤 雪太
第160回日本獣医学会学術集会   Sep 2017   鹿児島大学
北海道の希少鳥種における血液寄生原虫保有状況の解明
星 優里香、犬丸瑞枝、飯間裕子、渡辺有希子、齋藤慶輔、越後谷裕介、村田浩一、佐藤雪太
第160回日本獣医学会学術集会   Sep 2017   鹿児島大学
国内の飼育下ペンギン類における近年の血液寄生原虫保有状況
小野文菜、山本嶺花、越後谷裕介、村田浩一、佐藤雪太
第160回日本獣医学会学術集会   Sep 2017   鹿児島大学
国内のヌカカ類におけるHaemoproteus属原虫DNAの初検出
中村渓太、小田川太一、澤野一樹、川向一子、武田康祐、越後谷裕介、梁瀬 徹、村田浩一、佐藤雪太
第160回日本獣医学会学術集会   Sep 2017   鹿児島大学
鳥マラリア原虫媒介蚊の分布および原虫保有状況の定点モニタリング
小田川太一、澤野一樹、越後谷裕介、佐藤雪太
第160回日本獣医学会学術集会   Sep 2017   鹿児島大学
Prevalence of Haemospridian parasites in captive birds of at Borneo Island, Malaysia.
Ayumi Shibata, Symphorosa Sipangkui, Yukita Sato, Toshinori Tsubouchi, Masayoshi Yukawa
9th meeting of Asian Society of Conservation Medicine   23 Oct 2016   Asian Society of Conservation Medicine
クリプトスポリジウム症が疑われたオオフクロウ (Strix leptogrammica) の一例
牧野幾子、阿部仁一郎、佐藤雪太
第20回鳥類臨床研究会大会   9 Oct 2016   鳥類臨床研究会
飼育下エボシドリ科鳥類に認められた血液寄生原虫
水主川 剛賢、小野 文菜、浅川 満彦、佐藤 雪太
第22回日本野生動物医学会大会   Sep 2016   宮崎野生動物研究会理事長
小笠原諸島における鳥類血液寄生原虫の分布状況および伝播経路
木村 塁、犬丸 瑞枝、佐藤 雪太、堀越 和夫、鈴木 創、鈴木 直子、西海 功、津田 良夫、村田 浩一、湯川 眞嘉
第22回日本野生動物医学会大会   Sep 2016   宮崎野生動物研究会理事長
飼育下ペンギン類における近年の血液寄生原虫保有状況
柴田 歩美、小野 文菜、佐藤 雪太、村田 浩一、湯川 眞嘉
第22回日本野生動物医学会大会   Sep 2016   宮崎野生動物研究会理事長
関東地方の保護鳥類における血液寄生原虫保有状況
犬丸瑞枝、中村渓太、加藤わか葉、佐藤雪太、佐藤達夫、石橋 徹、金坂 裕、村田浩一、湯川眞嘉
第159回日本獣医学会学術集会   Sep 2016   日本大学
動物園で捕集された蚊の犬糸状虫保有状況および伝播の可能性について
神谷美里、佐藤雪太、山上達彦、小澤賢一、生井 聡、村田浩一、湯川眞嘉
第159回日本獣医学会学術集会   Sep 2016   日本大学
大学農場・演習林における鳥類血液寄生原虫の分布および伝播に関する研究
北村英知、犬丸瑞枝、小田川太一、中村渓太、佐藤雪太、湯川眞嘉
第159回日本獣医学会学術集会   Sep 2016   日本大学
大学付属農場・演習林における蚊の発生状況と鳥マラリア原虫保有状況
小田川太一、北村英知、佐藤雪太、湯川眞嘉
第159回日本獣医学会学術集会   Sep 2016   日本大学
Prevalence of avian haemosporidia in injured wild birds rescued in Tokyo and surrounding areas of Japan.
Mizue Inumaru, Yukita Sato, Masayoshi Yukawa
The 3rd International Conference on Malaria and Related Haemosporidians in Bulgaria   28 Sep 2016   
国内の鳥類および蚊における鳥ポックスウイルスDNAの保有状況
坂本哲理、佐藤雪太、鈴木創、鈴木直子、堀越和夫、村田浩一、湯川眞嘉
第158回日本獣医学会学術集会   Sep 2015   北里大学獣医学部
東京および千葉の動物病院で保護された野鳥における血液寄生原虫感染状況
加藤わか葉、佐藤雪太、石橋 徹、金坂 裕、村田浩一、湯川眞嘉
第158回日本獣医学会学術集会   Sep 2015   北里大学獣医学部
原虫感染によるハシブトガラスの行動変化の測定手法の確立
竹田努、荒川友紀、佐藤雪太、松岡裕之、佐藤克文、杉田昭栄
第20回日本野生動物医学会大会   Sep 2014   
国内のカラスバトColumba janthinaに認められたHaemoproteus原虫の分子生物学的特徴および系統
田中 魁,一番ヶ瀬 雄助,佐藤 雪太,村田 浩一
第20回日本野生動物医学会大会   Sep 2014   
日本アルプスに生息する各種ブユの吸血源動物の推定
冨田浩平、佐藤雪太、井村貴之、肴倉孝明、村田浩一、湯川眞嘉
第157回日本獣医学会学術集会   11 Sep 2014   北海道大学獣医学部
傷病保護鳥類における血液寄生原虫保有状況および感染動態
大野洋佑、佐藤雪太、久末修司、村田浩一、湯川眞嘉
第157回日本獣医学会学術集会   9 Sep 2014   北海道大学獣医学部
血液寄生原虫感染はカラスの飛翔能力に影響を与えるのか?
竹田努・藤崎梢・櫻井裕子・井村貴之・佐藤雪太・杉田昭栄
第156回日本獣医学会学術集会   Sep 2013   
沖縄県の蚊におけるフィラリア保有状況と分子系統
佐久間 愛、佐藤雪太、井村貴之、江尻寛子、松本 淳、野上貞雄、村田浩一、湯川眞嘉
第156回日本獣医学会学術集会   Sep 2013   
日本アルプスに生息するブユにおけるロイコチトゾーン保有状況
溝呂木 蘭、冨田浩平、井村貴之、佐藤雪太、肴倉孝明、村田浩一、湯川眞嘉
第156回日本獣医学会学術集会   Sep 2013   
クマイザサ葉含有成分による癌細胞浸潤制御機構に関与する分子基盤の解明
河内由紀、小宮山祥太、杉山愛佳、佐藤雪太、原 高明、八木勇三、湯川眞嘉
第155回日本獣医学会学術集会   Mar 2013   
ハシブトガラスから検出された血液寄生原虫の感染動態と分子系統関係
櫻井裕子、井村貴之、佐藤雪太、竹田 努、杉田昭栄、村田浩一、湯川眞嘉
第155回日本獣医学会学術集会   Mar 2013   
Leucocytozoon caulleryiゲノムDNA精製手法の検討
坂本大地、井村貴之、佐藤雪太、佐々木一枝、磯部 尚、村田浩一、湯川眞嘉
第155回日本獣医学会学術集会   Mar 2013   
東日本大震災の被災地で捕集された蚊の鳥マラリア原虫保有状況
江尻寛子、伊澤晴彦、津田良夫、佐藤雪太、沢辺京子
第155回日本獣医学会学術集会   Mar 2013   
国内各地のスズメから検出された血液寄生原虫の分子系統関係
千葉 礼・井村貴之・佐藤雪太・松井 晋・笠原里恵・加藤貴大・山口恭弘・村田浩一・湯川眞嘉
第155回日本獣医学会学術集会   Mar 2013   
動物飼育展示施設における蚊の鳥マラリア原虫保有状況および吸血源動物種の推定
嶌本 樹、高須愛子、井村貴之1、佐藤雪太、村田浩一、湯川眞嘉
第154回日本獣医学会学術集会   Sep 2012   
GPS Data Logger を用いたカラスの周年行動と病原体伝播の可能性について
竹田努・青山真人・井村貴之・佐藤雪太・杉田昭栄
第154回日本獣医学会学術集会   Sep 2012   
ハシブトガラスから検出されたTrypanosomaの分子系統
浜崎杏奈、井村貴之、佐藤雪太、竹田努、杉田昭栄、村田浩一、湯川眞嘉
第154回日本獣医学会学術集会   Sep 2012   
神奈川県に生息する野鳥における血液寄生原虫保有状況の経年調査
三橋正浩、井村貴之、佐藤雪太、加藤千晴、荒木尚登、村田浩一、湯川眞嘉
第154回日本獣医学会学術集会   Sep 2012   
国内の飼育下ペンギンにおける鳥マラリア感染について
高須愛子、佐藤雪太、井村貴之、炭山大輔、村田浩一、湯川眞嘉
第153回日本獣医学会学術集会   Mar 2012   
長崎県対馬におけるベクター媒介性感染症に関する調査
谷川ももこ、千葉 礼、江尻寛子、佐藤雪太、山本英恵、川口 誠、村田浩一、湯川眞嘉
第153回日本獣医学会学術集会   Mar 2012   
Updated phylogenetic scheme based on the complete mitochondrial protein-coding sequence for common parasitic flatworms
Le, T.H., Sato, Y., De , N., Nga, N., Nhung, N., Vu, T.T., Sithithaworn, P., McManus, D.P., Agatsuma, T., and Blair, D.
Tropical Medicine and International Health   2011   
Prevalence of avian Plasmodium and other bird haemosporidia in Japan.
Nagasaki Symposium on Malaria Biology   17 Nov 2011   Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
鳥マラリア媒介蚊の分子分類:アカイエカとチカイエカの鑑別
神津麻乃、江尻寛子、佐藤雪太、葛西真治、津田良夫、村田浩一、湯川眞嘉
第151回日本獣医学会学術集会   Mar 2011   
大分県内の動物園における飼育下ペンギンの鳥マラリア感染について
高須愛子、佐藤雪太、井村貴之、山田美那子、滝澤 亮、村田浩一、湯川眞嘉
第151回日本獣医学会学術集会   Mar 2011   
長崎県対馬における鳥類血液寄生原虫の感染状況
谷川ももこ、井村貴之、江尻寛子、佐藤雪太、山本英恵、川口 誠、村田浩一、湯川眞嘉
第151回日本獣医学会学術集会   Mar 2011   
高標高森林地帯のスズメ目鳥類における血液寄生原虫感染状況
井村貴之、鈴木優佳、佐藤雪太、江尻寛子、石田健、炭山大輔、村田浩一、湯川眞嘉
第151回日本獣医学会学術集会   Mar 2011   
釧路湿原周辺に生息する蚊の鳥マラリア原虫保有状況および吸血源動物種について
江尻寛子、佐藤雪太、金 京純、津田良夫、村田浩一、齊藤慶輔、渡辺有希子、志村良治、湯川眞嘉
第150回日本獣医学会学術集会   17 Sep 2010   
高圧酸素による酸化ストレス毒性評価モデル
松波登記臣、佐藤雪太、有賀恵規、樫村春香、長谷川有紀、湯川眞嘉
第150回日本獣医学会学術集会   16 Sep 2010   
非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)ラットにおける高圧酸素曝露の影響
有賀恵規、佐藤雪太、松波登記臣、樫村春香、長谷川有紀、湯川眞嘉
第150回日本獣医学会学術集会   16 Sep 2010   
Avian haemoprotozoa: application of the genomics to the filed surveillance. [Invited]
International Union of Microbiological Societies Congress 2010   8 Sep 2010   International Union of Microbiological Societies
Analysis of blood-fed mosquitoes can reveal the prevalence of avian malaria not only in vectors but also in host birds.
Ejiri H, Sato Y., Kim KS, Hara T, Tsuda Y, Imura T, Murata K, Yukawa M
XIIth International Congress of Parasitology: ICOPA XII   Aug 2010   Australian Society of Parasitology
動物園の特性を活かした鳥マラリアの感染生態調査
江尻寛子、佐藤雪太、金京純、津田良夫、村田浩一、湯川眞嘉
第62回 日本衛生動物学会大会   4 Apr 2010   
高脂肪・高コレステロール飼料による新規食餌性肝疾患モデルラット
松波登記臣、佐藤雪太、有賀恵規、佐藤琢哉、樫村春香、長谷川有紀、湯川眞嘉
第149回日本獣医学会学術集会   28 Mar 2010   
白馬乗鞍岳および御嶽山のブユにおけるフィラリア保有状況と分子系統
飯川理永、佐藤雪太、原田紗希、松本 淳、野上貞雄、肴倉孝明、村田浩一、高岡宏行、湯川眞嘉
第149回日本獣医学会学術集会   28 Mar 2010   
神奈川県内で保護された野鳥における住血原虫保有状況および分子系統
寺内宏光、平野文哉、石川智史、佐藤雪太、加藤千晴、福富 潤、炭山大輔、村田浩一、湯川眞嘉
第149回日本獣医学会学術集会   28 Mar 2010   
青森県の野鳥におけるLeucocytozoon属原虫の保有状況および分子系統解析
平野文哉、佐藤雪太、寺内宏光、進藤順治、村田浩一、湯川眞嘉
第149回日本獣医学会学術集会   28 Mar 2010   
動物園の特性を活かした鳥マラリアの感染生態調査
江尻寛子、佐藤雪太、津田良夫、村田浩一、原 樹子、湯川眞嘉
第149回日本獣医学会学術集会   28 Mar 2010   
フローサイトメトリー法によるLeucocytozoon caulleryiガメトサイト分離の試み
大森澄枝、佐藤雪太、戸田秀明、佐々木一枝、磯部 尚、中西照幸、村田浩一、湯川眞嘉
第149回日本獣医学会学術集会   28 Mar 2010   
環境および生態系保全指標としての鳥類住血原虫感染症 [Invited]
佐藤雪太
第149回日本獣医学会学術集会 日本野生動物医学会シンポジウム   28 Mar 2010   
マイクロELISA法を用いた異常型プリオンタンパク質の検出系の確立
岡野美鈴、高野樹里、大橋俊則、佐藤雪太、梅松淳志、田代明子、横山隆、小野寺節、湯川眞嘉
第149回日本獣医学会学術集会   27 Mar 2010   
若齢期ハムスター小腸における異常型プリオンタンパク質取り込み細胞数の推移
髙野樹里、佐藤雪太、豊島亮子、井関倫子、梅松淳志、岡野美鈴、田代明子、阿野泰久、横山隆、小野寺節、湯川眞嘉
第149回日本獣医学会学術集会   26 Mar 2010   
NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)病態モデル動物における脂質代謝およびエネルギー代謝制御機構の解明
松波登記臣、佐藤雪太、佐藤琢哉、有賀恵規、下村敏子、湯川眞嘉
第148回日本獣医学会学術集会   27 Sep 2009   
環境影響評価を目的とした侵略的外来種グリーンアノールのマラリア原虫保有に関する研究
村田浩一、佐々木絵美、炭山大輔、佐藤雪太、滝口正明、高藤裕二
第148回日本獣医学会学術集会   25 Sep 2009   
日本アルプスに生息するブユにおけるフィラリア保有状況
佐藤雪太、吉田千紘、原田紗希、松本 淳、野上貞雄、村田浩一、高岡宏行、湯川眞嘉
第148回日本獣医学会学術集会   25 Sep 2009   
幼若ハムスター小腸における異常型プリオンタンパク質取り込み動態の検
髙野樹里、佐藤雪太、豊島亮子、井関倫子、阿野泰久、梅松敦志、岡野美鈴、佐多幾太郎、横山 隆、小野寺節、湯川眞嘉
Prion Symposium 2009   30 Aug 2009   
鳥類血液寄生原虫類の核外ゲノムの解析とその応用
大森澄枝、佐藤雪太、磯部 尚、村田浩一、湯川眞嘉
第147回日本獣医学会学術集会   3 Apr 2009   
鳥類血液原虫のベクター昆虫における吸血源動物の探索
井村貴之、佐藤雪太、沢辺京子、津田良夫、村田浩一、湯川眞嘉
第147回日本獣医学会学術集会   3 Apr 2009   
鳥類血液寄生原虫の核外ゲノム解析の展開:発現解析と原虫検出の標的としての可能性
大森澄枝、佐藤雪太、磯部 尚、村田浩一、湯川眞嘉
第147回日本獣医学会学術集会   3 Apr 2009   
神奈川県内の野鳥における血液寄生原虫の感染状況
平野文哉、石川智史、佐藤雪太、加藤千晴、福富 潤、炭山大輔、村田浩一、湯川眞嘉
第147回日本獣医学会学術集会   3 Apr 2009   
沖縄県西表島で採集された蚊における烏マラリア原虫遺伝子の検出
江尻寛子、佐藤雪太、玉城美加子、當間孝子、宮城一郎、津田良夫、村田浩一、湯川眞嘉
第147回日本獣医学会学術集会   3 Apr 2009   
神奈川県内の大学農場における鳥マラリア感染サイクル
森田結希、城谷歩惟、松戸藍子、柴田明弘、水村亮平、江尻寛子、佐藤雪太、津田良夫、澤邉京子、村田浩一、湯川眞嘉
第147回日本獣医学会学術集会   3 Apr 2009   
高脂肪・高コレステロール餌給与による疾患モデル動物の発症促進
佐藤琢哉、佐藤雪太、松波登記臣、有賀恵規、下村敏子、湯川眞嘉
第147回日本獣医学会学術集会   2 Apr 2009   
高圧酸素(HBO)暴露により誘導される酸化ストレスの毒性学的評価
松波登記臣、佐藤雪太、佐藤琢哉、有賀恵規、下村敏子、湯川眞嘉
第147回日本獣医学会学術集会   2 Apr 2009   
ペンギンのマラリア [Invited]
佐藤雪太
日本獣医内科学アカデミー/日本獣医臨床病理学会 2009年大会   14 Feb 2009   
沖縄県の湿地におけるシギ・チドリ類と蚊との関係および鳥マラリア原虫保有について
村田浩一、佐藤雪太、當間孝子、宮城一郎、津田良夫
第146回日本獣医学会学術集会   25 Sep 2008   
関東圏の野鳥公園で採集された蚊の烏マラリア原虫遺伝子保有状況
江尻寛子、葉山政治、佐藤雪太、佐々木絵美、津田良夫、湯川眞嘉、村田浩一
第146回日本獣医学会学術集会   25 Sep 2008   
酸化ストレスを指標とした糖尿病モデルにおける高圧酸素(HBO)の影響
松波登記臣、佐藤雪太、佐藤琢哉、湯川眞嘉
第146回日本獣医学会学術集会   24 Sep 2008   
国内の蚊における鳥ポックスウイルスDNA の保有状況
橋本真紀子, 佐藤雪太, 江尻寛子, 大森澄枝, 山口剛士, 津田良夫,湯川眞嘉, 村田浩一
第145回日本獣医学会学術集会   30 Mar 2008   
鳥類血液寄生原虫のアピコプラストゲノムに関する研究
大森澄枝, 佐藤雪太, 平川詞保, 磯部 尚, 湯川眞嘉, 村田浩一
第145回日本獣医学会学術集会   29 Mar 2008   
ロシアのコウノトリ幼鳥に認められたLeucocytozoon sp. の形態学的および分子生物学的特徴
浅香有希子, 佐藤雪太, Kocherga Margarita, A. Nikitina Irina, 大沼 学,桑名 貴, 村田浩一
第145回日本獣医学会学術集会   29 Mar 2008   
肥大吸虫(Fasciolopsis buski ) のミトコンドリアゲノム構造
井上有希, 佐藤雪太, Thanh Hoa Le, 湯川眞嘉, 吾妻 健
第145回日本獣医学会学術集会   29 Mar 2008   
飼育下のシロミミキジに認められたPlasmodium (Bennettinia ) juxtanucleare 感染
村田浩一, 佐々木絵美, 石川智史, 佐藤雪太, 澤邊京, 津田良夫,松本令以, 須田朱美, 植田美弥
第145回日本獣医学会学術集会   29 Mar 2008   
日本アルプスに生息するブユにおける吸血源動物の探索
井村貴之, 佐藤雪太, 玉田明日美, 岡野恵美子, 吉田千紘, 大森澄枝,江尻寛子, 湯川眞嘉, 村田浩一
第145回日本獣医学会学術集会   29 Mar 2008   
南大東島における鳥マラリアの分子系統と宿主転換
炭山大輔, 佐々木絵美, 佐藤雪太, 津田良夫, 澤邊京子, 松井 晋,堀江明香, 高木昌興, 猪子英俊, 村田浩一
第145回日本獣医学会学術集会   29 Mar 2008   
国内の野鳥における鳥マラリアの感染状況および分子系統
佐々木絵美, 佐藤雪太, 桑名 貴, 大沼 学, 村田浩一
第145回日本獣医学会学術集会   29 Mar 2008   
鳥マラリア原虫のミトコンドリアゲノム構造
大森澄枝、佐藤雪太、磯部 尚、湯川眞嘉、村田浩一
第143回日本獣医学会学術集会   4 Apr 2007   日本獣医学会
ライチョウ寄生ロイコチトゾーンを媒介する昆虫種の同定と原虫保有状況調査
中村紫乃、玉田明日美、望月弥生、佐藤雪太、湯川眞嘉、村田浩一
第143回日本獣医学会学術集会   4 Apr 2007   
南大東島で採集された蚊における鳥マラリア原虫遺伝子の検出
江尻寛子、佐藤雪太、佐々木絵美、仁位亮介、津田良夫、松井晋、高木昌興、湯川眞嘉、村田浩一
第143回日本獣医学会学術集会   4 Apr 2007   
国内の動物園における鳥マラリア感染サイクルについて,
芳我彩佳、佐藤雪太、佐々木絵美、湯川眞嘉、村田浩一
第143回日本獣医学会学術集会   4 Apr 2007   
動物園および水族館における鳥マラリア媒介昆虫の吸血源動物の探索
朝比奈礼子、佐藤雪太、佐々木絵美、澤邉京子、比嘉由紀子、津田良夫、長塚信幸、松本令以、植田美弥、湯川眞嘉、村田浩一
第143回日本獣医学会学術集会   4 Apr 2007   
ニホンライチョウの寄生虫感染 [Invited]
佐藤雪太
第143回日本獣医学会学術集会   3 Apr 2007   
高圧酸素療法の解析モデル系の確立 -疾患モデル糖尿病ラットを用いた検討-
松波登記臣、森島常統、佐藤雪太、湯川眞嘉、眞野喜洋
第143回日本獣医学会学術集会   3 Apr 2007   
南大東島に生息する固有および非固有鳥類の鳥マラリア感染と遺伝子解析
仁位亮介,由井沙織,松井 晋,堀江明香,高木昌興,佐藤雪太,津田良夫,沢辺京子,村田浩一
第12回日本野生動物医学会大会   27 Sep 2006   

Research Grants & Projects

 
鳥マラリアをモデルとしたベクター媒介感染症の動態に関する研究
日本大学生物資源科学部: 日本大学生物資源科学部学術助成金 学部総合研究
Project Year: Apr 2017 - Mar 2019    Investigator(s): 佐藤雪太
ベクター媒介性感染症に対する高リスク地域特定のためのモニタリング手法の開発
Project Year: Apr 2014 - Mar 2017    Investigator(s): 佐藤雪太
フィラリア陽性蚊の分布調査
ゾエティス・ジャパン株式会社: 
Project Year: 2015 - 2016
二国間におけるベクター媒介性感染症を指標とした環境変化の生態学的比較解析
日本大学国際地域研究所: 国際地域研究所海外招聘交換研究員
Project Year: 2015 - 2015
吸血昆虫媒介性病原体の分布を指標とした環境モニタリングシステムの構築
Project Year: 2009 - 2011

Social Contribution

 
横浜市動物由来感染症対策検討会委員
[Advisor]  横浜市健康福祉局  1 Sep 2019
町田市動物愛護推進協議会会長
[Presenter, Advisor, Organizing Member]  町田市長  7 Mar 2019
人と動物との共生推進よこはま協議会副会長
[Advisor]  横浜市  Mar 2017