酒谷 薫

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/13 05:51
 
アバター
研究者氏名
酒谷 薫
 
サカタニ カオル
eメール
sakatani.kaorunihon-u.ac.jp
URL
http://sakatani-lab.org/
所属
日本大学
部署
工学部電気電子工学科
職名
教授
学位
医学博士(大阪医科大学), 工学博士(北海道大学)
その他の所属
日本大学
科研費研究者番号
90244350

研究分野

 

経歴

 
1981年5月
 - 
1987年3月
大阪医科大学 脳神経外科 臨床研修医師
 
1987年4月
 - 
1987年8月
大阪医科大学  脳神経外科 助手
 
1987年9月
 - 
1989年7月
New York大学 医学部脳神経外科  博士課程研究員
 
1989年8月
 - 
1992年1月
New York大学 医学部脳神経外科 助教授
 
1991年4月
 - 
1992年1月
Yale大学 医学部神経内科 客員助教授
 

学歴

 
1975年4月
 - 
1981年3月
大阪医科大学 医学部 医学科
 
 
 - 
1987年
大阪医科大学 大学院 医学研究科 
 
 
 - 
1998年
北海道大学 大学院 工学研究科 システム情報工学専攻
 

委員歴

 
2010年8月
   
 
日本中医学会  理事長
 
2009年7月
   
 
日本脳神経モニタリング学会  理事
 
2004年4月
   
 
日本光脳機能イメージング研究会  事務局長
 
2004年3月
   
 
酸素ダイナミックス研究会  世話人
 
2001年11月
   
 
日本脳循環代謝学会  評議員
 

受賞

 
2010年11月
日本医師会医学研究助成金賞
 
1998年8月
Asian Computer Tomography Award
 
1991年1月
Westinghouse talent serach contest
 

論文

 
Correlation between asymmetry of spontaneous oscillation of hemodynamic changes in the prefrontal cortex and anxiety levels: a near-infrared spectroscopy study
Ishikawa W, Sato M, Fukuda Y, Matsumoto T, Takemura N, Sakatani K
Journal of Biomedical Optics   19(2) 027005   2014年2月   [査読有り]
Effects of fragrance administration on stress-induced prefrontal cortex activity and sebum secretion in the facial skin
Neuroscience Letters   432 157-161   2008年   [査読有り]
Comparison of blood-oxygen-level–dependent functional magnetic resonance imaging and near-infrared spectroscopy recording during functional brain activation in patients with stroke and brain tumors
J Biomed Optics   12 210-216   2007年   [査読有り]
Relation between mental stress-induced prefrontal cortex activity and skin conditions: a near infrared spectroscopy study.
M. Tanida, M. Katsuyama, K. Sakatani
Brain Research   1184 210-216   2007年   [査読有り]
Effects of cerebral ischemia on evoked cerebral blood oxygenation responses and BOLD contrast functional MRI in stroke patients
Y. Murata, K. Sakatani, T., Hoshino, N., Fujiwara, T., Kano, S., Nakamura, Y. Katayama
Stroke   37 2514-2520   2006年   [査読有り]

Misc

 
Brugnera A, Zarbo C, Adorni R, Tasca GA, Rabboni M, Bondi E, Compare A,Sakatani K.
Int J Psychophysiol.   114(4) 38-46   2017年2月   [査読有り]
Tang Z, Tamura T, Sekine M, Huang A, Chen W, Yoshida M, Sakatani K, Kobayashi H, Kanaya S.
IEEE J Biomed Health Inform.   1-12   2016年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
NIRSの基礎と臨床(監修 酒谷 薫)
酒谷 薫
新興医学出版社   2012年   
NIRSの基礎と臨床(監修 酒谷 薫)
酒谷 薫、深谷 親、山本隆充、片山容一
新興医学出版社   2012年   
NIRSの基礎と臨床(監修 酒谷 薫)
酒谷 薫、星野達哉
新興医学出版社   2012年   
NIRSの基礎と臨床(監修 酒谷 薫)
酒谷 薫、星野達哉
新興医学出版社   2012年   
NIRSの基礎と臨床(監修 酒谷 薫)
酒谷 薫、永岡右章、片山容一
新興医学出版社   2012年   

競争的資金等の研究課題

 
Active agingを支援するバイオメディカル工学の研究拠点 ‐福島県の震災復興に貢献する医工連携研究‐
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月    代表者: 酒谷 薫
本研究では、医工連携を基盤として、豊かな高齢化社会を築くActive aging(WHO, 2002)を支援する新たな予防・診断・治療法を開発し、高齢者の健康向上と医療産業の発展による地域の活性化と震災復興、ひいてはライフイノベーションによる成長戦略へ貢献することを目的とする。そのために、特に高齢者に多い脳疾患等を主な対象として、これまでに蓄積してきた本学中心の医工連携体制によるバイオメディカル工学の研究開発をさらに推進する。学術的意義は、日本大学が独自に開発した「Haptic技術」、「光...
鍼灸によるストレス緩和作用の神経基盤の解明
研究期間: 2013年 - 2015年
運動療法によるストレス緩和作用の神経基盤に関する生涯発達研究
研究期間: 2011年 - 2013年
高齢者の社会参加を支援するための「高齢者の脳と心の健康増進支援システム」の研究開発(調査研究)
科学技術振興機構: 産学イノベーション加速事業【戦略的イノベーション創出推進】
研究期間: 2010年 - 2011年
光イメージング法を用いた脳の健康に関する生涯発達研究
日本医師会: 日本に敷きあ医学研究助成費
研究期間: 2010年 - 2011年

特許

 
特願2017- 48625 : 生体機能についての医学的検査の得点判定装置、及びプログラム
酒谷薫 大山勝徳
2010-004458 : ストレス状態測定装置
2007-325653 : 体内埋設型光ファイバーによる悪性脳腫瘍に対する光力学療法