工藤 洋

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/20 09:45
 
アバター
研究者氏名
工藤 洋
 
クドウ ヒロシ
URL
http://www.ecology.kyoto-u.ac.jp/~kudoh/
所属
京都大学
部署
生態学研究センター
職名
教授
学位
博士(理学)(京都大学), 理学修士(京都大学)
ORCID ID
0000-0001-9777-4886

プロフィール

植物の生態学・遺伝子発現・エピジェネティックス ─ 植物の適応・進化・多様化の過程を明らかにすることを目的に研究を進めています。アブラナ科の植物を対象に分子生態学的研究をおこなっています。複雑な自然環境下で生物が巧みに生きる仕組みとその成立過程を知りたいと考えています。

研究分野

 
 

経歴

 
2008年5月
 - 
現在
京都大学 生態学研究センター 教授
 
2002年2月
 - 
2008年4月
神戸大学 理学研究科 生物学専攻 准教授
 
1996年10月
 - 
2002年1月
東京都立大学 理学部生物学科 助手
 
1995年4月
 - 
1997年2月
米国スミソニアン環境研究所 ポスドク研究員(JSPS海外特別研究員)
 
1994年4月
 - 
1995年3月
京都大学 理学研究科 生物学専攻 研修員
 

学歴

 
1990年4月
 - 
1994年3月
京都大学 理学研究科生物学専攻 博士後期課程
 

受賞

 
2000年3月
日本生態学会 第4回日本生態学会宮地賞
 

論文

 
Annual transcriptome dynamics in natural environments reveals plant seasonal adaptation
Nagano AJ, Kawagoe T, Sugisaka J, Honjo MN, Iwayama K, Kudoh H
Nature Plants   5 74-83   2019年1月   [査読有り]
Photoperiod–temperature phase lag: A universal environmental context of seasonal developmental plasticity
Kudoh H
Development, Growth & Differentiation,   61 5-11   2019年1月   [査読有り][招待有り]
A survey on plant viruses in natural Brassicaceae communities using RNA-seq
Kamitani M, Nagano AJ, Honjo MN, Kudoh H
Microbial Ecology   1-9   2018年10月   [査読有り]
Mutation in the putative ketoacyl-ACP reductase CaKR1 induces loss of pungency in Capsicum
Koeda S, Sato K, Saito H, Nagano AJ, Yasugi M, Kudoh H, Tanaka Y
Theoretical and Applied Genetics   1-16   2018年9月   [査読有り]
The long-term “in natura” study sites of Arabidopsis halleri for plant transcription and epigenetic modification analyses in natural environments
Kudoh H, Honjo MN, Nishio H, Sugisaka J
Methods in Molecular Biology   1830 41-57   2018年7月   [査読有り]
Synchronisation of Arabidopsis flowering time and whole-plant senescence in seasonal environments.
Miryeganeh M, Yamaguchi M, Kudoh H
Scientific Report   8(1) 10282   2018年7月   [査読有り]
Genetic differentiation in cauline-leaf-specific wettability of a rosette-forming perennial Arabidopsis from two contrasting montane habitats.
Aryal B, Shinohara W, Honjo MN, Kudoh H
Annals of Botany   121(7) 1351-1360   2018年6月   [査読有り]
Morphology and genome size of the widespread weed Cardamine occulta: how it differs from cleistogamic C. kokaiensis and other closely related taxa in Europe and Asia.
Slenker M, Zozomova-Lihova J, Mansakova T, Kudoh H, Zhao Y, Soejima A, Yahara T, Skokanova K, Spaniel S, Marhold K
Botanical Journal of the Linnean Society   187 456-482   2018年4月   [査読有り]
Phylogenetic relationships of Aurantioideae (Rutaceae) based on RAD-Seq
Nagano Y, Mimura T, Kobata N, Matsumoto R, Nagano AJ, Honjo MN, Kudoh H, Yamamoto M.
Tree Genetics & Genomes   14(1) 1-11   2018年2月   [査読有り]
Kagiya S, Yasugi M, Kudoh H, Nagano AJ, Utsumi S
Molecular Ecology   27(5) 1284-1295   2018年1月   [査読有り]
Phylogeographic analysis of the East Asian goldenrod (Solidago virgaurea complex, Asteraceae) reveals hidden ecological diversification with recurrent formation of ecotypes.
Sakaguchi S, Kimura T, Kyan R, Maki M, Nishino T, Ishikawa N, Nagano AJ, Honjo MN, Yasugi M, Kudoh H, Li P, Cho HJ, Chernyagina OA, Ito M
Annals of Botany   121(3) 489-500   2017年12月   [査読有り]
Genetic mapping of local adaptation along the altitudinal gradient in Abies sachalinensis
Goto S, Kajiya-Kanegae H, Ishizuka W, Kitamura K, Ueno S, Hisamoto Y, Kudoh H, Yasugi M, Nagano AJ, Iwata H
Tree Genetics & Genomes   13(5) 1-13   2017年10月   [査読有り]
Sato Y, Ito K, Kudoh H
Functional Ecology   31(12) 2233-2243   2017年10月   [査読有り]
Herbivore-mediated interaction promotes the maintenance of trichome dimorphism through negative frequency-dependent selection.
Sato Y, Kudoh H
The American Naturalist   190(3) E67-E77   2017年9月   [査読有り]
Sakaguchi S, Horie K, Ishikawa N, Nagano AJ, Yasugi M, Kudoh H and Ito M.
New Phytologist   216(4) 1268-1280   2017年7月   [査読有り]
A GLABRA1 ortholog on LG A9 controls trichome number in the Japanese leafy vegetables Mizuna and Mibuna (Brassica rapa L. subsp. nipposinica L. H. Bailey): evidence from QTL analysis.
Kawakatsu Y, Nakayama H, Kaminoyama K, Igarashi K, Yasugi M, Kudoh H, Nagano AJ, Yano K, Kubo N, Kimura S
Journal of Plant Research   130(3) 539-550   2017年5月   [査読有り]
Genet-specific DNA methylation probabilities detected in a spatial epigenetic analysis of a clonal plant population
Araki KS, Kubo T, Kudoh H
PloS one   12(5) e0178145   2017年5月   [査読有り]
Fine-scale frequency differentiation along a herbivory gradient in the trichome dirmorphism of a wild Arabidopsis.
Sato Y, Kudoh H
Ecology and Evolution   7(7) 2133-2141   2017年4月   [査読有り]
Kuo LY, Chen CW, Shinohara W, Ebihara A, Kudoh H, Sato H, Huang YM, Chiou WL
Journal of Plant Research   130(2) 255-262   2017年3月   [査読有り]
Izuno A, Kitayama K, Onoda Y, Tsujii Y, Hatakeyama M, Nagano AJ, Honjo MN, Shimizu-Inatsugi R, Kudoh H, Shimizu KK, Isagi Y
Molecular Ecology   26(6) 1515-1532   2017年3月   [査読有り]
Kawakatsu Y, Nakayama H, Kaminoyama K, Igarashi K, Yasugi M, Kudoh H, Nagano AJ, Yano K, Kubo N, Kimura S
Journal of Plant Research   130(3) 539-550   2017年3月   [査読有り]
Shimizu-Inatsugi R, Terada A, Hirose K, Kudoh H, Sese J, Shimizu KK
Molecular Ecology   26(1) 193-207   2017年1月   [査読有り]
工藤 洋
雑草研究   62(4) 175-183   2017年   [査読有り]
Kamitani M, Nagano AJ, Honjo MN, Kudoh H.
The American Naturalist   83(5) 329-332   2017年   [査読有り]
Kamitani M, Nagano AJ, Honjo MN, Kudoh H.
FEMS Microbiology Ecology   92(11)    2016年11月   [査読有り]
Sato Y, Kudoh H.
Ecosphere   7(11)    2016年11月   [査読有り]
Hoshino A, Jayakumar V, Nitasaka E, Toyoda A, Noguchi H, Itoh T, Shin T, Minakuchi Y, Koda Y, Nagano AJ, Yasugi M, Honjo MN, Kudoh H, Seki M, Kamiya A, Shiraki T, Carninci P, AsamizuE, NishideH, Tanaka S, Park K-II, Morita Y, Yokoyama K, Uchiyama I, Tanaka Y, Tabata S, Shinozaki K, Hayashizaki Y, Kohara Y, Suzuki Y, Sugano S, Fujiyama A, Iida S, Sakakibara Y.
Nature communications   7(13295) 13295   2016年11月   [査読有り]
Penjor T, Mimura T, Kotoda N, Matsumoto R, Nagano AJ, Honjo MN, Kudoh H, Yamamoto M, Nagano Y.
Breediong Science Preview   66(5) 797-807   2016年10月   [査読有り]
Kolář F, Fuxová G, Záveská E, Nagano AJ, Hyklová L, Lučanová M, Kudoh H, Marhold K.
Molecular Ecology   25(16) 3929-3949   2016年8月   [査読有り]
Matsuhashi S, Kudoh H, Maki M, Cartolano M, Tsiantis M, Itagaki T, Sakai S.
Biological Invasions   18(7) 1939-1951   2016年7月   [査読有り]
Hosaka N, Kachi N, Kudoh H, Stuefer JF, Whigham DF.
Plant Ecology   217(5) 471-480   2016年5月   [査読有り]
Marhold K, Slenker M, Kudoh H, Zozomova-Lihova J.
PhytoKeys   62 57-72   2016年3月   [査読有り]
Nishio H, Buzas DM, Nagano AJ, Suzuki Y, Sugano S, Ito M, Morinaga S, Kudoh H.
Genes & Genetic System   91(1) 15-26   2016年2月   [査読有り]
Sato Y, Kudoh H.
Evolutionary Ecology   30(1) 137-154   2016年2月   [査読有り]
Genomewide molecular polymorphisms among Maize (Zea mays L.) inbred lines found from restriction-associated DNA Tag sequencing (RAD-Seq) analysis as a preliminary study on 'Genomewide selection' for breeding by Japanese public sector.
Tamaki H, Mitsuhashi S, Kudoh H, Nagano AJ, Yasugi M.
Bulletin of NARO Institute of Livestock and Grassland Science   16 1-9   2016年   [査読有り]
Sakaguchi S, Sugino T, Tsumura Y, Ito M, MD Crisp, DMJS Bowman, Nagano AJ, Honjo MN, Yasugi M, Kudoh K, Matsuki Y, Suyama Y, Isagi Y.
Tree Genetics & Genomes   11(6) 1-12   2015年12月   [査読有り]
An 'omics' based approach to the pathogenic mechanism of pine wilt disease.
Takeuchi Y, Kaneko A, Kato T, Honjo MN, Nagano AJ, Kudoh H, Mori K, Kikuchi T, Kuhara S, Futai K.
Journal of Nematology   47(3) 271-271   2015年9月   [査読有り]
Ushio M, Yamasaki E, Takasu H, Nagano AJ, Fujinaga S, Honjo MN, Ikemoto M, Sakai S, Kudoh H
Scientific Report   5(8695)    2015年3月   [査読有り]
Ushio M, Yamasaki E, Takasu H, Nagano AJ, Fujinaga S, Honjo MN, Ikemoto M, Sakai S, Kudoh H.
Scientific Report   5 8695   2015年3月   [査読有り]
Nagano AJ, Honjo MN, Mihara M, Sato M, Kudoh H
Methods in Molecular Biology   1236 89-98   2015年   [査読有り]
Mochizuki K, Nagano AJ, Kudoh H, Kawakita A
Applications in Plant Sciences   2(9) 1400045   2014年9月   [査読有り]
Sato Y, Kawagoe T, Sawada Y, Hirai MY, Kudoh H.
Evolutionary Ecology   28(3) 545-559   2014年   [査読有り]
Kudoh H, Takayama K, Kachi N.
Pacific Science   67(4) 591-597   2013年10月   [査読有り]
AkikoSatake, Tetsuhiro Kawagoe, Yukari Saburi, Yukako Chiba, Gen Sakurai, Hiroshi Kudoh
Nature communications   4 2303   2013年8月   [査読有り]
Sato Y, Kudoh H.
Ecology and Environment   36(3) 151-158   2013年2月   [査読有り]
Kudoh H, Nagano AJ.
Evolutionary Biology: Exobiology and Evolutionary Mechanisms   195-215   2013年   [査読有り]
Matsuhashi S, Sakai S, Kudoh H.
International Journal of Plant Sciences   173(4) 391-398   2012年5月   [査読有り]
Araki KS, Nakazawa T, Kawakita A, Kudoh H, Okuda N.
International journal of molecular sciences   13(5) 5700-5705   2012年5月   [査読有り]
Araki KS, Kaneko S, Isagi Y, Kudoh H.
American journal of botany   98(12) e385-e387   2011年12月   [査読有り]
Momokawa N, Kadono Y, Kudoh H.
Annals of botany   108(7) 1299-1306   2011年9月   [査読有り]
Shimizu KK, Kudoh H, Kobayashi MJ.
Annals of botany   108(4) 777-787   2011年8月   [査読有り]
Kawagoe T, Shimizu KK, Kakutani T, Kudoh H.
PloS one   6(7) e22184   2011年7月   [査読有り]
Fujimoto R, Sasaki T, Kudoh H, Taylor JM, Kakutani T, Dennis ES
The Plant Journal   66(5) 831-843   2011年6月   [査読有り]
Kawagoe T, Kudoh H.
Oecologia   164(3) 713-720   2010年11月   [査読有り]
Lihová J, Kudoh H, Marhold K.
American Journal of Botany   97(6) 1058-1070   2010年6月   [査読有り]
Aikawa S, Kobayashi MJ, Satake A, Shimizu KK, Kudoh H.
Proceedings of the National Academy of Science, USA   107(25) 11632-11637   2010年6月   [査読有り]
Lihová J, Kudoh K, Marhold K.
Australian Systematic Botany   23(2) 94-111   2010年5月   [査読有り]
Shinohara W, Ushio Y, Seo A, Nakato N, Kono M, Kudoh H, Tobe H and Murakami N
Systematic Botany   35(1) 111-119   2010年2月   [査読有り]
Yamaguchi M, Sugisaka J, Kudoh H.
Japanese Journal of Conservation Ecology   15(1) 111-119   2010年   [査読有り]
Marhold K, Kudoh J, Pak JH, Watanabe K, Španiel S, Lihová J.
Annals of Botany   105(2) 249-264   2009年12月   [査読有り]
Shimizu‐Inatsugi R, Lihova J, Iwanaga H, Kudoh H, Marhold K, Savolainen O, Watanabe K, Yakubov VV, Shimizu KK.
Molecular Ecology   18(19) 4024-4048   2009年10月   [査読有り]
自然条件下における開花調節−遺伝子機能のコンテクスト依存性−
工藤洋, 相川慎一郎
時間生物学,2732,Vol.151      2009年
Hosaka N, Kachi N, Kudoh H, Stuefer JF, Whigham DF.
Plant ecology   197(2) 219-228   2008年8月   [査読有り]
FujimotoR, Kinoshita Y, Kawabe A, Kinoshita T, Takashima K, Nordborg M, Nasrallah ME, Shimizu KK, Kudoh H, Kakutani T.
PLoS Genetics   4(4) e1000048   2008年4月   [査読有り]
Sugisaka J. Kudoh H.
Journal of plant research   121(1) 65-68   2008年1月   [査読有り]
Kudoh H, Nakayama M, Lihová J, Marhold K.
Ecological Research   22(6) 869-875   2007年11月   [査読有り]
Shimamura R, Kachi N, Kudoh H, Whigham DF.
American journal of botany   94(7) 1137-1145   2007年7月   [査読有り]
杉阪 次郎;川越 哲博;工藤 洋
日本生態学会誌   57(1) 48-54   2007年3月   [査読有り]
Phenotypic plastisity of flowering time and its genetic basis in Arabidopsis thaliana.
Sugisaka J, Kawagoe T, Kudoh H.
Japanese Journal of Ecology (Japan)   57 48-54   2007年   [査読有り]
Adaptive phenotypic plasticity: its role in multiple-habitat usage and habitat choice.
Kudoh H.
Japanese Journal of Ecology (Japan)   57 66-70   2007年   [査読有り]
Kudoh H, Shimamura R, Takayama K, Whigham DF.
Plant Species Biology   21(3) 127-133   2006年12月   [査読有り]
Lihová J, Marhold K, Kudoh H, Koch MA.
American Journal of Botany   93(8) 1206-1221   2006年8月   [査読有り]
工藤洋, Marhold K., Lihova J.
分類 : bunrui : 日本植物分類学会誌   6(1) 41-49   2006年2月
Notes on Cardamine impatiens L., C. flexuosa With., C. hirsuta L. and C. parviflora L. in Japan
Kudoh H.
Bunrui   6 41-49   2006年   [査読有り]
Arabidopsis kamchatica (Fisch, ex DC.) K. Shimizu & Kudoh and A. kamchatica subsp. kawasakiana (Makino) K. Shimizu & Kudoh, New Combinations.
Shimizu KK, Fujii S, Marhold K, Watanabe K, Kudoh H.
Acta phytotaxonomica et geobotanica   56(8) 163-172   2005年8月   [査読有り]
Takayama K, Ohi‐Toma T, Kudoh H, Kato H.
Molecular Ecology   14(4) 1059-1071   2005年4月   [査読有り]
Shimamura R, Kachi N, Kudoh H, Whigham DF.
The Journal of the Torrey Botanical Society   132(2) 197-203   2005年4月   [査読有り]
Tani T, Kudoh H, Kachi N.
Roots: The Dynamic Interface between Plants and the Earth   255(1) 227-237   2003年8月   [査読有り]
Kitamura K, Morita T, Kudoh H, O'Neill J, Utech FH, Whighams DF, Kawano S.
Plant Species Biology   18 13-33   2003年   [査読有り]
Kudoh H, Kachi N, Kawano S, Ishiguri Y.
Plant Species Biology   17(2-3) 101-107   2002年12月   [査読有り]
Phenotypic Evolution: a Reaction Norm Perspective Phenotypic Evolution: a Reaction Norm Perspective, 1998.
Murren CJ, Kudoh H, Kachi N, Kawano S, Ishiguri Y, Wright SD, Mcconnaughay KDM, Cheplick GP.
Plant species biology   17(2) 101-107   2002年8月   [査読有り]
かく乱依存種ホナガソウの発芽特性
高野朝子, 工藤洋, 可知直毅
小笠原年報,6776,Vol.25      2002年
工藤洋
日本生態学会誌   51(3) 193-201   2001年12月   [査読有り]
Kudoh H.
Japanese Journal of Ecology   51(3) 193-201   2001年12月   [査読有り]
Morph-specific correlations between floral traits in a distylous Ophiorrhiza napoensis (Rubiaceae) population in southern China.
Kudoh H, Sugawara T, Wu S, Murata J.
Journal of tropical ecology   17(5) 719-728   2001年9月   [査読有り]
Tani T, Kudoh H, Kachi N.
Annals of Botany   88(3) 393-402   2001年9月   [査読有り]
Kudoh H, Whigham DF.
American Journal of Botany   88(4) 588-593   2001年4月   [査読有り]
Sex-biased herbivory in Jack-in-the-pulpit (Arisaema triphyllum) by a specialist thrips (Heterothrips arisaemae)
Feller IC, Kudoh H, Tanner CE, Whigham DF
Proceedings of the Royal 7th International Symposium on Thysanoptera   163-172   2001年   [査読有り]
Ozawa M, Kudoh H, Kachi N
Plant Species Biology   16(3) 237-239   2001年   [査読有り]
モンテンボクの花弁サイズと土壌の水分条件との関連
高島知子, 工藤洋, 可知直毅
小笠原研究年報   57-65   2001年
Sex-biased herbivory in Jack-in-the-Pulpit (Arisaema triphyllum) by a specialist thrips
Feller IC, Kudoh H, Tanner CE, Whigham DF.
11th Interbational Symposium Exploring the Global Sustainability   163-172   2001年   [査読有り]
オオハマボッスの発芽フェノロジーとシードバンク形成
市川百合子, 工藤洋, 可知直毅
小笠原研究年報   31-39   2000年
Kudoh H, Shibaike H, Takasu H, Whigham DF, Kawano S.
Journal of Ecology   87(2) 244-257   1999年3月   [査読有り]
Kudoh H, Whigham DF.
Oecologia   117(1-2) 70-79   1998年11月   [査読有り]

Misc

 
Self‐organizing researcher networks in the plant sciences
Dodd AN, Harper H, Hiscock S, Koch MA, Kudoh H, Oyama T, Schumacher K, Shimada T, Tamura MN.
Plants People Planer   1 44-47   2019年1月
植物が過去6週間の気温を記憶!遺伝子を調節して季節に対応
工藤洋
自然保護      2010年
野生植物が複雑な季節変化を感じ取る仕組み
工藤洋(西村尚子)
natureダイジェスト      2010年
'In natura'研究へ 〜自然生育地における遺伝子機能の解明
工藤洋
生態研センターニュース      2010年
機能と適応の分子生態学
工藤洋
生態研センターニュース      2009年

書籍等出版物

 
植物の季節動態を捉える分子フェノロジー ~植物は気温の変化を記憶しながら生きている~
工藤 洋
研究応援   2016年9月   
植物の分子フェノロジー
工藤 洋 (担当:共著)
化学と生物8   2016年8月   
野生植物とウイルスの見えない相互作用をRNA-Seqで観る
神谷麻梨、永野惇、本庄三恵、工藤 洋 (担当:共著)
植物科学最前線 BSJ-review   2016年   
生物時計の生態学 リズムを刻む生物の世界
工藤 洋 (担当:共著, 範囲:開花季節の調節における気温の記憶:気象と分子生物学からみた生物機能の頑健性)
㈱文一総合出版   2015年12月   
帰化植物の自然史 -侵略と攪乱の生態学-
工藤 洋 (担当:共著, 範囲:ミチタネツケバナの分布拡大過程をたどる)
北海道大学出版会   2012年   
植物生活史図鑑・春の植物2
工藤洋
北海道大学図書刊行会   2004年   
植物の進化
工藤洋
秀潤社   2007年   
生き物たちのつづれ織り3
工藤洋
中西印刷   2009年   
外来生物の生態学
工藤洋
文一総合出版   2010年   
ゲノムが拓く生態学
相川慎一郎 工藤洋
文一総合出版   2011年7月   
シリーズ現代の生態学第7巻エコゲノミクス−遺伝子から見た適応−
日本生態学会 森長真一・工藤洋 (担当:分担執筆, 範囲:概説:適応の複雑さを包括的に理解する)
共立出版   2012年   
Responses of root length/leaf area ratio and specific root length of an understory herb, Pteridophyllum racemosum, to increases in irradiance
Tani T, Kudoh H, Kachi N. (担当:共著, 範囲:Roots: The Dynamic Interface between Plants and the Earth)
Springer, Dordrecht   2003年   
一年生植物、多年生植物
工藤 洋 (担当:共著)
生態学事典   2003年   

講演・口頭発表等

 
アブラナ科ハクサンハタザオにおける葉面クチクラワックスの標高二型とその機能
湯本原樹、本庄三恵、佐々木結子、太田啓介、工藤洋
日本植物学会第82回大会   2019年9月14日   
シロイヌナズナの開花と枯死に関する季節同調の研究
嘉美千歳,工藤洋
第60回日本植物生理学会   2019年3月13日   
シロイヌナズナとミチタネツケバナにおける根の皮層形成の分子機構の比較
豊倉浩一,郷達明,坂根雅人,Yrjo Helariutta,柿本辰男,工藤洋,深城英弘
第60回日本植物生理学会   2019年3月13日   
年周トランスクリプトームから見る植物の季節適応
永野惇,川越哲博,杉阪次郎,本庄三恵,岩山幸治,工藤洋
第60回日本植物生理学会   2019年3月13日   
ハクサンハタザオ自然集団における日周リズム遺伝子の検出とその季節変化
村中智明,本庄三恵,川越哲博,永野惇,工藤洋
第60回日本植物生理学会   2019年3月13日   
ハクサンハタザオにおける季節的な前歴環境による直接・間接プライミング
本庄三恵,村中智明,西尾治幾,伊藤佑,榮村奈緒子,工藤洋
第60回日本植物生理学会   2019年3月   
Molecular phenology: seasonal transcriptpmics and epigenomics in plants. Symposium of Integrative Biology
工藤 洋
マクロ生物学 百花繚乱   2019年2月21日   
抑制型ヒストン修飾H3K27me3におけるエピジェネティックランドスケープの季節変
工藤 洋
CSRSセミナー   2018年12月13日   
大量の野外RNA-seqデーターから分かること:日周変動遺伝子解析の場合
村中智明,本庄三恵,川越哲博,永野惇,工藤洋
第50回種生物シンポジウム   2018年12月7日   
トランスクリプトームに基づく地下茎メリステムの季節変化
荒木希和子,永野惇,工藤洋
第50回種生物シンポジウム   2018年12月7日   
クサトベラの種子散布に関わる果実二型をもたらす形態的差異と遺伝子基盤
榮村奈緒子,内貴章世,梶田忠,吉永新,高部圭司,本庄三恵,工藤洋
第50回種生物シンポジウム   2018年12月7日   
季節環境がもたらすウイルスー宿主の長期共存機構
本庄三恵,永野惇,川越哲博,杉阪次郎,榮村奈緒子,神谷麻梨,工藤洋
第50回種生物シンポジウム   2018年12月7日   
フィールド・トランスクリプトミクス/エピゲノミクス:分子フェノロジーにみる植物の長期環境応答 [招待有り]
工藤 洋
第50回種生物シンポジウム   2018年12月7日   
抑制型ヒストン修飾 H3K27me3におけるエピジェネティックランドスケープの季節変化 [招待有り]
工藤 洋
第41回日本分子生物学会年会   2018年11月28日   
Field epigenetics: seasonal analyses of histone modifications in a natural plant population. [招待有り]
工藤 洋
4th East Asia Agricultural Genome Scientists Forum.   2018年10月24日   
Why the circadian clock is circadian: the local adaptation of circadian periods in the photoperiodic flowering of a Japanese short-day duckweek
Tomoaki Muranaka, Hiroshi Kudoh, Tokitaka Oyama
Mechanisms of Evolution and Biodiversity,   2018年10月2日   
H3k27me3-mediated robust mechanism for seasonal adaptation to the fluctuating.
工藤 洋
Mechanisms of Evolution and Biodiversity   2018年10月2日   
Evidence for adaptive evolution of a high-mountain dwarf of Lysimachia japonica (Primulaceae) endemic to Yakushima, Japan
Wataru Shinohara, Akihiro Kakezawa, Hiroshi Kudoh
Mechanisms of Evolution and Biodiversity   2018年10月2日   
Molecular phenology: a long-term in natura study of a perennial Arabidopsis on the seasonality of gene expression and epigenetic regulation.
Hiroshi Kudoh, Jiro Sugisaka, Tomoaki Muranaka, Tasuku Ito, Haruki Nishio, Mie N. Honjo
echanisms of Evolution and Biodiversity   2018年10月2日   
自然条件下における生物同調現象に関与する因子の探索
嘉美千歳、工藤洋
日本植物学会第82回大会   2018年9月14日   
Field epigenetics: seasonal analyses of histone modifications in a natural plant population [招待有り]
工藤 洋
Second Interdisciplinary and Research Alumni Symposium iJaDe2018   2018年9月3日   
植物の葉面撥水性における標高傾度に沿った遺伝的集団分化
Biva Aryal、本庄三恵、篠原渉、工藤洋
第20回日本進化学会   2018年8月22日   
季節的温度環境がもたらすウイルス-宿主の長期共存機構
本庄三恵、永野惇、川越哲博、杉阪次郎、榮村奈緒子、神谷麻梨、工藤洋
第20回日本進化学会   2018年8月22日   
ヒストン修飾 H37K27me3 のエピジェネティックランドスケープ変化による植物の季節応答
西尾治幾、伊藤佑、工藤洋
第20回日本進化学会   2018年8月22日   
Genet-specific spatial epigenetic structure detected in a clonal plant population” 12th Clonal Plant Symposium, July 31st, 2018, Bowdoin College, Brunswick, Maine, US
12th Clonal Plant Symposium   2018年7月31日   
自然条件下における生物同調現象に関与する因子の探索
工藤 洋
DASH/FBAS全国共同利用成果報告会   2018年6月28日   
マクロ生物学と遺伝学の融合
工藤 洋
平成30年度遺伝研研究会   2018年4月   
遺伝子発現解析から見える多年生草本植物におけるウイルス一宿主相互作用の季節動態
本庄三恵・永野惇・川越哲博・杉阪次郎・榮村奈緒子・神谷麻梨・工藤洋
第65回日本生態学会   2018年3月   
クサトベラの種子散布に関わる果実二型の比較トランスクリプトーム解析
榮村奈緒子・内貴章世・梶田忠・吉永新・高部圭司・本庄三恵・工藤洋
第65回日本生態学会   2018年3月   
自然条件下におけるハクサンハタザオの遺伝子発現の日周変化とその季節変化
村中智明・本庄三恵・川越哲博・永野惇・工藤洋
第65回日本生態学会   2018年3月   
ハクサンハタザオにおける全ゲノムDNAメチル化の季節動態
伊藤佑・西尾治幾・樽谷芳明・豊田敦・藤山秋佐夫・角谷徹仁・工藤洋
第65回日本生態学会   2018年3月   
食植者の最適採餌からみたハクサンハタザオのトライコーム多型の維持
佐藤安弘・伊藤公一・工藤洋
第65回日本生態学会   2018年3月   
Field epigenetics in Plants: the basis of robust responses under fluctuating environments,
工藤 洋
国際環境生物資源シンポジウム   2018年3月   
エピジェネティッククランドスケープの1年間の動態:H3K27me3 修飾の季節同調
西尾治幾・永野惇・ブザスディアナ・岩山幸治・伊藤佑・工藤洋
第59回日本植物生理学会   2018年3月   
植物の季節応答におけるH3K27me3のもつノイズフィルター機能
西尾治幾・永野惇・ブザスディアナ・岩山幸治・伊藤佑・工藤洋
第59回日本植物生理学会   2018年3月   
日本産短日性アオウキクサにおける花成限界日長と概日リズム周期の相関
村中智明,工藤洋,小山時隆
第49回種生物学シンポジウム   2017年12月   
簡易撮影による調査地俯瞰写真を用いた多年生草本ハクサンハタザオの個体群調査
湯本原樹,杉阪次郎,工藤洋
第49回種生物学シンポジウム   2017年12月   
ハクサンハタザオにおける葉面撥水性の遺伝的集団分化
工藤洋,Biva Aryal, 本庄三恵,篠原渉
第49回種生物学シンポジウム   2017年12月   
野外におけるシロイヌナズナの同調現象に関する研究/育成終了因子の単離と同定
嘉美千歳,工藤洋
第49回種生物学シンポジウム   2017年12月   
Molecular phenology: 'In natura' analyses of gene functions.
KUDOH H
2017 ISCE/APACE   2017年8月   
自然生態系での植物ウイルスと宿主遺伝子発現の季節変動
本庄三恵,永野惇,川越哲博,杉阪次郎,榮村奈緒子,神谷麻梨,工藤洋
環境微生物学系学会合同大会2017   2017年8月   
季節トランスクリプトーム解析による気温の長期傾向に応答する遺伝子の検出
工藤洋,永野惇,杉阪次郎,川越哲博,本庄三恵
第58回日本植物生理学会   2017年3月   
RNA-Seqを用いた自然条件下における植物-ウイルス相互作用の解析
神谷麻梨,永野惇,本庄三恵,工藤洋
第58回日本植物生理学会   2017年3月   
野外ハクサンハタザオ集団を用いた全ゲノムDNAメチル化の季節解析
伊藤佑,樽谷芳明,西尾治幾,豊田敦,藤山秋佐夫,角谷徹仁,工藤洋
第58回日本植物生理学会   2017年3月   
林床植物におけるクローン?殖様式の個体差と集団構造
辻本典顕,荒木希和子,工藤洋
日本生態学会第64回全国大会   2017年3月   
植物の分子フェノロジー:季節環境下での遺伝子発現応答の頑健性
工藤 洋
日本農業気象学会 2017 年全国大会   2017年3月   
川の先生とのフィールドワーク
工藤 洋
2016年度日本植物分類学会講演会   2016年12月   
Moleculae phenology: seasonal gene expression in natural envirinments
工藤 洋
2016年12月   
フィールド・エピジェネティクス:環境変動下での頑健性の基盤
工藤 洋
植物の環境適応戦略をひもとく   2016年10月   
植物の分子フェノロジー:フィールド・エピジェネティック研究へ
工藤 洋
第88回大会 日本遺伝学会   2016年9月   
野生植物内のウイルス・宿主間、ウイルス種間相互作用をRNA-Seqで観る
神谷麻梨,永野惇,本庄三恵,工藤洋
日本植物学会第80回大会   2016年9月   
RNA-Seqを用いて見えてくる自然植物集団内でのウイルスの動態と宿主遺伝子発現の変動
本庄三恵,永野惇,川越哲博,杉阪次郎,榮村奈緒子,神谷麻梨,工藤洋
日本植物学会第80回大会   2016年9月   
野外におけるシロイヌナズナの同調現象に関する研究
嘉美千歳,工藤洋
日本植物学会第80回大会   2016年9月   
Molecular Phenology in Plants:Seasonal Responses of Gene Expression under Natural Envirpnments.
工藤 洋
The 64th NIBB Conference Evolution of Seasonal Timers   2016年4月   
Seasonal Dynamics of Turnip Mosaic Virus and Its Relationship with Host Transcriptome under a Natural Environment.
The 64th NIBB Conference Evolution of Seasonal Timers   2016年4月   
RNA-Seq reveals plant-virus intraction in the natural habit
Kyoto-Bristol-Heidelberg Plant Science Workshop   2016年3月   
植食者を介した頻度依存選択がハクサンハタザオの細毛多型の維持を促す
佐藤安弘,工藤 洋
第63回日本生態学会大会   2016年3月   
オオバタネツケバナ渓畔・潮汐集団の遺伝的差異
曽我江里,才木真太郎,石田厚,工藤 洋
第63回日本生態学会大会   2016年3月   
キク科蛇紋石植物のトランスクリプトーム解析
石川直子,西尾紗恵,横山政昭,阪口翔太,永野惇,手塚あゆみ,工藤洋,伊藤元己
第63回日本生態学会大会   2016年3月   
疑似一年生クローン植物のラメット生産におけるジェネット間差異:自然集団と移植実験による解析
辻本典顕,荒木希和子,工藤 洋
第63回日本生態学会大会   2016年3月   
アキノキリンソウ土壌エコタイプのおける環境適応と生殖隔離
阪口翔太,堀江健二,石川直子,永野惇,本庄三恵,工藤洋,伊藤元己
第63回日本生態学会大会   2016年3月   
種子散布形質と遺伝流動パターンに変異をもたらすクサトベラの果実二型
榮村奈緒子,上田恵介,傳田哲郎,永野惇,本庄三恵,工藤洋,井鷺裕司
第63回日本生態学会大会   2016年3月   
RNA-Seqを用いたアブラナ科植物におけるウイルス・宿主相互作用の解析
神谷麻梨,永野惇,本庄三恵,工藤洋
第63回日本生態学会大会   2016年3月   
みんなで使おう、京大生態研の共同利用・共同研究拠点「京大生態研の拠点が歩んできた道とこれから歩む道」
中野伸一,工藤洋
第63回日本生態学会大会   2016年3月   
生態学の展望 「開花制御の生理学と陸上植物の環境適応」
工藤 洋
第63回日本生態学会大会   2016年3月   
Genetic variation of ramet production within a population of a pseudo-annual clonal plant
Kyoto-Bristol-Heidelberg Plant Science Workshop   2016年3月   
Seasonal dynamics of Turnip mosaic virus and host transcriptome under a natural environment
Kyoto-Bristol-Heidelberg Plant Science Workshop   2016年3月   
Genetic differentiation between tidal and stream populations of Cardamine scutata[Brassicaceae]
Kyoto-Bristol-Heidelberg Plant Science Workshop   2016年3月   
Molecular phenology: Plant seasonality captured by gene expression
工藤 洋
第57回日本植物生理学会   2016年3月   
野生植物のRNA-Seqによるウイルス・ホスト相互作用の解明
神谷麻梨,永野惇,本庄三恵,工藤 洋
第57回日本植物生理学会   2016年3月   
自然環境下でハクサンハタザオに感染するカブモザイクウイルスの複製と遺伝子発現の季節動態
本庄三恵,永野惇,川越哲博,工藤洋
第57回日本植物生理学会   2016年3月   
植物の分子フェノロジー:遺伝子発現からみた季節応答の頑健性 [招待有り]
工藤 洋
第55回日本雑草学会   2016年3月   
野外エピジェネティクス:ヒストン修飾がもたらす頑健な遺伝子発現調節
工藤 洋
BMB2015   2015年12月   
シロイヌナズナ属多年草自然集団におけるヒストン修飾の季節解析
西尾治幾, 工藤 洋
BMB2015   2015年12月   
オオバタネツケバナの潮汐集団における適応戦略の分化
曽我江里, 才木真太郎, 石田厚, 工藤 洋
第47回種生物学シンポジウム   2015年12月   
擬似一年生クローン植物集団におけるジェネットの分布に依存したラメットサイズの変異
辻本典顕, 荒木希和子, 工藤 洋
第47回種生物学シンポジウム   2015年12月   
複数植食者からなる食害傾度に応じたトライコーム二型の地理的変異
佐藤安弘, 工藤 洋
第47回種生物学シンポジウム   2015年12月   
クサトベラにおける異なる種子散布能力を持つ果実二型の遺伝子流動パターンの違い
榮村奈緒子, 上田恵介, 傳田哲郎, 永野惇, 本庄三恵, 工藤洋
第47回種生物学シンポジウム   2015年12月   
野外植物ハクサンハタザオに感染するカブモザイクウイルスの季節動態
本庄三恵, 永野惇, 川越哲博, 工藤 洋
第47回種生物学シンポジウム   2015年12月   
Molecular phenology: studying gene function in nature
工藤 洋
IPMB 2015   2015年11月   
Molecular phenology of gene expression and histone modifications
工藤 洋
BHK Symposium Plant sciences session   2015年11月   
分子フェノロジー:植物における遺伝子発現の季節変化
工藤 洋
第17回大会日本進化学会   2015年8月   
キク科植物における土壌エコタイプの形成過程
阪口翔太,堀江健二,石川直子,永野惇,本庄三恵,工藤洋,伊藤元己
第17回大会日本進化学会   2015年8月   
擬似一年生クローン植物のラメット生産における資源分配のジェネット間差異
辻本典顕,荒木希和子,工藤洋
第17回大会日本進化学会   2015年8月   
オオバタネツケバナ渓畔/朝潮集団の冠水および非冠水下における遺伝的差異
曽我江里,才木真太郎,石田厚,工藤洋
第17回大会日本進化学会   2015年8月   
野外エピジェネティクス:変動する環境下でのヒストン修飾と遺伝子発現調節
工藤 洋
第9回日本エピジェネティクス研究会年会   2015年5月   
植物は花成タイミングを決定する分子メカニズム
西尾治幾, 永野惇, 岩山幸治, 工藤洋
第62回日本生態学会大会   2015年3月   
栽培実験に基づくオオバタネツケバナ渓畔・潮汐集団の適応戦略
曽我江里, 工藤洋
第62回日本生態学会大会   2015年3月   
被食防御の連合効果がハクサンハタザオのトリコーム多型を維持する
佐藤安弘, 工藤洋
第62回日本生態学会大会   2015年3月   
Reproduction Synchronization in Plant: Flowering and Senescence in a Environment.
第62回日本生態学会大会   2015年3月   
分子フェノロジー:網羅的遺伝子発現の季節解析
工藤洋, 永野惇, 川越哲博, 本庄三恵, 杉阪次郎
第62回日本生態学会大会   2015年3月   
クローン植物の優占ジェネットにおけるラメット生産様式:自然集団と移植実験による解析
辻本典顕, 荒木希和子, 八杉公基, 本庄三恵, 永野惇, 工藤洋
第62回日本生態学会大会   2015年3月   
網羅的サンプリングとRAD-seq法を活用した分子系統地理-東アジアに広域分布するコンロンソウを例に
岩崎貴也, 荒木希和子, 永野惇・Morhold K., Yakubov V.V., Pak, J.-H., 伊藤元己・工藤洋
第62回日本生態学会大会   2015年3月   
RNA-Seqを用いたアブラナ科植物内ウイルスの多様性の解明
神谷麻梨, 永野惇, 本庄三恵, 工藤洋
第62回日本生態学会大会   2015年3月   
Molecular phenology in plants
Kudoh H., Kawagoe T., Honjo N. M. Sugisaka J, Sato Y, Nishio H, Nagano A.J.
THE 38th Naito CONFERENSE ON Molecule-based biological systems   2014年10月   
Deciphering and reproduction of transcriptome dynamics under fluctuating field environments
THE 38th Naito CONFERENSE ON Molecule-based biological systems   2014年10月   
Associational anti-herbivore defence and the maintenance of hairy and glabrous plants in Arabidopsis halleri subsp. gemmifera.
Bristol-Kyoto Workshop on Plant Environmental Signalling   2014年9月   
Molecular mechanism of quantitative memory in a seasonal environment.
第61回日本生態学会大会   2014年3月   
亜高山林床に育成するクローナル植物Cardamine trifolia  の RAD-seqによる遺伝的変異解析
荒木希和子, 辻本典顯, 永野惇, 八杉公基, 本庄三恵, 工藤洋
第61回日本生態学会大会   2014年3月   
クローナル植物コンロンソウ集団の遺伝構造と生活史におけるジェネット間差の解析
辻本典顯, 荒木希和子, 八杉公基, 本庄三恵, 永野惇, 工藤洋
第61回日本生態学会大会   2014年3月