藤村 聡

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/13 02:40
 
アバター
研究者氏名
藤村 聡
 
フジムラ サトシ
所属
神戸大学
部署
経済経営研究所 企業情報研究部門
職名
准教授
学位
文学修士(東北大学), 博士(学術)(神戸大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1997年3月
神戸大学 大学院文化学研究科社会文化専攻修了  
 

論文

 
鈴木商店と神戸高商-『学校一覧』による卒業生の就業実態-
藤村 聡
国民経済雑誌   219(3) 61-76   2019年3月
人的要因から見た鈴木商店の経営破綻
藤村 聡
[関西大学経済・政治研究所]セミナー年報2017   121-133   2018年3月
戦前期三井物産の処罰と規律
藤村 聡
若林幸男編著『学歴と格差の経営史-新しい歴史像を求めて』   197-228   2018年2月
古川商事『大連事件』の人的要因 -企業不祥事と従業員の気質-
藤村 聡
国民経済雑誌   216(2) 57-72   2017年8月
戦前期の賃金分布:会社内・会社間比較
川村 一真, 清水 泰洋, 藤村 聡
国民経済雑誌   211(4) 69-84   2015年4月

Misc

 
もしフーコーが三井文庫に出会っていたら
藤村 聡
『私の一点』(三井文庫論叢 第50号別冊)   220-221   2017年9月
兼松は語る~『兼松史料』で読み解く戦前期の歩み~
藤村 聡
兼松資料叢書『日豪間通信』別巻      2011年3月

書籍等出版物

 
都市史学会編『日本都市史・建築史事典』「上水道(第3章近世/都市社会)」
藤村 聡
丸善出版   2018年11月   
複式簿記・会計史と「合理性」言説-兼松史料を中心に―〔研究叢書74〕
山地 秀俊, 藤村 聡 (担当:共著)
神戸大学経済経営研究所   2014年3月   
兼松資料叢書『日豪間通信 大正期シドニー来状』第VI巻
藤村 聡 (担当:単訳)
神戸大学経済経営研究所   2010年3月   
兼松資料叢書『日豪間通信』第V巻
藤村 聡 (担当:単訳)
神戸大学経済経営研究所   2009年3月   
兼松資料叢書『日豪間通信 大正期シドニー来状』第IV巻
藤村 聡 (担当:単訳)
神戸大学経済経営研究所   2008年3月   

講演・口頭発表等

 
戦前期労働市場と高学歴ホワイトカラー ―労働統計資料として『学校一覧』の可能性―
藤村 聡
社会経済史学会 第88回全国大会   2019年5月   社会経済史学会
Control and punishment of employees:a case of Mitsui&Co.
Satoshi Fujimura, Yasuhiro Shimizu
European Business History Association   2018年9月   European Business History Association
商社の論理 -組織構造と内部不祥事-
藤村 聡
第329回 GASSY研究会   2018年6月   GASSY研究会
破綻した鈴木商店と生き残った兼松-両社の命運を分けたもの-
藤村 聡
第225回産業セミナー【再考・「幻の総合商社」鈴木商店】   2017年9月   関西大学経済・政治研究所
戦前期企業社会の学歴評価―貿易商社と学校教育―
藤村 聡
第85回社会経済史学会全国大会   2016年6月   社会経済史学会

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 藤村 聡
科学研究費補助金/基盤研究(C)
研究期間: 2010年       代表者: 藤村 聡