髙玉 圭樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/11 03:01
 
アバター
研究者氏名
髙玉 圭樹
 
タカダマ ケイキ
URL
http://www.cas.hc.uec.ac.jp
所属
電気通信大学
部署
大学院情報理工学研究科、情報理工学域情報学専攻、Ⅰ類 (情報系)
職名
教授
学位
博士(工学)(東京大学)
科研費研究者番号
20345367

プロフィール

・1998年10月~2002年3月 ATR人間情報学研究所 研究員
 研究内容:エージェントとしての学習適応機構
 学習分類子システム,強化学習,遺伝的アルゴリズムなどの学習進化適応機構の性能を向上させ,その機構
 を備えたエージェントの有効性をスペースシャトルの宇宙飛行士スケジュリング問題,CADのプリント基板配
 置問題,宇宙群知能ロボットの協調行動問題において示した.
・2002年4月~2006年4月 東京工業大学 講師
 研究内容:エージェントに基づく社会シミュレーション
 考案したエージェント技術を社会科学に展開し,社会シミュレーションによる社会組織の理解に従事した.
 具体的には,組織学習,政府における制度設計などのテーマをはじめ,社会シミュレーションの結果の妥当
 性検証やリアリティという本質的な課題に取り組み,エージェントの適応機構の影響を明確化した.
・2006年5月~現在 電気通信大学 准教授
 研究内容:マルチエージェントシステムの設計論と応用
 マルチエージェントシステムの設計論と応用に向けて,今まで探究してきた適応機構を持つエージェント技
 術を複雑系に展開している.具合的には,宇宙太陽発電衛星における自律分散型故障診断や災害時における
 河川舟運の輸送最適化などの実応用で成果をあげている.

研究分野

 
 

経歴

 
1995年4月
 - 
1995年9月
全日本空輸株式会社 情報システム本部 システム推進部
 
1998年10月
 - 
2002年3月
(株)国際電気通信基礎技術研究所 研究員
 
2002年4月
 - 
2006年4月
東京工業大学 大学院総合理工学研究科 知能システム科学専攻 講師
 
2006年5月
 - 
2010年3月
電気通信大学 電気通信学部 人間コミュニケーション学科 准教授
 
2010年4月
 - 
2011年4月
電気通信大学 大学院情報理工学研究科 総合情報学専攻 准教授
 

学歴

 
1986年4月
 - 
1989年3月
大阪府立茨木高校  
 
1993年4月
 - 
1995年3月
京都大学 工学研究科 応用システム科学専攻
 
1995年10月
 - 
1998年9月
東京大学 工学系研究科 先端学際工学
 

委員歴

 
1994年
   
 
人工知能学会  人工知能学会全国大会 プログラム委員
 
1994年
   
 
人工知能学会  MYCOM 委員長
 
1994年
   
 
人工知能学会  MYCOM プログラム実行委員
 
1994年
   
 
人工知能学会  MYCOM 副委員長
 
1996年
   
 
計測自動制御学会  システム工学部会 幹事
 

受賞

 
2017年12月
UNISEC (University Space Engineering Consortium) Workshop 2017 ポスタセッション第1位
 
2017年11月
計測自動制御学会 計測自動制御学会,システム・情報部門 学術講演会 2017 優秀論文賞 連続報酬環境における学習分類子システムの不適切な一般化に関する一考察
 
SS04-8, pp. 529--533
2017年11月
計測自動制御学会 計測自動制御学会,システム・情報部門 学術講演会 2017 優秀論文賞 大脳新皮質アルゴリズムの簡素化に関する検討
 
GS04-8, pp. 135--140
2017年8月
UNISEC (University Space Engineering Consortium) 能代宇宙イベント2017、ミッション部門能代CanSat大賞
 
2017年8月
日本航空宇宙学会(北部支部) 特別賞学生ポスター展,最優秀賞
 

論文

 
Education Difference on Symbol Acquisition Between Educator Agent and Learner Agent
Inoue, T., and Matsushima, H., Hattori, K., and Takadama, K.
International Conference on Humanized Systems 2010 (ICHS2010)   5-9   2010年   [査読有り]
`Proposal of Highly Accurate Position Estimation System Using Movement History of Wireless Terminals and Wireless Communication
Hattori, Nakajima, N., and, Takadama, K.
SICE Annual Conference 2010   SA15(1) 2783-2787   2010年   [査読有り]
Towards an Objective Generation As an Autonomous Agent Architecture,
Kanamaru, A. Hattori, K. Sato, H., and Takadama, K.
SICE Annual Conference 2010   SA15(1) 2763-2768   2010年   [査読有り]
`Towards Care Plans of Aged Persons by Multi-objective Optimization
Shimada, T., Matsushima, H., Sato, H., Hattori, K., and Takadama, K.
SICE Annual Conference 2010   SB15(5) 3258-3263   2010年   [査読有り]
Dynamic matching range in Exemplar-based Learning Classifier System,
Matsushima, H., Hattori, K., Sato, K., and Takadama, K.
The 2010 IEEE World Congress on Computational Intelligence   *(*)    2010年   [査読有り]

Misc

 
Social and Group Simulation based on Real Data Analysis
Izumi, K., Takadama, K., Hattori, H., Nishino, N., and Noda, I
Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics (JACIII)   15(2) 166-172   2011年   [査読有り]
プログラム進化を促進する人工衛星の制御基板
高玉 圭樹
精密工学学会誌   77(1) 46-50   2011年   [査読有り]
マルチエージェントシステムによる路線網構築法
間島 隆博,高玉 圭樹
オペレーションリサーチ学会論文誌   55(3) 170-175   2010年
`Progress in Model-To-Model Analysis,
Rouchier, J., Cioffi-Revilla, C., Polhill, J. G., and Takadama, K.
The Journal of Artificial Societies and Social Simulation (JASSS)   11(2)    2008年   [査読有り]
``相互作用の設計原理を目指して'
高玉 圭樹
「相互作用の本質に迫る: 知的システムの理解と設計の新視点」特集号,計測自動制御学会,計測と制御,   44(12) 831-835   2005年

書籍等出版物

 
Handbook of Research on Biomimetics and Biomedical Robotics Chapter 19,
Yamaguchi, T. Tamai, Y., and Takadama, K. (担当:共著, 範囲:``Analyzing the goal findingprocess of human's learning with the reflection subtask,'')
IGI Global   2017年12月   
Handbook of Research on Biomimetics and Biomedical Robotics
Okudo, T., Yamaguchi, T. and Takadama, K. (担当:共著, 範囲:Chapter 20 Designing the learning goal space for human toward acquiring a creative learning skill DOI:10.4018/978-1-5225-2993-4)
IGI Global   2017年12月   
Designing the learning goal space for human toward acquiring a creative learning skill
Okudo, T., Takadama, K., and Yamaguchi, T. (担当:共著, 範囲:pp. 442--459)
Springer--Verlag   2017年12月   
Advances in Swarm Intelligence,Lecture Notes in Computer Science, Vol. 10385
Umenai, Y., Uwano, F., Sato, H., and Takadama, K. (担当:共著, 範囲:Strategy to Improve Cuckoo Search toward Adapting Randomly Changing Environment)
Springer-Verlag   2017年7月   
Human Interface and the Management of Information, Part II, Lecture Notes in Computer Science, Vol. 10274
Murata, A., Sato, H., and Takadama, K. (担当:共著, 範囲:Towards Adaptive Aircraft Landing Order with Aircraft Routes Partially Fixed by Air Traffic controllers as Human Intervention,)
Springer-Verlag   2017年7月   

講演・口頭発表等

 
Analysis of Air Cargo Hub Location in East Asia using Weber model
100) Watanabe, D., Majima, T., Takadama, K., and Katsuhara, M.
第27回日本物流学会全国大会   2010年   
情報エントロピーを用いたマルチエージェント競合回避手法の提案
94) 市川 嘉裕, 高玉 圭樹
人工知能学会, JAWS2010 (Joint Agent Workshops and Symposium) (CDROM),JAWS2010 (Joint Agent Workshops and Symposium)   2010年   
個別化による学習分類子システムの一般化促進
中田 雅也, 島田 智大, 廣瀬 壱行, 市川 嘉裕, 松島 裕康, 服部 聖彦, 高玉 圭樹
システム・情報部門 学術講演会 2010 (SSI2010) (CDROM),システム・情報部門 学術講演会   2010年   
Haar-Like特徴を用いたクレータ検出とその評価について
水見 翔人,鎌田 弘之,高玉 圭樹
日本航空宇宙学会,第54回宇宙科学技術連合講演会   2010年   
月小型実験機SLIMのピンポイント着陸誘導のための画像処理技術
福田 盛介,鎌田 弘之,小沢 愼治,高玉 圭樹,中谷 幸司
日本航空宇宙学会,第54回宇宙科学技術連合講演会   2010年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
The Next Generation Asynchronous Evolutionary Computation and its Applications
研究期間: 2018年7月 - 2018年7月    代表者: 髙玉 圭樹
意図共有と言語階層化に向けた集団適応に基づく人とエージェントのインタラクション
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 髙玉 圭樹
コミュニティの再構築を可能とするトラストとしての関係資産の可視化・運用システム
研究期間: 2017年8月 - 2020年3月    代表者: 下原 勝憲
無負荷センサ統合による見守りシステムの構築法
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 沼尾雅之
ビット反転を用いた宇宙機コンピュータシステム強化:プログラム進化による持続可能性
研究期間: 2016年7月 - 2018年3月    代表者: 髙玉 圭樹

特許

 
PCT/2018/106820 : 点群マッチング装置,点群マッチング方法及びプログラム
高玉 圭樹,石井 晴之, 上野 史
特願2018-57505 : 睡眠段階推定装置、睡眠段階推定方法および睡眠段階推定プログラム
高玉 圭樹,桃原 明里
PCT/2018/011287 : 睡眠状態からの疲労度合の推定と生活行動改善支援システム
高玉 圭樹,梅内 祐太,志牟田 亨
特願2017-173563 : 睡眠段階判定装置,睡眠段階判定方法及びプログラム
高玉 圭樹,上原 知里, 原田 智広
特願2017-173562 : 睡眠段階判定装置,睡眠段階判定方法及びプログラム
高玉 圭樹,上原 知里

その他

 
2015年
【新聞掲載】高玉研究室:
``日本初の月面着陸機、今年から開発スタート「世界に先駆け高精度技術目指す」'',産経新聞,2016/1/1.
2009年
国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運搬する宇宙輸送機(HTV)のカーゴレイアウト計算に,高玉准教授が開発したシステムが採用されました.HTVはスペースシャトルの代わりに物資を運搬できる輸送機です.