長谷川 修

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/17 13:25
 
アバター
研究者氏名
長谷川 修
 
ハセガワ オサム
学位
工学博士(東京大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
東京工業大学 像情報工学研究所 准教授
 
2002年
   
 
-:東京工業大学 像情報工学研究施設 助教授
 
2002年
 - 
2006年
:科学技術振興事業機構 研究員
 
2001年
 - 
2002年
:産業技術総合研究所 主任研究員
 
1999年
 - 
2000年
:カーネギーメロン大学 滞在研究員
 

学歴

 
 
 - 
1993年
東京大学大学院工学系研究科  
 
 
 - 
1988年
東京理科大学 工学部 機械工学科
 

受賞

 
1991年
米国電気電子学会産業電子部門、計測制御・情報システム国際会議、論文賞
 
1993年
米国電気電子学会産業電子部門、計測制御・情報システム国際会議、論文賞
 
1995年
電子情報通信学会 学術奨励賞
 
1998年
画像センシングシンポジウム、論文賞
 
2004年
SI2004 ベストセッション講演賞
 

Misc

 
Aram Kawewong, Sirinart Tangruamsub and Osamu Hasegawa
IEICE Transactions on Information and Systems      2010年
A.Kawewong, N.Tongprasit, S.Tangruamsub, O.Hasegawa
International Journal of Robotics Research (IJRR)      2010年
Shen Furao, Hui Yu, Keisuke Sakurai and Osamu Hasegawa
Neural Computing & Applications      2010年
An Online Incremental Semi-supervised Learning Method
Furao Shen, Youki Kamiya, and Osamu Hasegawa
Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics      2010年
実世界における一般問題解決システムの提案とそのヒューマノイドロボットへの実装
巻渕有哉,申富饒,長谷川修
電子情報通信学会論文誌D      2010年

書籍等出版物

 
On Lisetener's Fixation and Comprehension of Hand Gestures
Gestures. - Meaning and Use, Fernando Pessoa University Press   2003年   
High Quality and Fast Fractal Image Coding by Simulated Annealing Search
Proc. 9th symposium on Sensing via Image Information   2003年   
A Fast and Less Loss Fractal Image Coding Method Using Simulated Annealing
Proc. 4th Joint Conf. on Infomation Sciences   2003年   
A Kernel Logit Approach for Image Understanding and Its Applications
Proc. Japan-Korea Joint Symposium on Imaging Materials and Technologies (2002)   2002年   
ジェスチャ・行為・意味(分担)
共立出版   2002年   

講演・口頭発表等

 
Self-organizing incremental neura network and its application
1st SOINN Workshop, Proc. International Conference on Artificial Neural Network , (ICANN 2010)   2010年   
Machine Learning Approaches for Time-series Data Based on Self-Organizing Incremental Neural Network
1st SOINN Workshop, Proc. International Conference on Artificial Neural Network , (ICANN 2010)   2010年   
Fast and Incremental Attribute Transferring and Classifying System for Detecting Unseen Object Classes
1st SOINN Workshop, Proc. International Conference on Artificial Neural Network , (ICANN 2010)   2010年   
Unguided Robot Navigation Using Continuous Action Space
1st SOINN Workshop, Proc. International Conference on Artificial Neural Network , (ICANN 2010)   2010年   
Online Knowledge Acquisition and General Problem Solving in a Real World by Humanoid Robots
1st SOINN Workshop, Proc. International Conference on Artificial Neural Network , (ICANN 2010)   2010年   

Works

 
自然背景内の目標認識技術に関する研究
芸術活動   2003年 - 2003年
歩行者認識技術の開発
芸術活動   2003年 - 2003年

競争的資金等の研究課題

 
認知発達ロボティクス
JST戦略的創造研究推進制度(個人研究型) (個人研究推進事業:さきがけ研究21‐PRESTO)
研究期間: 2002年 - 2006年
画像の処理・認識およびシーン理解
研究期間: 2005年   
パターン認識の基礎と応用
認知発達ロボティクスの基礎と応用
画像の計測/処理/認識の基礎理論、アルゴリズム、産業用ビジョンシステム