船越 孝太郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/30 17:14
 
アバター
研究者氏名
船越 孝太郎
 
フナコシ コウタロウ
URL
http://ci.ist.i.kyoto-u.ac.jp/
所属
京都大学
部署
情報学研究科
職名
特定准教授
学位
博士(工学)(東京工業大学)
科研費研究者番号
30839311

研究キーワード

 
 

経歴

 
2006年4月
 - 
現在
(株)ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン(出向中)
 

学歴

 
 
 - 
2005年3月
東京工業大学 情報理工学研究科 計算工学専攻
 
 
 - 
2000年3月
東京工業大学 工学部 情報工学
 

論文

 
Takanori Komatsu,Kazuki Kobayashi,Seiji Yamada,Kotaro Funakoshi,Mikio Nakano
Proceedings of the 2018 CHI Conference on Human Factors in Computing Systems, CHI 2018, Montreal, QC, Canada, April 21-26, 2018   478   2018年   [査読有り]
Yasuhiro Shibasaki,Kotaro Funakoshi,Koichi Shinoda
MultiMedia Modeling - 23rd International Conference, MMM 2017, Reykjavik, Iceland, January 4-6, 2017, Proceedings, Part I   677-689   2017年   [査読有り]
Ko Endo,Masaki Aono,Eric Nichols,Kotaro Funakoshi
Proceedings of the Twenty-Sixth International Joint Conference on Artificial Intelligence, IJCAI 2017, Melbourne, Australia, August 19-25, 2017   3995-4001   2017年   [査読有り]
Kotaro Funakoshi,Mikio Nakano
Companion of the 2017 ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction, HRI 2017, Vienna, Austria, March 6-9, 2017   119-120   2017年   [査読有り]
Takanori Komatsu,Kazuki Kobayashi,Seiji Yamada,Kotaro Funakoshi,Mikio Nakano
Proceedings of the 2017 CHI Conference on Human Factors in Computing Systems, Denver, CO, USA, May 06-11, 2017.   3501-3505   2017年   [査読有り]
杉山 貴昭, 船越 孝太郎, 中野 幹生, 駒谷 和範
人工知能学会論文誌   31(3) C-FB2_1-9   2016年   [査読有り]
When a robot interacts with users in public spaces, it receives various sounds such as surrounding noises and users' voices. And furthermore, the robot needs to interact with multiple people at the same time. If the robot incorrectly determines wh...
Ryuichiro Higashinaka,Kotaro Funakoshi,Yuka Kobayashi,Michimasa Inaba
Proceedings of the Tenth International Conference on Language Resources and Evaluation LREC 2016, Portorož, Slovenia, May 23-28, 2016.      2016年   [査読有り]
Kei Wakabayashi,Johane Takeuchi,Kotaro Funakoshi,Mikio Nakano
Proceedings of the 2016 Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing, EMNLP 2016, Austin, Texas, USA, November 1-4, 2016   2144-2152   2016年   [査読有り]
Takahiro Kobori,Tomoaki Nakamura,Mikio Nakano,Takayuki Nagai,Naoto Iwahashi,Kotaro Funakoshi,Masahide Kaneko
Advanced Robotics   30(24) 1530-1543   2016年   [査読有り]
小林 一樹, 船越 孝太郎, 小松 孝徳, 山田 誠二, 中野 幹生
人工知能学会論文誌   30(4) 604-612   2015年   [査読有り]
In this paper, we describe an investigation into users' experiences of a simple talking robot with back-channel feedbacks that is designed based on an artificial subtle expression (ASE). In the experiments with participants, they are divided into ...
中村 友昭, 長井 隆行, 船越 孝太郎, 谷口 忠大, 岩橋 直人, 金子 正秀
人工知能学会論文誌   30(3) 498-509   2015年   [査読有り]
Humans develop their concept of an object by classifying it into a category, and acquire language by interacting with others at the same time. Thus, the meaning of a word can be learnt by connecting the recognized word and concept. We consider suc...
Ryuichiro Higashinaka,Kotaro Funakoshi,Masahiro Araki,Hiroshi Tsukahara,Yuka Kobayashi,Masahiro Mizukami
Proceedings of the SIGDIAL 2015 Conference, The 16th Annual Meeting of the Special Interest Group on Discourse and Dialogue, 2-4 September 2015, Prague, Czech Republic   87-95   2015年   [査読有り]
Takaaki Sugiyama,Kotaro Funakoshi,Mikio Nakano,Kazunori Komatani
15th IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robots, Humanoids 2015, Seoul, South Korea, November 3-5, 2015   166-172   2015年   [査読有り]
Ryuichiro Higashinaka,Masahiro Mizukami,Kotaro Funakoshi,Masahiro Araki,Hiroshi Tsukahara,Yuka Kobayashi
Proceedings of the 2015 Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing, EMNLP 2015, Lisbon, Portugal, September 17-21, 2015   2243-2248   2015年   [査読有り]
Takanori Komatsu,Rui Prada,Kazuki Kobayashi,Seiji Yamada,Kotaro Funakoshi,Mikio Nakano
Proceedings of the 37th Annual Meeting of the Cognitive Science Society, CogSci 2015, Pasadena, California, USA, July 22-25, 2015      2015年   [査読有り]
Takanori Komatsu,Array,Kazuki Kobayashi,Seiji Yamada,Kotaro Funakoshi,Mikio Nakano
Proceedings of the 33rd Annual ACM Conference Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems, Seoul, CHI 2015 Extended Abstracts, Republic of Korea, April 18 - 23, 2015   2175-2180   2015年   [査読有り]
アッタミミ ムハンマド, ファドリル ムハンマド, 阿部 香澄, 中村 友昭, 船越 孝太郎, 長井 隆行
日本ロボット学会誌   32(8) 753-764   2014年   [査読有り]
The human understanding of things is based on prediction which is made through concepts formed by categorization of their experience. To mimic this mechanism in robots, multimodal categorization, which enables the robot to form concepts, has been ...
Muhammad Attamimi,Muhammad Fadlil,Kasumi Abe,Tomoaki Nakamura,Kotaro Funakoshi,Takayuki Nagai
2014 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, Chicago, IL, USA, September 14-18, 2014   2194-2201   2014年   [査読有り]
Tomoaki Nakamura,Takayuki Nagai,Kotaro Funakoshi,Shogo Nagasaka,Tadahiro Taniguchi,Naoto Iwahashi
2014 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, Chicago, IL, USA, September 14-18, 2014   600-607   2014年   [査読有り]
Casey Kennington,Kotaro Funakoshi,Yuki Takahashi,Mikio Nakano
ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction, HRI'14, Bielefeld, Germany, March 3-6, 2014   200-201   2014年   [査読有り]
Takanori Komatsu,Kazuki Kobayashi,Seiji Yamada,Kotaro Funakoshi,Mikio Nakano
5th Augmented Human International Conference, AH '14, Kobe, Japan, March 7-9, 2014   40:1-40:10   2014年   [査読有り]
寺田 和憲, 山田 誠二, 小松 孝徳, 小林 一樹, 船越 孝太郎, 中野 幹生, 伊藤 昭
人工知能学会論文誌   28(3) 311-319   2013年   [査読有り]
In this paper, h-ASE(hesitation-based Artificial Subtle Expression) as a novel implementation of ASE is described, in which a robot expresses confidence in its advice to a human. Confidence in advice is one of robot's useful internal states, and i...
Takashi Yamauchi,Mikio Nakano,Kotaro Funakoshi
Proceedings of the SIGDIAL 2013 Conference, The 14th Annual Meeting of the Special Interest Group on Discourse and Dialogue, 22-24 August 2013, SUPELEC, Metz, France   369-371   2013年   [査読有り]
Seiji Yamada,Kazunori Terada,Kazuki Kobayashi,Takanori Komatsu,Kotaro Funakoshi,Mikio Nakano
2013 ACM SIGCHI Conference on Human Factors in Computing Systems, CHI '13, Paris, France, April 27 - May 2, 2013, Extended Abstracts   1023-1028   2013年   [査読有り]
Xiang Zuo,Taisuke Sumii,Naoto Iwahashi,Mikio Nakano,Kotaro Funakoshi,Natsuki Oka
Speech Communication   55(1) 190-203   2013年   [査読有り]
小松 孝徳, 小林 一樹, 山田 誠二, 船越 孝太郎, 中野 幹生
人工知能学会論文誌   27(5) 263-270   2012年
Expressing the confidence level of a system's suggestions by using speech sounds is an important cue to users of the system for perceiving how likely it is for the suggestions to be correct. We assume that expressing confidence levels by using hum...
Kotaro Funakoshi,Mikio Nakano,Takenobu Tokunaga,Ryu Iida
Proceedings of the SIGDIAL 2012 Conference, The 13th Annual Meeting of the Special Interest Group on Discourse and Dialogue, 5-6 July 2012, Seoul National University, Seoul, South Korea   237-246   2012年   [査読有り]
Kazuki Kobayashi,Kotaro Funakoshi,Seiji Yamada,Mikio Nakano,Takanori Komatsu,Yasunori Saito
The 21st IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication, IEEE RO-MAN 2012, Paris, France, September 9-13, 2012   215-220   2012年   [査読有り]
Takanori Komatsu,Kazuki Kobayashi,Seiji Yamada,Kotaro Funakoshi,Mikio Nakano
Proceedings of the 34th Annual Meeting of the Cognitive Science Society, CogSci 2012, Sapporo, Japan, August 1-4, 2012      2012年   [査読有り]
Takanori Komatsu,Kazuki Kobayashi,Seiji Yamada,Kotaro Funakoshi,Mikio Nakano
CHI Conference on Human Factors in Computing Systems, CHI '12, Extended Abstracts Volume, Austin, TX, USA, May 5-10, 2012   1595-1600   2012年   [査読有り]
Ryo Nagata,Kotaro Funakoshi,Tatsuya Kitamura,Mikio Nakano
IEICE Transactions   95-D(11) 2658-2663   2012年   [査読有り]
Kazunori Komatani,Mikio Nakano,Masaki Katsumaru,Kotaro Funakoshi,Tetsuya Ogata,Hiroshi G. Okuno
IEICE Transactions   95-D(9) 2298-2307   2012年   [査読有り]
Takaya Araki,Tomoaki Nakamura,Takayuki Nagai,Kotaro Funakoshi,Mikio Nakano,Naoto Iwahashi
Advanced Robotics   26(17) 1995-2020   2012年   [査読有り]
船越 孝太郎, 小林 一樹, 中野 幹生, 小松 孝徳, 山田 誠二
人工知能学会論文誌   26(2) 353-365   2011年
We argue that task-oriented spoken dialogue systems or communication robots do not need to quickly respond verbally as long as they quickly respond non-verbally by showing their internal states by using an artificial subtle expression. This paper ...
Ryo Nagata,Toshiaki Marueki,Kotaro Funakoshi,Tatsuya Kitamura,Mikio Nakano
ISCA International Workshop on Speech and Language Technology in Education, SLaTE 2011, Venice, Italy, August 24-26, 2011   81-84   2011年   [査読有り]
Mikio Nakano,Shun Sato,Kazunori Komatani,Kyoko Matsuyama,Kotaro Funakoshi,Hiroshi G. Okuno
Proceedings of the SIGDIAL 2011 Conference, The 12th Annual Meeting of the Special Interest Group on Discourse and Dialogue, June 17-18, 2011, Oregon Science & Health University, Portland, Oregon, USA   18-29   2011年   [査読有り]
Kazuki Kobayashi,Kotaro Funakoshi,Seiji Yamada,Mikio Nakano,Takanori Komatsu,Yasunori Saito
20th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication, RO-MAN 2011, Atlanta, Georgia, USA, July 31 - August 3, 2011   181-186   2011年   [査読有り]
Takaya Araki,Tomoaki Nakamura,Takayuki Nagai,Kotaro Funakoshi,Mikio Nakano,Naoto Iwahashi
2011 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, IROS 2011, San Francisco, CA, USA, September 25-30, 2011   1540-1547   2011年   [査読有り]
Ryo Taguchi,Yuji Yamada,Koosuke Hattori,Taizo Umezaki,Masahiro Hoguro,Naoto Iwahashi,Kotaro Funakoshi,Mikio Nakano
INTERSPEECH 2011, 12th Annual Conference of the International Speech Communication Association, Florence, Italy, August 27-31, 2011   1325-1328   2011年   [査読有り]
Kotaro Funakoshi,Tomoya Mizumoto,Ryo Nagata,Mikio Nakano
Proceedings of the 6th International Conference on Human Robot Interaction, HRI 2011, Lausanne, Switzerland, March 6-9, 2011   141-142   2011年   [査読有り]
Takanori Komatsu,Seiji Yamada,Kazuki Kobayashi,Kotaro Funakoshi,Mikio Nakano
Proceedings of the International Conference on Human Factors in Computing Systems, CHI 2011, Extended Abstracts Volume, Vancouver, BC, Canada, May 7-12, 2011   1249-1254   2011年   [査読有り]
Takanori Komatsu,Seiji Yamada,Kazuki Kobayashi,Kotaro Funakoshi,Mikio Nakano
Affective Computing and Intelligent Interaction - Fourth International Conference, ACII 2011, Memphis, TN, USA, October 9-12, 2011, Proceedings, Part II   22-30   2011年   [査読有り]
Mikio Nakano,Yuji Hasegawa,Kotaro Funakoshi,Johane Takeuchi,Toyotaka Torii,Kazuhiro Nakadai,Naoyuki Kanda,Kazunori Komatani,Array,Array
Knowl.-Based Syst.   24(2) 248-256   2011年   [査読有り]
勝丸 真樹, 中野 幹生, 駒谷 和範, 船越 孝太郎, 辻野 広司, 尾形 哲也, 奥乃 博
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition)   93(6) 879-888   2010年6月
本論文では,音声対話システムにおいて,複数の言語モデルと複数の言語理解モデルを用いることで,高精度な音声理解を行う手法について述べる.ユーザの発話によって適した言語モデル・言語理解モデルの組合せは異なることから,単一の音声理解方式で様々な発話に対して高精度な音声理解を実現することは難しい.そこで本論文では,まず,複数の言語モデルと言語理解モデルを用いて複数の理解結果を得ることで,理解結果の候補を得る.次に,得られた複数の理解結果に対して,ロジスティック回帰に基づき発話単位の信頼度を付与し,...
船越 孝太郎, 木村 法幸, 中野 幹生, 岩橋 直人
電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition)   93(5) 610-620   2010年5月
本論文では,少数の教示発話から,ユーザが任意に決めた物体や場所の名称をロボットが学習し識別するための手法を提案する.高齢者や児童も含めたユーザの使いやすさを高めるためには,語彙や言い回しに関する制限を課さないことが重要である.また,背景雑音などによって生じる誤認識に対して頑健でなければならない.そこで提案手法では,大語彙連続音声認識を用いて入力音声を認識し,複数の認識候補(N-best)に対しbag-of-wordsモデルに基づくトピック分類を適用することで,語彙や言い回しの制限を無くし,...
小松 孝徳, 山田 誠二, 小林 一樹, 船越 孝太郎, 中野 幹生
人工知能学会論文誌   25(6) 733-741   2010年
We describe artificial subtle expressions (ASEs) as intuitive notification methodology for artificial agents especially in order to convey their internal states for users. We prepared two types of audio ASEs; one is a flat artificial sound (flat A...
Xiang Zuo,Taisuke Sumii,Naoto Iwahashi,Kotaro Funakoshi,Mikio Nakano,Natsuki Oka
2010 IEEE Spoken Language Technology Workshop, SLT 2010, Berkeley, California, USA, December 12-15, 2010   360-365   2010年   [査読有り]
Kotaro Funakoshi,Mikio Nakano,Kazuki Kobayashi,Takanori Komatsu,Seiji Yamada
Proceedings of the SIGDIAL 2010 Conference, The 11th Annual Meeting of the Special Interest Group on Discourse and Dialogue, 24-15 September 2010, Tokyo, Japan   176-184   2010年   [査読有り]
Xiang Zuo,Naoto Iwahashi,Ryo Taguchi,Kotaro Funakoshi,Mikio Nakano,Shigeki Matsuda,Komei Sugiura,Natsuki Oka
19th IEEE International Conference on Robot and Human Interactive Communication, Viareggio, Italy, RO-MAN, 2010, September 13-15, 2010   608-613   2010年   [査読有り]
Anja Austermann,Seiji Yamada,Kotaro Funakoshi,Mikio Nakano
19th IEEE International Conference on Robot and Human Interactive Communication, Viareggio, Italy, RO-MAN, 2010, September 13-15, 2010   234-239   2010年   [査読有り]
Hiromi Narimatsu,Mikio Nakano,Kotaro Funakoshi
Spoken Dialogue Systems for Ambient Environments - Second International Workshop on Spoken Dialogue Systems Technology, IWSDS 2010, Gotemba, Shizuoka, Japan, October 1-2, 2010. Proceedings   182-187   2010年   [査読有り]
Muhammad Attamimi,Akira Mizutani,Tomoaki Nakamura,Takayuki Nagai,Kotaro Funakoshi,Mikio Nakano
2010 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, October 18-22, 2010, Taipei, Taiwan   4560-4565   2010年   [査読有り]
Anja Austermann,Seiji Yamada,Kotaro Funakoshi,Mikio Nakano
INTERSPEECH 2010, 11th Annual Conference of the International Speech Communication Association, Makuhari, Chiba, Japan, September 26-30, 2010   2506-2509   2010年   [査読有り]
Xiang Zuo,Naoto Iwahashi,Ryo Taguchi,Shigeki Matsuda,Komei Sugiura,Kotaro Funakoshi,Mikio Nakano,Natsuki Oka
Proceedings of the IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing, ICASSP 2010, 14-19 March 2010, Sheraton Dallas Hotel, Dallas, Texas, USA   2458-2461   2010年   [査読有り]
Anja Austermann,Seiji Yamada,Kotaro Funakoshi,Mikio Nakano
Proceedings of the 5th ACM/IEEE International Conference on Human Robot Interaction, HRI 2010, Osaka, Japan, March 2-5, 2010   73-74   2010年   [査読有り]
Kazunori Komatani,Masaki Katsumaru,Mikio Nakano,Kotaro Funakoshi,Tetsuya Ogata,Hiroshi G. Okuno
COLING 2010, 23rd International Conference on Computational Linguistics, Posters Volume, 23-27 August 2010, Beijing, China   579-587   2010年   [査読有り]
Anja Austermann,Seiji Yamada,Kotaro Funakoshi,Mikio Nakano
Proceedings of the 28th International Conference on Human Factors in Computing Systems, CHI 2010, Extended Abstracts Volume, Atlanta, Georgia, USA, April 10-15, 2010   3727-3732   2010年   [査読有り]
Takanori Komatsu,Seiji Yamada,Kazuki Kobayashi,Kotaro Funakoshi,Mikio Nakano
Proceedings of the 28th International Conference on Human Factors in Computing Systems, CHI 2010, Atlanta, Georgia, USA, April 10-15, 2010   1941-1944   2010年   [査読有り]
Mikio Nakano,Naoto Iwahashi,Takayuki Nagai,Taisuke Sumii,Xiang Zuo,Ryo Taguchi,Takashi Nose,Akira Mizutani,Tomoaki Nakamura,Muhanmad Attamim,Hiromi Narimatsu,Kotaro Funakoshi,Yuji Hasegawa
Dialog with Robots, Papers from the 2010 AAAI Fall Symposium, Arlington, Virginia, USA, November 11-13, 2010      2010年   [査読有り]
Masaki Katsumaru,Mikio Nakano,Kazunori Komatani,Kotaro Funakoshi,Tetsuya Ogata,Hiroshi G. Okuno
Human Language Technologies: Conference of the North American Chapter of the Association of Computational Linguistics, Proceedings, May 31 - June 5, 2009, Boulder, Colorado, USA, Short Papers   133-136   2009年   [査読有り]
Masaki Katsumaru,Mikio Nakano,Kazunori Komatani,Kotaro Funakoshi,Tetsuya Ogata,Hiroshi G. Okuno
INTERSPEECH 2009, 10th Annual Conference of the International Speech Communication Association, Brighton, United Kingdom, September 6-10, 2009   2735-2738   2009年   [査読有り]
Ryo Taguchi,Naoto Iwahashi,Takashi Nose,Kotaro Funakoshi,Mikio Nakano
INTERSPEECH 2009, 10th Annual Conference of the International Speech Communication Association, Brighton, United Kingdom, September 6-10, 2009   2731-2734   2009年   [査読有り]
Kotaro Funakoshi,Philipp Spanger,Mikio Nakano,Takenobu Tokunaga
ENLG 2009 - Proceedings of the 12th European Workshop on Natural Language Generation, March 30-31, 2009, Athens, Greece   191-194   2009年   [査読有り]
船越 孝太郎, 中野 幹生, 長谷川 雄二, 辻野 広司
人工知能学会論文誌   23(6) 437-446   2008年
Natural language interfaces are expected to come into practical use in many situations. It is, however, not practical to expect to achieve a universal interface because language use is so diverse. To that end, not only advancements in speech and l...
Mikio Nakano,Kotaro Funakoshi,Yuji Hasegawa,Hiroshi Tsujino
Proceedings of the SIGDIAL 2008 Workshop, The 9th Annual Meeting of the Special Interest Group on Discourse and Dialogue, 19-20 June 2008, Ohio State University, Columbus, Ohio, USA   88-91   2008年   [査読有り]
Kazuki Kobayashi,Kotaro Funakoshi,Seiji Yamada,Mikio Nakano,Yasuhiko Kitamura,Hiroshi Tsujino
The 17th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication, RO-MAN 2008, Munich, Germany, August 1-3, 2008   47-52   2008年   [査読有り]
Yuichiro Fukubayashi,Kazunori Komatani,Mikio Nakano,Kotaro Funakoshi,Hiroshi Tsujino,Tetsuya Ogata,Hiroshi G. Okuno
Third International Joint Conference on Natural Language Processing, IJCNLP 2008, Hyderabad, India, January 7-12, 2008   210-216   2008年   [査読有り]
Kotaro Funakoshi,Kazuki Kobayashi,Mikio Nakano,Seiji Yamada,Yasuhiko Kitamura,Hiroshi Tsujino
Proceedings of the 10th International Conference on Multimodal Interfaces, ICMI 2008, Chania, Crete, Greece, October 20-22, 2008   293-296   2008年   [査読有り]
船越 孝太郎, 渡辺 聖, 徳永 健伸
自然言語処理   14(1) 87-110   2007年
参照表現とは, 特定の物体を他の物体と混同することなく識別する言語表現である.参照表現の生成に関する従来の研究では, 対象物体固有の属性と異なる2つの物体間の関係を扱ってきた.しかし外見的特徴の差異が少なく他の物体との関係が対象物体の特定に用を成さない場合, 従来の手法では対象物体を特定する自然な参照表現を生成することはできない.この問題に対して我々は知覚的群化を利用した参照表現の生成手法を提案しているが, この手法が扱える状況は強く限定されている.本論文では, 我々が提案した手法を拡張し...
Yoshitaka Nishimura,Shinichiro Minotsu,Hiroshi Dohi,Mitsuru Ishizuka,Mikio Nakano,Kotaro Funakoshi,Johane Takeuchi,Yuji Hasegawa,Hiroshi Tsujino
Proceedings of the 12th International Conference on Intelligent User Interfaces, IUI 2007, Honolulu, Hawaii, USA, January 28-31, 2007   333-336   2007年   [査読有り]
Kotaro Funakoshi,Mikio Nakano,Toyotaka Torii,Yuji Hasegawa,Hiroshi Tsujino,Noriyuki Kimura,Naoto Iwahashi
2007 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, October 29 - November 2, 2007, Sheraton Hotel and Marina, San Diego, California, USA   1435-1440   2007年   [査読有り]
船越 孝太郎, 渡辺 聖, 栗山 直子, 徳永 健伸
自然言語処理 = Journal of natural language processing   13(2) 79-97   2006年4月
参照表現とは, 複数の物体のなかから特定の物体を識別するための言語表現である.これまでに提案されている参照表現の生成手法は, 物体の属性と物体間の二項関係のみを用いていた.しかしながら, このようなアプローチでは, 弁別的な属性や二項関係が存在しない状況において適当な参照表現を生成できない.この問題を克服するため, 本論文では, 知覚的群化と多項間関係を用いた参照表現の生成手法を提案する.人間が知覚的に認識しやすい物体の群を利用することで, 「左の三つの玉のうちの一番右の玉」のような表現を...
Kotaro Funakoshi,Satoru Watanabe,Takenobu Tokunaga
INLG 2006 - Proceedings of the Fourth International Natural Language Generation Conference, July 15-16, 2006, Sydney, Australia   73-80   2006年   [査読有り]
Kotaro Funakoshi,Takenobu Tokunaga
EACL 2006, 11st Conference of the European Chapter of the Association for Computational Linguistics, Proceedings of the Conference, April 3-7, 2006, Trento, Italy      2006年   [査読有り]
Kotaro Funakoshi,Takenobu Tokugana
Natural Language Processing - IJCNLP 2005, Second International Joint Conference, Jeju Island, Republic of Korea, October 11-13, 2005 - Companion Volume to the Proceedings of Conference including Posters/Demos and tutorial abstracts      2005年   [査読有り]
Kotaro Funakoshi,Satoru Watanabe,Takenobu Tokunaga,Naoko Kuriyama
4th International Conference on Cyberworlds (CW 2005), 23-25 November 2005, Singapore   413-420   2005年   [査読有り]
Takenobu Tokugana,Kotaro Funakoshi,Hozumi Tanaka
PRICAI 2004: Trends in Artificial Intelligence, 8th Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence, Auckland, New Zealand, August 9-13, 2004, Proceedings   635-643   2004年   [査読有り]
Kotaro Funakoshi,Satoru Watanabe,Naoko Kuriyama,Takenobu Tokunaga
Natural Language Generation, Third International Conference, INLG 2004, Brockenhurst, UK, July 14-16, 2004, Proceedings   51-60   2004年   [査読有り]
Kotaro Funakoshi,Satoru Watanabe,Naoko Kuriyama,Takenobu Tokunaga
COLING 2004, 20th International Conference on Computational Linguistics, Proceedings of the Conference, 23-27 August 2004, Geneva, Switzerland      2004年   [査読有り]
船越 孝太郎, 徳永 健伸, 田中 穂積
自然言語処理   10(4) 33-53   2003年
音声対話システムが話し言葉に対応するためには, 言い直し, 助詞落ち, 倒置などの不適格性とよばれる現象に対処する必要がある. これらの不適格性の中で特に問題となるのは, 言い直しあるいは自己修復と呼ばれている現象である. しかし, 自己修復に関する既存の手法は, 自己修復を捉えるモデルと, その修正処理に問題点がある. 本論文では, それらの問題点を改善した新しい手法を提案する. そして, 提案手法を音声対話コーパスに適用した結果を基に, 提案手法の有効性と問題点について考察する.
Kotaro Funakoshi,Takenobu Tokunaga
ISCA Tutorial and Research Workshop (ITRW) on Disfluency in Spontaneous Speech, DiSS '03, Göteborg, Sweden, September 5-8, 2003   55-58   2003年   [査読有り]
Processing Japanese Self-correction in Speech Dialog Systems
The 19th International Conference on Computational Linguistics   287-293   2002年   [査読有り]

Misc

 
Coupled GP-HSMMを用いた連続動作の分節化に基づくインタラクションのモデル化
押川 慧, 中村 友昭, 長井 隆行, 岩橋 直人, 船越 孝太郎, 中野 幹生, 金子 正秀
人工知能学会全国大会論文集      2018年6月
A Multimodal Multiparty Human-Robot Dialogue Corpus towards a Real World Interaction
LREC2018 Special Speech Session -Speech Resources Collection in Real-World Situations -      2018年5月   [依頼有り]
品詞解析の学習者英語への分野適応
永田亮, 水本智也), 菊池悠太, 川崎義史, 船越孝太郎
言語処理学会年次大会予稿集      2018年3月
MDL Coupled HMM によるマルチモーダルな協調行為の学習
佐々木 友弥,岩橋 直人,船越 孝太郎,押川 慧,中村 友昭,長井 隆行
   2018年3月
分節化による行動の抽出とその相互関係の推定に基づくインタラクションのモデル化
押川 慧,中村 友昭,長井 隆行,船越 孝太郎,岩橋 直人,金子 正秀
   2018年3月
Overview of Dialogue Breakdown Detection Challenge 3
Dialog System Technology Challenges 6      2017年12月
人のインタラクションからの教師なしルール学習
押川 慧, 中村 友昭, 長井 隆行, 岩橋 直人, 船越 孝太郎, 金子 正秀
人工知能学会全国大会論文集      2017年5月
応答義務推定の補助としての繰り返し発話検出
川井 雄太, 藤田 寛泰, 谷川 晃大, 山下 峻, 船越 孝太郎
研究報告音声言語情報処理(SLP)      2017年5月
LSTMによる繰り返し発話検出の高精度化
山上 諒太, 船越 孝太郎, 菅野 重樹
研究報告音声言語情報処理(SLP)      2017年5月
遠藤 昂, 船越 孝太郎, ニコルズ エリック, 青野 雅樹
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(239) 7-12   2016年10月
東中 竜一郎, 船越 孝太郎, 稲葉 通将, 荒瀬 由紀, 角森 唯子
言語・音声理解と対話処理研究会   78 64-69   2016年10月
遠藤 昂, 船越 孝太郎, ニコルズ エリック, 青野 雅樹
映像情報メディア学会技術報告 = ITE technical report   40(33) 7-12   2016年10月
吉井 和輝, Nichols Eric, 船越 孝太郎, 中野 幹生, 青野 雅樹
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(516) 1-6   2016年3月
芝﨑 泰弘, 船越 孝太郎, 篠田 浩一
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(516) 119-124   2016年3月
吉井 和輝, Nichols Eric, 船越 孝太郎, 中野 幹生, 青野 雅樹
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(517) 1-6   2016年3月
芝﨑 泰弘, 船越 孝太郎, 篠田 浩一
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(517) 119-124   2016年3月
吉川 敦史, 岩橋 直人, 船越 孝太郎, 國島 丈生
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2016(2)    2016年3月
川端 良子, 中野 幹生, 船越 孝太郎
言語・音声理解と対話処理研究会   76 67-72   2016年2月
東中 竜一郎, 船越 孝太郎, 荒木 雅弘, 塚原 裕史, 小林 優佳, 水上 雅博
自然言語処理   23(1) 59-86   2016年
対話システムが扱う対話は大きく課題指向対話と非課題指向対話(雑談対話)に分けられるが,近年Webからの自動知識獲得が可能になったことなどから,雑談対話への関心が高まってきている.課題指向対話におけるエラーに関しては一定量の先行研究が存在するが,雑談対話に関するエラーの研究はまだ少ない.対話システムがエラーを起こせば対話の破綻が起こり,ユーザが円滑に対話を継続することができなくなる.しかし複雑かつ多様な内部構造を持つ対話システムの内部で起きているエラーを直接分析することは容易ではない.そこで...
東中 竜一郎, 船越 孝太郎
情報処理   57(1) 42-43   2015年12月
我々は Project Next NLP対話タスクの営みとして,対話システム,特に,雑談を行う対話システムのエラー分析を行った.具体的には,雑談対話コーパスを収集し,対話破綻個所を特定し,これらの対話破綻個所がどのようなシステムのエラーによって引き起こされたかを分析・類型化した.本稿では,我々が本分析に至った背景や得られた知見について解説する.
駒谷 和範, 東中 竜一郎, 船越 孝太郎, 藤江 真也, 大阪大学, NTT, HRI-JP, 千葉工業大学
人工知能 = journal of the Japanese Society for Artificial Intelligence   30(6)    2015年11月
杉山 貴昭, 船越 孝太郎, 中野 幹生
言語・音声理解と対話処理研究会   75 7-14   2015年10月
東中 竜一郎, 船越 孝太郎, 小林 優佳
言語・音声理解と対話処理研究会   75 27-32   2015年10月
芝崎 泰弘, 船越 孝太郎, 篠田 浩一
情報科学技術フォーラム講演論文集   14(3) 163-166   2015年8月
杉山 貴昭, 船越 孝太郎, 中野 幹生
人工知能学会全国大会論文集   29 1-4   2015年
東中 竜一郎, 船越 孝太郎, 岡田 将吾, 駒谷 和範, NTT, HRI-JP, 東京工業大学, 大阪大学
人工知能 = journal of the Japanese Society for Artificial Intelligence   29(6)    2014年11月
アダムズ サム S., アレル イタマール, バッハ ヨシャ, クープ ロバート, ファーラン ロッド, ゲーツェル ベン, ホール ジョシュ ストアズ, サムソノヴィッチ アレクセイ, ショイツ マティアス, シュレジンガー マシュー, シャピロ スチュアート, ソワ ジョン, 篠田 孝祐, 市瀬 龍太郎, ジェプカ ラファウ, 寺尾 敦, 船越 孝太郎, 松島 裕康, 山川 宏, Sam S. Adams, Itamar Arel, Joscha Bach, Robert Coop, Rob Furlan, Ben Goertzel, J. Storrs Hall, Alexei Samsonovich, Matthias Scheutz, Matthew Schlesinger, Stuart C. Shapiro, John Sowa, Kosuke Shinoda, Ryutaro Ichise, Rafal Rzepka, Atsushi Terao, Kotaro Funakoshi, Hiroyasu Matsushima, Hiroshi Yamakawa, テネシー大学, フンボルト大学, テネシー大学, シンギュラリティ大学, ノバメンテLLC:厦門大学, / ジョージメイソン大学, インディアナ大学, 南イリノイ大学, ニューヨーク州立大学バッファロー校, / 電気通信大学, 国立情報学研究所, 北海道大学, 青山学院大学, 株式会社ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン, 産業技術総合研究所, 株式会社富士通研究所, IBM Research, University of Tennessee, Humboldt University of Berlin, University of Tennessee, Singularity University, Novamente LLC:Xiamen University, Institute for Molecular Manufacturing, George Mason University, University of Indiana, South Illinois University, SUNY Buffalo, Vivomind, University of Electro-Communications, National Institute of Informatics, Hokkaido University, Aoyama Gakuin University, Honda Research Institute Japan Co. Ltd., National Institute of Advanced Industrial Science and Technology, Fujitsu Laboratories Ltd.
人工知能 = journal of the Japanese Society for Artificial Intelligence   29(3) 241-257   2014年5月
本論文では人間レベルの汎用人工知能(Artificial General Intelligence:以下AGI)の実現に向けたロードマップの概要を述べる.AGI一般に関する議論から始め,実現への現実的な目標および特性と必要条件に関して基本的な定義を行い,AGIが備えるべき能力の起点となる展望(全体図)を示す.具体的には,発達心理学からAGIの主要テーマを導出し,数学的・生理学的・情報処理的観点から実装に必要な知見を得る.AGIの性能評価に適したタスクと環境を同定し,AGIの全体図上のロード...
高橋裕己, 中野幹生, 岩橋直人, 左祥, 船越孝太郎, 岡夏樹, 菅野重樹
第76回全国大会講演論文集   2014(1) 443-444   2014年3月
マルチドメイン対話システムにおいては,ユーザの各発話が,どのタスクドメインの発話かを判定する必要がある.このとき,発話中に未知語,すなわち音声認識・理解部にとっての未登録語があると,音声認識・理解の誤りが起こり,ドメインの判定が難しくなる.本論文では,音声認識確信度や文型との適合性などの特徴を用いて未知語検出とドメイン推定を同時に行い,さらに音声認識の結果に加えて,カメラの画像からの特徴も用いてマルチモーダルにドメイン選択を行うを提案する. また,提案手法を発話コーパスに適用したドメイン推...
石川 真也, 船越 孝太郎, 篠田 浩一
人工知能学会全国大会論文集   27    2013年
川端 良子, 中野 幹生, 船越 孝太郎
言語・音声理解と対話処理研究会   65 1-6   2012年7月
板谷純希, 伊東慶輔, 荒木孝弥, 中村友昭, 長井隆行, 船越孝太郎, 長谷川雄二, 中野幹生, 岩橋直人
全国大会講演論文集   2012(1) 197-199   2012年3月
本稿では、ロボットがいかにユーザーからの言語命令を解釈し、実行するかについて議論する。解釈の基本は認識文の構文解析であるが、環境への依存性や曖昧性、音声認識の誤りなど様々な要因でロボットがユーザーの自然発話による命令を正しく実行することは容易ではない。ユーザーの曖昧な言語命令をロボットが正しく解釈するための手がかりの一つは、環境情報である。しかし、ロボットが物や家具がどこにあるかといった環境情報の収集を完全に自律的に行うことは困難であり、環境情報の取得には、ユーザーとのインタラクションが有...
佐藤隼, 中野幹生, RauxAntoine, 船越孝太郎, 竹内誉羽
全国大会講演論文集   2012(1) 199-201   2012年3月
音声指示を受けるロボットは,指示の内容だけでなく状況に応じて動作を選択する必要がある. 出来る限り話者の発言に対して, 即座に反応することが望まれる.本論文では, 逐次的に音声理解を行い, ロボットの移動履歴や周りの障害物などの情報から, 次にロボットがどう動くべきかを制御する方法を提案する.提案法を3次元シミュレーション環境で動作する対話ロボットに適用した.
板谷純希, 伊東慶輔, 荒木孝弥, 中村友昭, 長井隆行, 船越孝太郎, 長谷川雄二, 中野幹生, 岩橋直人
第74回全国大会講演論文集   2012(1) 197-198   2012年3月
本稿では、ロボットがいかにユーザーからの言語命令を解釈し、実行するかについて議論する。解釈の基本は認識文の構文解析であるが、環境への依存性や曖昧性、音声認識の誤りなど様々な要因でロボットがユーザーの自然発話による命令を正しく実行することは容易ではない。ユーザーの曖昧な言語命令をロボットが正しく解釈するための手がかりの一つは、環境情報である。しかし、ロボットが物や家具がどこにあるかといった環境情報の収集を完全に自律的に行うことは困難であり、環境情報の取得には、ユーザーとのインタラクションが有...
佐藤隼, 中野幹生, RauxAntoine, 船越孝太郎, 竹内誉羽
第74回全国大会講演論文集   2012(1) 199-200   2012年3月
音声指示を受けるロボットは,指示の内容だけでなく状況に応じて動作を選択する必要がある. 出来る限り話者の発言に対して, 即座に反応することが望まれる.本論文では, 逐次的に音声理解を行い, ロボットの移動履歴や周りの障害物などの情報から, 次にロボットがどう動くべきかを制御する方法を提案する.提案法を3次元シミュレーション環境で動作する対話ロボットに適用した.
森 泰裕, 中村 友昭, 長井 隆行, 船越 孝太郎, 中野 幹生
電気学会研究会資料. IM, 計測研究会   2010(71) 47-52   2011年12月
荒木 孝弥, 中村 友昭, 長井 隆行, 船越 孝太郎, 中野 幹生
電気学会研究会資料. IM, 計測研究会   2010(71) 59-64   2011年12月
船越孝太郎, 中野幹生, 徳永健伸, 飯田龍
研究報告自然言語処理(NL)   2011(13) 1-9   2011年11月
我々は,対話システムのための,ベイジアンネットワークを用いた参照表現のモデルを提案した.提案モデルは,記述,照応,直示を統一的に扱い,参照表現の理解(参照解決)と生成に用いることができる.本稿では,REX-J日本語マルチモーダル参照表現コーパスの一部を用いて,提案モデルによる参照解決の予備的な定量評価を行う.
川端 良子, 中野 幹生, 船越 孝太郎
言語・音声理解と対話処理研究会   63 7-12   2011年10月
船越 孝太郎, 中野 幹生, 徳永 健伸, 飯田 龍
研究報告自然言語処理(NL)   2011(4) 1-11   2011年7月
対話システムのための,ベイジアンネットワークを用いた参照表現のモデルを提案する.提案モデルは,記述,照応,直示を統一的に扱い,参照表現の理解と生成に用いることができる.本稿では,提案モデルの概要とその利用方法を説明し,様々な参照表現をどのようにベイジアンネットワークとして表現するのかを示す.そして音声対話システムへの統合に向けた議論を行い,関連研究について述べる.A Bayesian network-based model available both for resolution and...
佐藤隼, 中野 幹生, 駒谷 和範, 船越 孝太郎, 奥乃 博
研究報告自然言語処理(NL)   2011(12) 1-8   2011年5月
分散型アーキテクチャに基づくマルチドメイン対話システムにおいて,ドメイン選択は非常に重要である.誤ったドメイン選択は対話の進行を著しく阻害するからである.これまでに提案された高精度なドメイン選択法は,特定のタイプのドメインエキスパートでのみ扱える特徴量を使用していた.そこで我々は,2段階ドメイン選択フレームワークを提案した.この方法では,アクティベートされているエキスパートが,入力発話に対し,継続してその発話を扱うか否かを決定する.このプロセスでは,他のエキスパートがアクティベートされる確...
佐藤隼, 中野 幹生, 駒谷 和範, 船越 孝太郎, 奥乃 博
研究報告音声言語情報処理(SLP)   2011(12) 1-8   2011年5月
分散型アーキテクチャに基づくマルチドメイン対話システムにおいて,ドメイン選択は非常に重要である.誤ったドメイン選択は対話の進行を著しく阻害するからである.これまでに提案された高精度なドメイン選択法は,特定のタイプのドメインエキスパートでのみ扱える特徴量を使用していた.そこで我々は,2段階ドメイン選択フレームワークを提案した.この方法では,アクティベートされているエキスパートが,入力発話に対し,継続してその発話を扱うか否かを決定する.このプロセスでは,他のエキスパートがアクティベートされる確...
磯部 洋平, 堀内 靖雄, 船越 孝太郎
言語・音声理解と対話処理研究会   61 1-6   2011年3月
山田雄治, 服部公央亮, 田口亮, 梅崎太造, 保黒政大, 岩橋直人, 船越孝太郎, 中野幹生
全国大会講演論文集   2011(1) 237-239   2011年3月
案内や巡回警備を目的としたロボットがユーザと対話する場合には,<br />ロボットは環境地図と各場所の名前の対応関係を学習する必要がある.<br />場所の名前は固有名を含む場合があるため事前に準備しておくことは<br />難しい.人の音声教示から未知語を自動的に切り出し学習する手法は<br />既に提案されているが,言い回しで発話する必要があった.また,<br />自由な言い回しから学習できる手法も提案されているが,発話によって<br />指示される対象は予めカテゴリ化されていなければな...
山田雄治, 服部公央亮, 田口亮, 梅崎太造, 保黒政大, 岩橋直人, 船越孝太郎, 中野幹生
第73回全国大会講演論文集   2011(1) 237-238   2011年3月
案内や巡回警備を目的としたロボットがユーザと対話する場合には,<br />ロボットは環境地図と各場所の名前の対応関係を学習する必要がある.<br />場所の名前は固有名を含む場合があるため事前に準備しておくことは<br />難しい.人の音声教示から未知語を自動的に切り出し学習する手法は<br />既に提案されているが,言い回しで発話する必要があった.また,<br />自由な言い回しから学習できる手法も提案されているが,発話によって<br />指示される対象は予めカテゴリ化されていなければな...
船越 孝太郎, 中野 幹生, 永田 亮
人工知能学会全国大会論文集   25 1-3   2011年
船越 孝太郎, 中野 幹生
言語・音声理解と対話処理研究会   60 11-16   2010年10月
勝丸 真樹, 駒谷 和範, 中野 幹生, 船越 孝太郎, 辻野 広司, 尾形 哲也, 奥乃 博
全国大会講演論文集   72(0) 243-244   2010年3月
成松 宏美, 中野 幹生, 船越 孝太郎, 長谷川 雄二, 辻野 広司
全国大会講演論文集   72(0) 251-252   2010年3月
水谷 了, 中村 友昭, / 長井 隆行, 船越 孝太郎, 中野 幹生, 中野 幹生
全国大会講演論文集   72(0) 581-582   2010年3月
/ 水谷 了, 中村 友昭, 長井 隆行, 船越 孝太郎, 中野 幹生, 中野 幹生
全国大会講演論文集   72(0) 703-704   2010年3月
住井 泰介, 岩橋 直人, 船越 孝太郎, 中野 幹生, 岡 夏樹
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2010(1)    2010年3月
磯部 洋平, 堀内 靖雄, 船越 孝太郎
言語・音声理解と対話処理研究会   58 1-6   2010年2月
勝丸 真樹, 駒谷 和範, 中野 幹生, 船越 孝太郎, 辻野 広司, 尾形 哲也, 奥乃 博
研究報告音声言語情報処理(SLP)   2010(5) 1-6   2010年2月
本稿では,少量の学習データでも高精度な音声理解を実現する手法について述べる.学習データが少ない場合,単一の音声理解方式による精度は低い傾向にある.そこで本手法では,まず,複数の言語モデルと言語理解モデルを用いて複数の理解結果を得ることで,対処可能な発話を増やす.次に,得られた複数の理解結果に対して,ロジスティック回帰に基づき発話単位の信頼度を付与し,その信頼度が最も高い理解結果を選択する.ロジスティック回帰には,学習データ増加時の回帰係数の変化量に着目することで,必要最低限の学習データを割...
田口 亮, 岩橋 直人, 船越 孝太郎, 中野 幹生, 能勢 隆, 新田 恒雄
人工知能学会論文誌   25(4) 549-559   2010年
This paper proposes a method for the unsupervised learning of lexicons from pairs of a spoken utterance and an object as its meaning under the condition that any priori linguistic knowledge other than acoustic models of Japanese phonemes is not us...
小林 一樹, 船越 孝太郎, 山田 誠二
人工知能学会全国大会論文集   24 1-4   2010年
船越 孝太郎, 小林 一樹, 中野 幹生, 山田 誠二, 北村 泰彦, 辻野 広司
電子情報通信学会論文誌. A, 基礎・境界 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. A   92(11) 818-827   2009年11月
音声対話エージェントとユーザ間の対話において,円滑なコミュニケーションの成立が難しく,ユーザが快適にシステムを利用できない問題がある.特に発話の衝突に起因する話者交替の失敗が問題の主要な要因となっている.これに対し,本論文では,エージェントが対話中に明滅光源を用いて内部状態を表出することで発話の衝突を抑制し,円滑なコミュニケーションを実現する手法を提案する.実験では,胸部に取り付けられた発光ダイオードを用いて内部状態を表出する音声対話ロボットを実装し,ユーザと簡単な対話であるしりとりを行わ...
成松 宏美, 中野 幹生, 船越 孝太郎, 長谷川 雄二, 辻野 広司
研究報告音声言語情報処理(SLP)   2009(16) 1-6   2009年7月
質問と応答のペアからなるデータベースを利用する質問応答システムの性能は,データベースの内容に依存する.できる限り多くの質問パターンを用意することにより,ユーザの質問のバリエーションに対応できる.本稿では,音声質問応答の初期システムを用いて収集したユーザの質問の中から,データベースに追加すべき質問を検出することにより,質問応答データベースの拡張を支援する方法を提案する.提案手法は,質問応答データベースから作成した言語モデルを用いた音声認識結果と,大語彙統計言語モデルを用いた音声認識結果を併用...
勝丸 真樹, 中野 幹生, 駒谷 和範, 成松 宏美, 船越 孝太郎, 辻野 広司, 高橋 徹, 尾形 哲也, 奥乃 博
全国大会講演論文集   71(0) 117-118   2009年3月
勝丸 真樹, 中野 幹生, 駒谷 和範, 成松 宏美, 船越 孝太郎, 辻野 広司, 高橋 徹, 尾形 哲也, 奥乃 博
情報処理学会研究報告音声言語情報処理(SLP)   2009(10) 45-50   2009年1月
音声対話システムでは,学習データや発話によって適した言語モデル・言語理解方式が異なる. そのため最適なモデル・手法を選び音声理解部を構築することは容易でない.本稿は,複数の言語モデルと言語理解方式とを用いて複数の理解結果を得ることにより,それらから最も良い結果を選択したり,文脈理解部で複数の結果を扱える枠組みを提案する.本枠組みの一つの実装として,言語モデルは文法モデルと単語N-gramモデルの2 種類,言語理解方式はFST とWFST,キーフレーズスポッティングの3 種類を用いて,それら...
成松 宏美, 中野 幹生, 船越 孝太郎, 長谷川 雄二, 辻野 広司
電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション   108(337) 273-278   2008年12月
本稿では,ロボットやエージェントの対話行動制御部を構築するためのツールキットRIME-TKを用いて,質問応答機能を実現する方法について述べる.RIME-TKは,さまざまなタイプのタスクを行う対話行動制御部を構築するツールであり,特定の種類のタスクを遂行することに特化したエキスパートと呼ばれるモジュールを構築することで,新しい機能を追加することができる.本研究では,簡易な記述形式で書かれた質問応答データベースを読み込み,それに基づいて音声理解・応答を行うエキスパートの設計と実装を行った.これ...
成松 宏美, 中野 幹生, 船越 孝太郎, 長谷川 雄二, 辻野 広司
情報処理学会研究報告音声言語情報処理(SLP)   2008(123) 273-278   2008年12月
本稿では,ロボットやエージェントの対話行動制御部を構築するためのツールキット RIME-TK を用いて,質問応答機能を実現する方法について述べる. RIME-TK は,さまざまなタイプのタスクを行う対話行動制御部を構築するツールであり,特定の種類のタスクを遂行することに特化したエキスパートと呼ばれるモジュールを構築することで,新しい機能を追加することができる.本研究では,簡易な記述形式で書かれた質問応答データベースを読み込み,それに基づいて音声理解・応答を行うエキスパートの設計と実装を行っ...
成松 宏美, 中野 幹生, 船越 孝太郎, 長谷川 雄二, 辻野 広司
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声   108(338) 273-278   2008年12月
本稿では,ロボットやエージェントの対話行動制御部を構築するためのツールキットRIME-TKを用いて,質問応答機能を実現する方法について述べる.RIME-TKは,さまざまなタイプのタスクを行う対話行動制御部を構築するツールであり,特定の種類のタスクを遂行することに特化したエキスパートと呼ばれるモジュールを構築することで,新しい機能を追加することができる.本研究では,簡易な記述形式で書かれた質問応答データベースを読み込み,それに基づいて音声理解・応答を行うエキスパートの設計と実装を行った.これ...
中野 幹生, 船越 孝太郎, 長谷川 雄二
言語・音声理解と対話処理研究会   54 21-26   2008年11月
福林雄一朗, 駒谷 和範, 中野 幹生, 船越 孝太郎, 辻野 広司, 尾形 哲也, 奥乃 博
情報処理学会論文誌   49(8) 2762-2772   2008年8月
音声対話システムの開発の初期段階において,言語理解部は,(i) 構築が容易,(ii)様々な表現に対して頑健という2条件を満たす必要がある.本論文では,大量のコーパス収集や人手での詳細な言語理解ルールの記述を行うことなしに,簡単に言語理解部を構築する(ラピッドプロトタイピング)手法について述べる.本手法では,音声認識誤りを含む入力に対して,Weighted Finite State Transducer(WFST)により言語理解結果を出力する.この際の重みは複数種類を定義したうえで,学習デー...
簑津真一郎, 中野 幹生, 船越 孝太郎, 木村 法幸, 岩橋 直人, 石塚 満, 辻野 広司
情報処理学会研究報告自然言語処理(NL)   2008(46) 93-98   2008年5月
本稿では,インタラクティブプレゼンテーションシステムにおける視聴者発話の理解のための発話分類法を提案する.提案法は文書分類法を視聴者発話の n-best 音声認識結果に適用する.分類時だけではなく,分類モデルの学習時にも音声認識結果を用いる.レストラン案内システムのデータを用いた評価実験により提案法の有効が示された.This paper presents a novel method for classifying audience utterances to recognize inte...
簑津真一郎, 中野 幹生, 船越 孝太郎, 木村 法幸, 岩橋 直人, 石塚 満, 辻野 広司
情報処理学会研究報告音声言語情報処理(SLP)   2008(46) 93-98   2008年5月
本稿では,インタラクティブプレゼンテーションシステムにおける視聴者発話の理解のための発話分類法を提案する.提案法は文書分類法を視聴者発話の n-best 音声認識結果に適用する.分類時だけではなく,分類モデルの学習時にも音声認識結果を用いる.レストラン案内システムのデータを用いた評価実験により提案法の有効が示された.This paper presents a novel method for classifying audience utterances to recognize inte...
簑津 真一郎, 中野 幹生, 船越 孝太郎, 竹内 誉羽, 長谷川 雄二, 土肥 浩, 石塚 満, 辻野 広司
全国大会講演論文集   70(0) 145-146   2008年3月
中野 幹生, 船越 孝太郎, 伊藤 敏彦, 荒木 健二, 長谷川 雄二, 辻野 広司
人工知能学会全国大会論文集   8(0) 32-32   2008年
音声対話システムの発話交代失敗に起因する発話の重なりに対するユーザのリアクションの分析結果を提示し,それに基づいた音声認識率の低下の予測法の可能性を検討する.
田口 亮, 岩橋 直人, 新田 恒雄, 船越 孝太郎, 中野 幹生
人工知能学会全国大会論文集   8(0) 371-371   2008年
人の自由な発話からロボットがキーワードを学習し発話するための手法を提案する.統計的モデル選択に基づく提案手法は,発話のトピックや単語n-gramを学習するだけでなく,各単語の正しい音素列も推定することができる.
船越 孝太郎, 小林 一樹, 中野 幹生, 山田 誠二, 北村 泰彦, 辻野 広司
人工知能学会全国大会論文集   8(0) 76-76   2008年
円滑な音声対話の成立が難しくユーザがシステムを快適に利用できない問題がある.エージェントが明滅光源を用いて内部状態を表出することで円滑なコミュニケーションを実現する手法を提案し,対話実験の結果を報告する.
船越 孝太郎, 小林 一樹, 中野 幹生
人工知能学会全国大会論文集   22 1-4   2008年
中野 幹生, 船越 孝太郎, 伊藤 敏彦
人工知能学会全国大会論文集   22 1-4   2008年
福林 雄一朗, 駒谷 和範, 中野 幹生, 船越 孝太郎, 尾形 哲也, 奥乃 博
情報科学技術レターズ   6 133-134   2007年8月
福林雄一朗, 駒谷 和範, 中野 幹生, 船越 孝太郎, 辻野 広司, 尾形 哲也, 奥乃博
情報処理学会研究報告音声言語情報処理(SLP)   2007(47) 43-48   2007年5月
WCightedFiniteStaMransduccr(WFST)を用いた言語理解では,入力となる音声認識結果の単語列に対して,各単語に適切な重みを与えることで頑健な言語理解を実現する.しかし一般にその学習には大量のデータが必要であるため,新たなドメインで構築した音声対話システムにおいてWFSTを用いた言語理解は困難であった.そこで我々は,音声認識結果をフィラーや単語,コンセプトなどとして抽象化し,これらに対して音素数や音声認識の信頼度を利用した重みを割当てる方法を開発した.これにより,大...
福林雄一朗, 駒谷 和範, 中野 幹生, 船越 孝太郎, 辻野 広司, 尾形 哲也, 奥乃博
情報処理学会研究報告自然言語処理(NL)   2007(47) 43-48   2007年5月
WCightedFiniteStaMransduccr(WFST)を用いた言語理解では,入力となる音声認識結果の単語列に対して,各単語に適切な重みを与えることで頑健な言語理解を実現する.しかし一般にその学習には大量のデータが必要であるため,新たなドメインで構築した音声対話システムにおいてWFSTを用いた言語理解は困難であった.そこで我々は,音声認識結果をフィラーや単語,コンセプトなどとして抽象化し,これらに対して音素数や音声認識の信頼度を利用した重みを割当てる方法を開発した.これにより,大...
木村法幸, 岩橋 直人, 中野 幹生, 船越 孝太郎
FIT2007講演論文集   287-290   2007年
船越 孝太郎, 中野 幹生, 長谷川 雄二
人工知能学会全国大会論文集   21 1-4   2007年
中野 幹生, 船越 孝太郎, 長谷川 雄二
人工知能学会全国大会論文集   21 1-4   2007年
西村 義隆, 蓑津真一郎, 土肥浴, 石塚 満, 中野 幹生, 船越孝太郎, 竹内誉羽, 長谷川 雄二, 辻野 広司
情報処理学会研究報告知能と複雑系(ICS)   2006(131) 43-48   2006年12月
近年,ロボットが注目を浴びており,研究,開発が盛んに行われている.特にヒューマノイドロボットは多くのモダリテイを持つためⅢ人間と同じような仕事ができることが期待される,我々は,ヒューマノイドロボットのこの点に瀞目し,誰でも簡単にロボットによるプレゼンテーションコンテンツを作成することのできる記述言語MPML-HR(Multimodal Presentation Markup Language for Humanoid Robots)の開発を行ってきた.MPML-HRを用いることでプレゼンテ...
西村 義隆, 簑津 真一郎, 土肥 浩, 石塚 満, 中野 幹生, 船越 孝太郎, 竹内 誉羽, 長谷川 雄二, 辻野 広司
電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎   106(412) 43-48   2006年12月
近年,ロボットが注目を浴びており,研究,開発が盛んに行われている.特にヒューマノイドロボットは多くのモダリティを持つため,人間と同じような仕事ができることが期待される.我々は,ヒューマノイドロボットのこの点に着目し,誰でも簡単にロボットによるプレゼンテーションコンテンツを作成することのできる記述言語MPML-HR (Multimodal Presentation Markup Language for Humanoid Robots)の開発を行ってきた.MPML-HRを用いることでプレゼン...
船越 孝太郎, 徳永 健伸
情報処理   45(10) 1032-1037   2004年10月
 言い直しは,話し言葉の特徴の1つであり,音声言語処理を困難にする.たとえば,言い直しによって,話速やピッチの変化,単語断片の混入が生じ,正確な音声認識が困難になる.また,文法から逸脱した表現や冗長な表現は,構文・意味解析を困難にする.本稿では,言い直しの言語現象を,その生成メカニズム(言い直し行為)と結果(言い直し表現)の2つの側面から解説する.そして,言い直し表現を実際に処理するための手法を言語処理の観点から紹介し,言い直し処理の現状と将来の展望について述べる.
船越 孝太郎, 鈴木 泰裕, 徳永 健伸, 田中 穂積
人工知能学会全国大会論文集   3(0) 23-23   2003年
ピッチ,パワー,ポーズなどの音響情報の分析に基づき言い直しの検出を行う方法を提案する.また,その有効性を実験により検証する.
船越 孝太郎, 鈴木 泰裕, 徳永 健伸
人工知能学会全国大会論文集   17 1-4   2003年
船越 孝太郎, 徳永 健伸, 田中穂積
情報処理学会研究報告自然言語処理(NL)   2002(104) 35-41   2002年11月
話し言葉に頻繁に現れる助詞落ち,倒置,自己修復などの不適格性は,音声対話を困難にする大きな要因の1つである.筆者らは,日本語におけるこれらの不適格性が複合して現れることを指摘し,解決法を示した.本論文では提案手法を実装し,新たに収集した音声発話データに対して評価を行なう.発話データの収集に際しては,小量の採集でも不適格性を多く含むように工夫を行なった.実際に音声認識結果に対して構文解析を行なった結果,対話システムが正しく解析できる発話が171発話から322発話に改善されることを確認した.I...
船越 孝太郎, 徳永 健伸, 田中 穂積
情報処理学会研究報告自然言語処理(NL)   2002(4) 55-62   2002年1月
音声対話システムが話し言葉に対応するためには,言い直し,助詞落ち,倒置などの不適格性とよばれる現象に対処する必要がある。これらの不適格性の中で特に問題となるのは,言い直しあるいは自己修復と呼ばれている現象である。しかし,自己修復に関する既存の手法は,自己修復表現を捉えるモデルと,その修正処理に問題点がある。本論文では,それらの問題点を改善した新しい手法を提案する。そして,提案手法を我々の作成した擬似対話コーパスに適用した結果を基に,提案手法の問題点について考察する。Speech dialo...

講演・口頭発表等

 
複数人ユーザとロボットの音声対話 [招待有り]
船越 孝太郎
音声資源活用シンポジウム   2017年9月5日   

競争的資金等の研究課題

 
その他の研究制度