古池 晶

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 12:13
 
アバター
研究者氏名
古池 晶
 
フルイケ ショウ
所属
大阪医科大学
部署
物理学教室
学位
理学(静岡大学)
科研費研究者番号
60392875

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

論文

 
Ogawa T, Yogo K, Furuike S, Sutoh K, Kikuchi A, Kinosita K Jr
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   112(24) 7495-7500   2015年6月   [査読有り]
Chiwata R, Kohori A, Kawakami T, Shiroguchi K, Furuike S, Adachi K, Sutoh K, Yoshida M, Kinosita K Jr
Biophysical journal   106(10) 2166-2174   2014年5月   [査読有り]
Kishikawa J, Nakanishi A, Furuike S, Tamakoshi M, Yokoyama K
The Journal of biological chemistry   289(1) 403-412   2014年1月   [査読有り]
Yoshida H, Maki Y, Furuike S, Sakai A, Ueta M, Wada A
Journal of bacteriology   194(16) 4178-4183   2012年8月   [査読有り]
Usukura E, Suzuki T, Furuike S, Soga N, Saita E, Hisabori T, Kinosita K Jr, Yoshida M
The Journal of biological chemistry   287(3) 1884-1891   2012年1月   [査読有り]
Kohori A, Chiwata R, Hossain MD, Furuike S, Shiroguchi K, Adachi K, Yoshida M, Kinosita K Jr
Biophysical journal   101(1) 188-195   2011年7月   [査読有り]
Furuike S, Nakano M, Adachi K, Noji H, Kinosita K Jr, Yokoyama K
Nature communications   2 233   2011年   [査読有り]
Kengo Adachi, Shou Furuike, Mohammad Delawar Hossain, Hiroyasu Itoh, Kazuhiko Kinosita, Yasuhiro Onoue, Rieko Shimo-Kon
Springer Series in Chemical Physics   96 272-285   2010年12月
Hossain MD, Furuike S, Onoue Y, Adachi K, Yoshida M, Kinosita K Jr
Biochimica et biophysica acta   1797(4) 435-442   2010年4月   [査読有り]
古池晶, HOSSAIN Mohammad Delawar, 木下一彦
生物物理   50(3) 120-121 (J-STAGE)   2010年
Tsumuraya M, Furuike S, Adachi K, Kinosita K Jr, Yoshida M
FEBS letters   583(7) 1121-1126   2009年4月   [査読有り]
Hossain MD, Furuike S, Maki Y, Adachi K, Suzuki T, Kohori A, Itoh H, Yoshida M, Kinosita K Jr
Biophysical journal   95(10) 4837-4844   2008年11月   [査読有り]
Furuike S, Adachi K, Sakaki N, Shimo-Kon R, Itoh H, Muneyuki E, Yoshida M, Kinosita K Jr
Biophysical journal   95(2) 761-770   2008年7月   [査読有り]
Furuike S, Hossain MD, Maki Y, Adachi K, Suzuki T, Kohori A, Itoh H, Yoshida M, Kinosita K Jr
Science (New York, N.Y.)   319(5865) 955-958   2008年2月   [査読有り]
Adachi K, Oiwa K, Nishizaka T, Furuike S, Noji H, Itoh H, Yoshida M, Kinosita K Jr
Cell   130(2) 309-321   2007年7月   [査読有り]
Hossain MD, Furuike S, Maki Y, Adachi K, Ali MY, Huq M, Itoh H, Yoshida M, Kinosita K Jr
Biophysical journal   90(11) 4195-4203   2006年6月   [査読有り]
Sakaki N, Shimo-Kon R, Adachi K, Itoh H, Furuike S, Muneyuki E, Yoshida M, Kinosita K Jr
Biophysical journal   88(3) 2047-2056   2005年3月   [査読有り]
Furuike S, Hirokawa J, Yamada S, Yamazaki M
Biochimica et biophysica acta   1615(1-2) 1-6   2003年9月   [査読有り]
Yamazaki M, Furuike S, Ito T
Journal of muscle research and cell motility   23(5-6) 525-534   2002年   [査読有り]
Furuike S, Ito T, Yamazaki M
FEBS letters   498(1) 72-75   2001年6月   [査読有り]
Furuike S, Levadny VG, Li SJ, Yamazaki M
Biophysical journal   77(4) 2015-2023   1999年10月   [査読有り]
Li SJ, Kinoshita K, Furuike S, Yamazaki M
Biophysical chemistry   81(3) 191-196   1999年10月   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 古池 晶
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 古池 晶
ATP駆動の回転分子モーター、F1-ATPase(F1)は、その回転子(γサブユニット)角度とATP触媒部位の化学状態との関係が解明されている。しかし、ATP加水分解の化学エネルギーがどのように回転運動へと変換されるのか、についてはわかっていない。「どのような回転子なら回転運動が可能か」に答えることが、回転の動作原理に迫る最短コースだと考え、新しい方法として、金粒子やDNAなどのミクロ構造物に、回転子の微小領域(ペプチドなど)を修飾した人工回転子の作成を試み、その回転の可否や向き・振る舞い...
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 古池 晶
ATP駆動の回転分子モーター・F1-ATPase(F1)は、1分子観察によって、その回転が明瞭に示され、最近では、ATP結合部位でのATP加水分解サイクルの素過程(結合・加水分解・分解物リリース)と、回転軸角度との対応関係もほぼ明らかにされた。しかし、ATP加水分解の化学エネルギーが、どのようにして回転運動へと変換されているのかという核心の問題は、いまも不明のままである。本研究では、この変換の仕組みへ直接迫るために、1分子観察と熱力学の手法を組み合わせ、ATP加水分解サイクルの各素過程での...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 古池 晶
ATP駆動の回転分子モーター、F_1-ATPase(F_1)の「回転に必要不可欠な回転子領域の決定」を、回転軸部分を遺伝子操作で削除した「軸なしF_1」が回転可能であることを踏まえて行った。「軸なしF_1」とは対照的に回転軸だけを持つF_1変異体が、予想に反して、100回転/秒以上の回転速度で回転したことから、回転子には回転に必要不可欠な領域(必須のアミノ酸配列)がないという驚くべき方向に進んでいる。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 古池 晶
F1-ATPase(F1)は、ATP駆動の回転分子モーターである。それぞれ3つずつのα、βサブユニットが互い違いに並んで筒状の固定子(α3β3リング)を形成し、その中心に回転子のγサブユニットが深く突き刺さっている。βのATP活性部位では、ATPの結合、加水分解、分解産物(ADPと燐酸)の解離という化学反応が順に行われ、その化学反応サイクルの段階に応じたダイナミックなβの構造変化が、γを一方向へ回転させると考えられている。化学エネルギー(ATP加水分解)を、運動エネルギーへと変換する熱機関...