立石 浩一

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/20 22:18
 
アバター
研究者氏名
立石 浩一
 
タテイシ コウイチ
所属
神戸女学院大学
部署
文学部 英文学科
職名
教授
学位
学術博士(マサチューセッツ大学アマースト校(アメリカ合衆国)), 教育学修士(国際基督教大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年9月
 - 
2018年8月
米国マサチューセッツ工科大学 言語哲学科 訪問研究員
 
2011年4月
 - 
2015年3月
神戸女学院大学文学部 英文学科 学科長
 
1992年4月
 - 
1998年3月
京都外国語大学 外国語学部英米語学科 専任講師
 
1998年4月
 - 
2002年3月
京都外国語大学 外国語学部英米語学科 助教授
 
2002年4月
 - 
2003年3月
神戸女学院大学 文学部英文学科 助教授
 

学歴

 
1985年9月
 - 
1991年5月
マサチューセッツ大学アマースト校  大学院言語学科
 
1985年4月
 - 
1985年7月
国際基督教大学大学院博士後期課程 教育学研究科 教育方法学専攻英語教育法専修
 
1983年4月
 - 
1985年3月
国際基督教大学大学院博士前期課程 教育学研究科 教育方法学専攻英語教育法専修
 
1979年4月
 - 
1983年3月
国際基督教大学 教養学部 語学科
 

委員歴

 
2013年
 - 
現在
日本折紙学会  評議員
 
2003年
 - 
2011年
日本折紙学会  評議員
 
2007年
 - 
2010年
日本言語学会  広報委員
 
2006年
 - 
2009年
日本英文学科  大学代表委員
 
2005年
 - 
2008年
日本音韻論学会  理事
 
2003年
 - 
2006年
日本英文学科  編集委員
 
1998年
 - 
2001年
日本音声学会  編集委員
 
1997年
 - 
2001年
日本音韻論学会  理事
 
1995年
 - 
1999年
日本英語学会  編集委員
 
1994年
 - 
1997年
音韻論研究会  事務局
 
1994年
 - 
1995年
音韻論研究会  事務局長
 

論文

 
水口志乃扶、立石浩一、Tim Mahrt
ISAPh 2018 International Symposium on Applied Phonetics   92-97   2019年2月   [査読有り]
水口 志乃扶、立石 浩一
Proceedings of the Linguistic Society of America   3    2018年3月   [招待有り]
More Arguments against Japanese as a Mora Language
立石 浩一
WCCFL   34 529-535   2017年4月   [査読有り]
Natural Speech Perception Cues by Japanese Learners of English.
Gábor Pintér, 水口志乃扶, 立石浩一
PacSLRF 2016: Proceedings of Pacific Second Language Research Forum 2016   151-156   2017年3月   [査読有り][招待有り]
Natural Speech Perception by L1 and L2 Speakers of English.
Gábor Pintér, 水口志乃扶, 立石浩一, Jennifer Cole, Tim Mahrt
ETAP (Experimental and Theoretical Advances in Prosody)   3 46-47   2015年5月   [査読有り]
Perception of Prosodic Prominence and Boundaries by L1 and L2 Speakers of English.
水口志乃扶、立石浩一、Gábor Pintér
Interspeech 2014   544-547   2014年9月   [査読有り]
Heavily OCP-Based Inflectional Morphophonology of the So-Called i-Ochi (/i/-Drop) in Japanese
立石 浩一
PROCEEDINGS OF GLOW IN ASIA IX 2012: The Poster Session, Web Publication, Edited by Nobu Goto, Koichi Otaki, Atsushi Sato, and Kensuke Takita, Mie University, http://faculty.human.mie-u.ac.jp/~glow_mie/glow_IX_index.html      2013年3月   [査読有り]
『い落ち』表現を端緒とする言語学的諸問題
立石 浩一
神戸女学院大学 論集   59(2) 159-168   2012年12月
Deictic Properties of Origami Technical Terms and Translatability: Cross-Linguistic Differences between English and Japanese.
立石 浩一
Origami^5: The Fifth International Meeting of Origami, Mathematics and Education   13-28   2011年7月   [査読有り]
Redundancies of Verbal Instructions in Origami Diagrams.
立石 浩一
Origami4: The Fourth International Meeting of Origami, Mathematics and Education   525-532   2009年8月   [査読有り]
IPA学習用CALL教材作成のための基礎資料
水口志乃扶、山田玲子、立石浩一
『英語母音産出における音響的特徴と調音運動機序の習 得に関する研究』平成17年度~19年度科学研究費補助金(基盤研究 C)研究成果報告書(研究代表者 神戸大学大学院国際文化学研究科 水口志乃扶: 課題番号 17520263)   79-86   2008年3月
IT機器及びネットを使用しての授業運営の経験的評価
水口志乃扶、立石浩一
『英語母音産出における音響的特徴と調音運動機序の習得に関する研究』平成17 年度~19年度科学研究費補助金(基盤研究 C)研究成果報告書(研究代表者 神戸大学大学院国際文化学研究科 水口志乃扶: 課題番号 17520263)   50-71   2008年3月
英語CALL音声教材の能力別効果:大学での授業での実践報告
水口志乃扶、立石浩一
『英語母音産出における音響的特徴と調音運動機序 の習得に関する研究』平成17年度~19年度科学研究費補助金(基盤研究 C)研究成果報告書(研究代表者 神戸大学大学院国際文化学研究科 水口志乃扶: 課題番号 17520263)   42-49   2008年3月
Phonological Patterns and Lexical Strata
立石 浩一
Proceedings of CIL17, CD-ROM. Matfyzpress, MFF UK. Prague, 2003. ISBN: 80-86732-21-5      2004年1月   [査読有り]
文法の一部としての語彙層の是非
立石 浩一
音声研究   6(1) 34-43   2002年4月   [査読有り][招待有り]
最適性統語論がしていることとしていないこと
立石 浩一
言語   30(10) 50-55   2001年9月   [招待有り]
インターフェース論はあり得るのか?
立石 浩一
音声研究   3(1) 4-19   1999年4月   [査読有り][招待有り]
Non-Repair Strategies in Japanese Syllables.
立石 浩一
音韻研究   1 123-130   1998年4月
Foot or Syllable?: Binarity Effects in Japanese and English Phonology
立石 浩一
ICU英語研究   7 1-22   1998年4月   [招待有り]
言葉遊びと韻律構造:日英語対照の観点から
立石 浩一
Studies in English Linguistics and Literature   13 131-146   1997年1月

Misc

 
議事録に寄せて
立石浩一
「第6回折紙の科学・数学・教育国際会議報告(議事録)」『折り紙の科学』Vol. 4. No. 1 日本折紙学会      2015年3月   [依頼有り]
学際的ってどういうことなんだろうか?:第5回折り紙の科学・数学・教育国際会議に参加して
立石浩一
折紙探偵団   123 11-13   2010年9月   [依頼有り]
第2回折り紙の著作権会議(2CoCiO)を受けて:世界と日本でしている事としなければいけない事
立石浩一
折紙探偵団   (117) 11-13   2009年9月   [依頼有り]
折り紙は学問だ『果てしない宇宙感じる』
朝日新聞大阪版夕刊平成17年8月20日      2005年8月   [依頼有り]
折り図のネーム表現は説明なのか解説なのか(実況なのか?)? Part 2
立石浩一
折紙探偵団   (91) 11-13   2005年5月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
川畑文昭折り紙作品集
川畑 文昭, 山口 真, 立石 浩一 (担当:単訳, 範囲:英語部分担当)
おりがみはうす   2018年10月   
Wiley-Blackwell Companion to Syntax
Martin Everaert and Henk Van Riemsdijk (担当:分担執筆, 範囲:Double Nominatives in Japanese)
John-Wiley   2017年12月   
A Pesky Set: Papers for David Pesetsky
Claire Halpert, Hadas Kotek and Coppe van Urk (担当:分担執筆, 範囲:"The Immediate Evidential Suffixaion in Japanese and the Typology of Suffixes." pp. 163-172)
MITWPL   2017年2月   
ユ・テヨン折り紙作品集
ユ・テヨン、山口真 (担当:単訳)
おりがみはうす   2016年11月   
クエンティン・トロリップ折り紙作品集
クエンティン・トロリップ、山口真 (担当:単訳)
おりがみはうす   2016年7月   
神谷哲史作品集2
神谷哲史、山口真 (担当:単訳)
おりがみはうす   2012年11月   
小松英夫作品集
小松英夫、山口真 (担当:単訳)
おりがみはうす   2012年7月   
エリック・ジョワゼル:折り紙のマジシャン
エリック・ジョワゼル、山口真 (担当:共訳)
おりがみはうす   2010年11月   
Blackwell Companion to Syntax
Martin Everaert and Henk Van Riemsdijk (担当:分担執筆, 範囲:Double Nominatives in Japanese)
Blackwell   2006年6月   
山口 真, ジューン サカモト, 立石 浩一 (担当:共訳)
ナツメ社   2004年5月   ISBN:4816336109
山口真 (担当:単訳)
ナツメ社   2005年4月   ISBN:4816338217
神谷 哲史、山口真 (担当:単訳)
おりがみはうす   2005年1月   
音韻理論ハンドブック
西原哲夫、那須川訓也 (担当:分担執筆, 範囲:インターフェイス論に関する章を担当)
英宝社   2004年1月   
A New Century of Phonology and Phonological Theory: A Festschrift for Professor Shosuke Haraguchi on the Occasion of His Sixtieth Birthday
本間猛、岡崎正男、田端俊幸、田中伸一編 (担当:分担執筆, 範囲:Are Borrowed Morphemes Always Foreign? (258-267)執筆)
開拓社   2003年10月   
折紙図鑑昆虫II
ロバート・J・ラング、山口真 (担当:単訳)
おりがみはうす   2003年8月   
西川誠司作品集
西川誠司、山口真 (担当:単訳)
おりがみはうす   2003年7月   
立石浩一、小泉政利 (担当:共著, 範囲:1,2,6-8章)
研究社   2001年7月   ISBN:4327257036
英語学用語辞典
荒木一雄 (担当:分担執筆, 範囲:音韻論関係28項目、統語論関係3項目)
三省堂   1999年1月   
A Festschrift for Akira Ota on the Occasion of His Eightieth Birthday
梶田優他編 (担当:分担執筆, 範囲:Rules vs. Constraints in Phonology (42-62)を執筆)
大修館書店   1997年7月   
大学生活のためのコンピュータリテラシーブック
村山皓、赤野一郎 (担当:分担執筆, 範囲:2章 ビジュアルプレゼンテーション)
オーム社   1997年4月   
現代英語正誤辞典
荒木一雄 (担当:分担執筆, 範囲:再帰代名詞、1991-1993の書籍関連)
研究社出版   1996年12月   
音韻研究:理論と実践
音韻論研究会 (担当:分担執筆, 範囲:音韻理論と心理的実在性 (187-190)担当)
開拓社   1996年11月   
コンサイス英文法辞典
安井稔 (担当:分担執筆, 範囲:Nominalization, Predication, Sentence)
三省堂   1996年11月   
KOICHI TATEISHI
くろしお出版   1994年8月   ISBN:4874241964
Issues in Japanese Phonology and Morphology
Jeroen Van de Weijer, et. al.
Mouton de Gruyter   2001年10月   
Interdisciplinary Approaches to Language: Essays in Honor of S.-Y. Kuroda
C. Georgopoulos and R. Ishihara (担当:分担執筆, 範囲:Syntax and Downstep in Japanese (519-543)をElisabeth Selkirkと共著)
Kluwer   1991年1月   
立石 浩一
U.M.I. (University Microfilms International)   1991年   
立石 浩一
Reproduced and distributed by Graduate Linguistic Student Association (G.L.S.A.), Department of Linguistics, South College, University of Massachusetts   1991年   
Current Approaches to African Linguistics 7
J. P. Hutchison and V. Manfredi (担当:分担執筆, 範囲:A Morphological Analysis of Mende Consonant Mutation, 99-110)
Foris   1990年1月   

講演・口頭発表等

 
水口志乃扶、能田由紀子、立石浩一
International Congress of Phonetic Sciences (ICPhS) 2019   2019年8月   
Lexical Accent and Focal Prominence in Japanese.
水口 志乃扶、立石 浩一
Workshop on the Processing of Prosody across Languages and Varieties   2018年11月30日   
How L2 Learners Perceive English Prosody.
水口 志乃扶、立石 浩一、Tim Mahrt
The 2nd International Symposium on Applied Phonetics   2018年9月19日   
Trimoraicity and Monomoraicity: Cases in Japanese.
立石 浩一
The 20th International Congress of Linguists   2018年7月   
Focus Prosody in Japanese Reconsidered.
水口志乃扶、立石浩一
The 92nd Annual Meeting of the Linguistic Society of America   2018年1月4日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
英語プロソディの音声知覚と脳内処理に関する研究
学振 / 神戸大学: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 立石(水口)志乃扶
e-learningを含むIT機器を効果的に活用した教育に関する実践的研究
神戸女学院大学大学研究所: 神戸女学院大学大学研究所総合助成
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月    代表者: 出口 弘

社会貢献活動

 
日本折紙学会後援 折紙探偵団関西友の会コンベンション 企画・運営・司会
【司会, 企画, 運営参加・支援】  日本折紙学会  2000年 - 現在

その他

 
2014年8月
平成26年8月10日ー13日 第6回折紙の科学・数学・教育国際会議(東京大学)副議長
2008年11月
平成20年11月16日 第26回日本英語学会(筑波大学)公開シンポジウム「CALL による英語音声学習への試み―デザイン・理論・実践を通して―」企画・運営
1998年11月
平成10年11月7日 第16回日本英語学会(東北大学)ワークショップ「大母音推移と音韻理論」企画
1996年11月
平成8年11月17日 第14回日本英語学会(関西学院大学)シンポジウム「音韻論とインターフェース」企画・運営
1994年11月
平成6年11月12日 第12回日本英語学会(東京大学本郷キャンパス)ワークショップ「音韻理論と英語の接点」企画・主催