北野 勝則

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/08 02:44
 
アバター
研究者氏名
北野 勝則
 
キタノ カツノリ
URL
http://www.cns.ci.ritsumei.ac.jp/
所属
立命館大学
部署
情報理工学部情報理工学科
職名
教授
学位
博士(情報学、京都大学)(京都大学)
その他の所属
立命館大学立命館大学

研究キーワード

 
 

経歴

 
2000年4月
 - 
2002年9月
日本学術振興会特別研究員PD
 
2002年10月
 - 
2003年3月
科学技術振興事業団CREST研究員
 
2003年4月
 - 
2004年3月
立命館大学 理工学部 情報学科 助教授
 
2004年4月
 - 
2011年4月
立命館大学 情報理工学部 知能情報学科 助教授(のちに准教授)
 
2011年4月
   
 
立命館大学 情報理工学部 知能情報学科 教授
 

学歴

 
 
 - 
2000年
京都大学大学院 情報学研究科 数理工学専攻
 

論文

 
Taniguchi K, Kitano K
Lecture Notes in Computer Science   9886 63-71   2016年
Hinakawa H, Kitano K
Lecture Notes in Computer Science   9886 11-18   2016年
Kobayashi K, Kitano K
Journal of Computational Neuroscience   40 347-362   2016年
Futagi D, Kitano K
Nonlinear Theory and Its Applications   7 146-155   2016年
Kobayashi K, Kitano K
Nonlinear Theory and Its Applications   7 156-163   2016年

講演・口頭発表等

 
Dopamine-dependent cellular plasticity induces normal/pathological neural response of a subthalamic neuron model
Japan Society for Simulation Technology Annual Conference   2011年   
Dopaminergic modulation of neural activity in a computational model of subthalamic nucleus and globus pallidus network
Asia Simulation Conference 2009   2009年10月   
細胞膜特性により調節される淡蒼球神経回路の同期活動
第32回神経科学大会   2009年9月   
局所大脳皮質神経活動から構成された機能的神経回路の特性
第32回神経科学大会   2009年9月   
Dopamine-dependent dynamical state changes in network models of subthalamic nucleus and globus pallidus
the 36th International Congress of Physiological Sciences   2009年7月   

担当経験のある科目