鍋島 一樹

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/30 02:41
 
アバター
研究者氏名
鍋島 一樹
 
ナベシマ カズキ
eメール
kaznabesfukuoka-u.ac.jp
所属
福岡大学
部署
医学部医学科
職名
教授
学位
医学博士(宮崎医科大学), 医学博士(宮崎医科大学)
科研費研究者番号
40189189

研究分野

 
 

経歴

 
1981年4月
   
 
宮崎医科大学大学院医学研究科博士課程入学
 
1986年4月
   
 
宮崎医科大学医学部 助手(第2病理)
 
1987年9月
   
 
文部省在外研究員 米国タフツ大学細胞生物学講座にて ポストドクトラル フェローとして研究に従事
 
1989年11月
   
 
宮崎医科大学医学部 助手(第2病理)に復職
 
1992年1月
   
 
宮崎医科大学医学部 講師(第2病理)
 

学歴

 
 
   
 
宮崎医科大学 医学研究科 器官細胞系
 
 
   
 
宮崎医科大学 医学部 医学科
 

受賞

 
2001年
平成12年度日本結合組織学会大高賞
 

論文

 
Highlights of the 14th international mesothelioma interest group meeting: Pathologic separation of benign from malignant mesothelial proliferations and histologic/molecular analysis of malignant mesothelioma subtypes.
Churg A, Nabeshima K, Ali G, Bruno R, Fernandez-Cuesta L, Galateau-Salle F.
Lung Cancer   124 95-101   2018年
術中迅速凍結標本作成のコツ -4. 脳外科領域-.
松本慎二、鍋島一樹
Medical Technology   46 652-660   2018年
頬粘膜に発生した充実型腺様嚢胞癌の1例.
相知優子・松本慎二・濱崎慎・三橋泰仁・小畠勝巳・大石朋子・西中村恵輔・竹下盛重・鍋島一樹.
日本臨床細胞学会九州連合会雑誌   49 85-90   2018年
A case of cytokeratin-negative sarcomatoid malignant pleural mesothelioma.
Inafuku K, Tsuura Y, Morohoshi T, Ando K, Masuda H, Nabeshima K, Masuda M.
Pathol Int   68 391-393   2018年
Oral pemphigus vulgaris: Liquid‐based cytological findings and pitfalls.
Kondo S, Kawashima J, Kobata K, Ohgawara T, Tanaka S, Nabeshima K, Kikuta T.
Diag Cytopathol   46 63-66   2018年

書籍等出版物

 
遺伝子変異の中皮腫診断への応用
第8回 JMIG 研究会 講演記録集, NPO法人 JMIG, 横須賀   2018年   
病理分類(WHO分類第4版、肺癌取扱い規約第8版). In 呼吸器腫瘍. 中西洋一 企画.
鍋島一樹、木下義晃、吉村雅代
最新医学社, 大阪   2017年   
悪性胸膜中皮腫細胞診断の手引き. 第1.0版
佐藤之俊,廣島健三,木浦勝行,薄田勝男,大林千穂,河原邦光,桜田晃,羽場礼次,三浦弘之,三窪将史,吉澤明彦, 柿沼廣邦,竹中明美,三宅真司, 亀井敏昭,秋田弘俊,岡輝明,河合俊明,児玉哲郎,武島幸男,辻村亨,鍋島一樹,畠榮,平野隆,青江啓介,前田昭太郎,松野吉宏,青木 潤,佐藤正和,渋田秀美,鳥居良貴,羽原利幸,濱川真治,藤田 勝,丸川活司,三浦弘守
日本肺癌学会細胞診判定基準改訂委員会・中皮腫細胞診評価ワーキンググループ   2017年11月   
5.細胞診. In. 日本肺癌学会編 肺癌取扱い規約. 第8版
佐藤之俊、廣島健三、伊豫田明、薄田勝男、大林千穂、河原邦光、斉藤泰紀、佐藤雅美、武島幸男、蔦幸治、羽場礼次、三浦弘之、吉澤明彦、宝来威、遠藤千顕、柿沼廣邦、竹中明美、三宅真司、亀井敏昭、青江啓介、秋田弘俊、岡輝明、河合俊明、辻村亨、鍋島一樹、畠榮、平野隆、前田昭太郎、松野吉宏.
金原出版, 東京   2017年1月   
4. 病理診断. In. 日本肺癌学会編. 肺癌取扱い規約. 第8版
大林千穂、谷田部恭、武島幸男、蔦幸治、鍋島一樹、仁木利郎、野口雅之、東山聖彦、松野吉宏、元井紀子、吉澤明彦、石川雄一、石井源一郎、岡本賢三、河原邦光、酒井康浩、佐藤之俊、田口健一、中谷行雄、林雄一郎、廣島健三、南優子
金原出版, 東京   2017年1月   

講演・口頭発表等

 
Midline glioma in adults : clinicopathological, genetic and epigenetic analysis. 成人例のMidline glioma における、臨床病理学・遺伝子・エピゲノムについての検討
榎本 年孝, 青木 光希子, 濱崎 慎, 鍋島 一樹
第77回日本癌学会学術総会   2018年9月27日   
初回手術から26年後に肺に転移したWHO grade I meningioma の一例
榎本 年孝、青木光希子、神崎 由紀、小林 広昌、山本玲央奈、今村 奈緒子、野中 将、安部 洋、井上 亨、鍋島 一樹
第36回日本脳腫瘍病理学会学術集会   2018年9月25日   
Prognostic value of invasive morphologies and emmprin and CD73 for external auditory canal carcinoma.
宮﨑健、青木光希子、大門康子、古賀佳織、濱崎慎、中川尚志、坂田俊文、鍋島一樹
第27回日本がん転移学会   2018年7月19日   
Molecular pathological approach for mesothelioma diagnosis.
JICA Project “The improvement of diagnostic ability in early phase of pneumoconiosis and asbestos-exposure related respiratory disease” –The Second Training Course (For Pathology)   2018年7月4日   
Malignant pleural mesothelioma.
JICA Project “The improvement of diagnostic ability in early phase of pneumoconiosis and asbestos-exposure related respiratory disease” –The Second Training Course (For Pathology)   2018年7月4日   

競争的資金等の研究課題

 
側頭骨扁平上皮癌の網羅的組織解析に基づく新規統合的治療戦略の開発
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 中川尚志
平成30年度石綿関連疾患に係る医学的所見の解析調査業務(新たな免疫染色抗体を用いた中皮腫診断法の開発に関する調査編)
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月
細胞診による中皮腫診断に関する研究:p16 FISHと免疫染色による腫瘍性の確認
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
平成28年度石綿関連疾患に係る医学的所見の解析調査業務(FISH法等を用いた中皮腫診断法の開発に関する調査編)
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 廣島健三
平成27年度石綿関連疾患に係る医学的所見の解析調査業務-FISH法を用いた中皮腫診断法の開発に関する調査編
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 廣島健三

その他

 
2017年9月   第14回中皮腫細胞診実習研修会
福岡大学医学部基礎第1講義室、組織実習室(主催:独立行政法人環境再生保全機構、共催:中皮腫細胞診研究会、福岡大学病院病理診断科・病理部、後援:日本臨床細胞学会)
2016年8月   第11回中皮腫細胞診実習研修会
福岡大学医学部基礎第1講義室、組織実習室
2014年1月   第8回中皮腫細胞診セミナー 
【学会主催】福岡大学Medical Hall