岡 夏央

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/15 10:40
 
アバター
研究者氏名
岡 夏央
 
オカ ナツヒサ
URL
http://www1.gifu-u.ac.jp/~ando_ap
所属
岐阜大学
部署
工学部 化学・生命工学科 生命化学コース
職名
准教授
学位
博士(工学)(東京大学), 工学修士(東京大学), 工学学士(東京大学)
その他の所属
研究推進・社会連携機構生命の鎖統合研究センターつくる領域工学研究科

プロフィール

H-ボラノホスホン酸誘導体を用いる含ホウ素新規核酸類縁体の創製/本研究では、リン原子上にボラノ基 (BH3) を有する新しい核酸類縁体の合成法を開発し、得られた類縁体の物理化学的、生化学的性質を明らかにすることによって、疾病関連遺伝子の発現を選択的に抑制する核酸医薬への応用が可能な、新しい核酸類縁体の開発へとつなげることを目的とする。

研究分野

 
 

経歴

 
2005年
 - 
2009年
東京大学大学院新領域創成科学研究科 助手 (2007- 助教)
 
2004年
 - 
2005年
ジョンズホプキンス大学 博士研究員
 
2003年
 - 
2004年
カリフォルニア大学サンディエゴ校 博士研究員
 
2005年2月
 - 
2007年3月
東京大学大学院新領域創成科学研究科 助手
 
2007年4月
 - 
2009年3月
東京大学大学院新領域創成科学研究科 助教
 
2009年4月
 - 
現在
岐阜大学 工学部 准教授
 
2016年10月
 - 
現在
岐阜大学 生命の鎖統合研究センター 准教授
 

学歴

 
1996年4月
 - 
1998年3月
東京大学 工学部 化学生命工学科
 
1994年4月
 - 
1996年3月
東京大学 理科一類 
 
1998年4月
 - 
2000年3月
東京大学 大学院工学系研究科 化学生命工学専攻
 
2000年4月
 - 
2003年3月
東京大学 大学院工学系研究科 化学生命工学専攻
 

受賞

 
2013年
有機合成化学協会 味の素研究企画賞
 
2011年
有機合成化学協会東海支部奨励賞
 

論文

 
Oka, N.; Ori, K.; Ando, K.
Phosphorus, Sulfur Silicon Relat. Elem.   192(4) 454-463   2017年   [査読有り]
岡 夏央・和田 猛
有機合成化学協会誌   74(1) 31-44   2016年1月   [査読有り][招待有り]
Nukaga, Y.; Takemura, T.; Iwamoto, N.; Oka, N.; Wada, T.
RSC Adv.   5 2392-2395   2015年   [査読有り]
Oka, N.; Kajino, R.; Takeuchi, K.; Nagakawa, H.; Ando, K.
J. Org. Chem.   79 7656-7664   2014年   [査読有り]
Uehara, S.; Hiura, S.; Higashida, R.; Oka, N.; Wada, T.
J. Org. Chem.   79 3465-3472   2014年   [査読有り]
Oka, N.; Morita, Y.; Itakura, Y.; Ando, K.
Chem. Commun.   49 11503-11505   2013年   [査読有り]
Tatsumi, S.; Matsumura, F.; Oka, N.; Wada, T.
Tetrahedron Lett.   54(29) 3731   2013年   [査読有り]
Oka, N.; Murakami, R.; Kondo, T.; Wada, T.
J. Fluorine Chem.   150 85-91   2013年   [査読有り]
Nomura, Y.; Onda, Y.; Ohno, S.; Taniguchi, H.; Ando, K.; Oka, N.; Nishikawa, K.; Yokogawa, T.
Protein Expr. Purif.   88(1) 13-19   2013年   [査読有り]
Oka, N.; Ito, K.; Tomita, F.; Ando, K.
Chem. Lett.   41(12) 1630-1632   2012年   [査読有り]
Nukaga, Y.; Yamada, K.; Ogata, T.; Oka, N.; Wada, T.
J. Org. Chem.   77(18) 7913-7922   2012年   [査読有り]
Oka, N.; Sato, K.; Wada, T.
Trends in Glycoscience and Glycotechnology   24(138) 152-168   2012年7月   [査読有り]
Oka, N.; Takayama, Y.; Ando, K.; Wada, T.
Bioorg. Med. Chem. Lett.   22(14) 4571-4574   2012年6月   [査読有り]
Iwamoto, N.; Oka, N.; Wada, T.
Tetrahedron Lett.   53(33) 4361-4364   2012年6月   [査読有り]
Fujita, S.; Oka, N.; Matsumura, F.; Wada, T.
J. Org. Chem.   76(8) 2648-2659   2011年   [査読有り]
Trimethylsilyl trifluoromethanesulfonate-promoted reductive 2′-O-arylmethylation of ribonucleoside derivatives.
Uchiyama, N.; Ogata, T.; Oka, N.; Wada, T.
Nucleosides Nucleotides Nucleic Acids   30 446-456   2011年   [査読有り]
Oka, N.; Wada, T.
Chem. Soc. Rev.   40(12) 5829-5843   2011年   [査読有り][招待有り]
Oka, N.; Maizuru, Y.; Shimizu, M.; Wada, T.
Nucleosides, Nucleotides, and Nucleic Acids   29(2) 144-154   2010年
Sato, K.; Oka, N.; Fujita, S.; Matsumura, F.; Wada, T.
The Journal of Organic Chemistry   75(7) 2147-2156   2010年
Matsumura, F.; Tatsumi, S.; Oka, N.; Wada, T.
Carbohydrate Research   345(9) 1211-1215   2010年
Nagata, S.; Hamasaki, T.; Uetake, K.; Masuda, H.; Takagaki, K.; Oka, N.; Wada, T.; Ohgi, T.; Yano, J.
Nucleic Acids Research   38(21) 7845-7857   2010年
Iwamoto, N.; Oka, N.; Sato, T.; Wada, T.
Angewandte Chemie, International Edition   48(3) 496-499   2009年
Stereocontrolled Synthesis of Oligoribonucleoside Phosphorothioates by an Oxazaphospholidine Approach
Oka, N.; Kondo, T.; Fujiwara, S.; Maizuru, Y.; Wada, T.
Organic Letters   11(4) 967-970   2009年
Higashida, R.; Oka, N.; Kawanaka, T.; Wada, T.
Chemical Communications   (18) 2466-2468   2009年
Oka, N.; Nakamura, M.; Soeda, N.; Wada, T.
Journal of Organometallic Chemistry   694(14) 2171-2178   2009年
Matsumura, Fumiko; Oka, Natsuhisa; Wada, Takeshi
Organic Letters   10(8) 1557-1560   2008年
Chemical synthesis of diastereomeric diadenosine boranophosphate (ApbA) from 2'-O-(2-cyanoethoxymethyl)adenosine by the boranophosphotriester method.
Enya, Yukiko; Nagata, Seigo; Masutomi, Yutaka; Kitagawa, Hidetoshi; Takagaki, Kazuchika; Oka, Natsuhisa; Wada, Takeshi; Ohgi, Tadaaki; Yano, Junichi.
Bioorganic & Medicinal Chemistry   16(20) 9154-9160   2008年
Oka, N.; Yamamoto, M.; Sato, T.; Wada, T.
Journal of the American Chemical Society   130(47) 16031-16037   2008年
Watanabe, Kazunori; Toh, Yukimatsu;Suto, Kyoko; Shimizu, Yoshihiro; Oka, Natsuhisa; Wada, Takeshi; Tomita, Kozo
Nature   449(7164) 867-871   2007年
Kato, Yukiko; Oka, Natsuhisa; Wada, Takeshi.
Tetrahedron Letters   47(15) 2501-2505   2006年
Wada, Takeshi; Maizuru, Yukihiro; Shimizu, Mamoru; Oka, Natsuhisa; Saigo, Kazuhiko.
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters   16(12) 3111-3114   2006年
Imoto, Shuhei.; Patro, Jennifer N.; Jiang, Yu Lin; Oka, Natsuhisa; Greenberg, Marc M.
Journal of the American Chemical Society   128(45) 14606-14611   2006年
Oka, Natsuhisa; Greenberg, Marc M.
Nucleic Acids Research   33(5) 1637-1643   2005年
1,2-Ethylene-3,3-bis(4',4''-dimethoxytrityl chloride) (E-DMT): Synthesis and Applications of a Novel Protecting Reagent.
Oka, Natsuhisa; Sanghvi, Yogesh S.; Theodorakis, Emmanuel A.
Synlett   (5) 823-826   2004年
3,3'-Oxybis(dimethoxytrityl chloride) (O-DMTCl): Synthesis and Applications of a Novel Bifunctional Protecting Group.
Oka, Natsuhisa; Sanghvi, Yogesh S.; Theodorakis, Emmanuel A.
Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters   14(12) 3241-3244   2004年
Shimizu, Mamoru; Wada, Takeshi; Oka, Natsuhisa; Saigo, Kazuhiko.
Journal of Organic Chemistry   69(16) 5261-5268   2004年
Oka, Natsuhisa; Wada, Takeshi; Saigo, Kazuhiko.
Journal of the American Chemical Society   125(27) 8307-8317   2003年
Oka, Natsuhisa; Wada, Takeshi; Saigo, Kazuhiko.
Journal of the American Chemical Society   124(18) 4962-4963   2002年
Wada, Takeshi; Shimizu, Mamoru; Oka, Natsuhisa; Saigo, Kazuhiko.
Tetrahedron Letters   43(23) 4137-4140   2002年
Application of cis-2-Amino-3, 3-Dimethy1-1-Indanol as an Efficient Chiral Auxiliary to the Asymmetric Ireland-Claisen Rearrangement. Improvement of the Diastereoselectivity by Combinational Use of Chlorodimethylsilane as a Silylating Agent
Matsui, Satoshi; Oka, Natsuhisa; Hashimoto, Yukihiko; Saigo, Kazuhiko.
Enantiomer   5 105-108   2000年

Misc

 
Natsuhisa Oka, Takeshi Wada, Takeshi Wada, Kazuhiko Saigo, Kazuhiko Saigo
Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids   22 1411-1413
Dialkyl(cyanomethyl)ammonium salts 1 were synthesized and used as a novel class of activators for the stereospecific condensations of diastereopure nucleoside 3′-O-oxazaphospholidines with a nucleoside. This new oxazaphospholidine method could eff...
Takeshi Wada, Takeshi Wada, Natsuhisa Oka, Kazuhiko Saigo
Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids   22 1431-1433
Reaction mechanisms for the diastereoselective synthesis of deoxyribonucleoside 3′-cyclic phosphoramidites as well as dinucleoside phosphite intermediates by the oxazaphospholidine approach were analyzed by means of ab initio molecular orbital cal...
Natsuhisa Oka, Mika Yamamoto, Terutoshi Sato, Takeshi Wada
Nucleic acids symposium series (2004)   335-336   2008年12月
Solid-phase synthesis of oligonucleotides having a fully-modified stereoregular phosphorothioate backbone or a stereoregular phosphate/phosphorothioate chimeric backbone was achieved by using diastereopure nucleoside 3'-bicyclic oxazaphospholidine...
Renpei Higashida, Toshihide Kawanaka, Natsuhisa Oka, Takeshi Wada
Nucleic acids symposium series (2004)   133-134
Nucleoside H-boranophosphonates were synthesized via the condensation reactions of appropriately protected nucleosides with monopyridinium H-boranophosphonate. The condensation reactions gave only the mono-esterified products under the optimized c...
Takeshi Wada, Tomoaki Kondo, Satoshi Fujiwara, Terutoshi Sato, Natsuhisa Oka
Nucleic acids symposium series (2004)   119-120
Stereoregulated oligoribonucleoside phosphorothioates were synthesized by the use of 2'-O-TBDMS-protected ribonucleoside 3'-O-oxazaphospholidine derivatives as monomers and N-(cyanomethyl)ammonium salts as activators. Diastereoselectivity of the c...
Natsuhisa Oka, Mika Yamamoto, Terutoshi Sato, Takeshi Wada
Nucleic acids symposium series (2004)   123-124
An efficient stereocontrolled synthesis of oligodeoxyribonucleoside phosphorothioates on a solid-support by an oxazaphospholidine method was achieved. A detailed investigation on the reagents and conditions for the solid-phase synthesis revealed t...
Natsuhisa Oka, Renpei Higashida, Yuji Takayama, Kaori Ando, Takeshi Wada
Nucleic acids symposium series (2004)   111-112   2011年5月
Nucleoside H-boranophosphonates were synthesized via the condensation reactions of appropriately protected nucleosides with monopyridinium H-boranophosphonate and subsequent deprotection under basic conditions. 3',5'-O-Protected dinucleoside H-bor...
Naoki Iwamoto, Natsuhisa Oka, Takeshi Wada
Nucleic acids symposium series (2004)   333-334   2008年12月
Synthesis of stereoregulated backbone-modified oligodeoxyribonucleotides via the corresponding diastereopure H-phosphonate intermediates is described. The diastereopure H-phosphonate intermediates were synthesized by using the nucleoside 3'-oxazap...
Naoki Iwamoto, Terutoshi Sato, Natsuhisa Oka, Takeshi Wada
Nucleic acids symposium series (2004)   159-160
Stereocontrolled synthesis of H-phosphonate DNA by an oxazaphospholidine approach is described. Diastereopure 2'-deoxynucleoside 3'-oxazaphospholidine monomers having two substituents at the 5-position of the oxazaphospholidine ring were allowed t...
Natsuhisa Oka, Yukihiro Maizuru, Mamoru Shimizu, Kazuhiko Saigo, Takeshi Wada
Nucleic acids symposium series (2004)   131-132   2005年12月
Stereodefined dinucleoside boranophosphates were synthesized from diastereopure nucleoside 3'-oxazaphospholidine derivatives. The new method is based on the stereospecific formation of dinucleoside phosphite intermediates catalyzed by a non-nucleo...
Takeshi Wada, Satoshi Fujiwara, Terutoshi Sato, Natsuhisa Oka, Kazuhiko Saigo
Nucleic acids symposium series (2004)   57-58
Stereoregulated diribonucleoside phosphorothioates were synthesized by the use of 2'-O-TBDMS-protected ribonucleoside 3'-O-oxazaphospholidine derivatives as monomers and N-(cyanomethyl)ammonium salts as activators. Diastereoselectivity of the cond...
Naoki Iwamoto, Natsuhisa Oka, Takeshi Wada
Nucleic acids symposium series (2004)   9-10   2011年5月
P-Stereodefined oligodeoxyribonucleoside boranophosphates (PB-ODNs) were successfully synthesized by the conversion of diastereopure H-phosphonate intermediates. Thermal denaturation studies clearly showed that the duplex stability of PB-ODNs with...
Takeshi Wada, Natsuhisa Oka, Kazuhiko Saigo
Nucleic acids research. Supplement (2001)   153-154
This paper describes the reaction mechanisms for the stereoselective synthesis of deoxyribnucleoside 3'-cyclic phosphoramidites as well as dinucleoside phosphite derivatives by the oxazaphospholidine approach. All the key reactions in the present ...
Takeshi Wada, Natsuhisa Oka, Kazuhiko Saigo
Nucleic acids research. Supplement (2001)   109-110
Stereocontrolled synthesis of oligodeoxyribonucleoside phosphorothioates using nucleoside 3'-O-oxazaphospholidine derivatives as monomer units is described. N-(Cyanomethyl)pyrrolidinium triflate (CMPT) was found to be effective as an activator for...
N. Oka, T. Wada, K. Saigo
Nucleic acids research. Supplement (2001)   13-14
Diastereopure nucleoside 3'-cyclic phosphoramidites were synthesized stereoselectively from enantiopure 1,2-amino alcohols. In the presence of a novel activator, these phosphoramidites underwent the condensation with 3'-O-tert-butyldimethylsilylth...
T. Wada, M. Shimizu, N. Oka, K. Saigo
Nucleic acids symposium series   135-136   2000年1月
Deoxyribonucleoside 3'-boranophosphate derivatives including adenine, cytosine, guanine, and thymine bases were synthesized in good yields by the use of a new boranophosphorylation reaction. The reaction was found to be effective for the formation...
Takeshi Wada, Takeshi Wada, Mamoru Shimizu, Natsuhisa Oka, Kazuhiko Saigo
Nucleosides, Nucleotides and Nucleic Acids   22 1171-1173
Dinucleoside boranophosphates including four kinds of nucleobases were synthesized by a boranophosphotriester method in good yields. In the present boranophosphotriester method, side-reactions at the nucleobases, which caused by a borane reagent, ...

書籍等出版物

 
複合糖質の化学と最新応用技術 第3章 糖-1-リン酸誘導体の化学合成
岡 夏央、松村 史子、和田 猛
シーエムシー出版   2009年6月   

講演・口頭発表等

 
Stereocontrolled synthesis of P-chiral oligonucleotide analogs [招待有り]
岡 夏央
1st Joint International Seminar of Faculty of Science and Technology (Universiti Kebangsaan Malaysia) and Faculty of Engineering (Gifu University) 2014 (Gifu University)   2014年8月1日   
Stereocontrolled Synthesis of P-Chiral Oligonucleotides [招待有り]
岡 夏央
International Symposium on Pure & Applied Chemistry 2017 (ISPAC 2017)   2017年6月9日   
キラルブレンステッド酸を用いる不斉ホスホロアミダイト法の開発 [招待有り]
岡 夏央
新学術領域「有機分子触媒」第6回公開シンポジウム   2016年1月22日   
キラルリン(III) 原子の不斉制御によるリン原子修飾核酸の立体選択的合成 [招待有り]
岡 夏央
日本薬学会 第134年会 一般シンポジウム「有機合成化学の若い力:どう捉え、どう創り、どう展開するか」   2014年3月28日   
リン原子オリゴ修飾核酸の立体選択的合成法の開発 [招待有り]
岡 夏央
日本プロセス化学会 2013ウインターシンポジウム 新学術領域「有機分子触媒による未来型分子変換」第3回公開シンポジウム 合同シンポジウム   2013年11月29日   
リン原子オリゴ修飾核酸の立体選択的合成法の開発 [招待有り]
岡 夏央
第44回中部化学関係学協会支部連合秋季大会   2013年11月3日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
DNAの化学修飾法の開発と新しい機能性材料の創製への応用
財団法人遠藤斉治朗記念科学技術振興財団 平成21年度助成金
研究期間: 2009年8月       代表者: 岡 夏央(工学部応用化学科)
文部科学省: 科学研究費補助金
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 岡 夏央
リン原子上にBH_3基などを有する含ホウ素核酸類縁体は、癌やエイズ等の疾病に対する核酸医薬として働くことが期待されるが、入手可能な類縁体は極めて限られる。本研究では、リン原子上にBH_3基とH基の両方を持つヌクレオシドH-ボラノホスホン酸誘導体の合成に世界で初めて成功し、そのH基を硫黄または酸素に変換する方法の開発にも成功した。この手法は、現在入手が困難な含ホウ素核酸類縁体の新しい合成法になると期待される。
H-ボラノホスホン酸誘導体を用いる含ホウ素新規核酸類縁体の創製
文部科学省: 若手研究B
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 岡 夏央(岐阜大学工学部応用化学科)
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 岡 夏央
カルボニル基のリン酸化反応を利用した核酸の生合成中間体の合成法の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 岡 夏央
カルボニル基のリン酸化反応を利用した核酸の生合成中間体の合成法の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 岡夏央
カルボニル基のリン酸化反応を利用した核酸の生合成中間体の合成法の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 岡夏央
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 岡 夏央
キラルブレンステッド酸触媒を用いる不斉ホスホロアミダイト法の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 岡 夏央
キラルブレンステッド酸触媒を用いる不斉ホスホロアミダイト法の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 岡夏央
文部科学省: 科学研究費補助金
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 岡 夏央
研究代表者らは平成18年度の研究において、ヌクレオシド3'-O-オキサザホスホリジン誘導体を用いるH-ホスホネートインターヌクレオチド結合の高立体選択的合成法の開発に成功した。平成19年度の研究では、この手法を固相法によるオリゴマー合成へと応用し、固相担体上において、リン原子の絶対立体配置を厳密に制御したH-ホスホネートDNAのオリゴマーを合成することに成功した。これは、立体化学的に純粋なH-ホスホネートDNAオリゴマーの初めての合成例であり、極めて画期的な実験結果と言える。このH-ホスホ...
リン原子の絶対立体配置を厳密に制御したDNA類縁体の合成法の開発
文部科学省: 若手研究(B)
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 岡 夏央(岐阜大学工学部応用化学科)
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 岡 夏央
リン原子修飾オリゴ核酸は、特定の遺伝子発現を抑制する核酸医薬として期待されているが、その不斉リン原子の立体制御による標的mRNAへの結合能やヌクレアーゼ耐性の改善が求められている。一方、既存の立体選択的合成法は化学量論量の不斉補助基が必要であるなどの本質的な問題点を数多く抱える。これらの問題点を解決すべく、本研究ではキラルブレンステッド酸を触媒とするPS-DNAの触媒的不斉合成法の開発を行った。PS-DNAはリン原子修飾オリゴ核酸の一種であり、核酸医薬として最も有望視されている(これまでに...
リン原子修飾オリゴ核酸の触媒的不斉合成法の開発
文部科学省: 新学術領域研究
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 岡 夏央
リン原子修飾オリゴ核酸の触媒的不斉合成法の開発
文部科学省: 
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 岡 夏央
リン原子修飾オリゴ核酸の触媒的不斉合成法の開発
文部科学省: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 岡 夏央
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 岡 夏央
本研究では、核酸の生合成経路に見られるカルボニル基がリン酸化されたイノシンの化学修飾アナログの合成法の開発を試み、近年我々が独自に開発した求核性が極めて小さい酸性活性化剤CMMTを応用することで、種々の官能基を持つリン酸ジエステルをイノシンのカルボニル酸素原子上に導入する手法の開発に世界で初めて成功した。更に、この様なイノシン6-リン酸誘導体の水溶液中での安定性について評価したところ、pH 7付近ではほとんど加水分解されないことを見出した。この様な酵素反応中間体アナログは、核酸の生合成経路...
核酸の生合成経路を標的とする酵素応答性抗がん剤及び蛍光プローブの創製
文部科学省: 若手研究(B)
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 岡 夏央
核酸の生合成経路を標的とする酵素応答性抗がん剤及び蛍光プローブの創製
日本学術振興会: 
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 岡 夏央
核酸の生合成経路を標的とする酵素応答性抗がん剤及び蛍光プローブの創製
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 岡 夏央
歯垢の形成を抑制する希少天然オリゴ糖の化学合成法の開発
JST: JST A-STEP 探索タイプ
研究期間: 2013年8月 - 2014年3月    代表者: 岡 夏央
次世代がん治療への応用を指向したホウ素導入型ヌクレオチドライブラリーの開発
JST研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)探索タイプ
研究期間: 2011年8月       代表者: 岡 夏央(工学部応用化学科)

特許

 
立体規則性の高いジヌクレオシドホスホロチオエートの製造法
特許第4348044号
5'-ホスフィチル化モノマーおよびH-ホスホネートオリゴヌクレオチド誘導体の製造方法
特許第4616175号
糖ボラノホスフェート化合物及びその用途
特願2008-150792
糖1−リン酸化合物の製造方法
特願2008-190982
糖1−ボラノホスフェート化合物の立体選択的製造方法
特願2010-050194