高田 耕司

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/18 12:29
 
アバター
研究者氏名
高田 耕司
 
タカダ コウジ
eメール
takadajikei.ac.jp
所属
東京慈恵会医科大学
部署
医学部 医学科 自然科学教室 生物学研究室
職名
教授
学位
博士(理学)(早稲田大学)

プロフィール

 駆出しの医学部助手だった1987年、神田東作氏(当時、岡山大・理)から ubiquitin という風変わりなタンパク質について共同研究を持ちかけられ、その後30余年、ユビキチンおよびポリユビキチン鎖の定量や成分分析を主眼とした研究を続けています。
 研究を始めた頃、少数の生化学者がこの分子による細胞内タンパク分解の仕組みを解き明かそうとしていましたが、その意義は十分に理解されていませんでした。また当時、アルツハイマー病の病変部位に出現する凝集体からユビキチンが同定され(Mori H, et al. Science 235: 1641-4, 1987)、医学的視点での研究も黎明期を迎えていました。そこで手はじめにユビキチンに対するポリクローナル抗体を作製し、ウェスタンブロットや免疫組織化学によって、「がん組織へのユビキチンの集積」、「脳虚血傷害と関連したユビキチン化タンパク質の蓄積」等の知見を見出しました(1987~90年)。その後、組織・体液中のユビキチンを定量的に解析するため、まず遊離型ユビキチンに特異的な radioimmunoassay を構築し、さらに北大・薬学部の横沢英良教授グループとの共同研究によって結合型ユビキチン(ポリユビキチン鎖)に特異的な ELISA を開発しました(1991~4年)。また、横沢教授グループから移譲されたモノクローナル抗体 FK2 を用いて、ユビキチン化タンパク質の免疫アフィニティー精製法を確立し(2001年)、さらにこの手法を SDS で可溶化した難溶性タンパク質に適用するための方法を考案しました(2008年)。
 プロテアソーム(さらにはオートファジー)によって認識されるポリユビキチン化タンパク質は、特定の病的環境下で細胞内に蓄積します。疾患・環境ストレス等のバイオマーカーとしてのポリユビキチン化タンパク質の意義を追求するため、上述の手法を活用した研究を進めています。

研究分野

 
 

経歴

 
2013年
 - 
現在
東京慈恵会医科大学 自然科学教室 生物学研究室 教授
 
2001年
 - 
2013年
東京慈恵会医科大学 生化学講座 准教授
 
1995年
 - 
2001年
東京慈恵会医科大学 生化学講座第一 講師
 
1990年
 - 
1995年
株式会社エスアールエル 研究部 主任研究員
 
1985年
 - 
1990年
東京慈恵会医科大学 医化学教室 助手
 
1985年4月
 - 
1985年9月
早稲田大学大学院 理工学研究所 奨励研究生
 

学歴

 
1980年
 - 
1985年
早稲田大学 理工学研究科 物理学及応用物理学専攻
 
1976年
 - 
1980年
早稲田大学 教育学部 理学科生物学専修
 

委員歴

 
2001年
 - 
2003年
日本動物学会  関東支部委員
 

受賞

 
1992年
東京慈恵会医科大学医化学教室 永山賞
 
1990年
日本動物学会 Zoological Science Award
 

論文

 
An efficient system for secretory production of fibrinogen using a hepatocellular carcinoma cell line.
Matsumoto M, Matsuura T, Aoki K, Maehashi H, Iwamoto T, Ohkawa K, Yoshida K, Yanaga K, Takada K.
Hepatol Res   45 315-325   2015年   [査読有り]
High UBCH10 protein expression as a marker of poor prognosis in esophageal squamous cell carcinoma.
Matsumoto A, Ishibashi Y, Urashima M, Omura N, Nakada K, Nishikawa K, Shida A, Takada K, Kashiwagi H, Yanaga K.
Anticancer Res   34 955-961   2014年   [査読有り]
A simple assay for measuring catalase activity: a visual approach.
Iwase T, Tajima A, Sugimoto S, Okuda K, Hironaka I, Kamata Y, Takada K, Mizunoe Y.
Sci Rep   3 3081-43104   2013年   [査読有り]
Staphylococcus epidermidis Esp degrades specific proteins associated with Staphylococcus aureus biofilm formation and host-pathogen interaction.
Sugimoto S, Iwamoto T, Takada K, Okuda K, Tajima A, Iwase T, Mizunoe Y.
J Bacteriol   195 1645-1655   2013年   [査読有り]
Host-defense peptides from skin secretions of the tetraploid frogs Xenopus petersii and Xenopus pygmaeus, and the octoploid frog Xenopus lenduensis (Pipidae).
King JD, Mechkarska M, Coquet L, Leprince J, Jouenne T, Vaudry H, Takada K, Conlon JM.
Peptides   33 35-43   2012年   [査読有り]
Hybridization between the African clawed frogs Xenopus laevis and Xenopus muelleri (Pipidae) increases the multiplicity of antimicrobial peptides in skin secretions of female offspring.
Mechkarska M, Meetani M, Michalak P, Vaksman Z, Takada K, Conlon JM.
Comp Biochem Physiol Part D Genomics Proteomics   7 285-291   2012年   [査読有り]
Effects of inorganic mercury on osteoclasts and osteoblasts of the goldfish scales in vitro.
Suzuki N, Yachiguchi K, Hayakawa K, Omori K, Takada K, Tabata JM, Kitamura K, Endo M, Wada S, Srivastav AK, Chowdhury VS, Oshima Y, Hattori A.
J Fac Agr Kyushu Univ   56 47-51   2011年   [査読有り]
Conlon JM, Mechkarska M, Ahmed E, Leprince J, Vaudry H, King JD, Takada K.
Comp Biochem Physiol C Toxicol Pharmacol   153 350-354   2011年   [査読有り]
Mechkarska M, Eman A, Coquet L, J?r?me L, Jouenne T, Vaudry H, King JD, Takada K, Conlon JM.
Comp Biochem Physiol Part D Genomics Proteomics   6 206-212   2011年   [査読有り]
Janer A, Werner A, Takahashi-Fujigasaki J, Daret A, Fujigasaki H, Takada K, Duyckaerts C, Brice A, Dejean A, Sittler A.
Hum Mol Genet   19 181-195   2010年   [査読有り]
Iwase T, Uehara Y, Shinji H, Tajima A, Seo H, Takada K, Agata T, Mizunoe Y.
Nature   465 346-349   2010年   [査読有り]
Eda H, Aoki K, Kato S, Okawa Y, Takada K, Tanaka T, Marumo K, Ohkawa K.
Eur J Haematol   85 68-75   2010年   [査読有り]
Suzuki N, Hayakawa K, Kameda T, Triba A, Tang N, Tabata MJ, Takada K, Wada S, Omori K, Srivastav AK, Mishima H, Hattori A.
Life Sci   84 482-488   2009年   [査読有り]
Shimada, Y., Fukuda, T., Aoki, K., Yukawa, T., Iwamuro, S., Ohkawa, K. and Takada, K.
Anal Biochem   377(1) 77-82   2008年   [査読有り]
Minami J, Takada K, Aoki K, Shimada Y, Okawa Y, Usui N, Ohkawa K.
Int J Biochem Cell Biol   39(1) 171-80   2007年   [査読有り]
Quantitative analysis of free ubiquitin and multi-ubiquitin chain in colorectal cancer.
Ishibashi Y, Hanyu N, Suzuki Y, Yanai S, Tashiro K, Usuba T, Iwabuchi S, Takahashi T, Takada K, Ohkawa K, Urashima M, Yanaga K.
Cancer Lett   211 111-117   2004年   [査読有り]
Purification of N-Terminally Truncated Histone H2A-Monoubiquitin Conjugates from Leukemic Cell Nuclei: Probable Proteolytic Products of Ubiquitinated H2A.
Okawa Y, Takada K, Minami J, Aoki K, Shibayama H, Ohkawa K.
Int J Biochem Cell Biol   35 1588-1600   2003年   [査読有り]
Ubiquitin carboxy-terminal hydrolase L1 binds to and stabilizes monoubiquitin in neuron.
Osaka H, Wang YL, Takada K, Takizawa S, Setsuie R, Li H, Sato Y, Nishikawa K, Sun YJ, Sakurai M, Harada T, Hara Y, Kimura I, Chiba S, Namikawa K, Kiyama H, Noda M, Aoki S, Wada K.
Human Molecular Genetics   12 1945-1958   2003年   [査読有り]
Serum ubiquitin-protein conjugates in normal subjects and patients with alcocholic liver diseases : immunoaffinity isolation and electrophoretic mobility
Takagi M, Yamauchi M, Takada K, Ohkawa K.
Alcohol Clin Exp Res   26 1692-1696   2002年   [査読有り]
Purification and identification of monoubiqutin- phosphoglycerate mutase B complex human colorectal cencer tissues
Usuba T, Ishibashi Y, Okawa Y, Hirakawa T, Takada K, Ohkawa K.
Int J Cancer   94 662-668   2001年   [査読有り]
Isolation of Ubiquitin-E2(Ubiquitin-Conjugating Enzyme) Complexes from Erythroleukaemia Cells using Immunoaffinity Techniques.
Takada K, Hirakawa T, Yokosawa H, Okawa Y, Taguchi H, Ohkawa K.
Biochem J   356 199-206   2001年   [査読有り]
Calpain inhibitor inhibits secretory granule maturation and secretion of GH.
Ohkawa K, Takada K, Asakura T, Hashizume Y, Okawa Y, Tashiro K, Ueda J, Itoh Y, Hibi N.
Neuroreport   11 4007-4011   2000年   [査読有り]
Induction of apoptosis by extracellular ubiqutin in human hematopoietic cells: possible involvements of STAT3 degradation by proteasome pathway in interleukin 6-dependent hematopietic cells.
Daino H, Matsumura I, Takada K, Odajima J, Tanaka H, Ueda S, Shibayama H, Ikeda H, Hibi M, Machii T, Hirano T, Kanakura Y.
Blood   15 2577-2585   2000年   [査読有り]
3'-Me-DAB誘発ラット肝癌におけるユビキチンの定量的解析.
武隈吉房,阿部俊夫,里井重里,高田耕司.
慈恵医大誌   144 301-308   1999年   [査読有り]
Calpain inhibitor causes accumulation of ubiquitinated P-glycoprotein at the cell surface: possible role of calpain in P-glycoprotein turnover.
Ohkawa K, Asakura T, Takada K, Sawai T, Hashizume Y, Okawa Y, Yanaihara N.
Int J Oncol   15 677-689   1999年   [査読有り]
Serum ubiquitin levels in patients with alcoholic liver disease.
Takagi M, Yamauchi M, Toda G, Takada K, Hirakawa T, Ohkawa K.
Alcohol Clin Exp Res   23 76-80   1999年   [査読有り]
Ubiquitin stress response in postischemic hippocampal neurons under nontolerant and tolerant conditions.
Ide T, Takada K, Qiu JH, Saito N, Kawahara N, Asai A, Kirino T.
J Cereb Blood Flow Metab   19 750-756   1999年   [査読有り]
Isolation and characterization of tubular basement membrane antigen common to human and rats.
Joh K, Takada K, Ohkawa K, Kanetsuna Y, Aizawa S.
Int J Mol Med   1 223-226   1998年   [査読有り]
Proteasome inhibitors which induce neurite outgrowth from PC12h cells cause different subcellular accumulations of multi-ubiquitin chains.
Ohtani-Kaneko R, Takada K, Iigo M, Hara M, Yokosawa H, Kawashima S, Ohkawa K, Hirata K.
Neurosci Res   23 1435-1443   1998年   [査読有り]
ヒト全脳虚血における髄液ユビキチンの上昇について−虚血性神経学的予後推定のために−.
栗村正之,白井日出雄,高田耕司,間中英夫,加藤丈夫.
臨床神経学   37 963-968   1997年   [査読有り]
A monoclonal antibody CF703 raised against human fetal lung recognized a novel onco-fetal mucin.
Joh K, Kanetsuna Y, Takada K, Ohkawa K.
Int J Oncol   11 781-788   1997年   [査読有り]
Glutathione-doxorubicin conjugate express potent cytotoxicity by a suppression of glutathione S-transferase activity: comparison between doxorubicin-sensitive and ?resistant rat hepatoma cells.
Asakura T, Ohkawa K, Takahashi N, Takada K, Inoue T, Yokoyama S.
Br J Cancer   76 1333-1337   1997年   [査読有り]
Drug conjugate of doxorubicin with glutathione is a potent reverser of multidrug resistance in rat hepatoma cells.
Asakura T, Takahashi N, Takada K, Inoue T, Ohkawa K.
Anti-Cancer Drugs   8 199-203   1997年   [査読有り]
Serum concentrations of free ubiquitin and multiubiquitin chains.
Takada K, Nasu H, Hibi N, Tsukada Y, Shibasaki T, Fujise K, Fujimuro M, Sawada H, Yokosawa H, Ohkawa K.
Clin Chem   43 1188-1195   1997年   [査読有り]
Ability of ubiquitin radioimmunoassay to discriminate between monoubiquitin and multi-ubiquitin chains.
Takada K, Hibi N, Tsukada Y, Shibasaki T, Ohkawa K.
Biochem Biophys Res Commun   1290 282-288   1996年   [査読有り]
Nerve growth factor (NGF) induces increase in multi-ubiquitin chains and concomitant decrease in free ubiquitin in nuclei of PC12h.
Ohtani-Kaneko R, Asahara M, Takada K, Kanda T, Iigo M, Hara M, Yokosawa H, Ohkawa K, Hirata K.
Neurosci Res   26 349-355   1996年   [査読有り]
Immunoassay for the quantification of intracellular multi-ubiquitin chains.
Takada K, Nasu H, Hibi N, Tsukada Y, Ohkawa K, Fujimuro M, Sawada H, Yokosawa H.
Eur J Biochem   233 42-47   1995年   [査読有り]
Ohkawa,K., Hirakawa-Sakurai,T., Joh,K., Asakura,T., Takada, K. and Matsuda, M.
Neurochem. Res.   19 1231-1235   1994年   [査読有り]
Effects of testosterone and luteinizing hormone on occurrence of ubiquitin in the nucleus in rat LH cells in vitro.
Ohtani-Kaneko,R., Wada,Y., Hattori,A., Takada.,K., Hara,M., Iigo,M., and Suzuki,T.
Endocrine J.   2 69-73   1994年   [査読有り]
Characteristic changes in protein kinase C activity and isoforms in AH66 cells during the acquisition of multidrug resistant phenotype.
Ohkawa,K., Hatano,T., Isonishi,S. Takada,K., Joh,K. and Matsuda,M.
Oncol.Reports   1 551-555   1994年   [査読有り]
Doxorubicin enhances transient expression of P-glycoprotein and modulates activity and isoform expression of protein kinase C in AH66 rat hepatoma cells.
Ohkawa,K., Hatano,T., Isonishi,S. Takada,K., Joh,K. and Matsuda,M.
Int. J. Oncol.   4 655-659   1994年   [査読有り]
Ubiquitin and ubiquitin-protein conjugates in PC12h cells: changes during neuronal differentiation.
Takada K, Kanda T, Ohkawa K, Matsuda M,
Neurochem Res   19 391-398   1994年   [査読有り]
Hayashi,T., Tanaka,J., Kamikubo,T., Takada,K., and Matsuda,M.
Brain Res.   620 171-173   1993年   [査読有り]
Bovine serum albumin-doxorubicin conjugate overcomes multidrug resistance in a rat hepatoma.
Ohkawa,K., Hatano,T., Yamada,K., Joh,K., Takada,K., Tsukada,Y. and Matsuda,M.
Cancer Res.   53 4238-4242   1993年   [査読有り]
Monoclonal antibody against doxorubicin (DXR): some characteristics and utilization for DXR-immunoassay.
Ohkawa,K., Hatano,T., Takada,K., Tsukada,Y. and Matsuda,M.
Int. J. Oncol.   3 43-46   1993年   [査読有り]
Takizawa,N. Takada,K., and Ohkawa,K.
Biochem.Biophys.Res.Commun.   192 700-706   1993年   [査読有り]
Increase of ubiquitin-immunoreactivity nuclei in rat pituitary LH cells after castration.
Ohtani-Kaneko,R., Hattori,A., Hara,M., Iigo,M., Takada.,K., and Suzuki,T.
Endocrinology   130 2545-2548   1992年   [査読有り]
Subcellular distribution of ubiquitin-protein conjugates in the hippocampus following tran-sient ischemia.
Hayashi,T., Takada,K., and Matsuda,M.
J. Neurosci. Res.   31 561-564   1992年   [査読有り]
Growth of a human york sac tumor cell line with york sac-derived functions in selenium-supplemented chemically defined synthetic medium.
Ohkawa,K., Hatano,T., Takizawa,N., Shinmoto,K., Matsuda,M., Takada,K., and Tsukada,Y.
In Vitro Cell Dev. Bio   28A 449-454   1992年   [査読有り]
Post-transient ischemia increase in ubiquitin conjugates in the early reperfusion.
Hayashi,T., Takada,K., and Matsuda,M.
NeuroReport   3 519-520   1992年   [査読有り]
Ohkawa,K., Takada,K., Hatano,T., Takizawa,N., Tsukada,Y., Yamada,K., Terashima,Y., Matsuda,M., and Machida,K.
Br. J. Cancer   64 259-262   1991年   [査読有り]
Changes in ubiquitin and ubiquitin-protein conjugates in the CA1 neurons after transient sublethal ischemia.
Hayashi,T., Takada,K., and Matsuda,M.
Mol.Chem.Neuropath.   15 75-82   1991年   [査読有り]
Ishibashi,Y., Takada,K., Joh,K., Ohkawa,K., Aoki,T., and Matsuda,M.
Br. J. Cancer   63 320-322   1991年   [査読有り]
Purification and characterization of rat brain aldehyde dehydrogenase able to metabolize gamma-aminobutyraldehyde to gamma-aminobutyric acid.
Abe,T., Takada,K., Ohkawa,K., and Matsuda,M.
Biochem. J.   269 25-29   1990年   [査読有り]
Ohkawa,K., Takada,K., Takizawa,N., Hatano,T., Tsukada,Y., and Matsuda,M.
FEBS lett.   270 19-23   1990年   [査読有り]
Purification of toad (Bufo japonicus) gonadotropins and the development of their homologous radioimmunoassays.
Takada,K., Itoh,M., Nishio,H., and Ishii,S.
Zool. Sci.   6 963-974   1989年   [査読有り]
Ohkawa,K., Tsukada,Y., Murae,M., Kimura,E., Takada,K., Abe,T., Terashima,Y., and Mitani,K.
Br. J. Cancer   60 953-960   1989年   [査読有り]
Ohkawa, K. Tsukada,Y., Abe,T., Takada,K., and Hibi,N.
Int. J. Cancer   44 489-493   1989年   [査読有り]
Substrate specificity of enzymes oxidizing 4-aminobutyraldehyde to GABA in rat brain.
Takada,K., Abe,T., Ohkawa,K., and Matsuda,M.
Jikeikai Med. J.   36 317-325   1989年   [査読有り]
Preparatition of 4-aminobutyr-aldehyde and its properties on ion exchange chromatography.
Asakura,T., Takada,K., Ikeda,Y., and Matsuda,M.
Jikeikai Med. J.   35 23-31   1988年   [査読有り]
Specific gonadodotropin binding sites in the bullfrog testis.
Takada,K., Kubokawa,K., and Ishii,S.
Gen. Comp. Endocrinol.   61 302-312   1986年   [査読有り]
無尾両生類の繁殖の内分泌調節機構に関する研究: 生殖腺刺激ホルモンとその受容体を中心として
高田 耕司
早稲田大学      1985年   [査読有り]
Mammalian FSH acts as LH in the toad Xenopus laevis.
Takada,K. and Ishii,S.
Current Trends in Comp. Endocrinol.   189-190   1985年
Development and valididation of a salmon prolactin radioimmunoassay.
Hirano,T. Purunet,T., Kawauchi,K., Takahashi,A., Kubota,J.J., Nishioka,R.S., Bern,H.A., Takada,K., and Ishii,S.
Gen. Comp. Endocrinol.   59 266-276   1985年   [査読有り]
Circannual changes corticosterone plasma levels and binding of corticosterone to plalasma in Bufo bufo japonicus.
Jolivet-Jaudet,G., Inoue,M., Takada,K., and Ishii,S.
Zool. Sci.   1 317-325   1984年   [査読有り]
Circannual changes in plasma aldosterone levels in Bufo bufo japonicus.
Jolivet-Jaudet,G., Inoue,M., Takada,K., and Ishii,S.
Gen. Comp. Endocrinol.   53 163-167   1984年   [査読有り]
Purification of bullfrog gonadodotro-pins: presence of new subspecies of luteinizing hormone with high isoelectric points.
Takada,K. and Ishii,S.
Zool. Sci.   1 617-629   1984年   [査読有り]

Misc

 
カドミウムによる細胞傷害の分子機序:ユビキチン修飾を指標としたタンパク質異常化の解明に関する研究.
高田 耕司.
平成21年度 環境省委託業務報告書 イタイイタイ病及び慢性カドミウム中毒に関する総合的研究(重金属等の健康影響に関する総合的研究)   347-363   2010年
カドミウムによる細胞傷害の分子機序:ユビキチン修飾を指標としたタンパク質異常化の解明に関する研究.
高田 耕司.
平成20年度 環境省委託業務報告書 イタイイタイ病及び慢性カドミウム中毒に関する総合的研究(重金属等の健康影響に関する総合的研究)   327-345   2009年
カドミウムによる細胞傷害の分子機序:ユビキチン修飾を指標としたタンパク質異常化の解明に関する研究.
高田 耕司.
平成19年度 環境省委託業務報告書 イタイイタイ病及び慢性カドミウム中毒に関する総合的研究(重金属等の健康影響に関する総合的研究)   111-127   2008年
カドミウムによる細胞傷害の分子機序:ユビキチン修飾を指標としたタンパク質異常化の解明に関する研究.
高田 耕司.
平成18年度 環境省委託業務結果報告書 イタイイタイ病及び慢性カドミウム中毒等に関する研究(重金属等の健康影響に関する総合研究)   323-335   2007年
カドミウムによる細胞傷害の分子機序:ユビキチン修飾を指標としたタンパク質異常化の解明に関する研究.
高田 耕司.
平成17年度 環境省委託業務結果報告書 イタイイタイ病及び慢性カドミウム中毒等に関する研究(重金属等の健康影響に関する総合研究)   237-246   2006年
カドミウムによる細胞傷害の分子機序:ユビキチン修飾を指標としたタンパク質異常化の解明に関する研究.
高田 耕司.
平成16年度 環境省委託業務結果報告書 イタイイタイ病及び慢性カドミウム中毒等に関する研究(重金属等の健康影響に関する総合研究)   181-186   2005年
『分子生物学ツール集』の作者と語る.
高田 耕司.
東京慈恵会医科大学医学情報センター報   32 1-3   2000年   [依頼有り]
アルコール性肝障害における血清ユビキチンの動態について.
高木 優,山内 眞義,川島 治,坂本 和彦,武田 邦彦,井上 貴博,大畑 充,中島 尚登,戸田 剛太郎,高田耕司,平河多恵,大川 清.
アルコールと医学生物学   18 47-51   1998年   [依頼有り]
生体内ユビキチンの定量:イムノアッセイの問題点.
高田 耕司.
ぷろておりしす:科学研究費補助金特定領域研究「蛋白分解のニューバイオロジー」ニュース   6 59-65   1998年   [依頼有り]
蛋白分解からみた情報伝達.
高田 耕司.
慈大新聞 1997; 516: 3.   516 3   1997年   [依頼有り]
生化学を学ぶための本―若い方々への私見.
高田 耕司.
東京慈恵会医科大学医学情報センター報   28 1-4   1996年   [依頼有り]
遊離型ユビキチンとポリユビキチン鎖に対するイムノアッセイの開発と応用.
高田 耕司,那須 英和,日比 望,塚田 裕,柴崎 敏昭,大川 清,横沢 英良.
SRL宝函   19 27-31   1995年   [依頼有り]
肥満マウスの攻撃行動と顎下腺重量.
山下 洵子,林 伸一,古川 昭栄,高田 耕司.
日本肥満学会記録   124-126   1993年
蛋白質のユビキチン化に及ぼすglycationの影響.
滝澤 尚子,高田 耕司,大川 清,松田 誠.
医学のあゆみ   160 477-478   1992年   [査読有り]
ヒト卵巣淡明細胞癌細胞の産生するトランスフェリン糖鎖の変異性.
大川 清,阿部 俊夫,高田 耕司,滝澤 尚子,松田 誠,村江 正始,寺島 芳輝.
医学のあゆみ   154 659-660   1990年   [査読有り]
Ca2+非依存性GABA放出における抗ユビキチン抗体の効果.
朝倉 正、高田 耕司、林 敬、松田 誠.
神経化学   29 232-233   1990年
PC12細胞のユビキチン−蛋白質結合体.
高田 耕司,波多野 孝史,大川 清,松田 誠.
神経化学   29 198-199   1990年
3'-Me-DAB誘発肝癌のprogressionに及ぼすretinoidの効果.
阿部 俊夫,大川 清,高田 耕司,松田 誠,塚田 裕.
医学のあゆみ   151 359-360   1989年   [査読有り]
卵巣癌に対する新しいモノクローナル抗体CF511認識抗原の腫瘍マーカーとしての可能性.
大川 清,村江 正始,塚田 裕,木村 英三,阿部 俊夫,高田 耕司,寺島 芳輝.
医学のあゆみ   150 157-158   1989年   [査読有り]
PC12細胞の抗ユビキチン抗体認識蛋白質に対する神経成長因子の影響.
高田 耕司,阿部 俊夫,大川 清,朝倉 正,松田 誠.
神経化学   28 408-409   1989年
アミノブチルアルデヒド脱水素酵素の性質について
松田 誠,高田 耕司.
ビタミン   62 525-526   1988年
ラット脳から精製された4-aminobutyr- aldehydeを酸化する酵素の性質と鶏胚発生に伴う同酵素の動態について.
阿部 俊夫,高田 耕司,大川 清,朝倉 正,松田 誠.
神経化学   27 190-191   1988年

書籍等出版物

 
基礎から学ぶ 生物学・細胞生物学 第3版
和田 勝
羊土社   2015年12月   
臨床分子細胞生物学
高田 耕司 (担当:監修)
メディカルレビュー社   2009年   
臨床家のための腎毒性物質のすべて
Jennings P, Koppelstatter C, Helbert MJ, Pfaller (担当:共訳)
シュプリンガー・ジャパン   2008年   
改訂第2版 バイオデータベースとウェブツールの手とり足とり活用法
高田 耕司 (担当:監修)
羊土社   2007年   ISBN:9.78E+12
バイオデータベースとウェブツールの手とり足とり活用法
高田 耕司 (担当:監修)
羊土社   2003年   ISBN:4897063574
現代の行動生物学第3巻:性行動のメカニズム
高田 耕司,石居 進,浦野明央. (担当:監修)
産業図書   1982年   

講演・口頭発表等

 
ポリユビキチン定量による化学物質の細胞傷害評価系の構築
高田 耕司,平河 多恵
第91回 日本生化学会大会   2018年9月   
ポリユビキチン鎖を定量することで何がわかるか?
高田 耕司,平河 多恵
第19回 Pharmaco-Hematologyシンポジウム   2018年8月11日   
脱ユビキチン化酵素USP46の基質探索.
石垣清啓,村田知弥,高田耕司,岩本武夫,海老原史樹文
2017年度 生命科学系学会合同年次大会   2017年12月   
細胞内不溶性ポリユビキチン化タンパク質の効率的定量分析による重金属の有害性評価.
高田 耕司,平河 多恵
2017年度 生命科学系学会合同年次大会   2017年12月   
安定同位体標識アミノ酸を用いたカドミウム誘導性細胞内タンパク凝集の機序解析.
高田 耕司,平河 多恵
第89回 日本生化学会大会   2016年9月   
Cd誘導性細胞内タンパク凝集体の形成−安定同位体を用いた解析.
高田 耕司,平河 多恵
BMB2015   2015年12月   
神経芽腫細胞の内在性WDリピートタンパク質とUSP46の相互作用.
高田耕司,Wu Chen,青木勝彦,吉田清嗣,谷合正光,渡会敦子,加藤尚志,海老原史樹文
第87回 日本生化学会大会   2014年10月16日   
FLC-7細胞の培養系でのフィブリノゲン産生: ラジアルフロー形バイオリアクターを用いた検討.
松本倫典,松浦知和,前橋はるか,青木勝彦,矢永勝彦,大川 清,岩本武夫,吉田清嗣,高田耕司.
第86回 日本生化学会大会   2013年9月13日   
メラトニンによる細胞保護機構の再考:ラジカルスカベンジャー以外の視点から. [招待有り]
高田 耕司
第3回 宇宙メラトニン研究会   2013年8月19日   
絶望行動を制御する脱ユビキチン化酵素USP46と相互作用するタンパク質の検索.
青木勝彦,宮野千草,梅村翔也,朝倉正,吉田清嗣,海老原史樹文,高田耕司.
第85回 日本生化学会大会   2012年12月16日   
カドミウムの細胞毒性に対するユビキチン−プロテアソーム系の保護作用.
高田耕司,湯川豊一, 青木勝彦, 吉田清嗣.
第85回 日本生化学会大会   2012年12月16日   
ヒト高分化型肝細胞癌株を用いたフィブリノゲンの効率的産生システムの検討.
松本倫典,松浦知和,青木勝彦,矢永勝彦,大川 清,吉田清嗣,高田耕司
第85回 日本生化学会大会   2012年12月14日   
ヒト高分化型肝細胞癌株を用いたフィブリノゲンの効率的産生システムの検討.
松本倫典, 松浦知和, 矢永勝彦, 高田耕司.
第48回 日本肝臓学会総会   2012年6月7日   
絶望行動を制御する脱ユビキチン化酵素USP46 の解析.
青木勝彦,宮野千草,山田宙史,梅村翔也,岩室祥一,大川 清,海老原史樹文,高田耕司.
第64回 日本動物学会関東支部大会   2012年3月17日   
カドミウムの腎細胞毒性の分子機序: 細胞内タンパク質の質的変化との関連. [招待有り]
高田耕司.
公開シンポジウム 生物毒性研究の最前線   2012年3月13日   
表皮ブドウ球菌Espは黄色ブドウ球菌の新規バイオフィルムマトリクスタンパク質を分解する
杉本真也, 岩本武夫, 高田耕司, 佐藤文哉, 岩瀬忠行, 田嶌亜紀子, 弘中一平, 奥田賢一, 進士ひとみ, 水之江義充
第85回 日本細菌学会総会   2012年3月   
細胞内ポリユビキチン鎖の定量による化学物質の毒性発現機序の検討.
高田耕司,青木勝彦,山田宙史,岩室祥一, 大川 清.
第84回 日本生化学会大会   2011年9月24日   
ヒト肝臓由来の高分化型細胞株FLC-4,FLC-7を用いた血漿タンパク質の効率的産生.
松本倫典, 松浦知和, 大川 清, 高田耕司.
第84回 日本生化学会大会   2011年9月24日   
カドミウムの継続投与によるマウス腎臓のタンパク質の性状変化.
高田耕司,福田隆浩,青木勝彦,加藤尚志,大川 清.
第83回 日本生化学会大会   2010年12月9日   
STAT6のチオール酸化を介したカドミウムの腎細胞毒性の発現.
高田耕司,青木勝彦,加藤尚志,砂原幸一,岩室祥一,大川 清.
第82回 日本生化学会大会   2009年10月   
Purification and identification of SDS-solubilized ubiquitin-conjugates accumulated in brains of Niemann-Pick C disease mouse.
Shimada Y, Fukuda T, Ohashi T, Sunahara K, Ohkawa K, Takada K.
第32回 日本神経科学大会   2009年9月   
常在細菌の分泌するバイオフィ. ルム破壊因子による黄色ブドウ球菌の定着阻害.
岩瀬 忠行,関 啓子,縣 俊彦,高田 耕司,益田 昭吾,佐藤 文哉,水之江 義充.
第82回 日本細菌学会総会   2009年3月   
STAT6はカドミウム曝露細胞の生存に関与する.
辻 陽介,青木勝彦,加藤尚志,大川 清,高田耕司.
第61回 日本動物学会関東支部大会   2009年3月   
Oxidative changes in STAT6 in proximal tubular HK-2 cells exposed to cadmium.
Takada K, Tsuji Y, Hiraoka M, Shimada Y, Yukawa T, Aoki K, Iwamuro S, Kawata T, Kato T, Ohkawa K.
BMB2008   2008年12月   
Accumulation of ubiquitinated oxidized proteins in human kidney HK-2 cells during sublethal cadmium exposure: a comparison between carbonylation and S-thiolation.
Yukawa T, Takada K, Shimada Y, Tajiri H, Ohkawa K.
BMB2008   2008年12月   
Accumulation mechanism of ubiquitin-protein conjugates in brains of Niemann-Pick C disease mouse.
Shimada Y, Takada K, Fukuda T, Aoki K, Ohkawa K.
BMB2008   2008年12月   
ニーマンピック病C型マウス脳に蓄積する抗ユビキチン抗体陽性凝集体の生化学的解析.
嶋田洋太,高田耕司,福田隆浩,大川清.
第125回 成医会総会   2008年10月   
CIDモードMS/MSイオンサーチによるポリユビキチン化タンパク質の同定におけるAXIMA-TOF2の性能.
戸田年総, 中村 愛, 中家修一, 西根 勤, 嶋田洋太, 高田耕司.
日本ヒトプロテオーム機構第6回大会   2008年7月   
胃癌・肝細胞癌の発癌過程における組織内ユビキチン値の意義.
石橋由朗, 柏木秀幸, 三森教雄, 小村伸朗, 高橋直人, 松本晶, 小林克敏, 高田耕司, 瀬嵐康之, 矢永勝彦.
第63回 日本消化器外科学会総会   2008年7月   
A novel method for immunoaffinity separation of SDS-solubilized ubiquitin-conjugates.
Shimada Y, Takada K, Fukuda T, Ohkawa K.
第31回 日本神経科学大会   2008年7月   
骨芽細胞様細胞内TAZタンパク質の量的減少に関わるFGFシグナル経路の解明.
江田 誉,青木勝彦,高田耕司,大川 清.
第80回 日本生化学会大会   2007年12月   
Purification of SDS-solubilized ubiquitin-conjugates accumulated in brains of Niemann-Pick C disease mouse.
Shimada Y, Takada K, Aoki K, Ohkawa K.
BMB2007   2007年12月   
Purification and identification of ubiquitin-protein conjugates formed by cadmium exposure to human kidney HK-2 cells.
Takada K, Aoki T, Iwamuro S, Shibasaki T, Ohkawa K.
BMB2007   2007年12月   
Cadmium-induced protein modifications: a putative link between thiol oxidation and ubiquitination.
Yukawa T, Takada K, Shimada Y, Tajiri H, Ohkawa K.
BMB2007   2007年12月   
Cadmium stress affects the properties of STAT-6 in human kidney HK-2 cells.
Tsuji Y, Takada K, Aoki T, Shimada Y, Yukawa T, Aoki K, Iwamuro S, Kato T, Ohkawa K.
BMB2007   2007年12月   
上皮細胞の酸化ストレス応答 タンパク質の酸化修飾とユビキチン依存性分解系との関係(会議録)
湯川豊一, 高田耕司, 嶋田洋太, 田尻久雄, 大川清.
第124回 成医会総会   2007年10月   
Characterization of ubiquitin and polyubiquitin conjugates in brains of Niemann-Pick C disease mouse.
Shimada Y, Takada K, Fukuda T, Ohkawa K.
第30回 日本神経科学大会   2007年9月   
Proteasome inhibitor induces formation of ubiquitin/SUMO positive intranuclear inclusions in neuronal cells.
Fujigasaki J, Yagishita S, Iwabuchi K, Fujigasaki H, Takada K.
第48回 日本神経病理学会総会学術研究会   2007年5月   
食道癌におけるUbcH 10蛋白発現の意義.
松本晶 石橋由朗, 坪井一人, 川崎成郎, 小林克敏, 小村伸朗, 鈴木裕, 中田浩二, 柏木秀幸, 高田耕司, 浦島充佳, 矢永勝彦.
第107回 日本外科学会定期学術集会.   2007年4月   
カドミウム曝露に伴い蓄積するユビキチン化タンパク質の性状解析 [招待有り]
高田耕司.
北陸大学学術フロンティア・サテライトミーティングー食品汚染金属の毒性とその防御の分子メカニズム   2007年2月   
FGF2は骨芽細胞様細胞内のTAZタンパク質量を減少させる
江田 誉,青木勝彦,高田耕司,丸毛啓史,大川 清,藤井克之.
日本分子生物学会2006フォーラム   2006年12月   
Immunocytochemical characterization of polyubiquitin conjugates formed by cadmium exposure.
Takada K, Aoki T, Iwamuro S, Eda H, Aoki K, Ohkawa K.
20th IUBMB and 11th FAOBMB Congress   2006年6月   
Development of a novel method for purifying SDS-solubilized ubiquitin-protein conjugates.
Shimada Y, Takada K, Aoki T, Iwamuro S, Asakura T, Ohkawa K.
20th IUBMB and 11th FAOBMB Congress   2006年6月   
Quantitative analysis of ubiquitin-protein conjugates in brain of Niemann-Pick C disease mouse.
Shimada Y, Takada K, Fukuda T, Aoki T, Iwamuro S, Ohkawa K.
第78回 日本生化学会大会   2005年10月   
Cadmium-induced cytotoxicity and accumulation of polyubiquitinated proteins in human proximal tubular HK-2 cells.
Aoki T, Takada K, Shimada Y, Iwamuro S, Aoki K, Ohkawa K.
第78回 日本生化学会大会   2005年10月   
脳虚血再灌流によって増加するユビキチン含有タンパク質の生化学的分析
高田耕司,高橋紗夜子,大滝博和,塩田清二,大川清.
第122回 成医会総会   2005年10月   
食道扁平上皮癌におけるSUMO-1の意義
石橋由朗,高田耕司,鈴木裕,中田浩二,小村伸朗,川崎成郎,小林克敏,羽生信義,柏木秀幸,浦島充佳,矢永勝彦
第106回 日本外科学会定期学術集会   2005年3月   
NAP-1ファミリータンパク質とヒストンの相互作用
江田 誉,青木 勝彦,南 次郎,高田 耕司,大川 清.
第27回 日本分子生物学会年会   2004年12月   
Ubiquitin-E2 thioester formation: relevance to cerebral ischemia-reperfusion injury.
Takahashi S, Ohtaki H, Shioda S, Kobayashi T, Machida T, Ohkawa K, Takada K.
第77回 日本生化学会大会   2004年10月   
Signal-dependent truncation of histone H2A suppressed with proteasome inhibitor.
Minami J, Takada K, Aoki K, Usui N, Kobayashi M, Ohkawa K.
第77回 日本生化学会大会   2004年10月   
Immunoaffinity separation of SDS-solubilized ubiquitin-protein conjugates accumulated in neuroblastoma cells exposed to cadmium.
Shimada Y, Iwamuro S, Shibasaki T, Ohkawa K, Takada K.
第77回 日本生化学会大会   2004年10月   
Cadmium-induced accumulation of ubiquitinated fibroblast growth factor receptor 2 in neuroblastoma cells.
Takada K, Sakaj, T, Hara T, Shibasaki T, Ohkawa K.
第77回 日本生化学会大会   2004年10月   
筋萎縮性側索硬化症大脳皮質ユビキチン化蛋白複合体の同定
福田隆浩,高田耕司,藤ヶ崎純子
第121回 成医会総会   2004年10月   
クレアチンなどのサプリメントは腎臓に影響をもたらすか
豊住ひと美,高田耕司,木村真規,柴崎敏昭
第121回 成医会総会   2004年10月   
ヒストンシャペロンNAP-1によるヒストン修飾抑制機構
青木 勝彦,江田 誉,高田 耕司,南 次郎,大川 清.
第121回 成医会総会(慈恵医大)   2004年10月   
大腸癌ユビキチン値の定量的解析
石橋由朗,鈴木裕,薄葉輝之,田代健一,柏木秀幸,羽生信義,高尾良彦,高田耕司,浦島充佳,矢永勝彦
第59回 日本消化器外科学会定期学術総会   2004年7月   
反復経頭蓋磁気刺激の安全性に関する検討
木村英紀,栗村正之,高田耕司,黒川克朗,荒若繁樹,和田学,川並透,栗田啓司,加藤丈夫
第45回 日本神経学会総会   2004年5月   
細胞ストレスで増加する難溶性ユビキチン化タンパク質の精製
嶋田洋太, 岩室祥一, 大川 清, 高田耕司.
第56回 日本動物学会関東支部総会   2004年3月   
ヒストンシャペロンNAP-1によるヒストンのユビキチン化抑制機構
青木 勝彦, 高田 耕司, 南 次郎, 大川 清.
第26回 日本分子生物学会年会   2003年12月   
Ubiquitin-protein conjugates in the cortex of amyotrophic lateral sclerosis.
Fukuda T, Takada T, Fujigasaki-Takahashi J.
33rd Annual Meeting Society for Neuroscience   2003年11月   
A role for ubiquitin C-terminal hydrolase 3 (UCH-L3) in learning and memory.
Wood MA, Kaplan MP, Kurihara LJ, Wada K, Sekiguchi M, Takada K, Abel T.
33rd Annual Meeting Society for Neuroscience   2003年11月   
Purification of putative truncated histone H2A from leukemia cells using immunoaffinity techniques.
Minami J, Takada K, Aoki K, Usui N, Kobayashi M, Ohkawa K.
第76回 日本生化学会大会   2003年10月   
Purification and identification of a ubiquitin-E2 (ubiquitin-conjugating enzyme) thioester from ischemic mouse brain.
Takahashi S, Takada K, Ohtaki H, Shioda S, Ohkawa K.
第76回 日本生化学会大会   2003年10月   
Attempt at purification and characterization of urea-solubilized ubiquitin-protein conjugates from amyotrophic lateral sclerosis (ALS) brain.
Takada K, Ohkawa K, Fujigasaki-Takahashi J. Fukuda T.
第76回 日本生化学会大会   2003年10月   
細胞ストレスに応答するユビキチン結合酵素分子種の性状解析
高田耕司,高橋紗夜子,嶋田洋太,大川 清.
日本動物学会第74回大会   2003年9月   
Ubiquitin Carboxy-Terminal Hydrolase L1 mediates ubiquitin stability and function in neurons.
Osaka H, Wang Y, Sato Y, Setsuie, R, Sakurai M, Kikuchi H, Takada K, Noda M, Wada K.
第26回 日本神経科学大会   2003年7月   
筋萎縮性側索硬化症大脳皮質ユビキチン化蛋白複合体の同定
福田隆浩,高田耕司,藤ヶ崎(高橋)純子,田中順一.
第44回 日本神経病理学会   2003年5月   
白血病細胞の分化誘導に伴うヒストンH2Aのプロセシング
南 次郎,高田耕司,青木勝彦,大川 清.
第55回 日本動物学会関東支部総会   2003年3月   
マウス脳水溶性画分に存在する低分子量ユビキチン−タンパク質複合体の同定
高橋紗夜子,小林哲也,町田武生,大滝博和,塩田清二,大川 清,高田耕司.
第55回 日本動物学会関東支部総会   2003年3月   
ゼノパスの変態とユビキチン化タンパク質について
山東俊,松永透,小林健,高田耕司,岩室祥一.
第55回 日本動物学会関東支部総会   2003年3月   
筋萎縮性側索硬化症大脳皮質ユビキチン化蛋白複合体の同定
田中順一,福田隆浩,藤ヶ崎純子,高田耕司.
平成14年度 神経変性疾患に関する研究班報告会   2003年2月   
無細胞抽出液中におけるアンチザイムの分解
村上安子,棚橋伸行,高田耕司,村井法之,松藤千弥.
日本ポリアミン研究会第18回研究発表会   2003年2月   
ヒストンシャペロンNAP-1はコアヒストンのユビキチン化を阻害する
青木 勝彦,高田 耕司,南 次郎,大川 清.
第25回 日本分子生物学会年会   2002年12月   
脳内ユビキチン化蛋白質の網羅的解析−虚血再還流はなにをもたらすのか
高田耕司,青木勝彦,高橋紗夜子,大滝博和,塩田清.二,和田圭司,大川 清.
第75回 日本生化学会大会   2002年10月   
ヒストンH2A抗体を用いた核内蛋白質の解析ー分化誘導に伴う変化
南 次郎,高田耕司,青木勝彦,柴田俊一,小林正之,大川 清.
第75回 日本生化学会大会   2002年10月   
脱ユビキチン化酵素による新たなユビキチン代謝制御
小坂 仁,王 玉来,佐藤野衣,節家恵理子,安田理人,工藤佳久,高田耕司,野田百美,和田圭司.
第75回 日本生化学会大会   2002年10月   
大腸癌における組織内ユビキチン値の意義
石橋由朗,高田耕司,薄葉輝之,田代健一,柏木秀幸,岩淵秀一,羽生信義,浦島充佳,青木照明.
第61回 日本癌学会総会   2002年10月   
急性単球性白血病細胞THP-1におけるヒストンH2Aの免疫化学的解析
南 次郎,高田耕司,青木勝彦,柴田俊一,薄井紀子,大川 清.
第61回 日本癌学会総会   2002年10月   
ユビキチンからさぐる神経(変性)疾患-概観と展望 [招待有り]
高田耕司.
第255回 医学研究の基礎を語り合う集い(慈恵医大)   2002年7月   
Direct identification of ubiquitin-protein conjugates accumulated in post-ischemic reperfused brains.
Takada K, Ohkawa K, Wada K, Ohtaki H, Shioda S.
FASEB Summer Research Conference: Amyloids and Other Abnormal Protein Folding Processes   2002年6月   
ユビキチンC末端水解酵素1型の機能解析
滝沢修一,小坂仁,王玉来,佐藤野衣,櫻井省花子,原洋子,孫英傑,李航,青木俊介,和田圭司,千葉茂,野田百美,高田耕司,木村一郎
第43回 日本神経学会総会   2002年5月   
ユビキチンC末端断片をタグに用いたユビキチン化蛋白消化産物の解析
高田耕司,大川 清.
第54回 日本動物学会関東支部総会   2002年3月   
TNF-αは局所脳虚血後の神経細胞死誘導とcaspaseの活性化をする
大滝博和,土肥謙二,高田耕司,尹麗,谷口隆秀,関川賢二,後藤昇,塩田清二.
第107回 日本解剖学会総会   2002年3月   
Immunoaffinity purification and identification of multiubiquitin-protein conjugates accumulated in the brain [招待有り]
Takada K.
COE International Symposium on Recent Advances in Research for Neurodegeneration   2002年3月   
ユビキチンC末端水解酵素1型の機能解析III;―ユビキチン化・ユビキチン依存性蛋白分解への影響―
小坂 仁,王 玉来,滝沢修一,高田耕司,佐藤野衣,原田高幸,原田知加子,千葉 茂,野田百美,和田圭司.
第24回 日本分子生物学会年会   2001年12月   
ユビキチンC末端水解酵素1型の機能解析II;―神経系におけるユビキチン量の制御―
王 玉来,小坂 仁,高田耕司,佐藤野衣,孫 英傑,李航,青木俊介,櫻井省花子,原 洋子,木村一郎,西川香里,竹田礼子,野田百美,濤川一彦,木山博資,和田圭司.
第24回 日本分子生物学会年会   2001年12月   
ユビキチンC末端水解酵素1型の機能解析I;―基質・相互作用蛋白の同定―
滝沢修一,小坂 仁,王 玉来,高田耕司,櫻井省花子,千葉 茂,野田百美,和田圭司.
第24回 日本分子生物学会年会   2001年12月   
マルチユビキチン化蛋白質の新規解析法: ユビキチンC末端領域含有ペプチド断片の分離と同定
高田耕司,青木勝彦,南 次郎,柴田俊一,大川 清.
第74回 日本生化学会大会   2001年10月   
生体に蓄積したユビキチン-タンパク質複合体の蛋白化学的解析
高田耕司,青木勝彦,平河多恵,大川 清.
第118回 成医会総会   2001年10月   
大腸癌に存在するユビキチン−ホスホグリセリン酸ムターゼB複合体の性状
高田耕司,薄葉輝之,石橋由朗,青木照明,大川 清.
第60回 日本癌学会総会   2001年9月   
大腸癌のタイプと組織内ユビキチンレベルの関係
薄葉輝之,高田耕司,石橋由朗,大川清,青木照明
第56回 日本消化器外科学会総会   2001年7月   
Presence of truncated histone-ubiquitin complex in human leukemia nuclei.
Aoki K, Okawa Y, Takada K, Ohkawa K.
FASEB Summer Research Conference: Ubiquitin and Intracellular Protein Degradation   2001年6月   
A novel strategy for identification of multiubiquitin-protein conjugates isolated from biological materials.
Takada K, Hirakawa T, Ohkawa K.
FASEB Summer Research Conference: Ubiquitin and Intracellular Protein Degradation   2001年6月   
生物材料からのユビキチン-タンパク質複合体の精製・同定法
高田耕司,青木勝彦,平河多恵,大川 清.
第53回 日本動物学会関東支部総会   2001年3月   
クロマチン画分のユビキチン化ヒストンH2Aプロセシング産物
青木勝彦,大川 豊,高田耕司,大川 清.
第53回 日本動物学会関東支部総会   2001年3月   
Purification of ubiquitin conjugates from PC12h cells
K, Takada T, Tokunaga S, Iwamuro T, Hirakawa1 K, Ohkawa K.
30th Annual Meeting Society for Neuroscience   2000年11月   
マルチユビキチン化蛋白質の効率的同定法の検討
高田耕司,平河多恵,大川 清.
第73回 日本生化学会大会   2000年10月   
成長ホルモン分泌に対するカルパイン阻害剤の効果
大川 清,朝倉 正,高田耕司,大川 豊,日比 望
第73回 日本生化学会大会   2000年10月   
THP-1細胞の分化誘導によるユビキチン化ヒストンH2Aとその限定分解産物量の変動
大川 豊,高田耕司,青木勝彦,薄井 紀子,田嶼尚子,大川 清.
第73回 日本生化学会大会   2000年10月   
大腸癌におけるユビキチン化蛋白質の精製と同定.
薄葉輝之,高田耕司,石橋由朗,青木照明,大川 清.
第59回 日本癌学会総会   2000年10月   

担当経験のある科目

 
 
  • 神経科学 (法政大学)
  • 炎症学 (東京慈恵会医科大学)
  • 生化学 (東京慈恵会医科大学)
  • 生物学 (東京慈恵会医科大学, 東京医科歯科大学, 早稲田大学, 東邦大学等)

競争的資金等の研究課題

 
食道癌におけるSUMO特異的プロテアーゼの意義と発現抑制による抗癌作用の解析
文部科学省: 科研費 基盤研究C
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 石橋 由朗
真核生物が有する異常タンパク質識別機構に基づく有害物質評価系の確立
文部科学省: 科研費 基盤研究C
研究期間: 2010年 - 2013年    代表者: 高田 耕司
マウスをモデルとした精神疾患へのアプローチ
文部科学省: 科研費 基盤研究A
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 海老原 史樹文
高分化型三次元細胞培養系を用いたヒト血漿蛋白及びウイルス粒子の大量産生法の開発
厚生労働省: 政策創薬総合研究事業・重点研究政策創薬総合研究
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 松浦 知和
カドミウムによる細胞傷害の分子機序:ユビキチン修飾を指標としたタンパク質異常化の解明
環境省: 重金属等の健康影響に関する総合的研究
研究期間: 2004年 - 2009年    代表者: 高田 耕司
凝集体構成分子の効率的単離・同定による神経変性機構の解明
武田科学振興財団: 一般研究奨励
研究期間: 2006年 - 2006年    代表者: 高田 耕司
虚血性神経細胞死におけるユビキチン化タンパク質蓄積の意義に関する研究
文部科学省: 科研費 基盤研究C
研究期間: 2002年 - 2003年    代表者: 高田 耕司
神経変性疾患におけるユビキチンシステムの分子病態解明と治療法開発への応用
厚生労働省: 厚労科研費 こころの健康科学研究
研究期間: 2002年 - 2002年    代表者: 和田 圭司
神経変性疾患におけるユビキチンシステムの分子病態解明と治療法開発への応用
厚生省: 厚生科研費 脳科学研究
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 和田 圭司
神経突起の形成過程における選択的蛋白分解の基質蛋白質群の精製と同定
文部省: 科研費 基盤研究C
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 高田 耕司
白血病細胞の分化と病型に特徴的なユビキチン化蛋白質の解析
文部省: 科研費 重点領域研究
研究期間: 1997年 - 1997年    代表者: 高田 耕司
白血病細胞の分化におけるマルチユビキチン化蛋白質の動態と性状の解明
文部省: 科研費 重点領域研究
研究期間: 1996年 - 1996年    代表者: 高田 耕司
神経修復過程における細胞内 ユビキチン化蛋白質の動態について
東京生化学研究会: 研究奨励金
研究期間: 1989年 - 1989年    代表者: 高田 耕司
神経の生理活性受容体を誘導する液性因子の検索
文部省: 科研費 奨励研究A
研究期間: 1987年 - 1987年    代表者: 高田 耕司
動物組織に存在するアミノブチルアルデヒド脱水素酵素の精製並びに特異性に関する研究
文部省: 科研費 奨励研究A
研究期間: 1986年 - 1986年    代表者: 高田 耕司

特許

 
特開JPH07238096A : 抗ポリユビキチンモノクローナル抗体およびポリユビキチンの測定方法
日比 望, 横沢英良, 沢田 均, 藤室雅弘, 那須英和, 高田耕司.
特許公開平7-238096

社会貢献活動

 
法政大学生命科学部 兼任講師
【講師】  2014年 - 現在
東邦大学大学院理学研究科 客員教授
【講師, その他】  2004年 - 現在
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)事業 評価者(ピアレビュアー)
【その他】  2002年 - 現在
早稲田大学商学部 非常勤講師
【講師】  2006年 - 2013年
東京都老人総合研究所 協力研究員
【その他】  2007年 - 2011年
埼玉大学理学部 非常勤講師
【講師】  2009年 - 2010年
環境再生保全機構 重金属等の健康影響に関する総合研究 研究班・班長
【その他】  2004年 - 2010年
東京医科歯科大学教養部 非常勤講師
【講師】  1997年 - 2008年
東邦大学理学部 非常勤講師
【講師】  2006年 - 2007年
早稲田大学教育学部 非常勤講師
【講師】  2004年 - 2006年
神奈川大学理学部 非常勤講師
【講師】  2002年 - 2003年
駒澤大学文学部 非常勤講師
【講師】  2001年 - 2002年
厚生科学研究費補助金 こころの健康科学研究事業 分担研究者
【その他】  2001年 - 2002年
厚生科学研究費補助金 脳科学研究事業 分担研究者
【その他】  2000年 - 2001年
科学研究費補助金 特定領域研究(A)蛋白分解班 班員
【その他】  1996年 - 1997年