安西 明子

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/19 03:05
 
アバター
研究者氏名
安西 明子
 
アンザイ アキコ
所属
上智大学
部署
法学部法律学科
職名
教授
学位
法学士(九州大学), 法学修士(九州大学)
科研費研究者番号
40278247

研究分野

 
 

論文

 
文書提出命令の審理における意義
『文書提出命令の理論と実務・第2版』      2016年
団体内部紛争の法律上の争訟性に関する近時の裁判例検討
石川先生傘寿『民事手続法の現代的機能』      2014年
宗教団体の内部紛争に関する近時の裁判例検討ーー争点形成の観点から
栂先生・遠藤先生古稀祝賀『民事手続における法と実践』      2014年
審判権の限界 ーー審理・判決の限界から、当事者の争い方の規律へ
『実務民事訴訟講座・第3期第2巻』      2014年
子の引渡をめぐる判断・執行手続ーーハーグ条約実施法とその影響
河野先生古稀祝賀『民事手続法の比較法的・歴史的研究』      2014年

Misc

 
将来給付の訴えを提起することのできる請求権としての適格
安西明子
平成29年度 重要判例解説   126-127   2018年4月   [依頼有り]
審判権の限界
長谷部由起子他・基礎演習民事訴訟法第3版   331-340   2018年2月   [依頼有り]
紛争主体間の負担分配から見た訴訟承継主義の限界
安西明子
民事訴訟法の理論(高橋宏志先生古稀祝賀論文集)   163-184   2018年2月   [依頼有り]
証言拒絶権(民訴法196-200条)
安西明子
新基本コンメンタール 民事訴訟法2   47-58   2017年10月   [依頼有り]
民事訴訟法201-206条
高田裕成、三木浩一 他
注釈民事訴訟法 第4巻   4 264-311   2017年7月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
民事訴訟法第2版
安西 明子 (担当:共著, 範囲:p.1-25、165-202、262-269)
有斐閣   2018年2月   ISBN:978-4-641-15050-8
ロープラクティス民事訴訟法第3版
安西 明子 (担当:共著, 範囲:p.305-385)
商事法務   2018年1月   ISBN:978-4-7857-2587-7
日中民事訴訟法比較研究
安西 明子 (担当:共著, 範囲:p317-325)
九大出版会   2017年3月   
アクチュアル・民事の訴訟・補訂版
安西 明子 (担当:共著)
2016年   
民事訴訟における争点形成
安西 明子 (担当:共著)
有斐閣   2016年3月