伊東 広

J-GLOBALへ         更新日: 13/10/16 15:25
 
アバター
研究者氏名
伊東 広
 
イトウ ヒロシ
URL
http://bsw3.naist.jp/courses/courses202.html
所属
奈良先端科学技術大学院大学
部署
バイオサイエンス研究科 分子情報薬理学
職名
教授
学位
薬学博士(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1985年
 - 
1987年
 日本学術振興会 特別研究員
 
1987年
 - 
1989年
 東京大学医科学研究所 助手
 
1989年
 - 
1992年
 テキサス大学サウスウェスタンメディカルスクール 客員講師
 
1992年
 - 
2000年
 東京工業大学生命理工学部 客員助教授
 
2000年
 - 
2001年
 東京大学大学院農学生命科学研究科 助教授
 
2001年
 - 
現在
奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1986年
北海道大学 薬学研究科 
 
 
 - 
1981年
北海道大学 薬学部 薬学科
 

委員歴

 
 
   
 
文部科学省科学技術・学術審議会専門委員
 
 
   
 
日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員
 
 
   
 
日本学術振興会科学研究費委員会専門委員
 
 
   
 
日本生化学会  評議員
 
 
   
 
日本薬理学会  学術評議員
 

Misc

 
Increased ubiquitination and the crosstalk of G protein signaling in cardiac myocytes: Involvement of Ric-8B in Gs suppression by Gq signal
Genes Cells      2013年
Phosphorylation of doublecortin by protein kinase A orchestrates microtubule and actin dynamics to promote neuronal progenitor cell migration.
J. Biol. Chem.   287 12691-12702   2012年
NISHIMURA Akiyuki, KITANO Ken, TAKASAKI Jun, TANIGUCHI Masatoshi, MIZUNO Norikazu, TAGO Kenji, HAKOSHIMA Toshio, ITOH Hiroshi
Proc. Natl. Acad. Sci. USA   107(31) 13666-13671   2010年
NAGAI Yusuke, NISHIMURA Akiyuki, TAGO Kenji, MIZUNO Norikazu, ITOH Hiroshi
J. Biol. Chem.   285(15) 11114-11120   2010年
Structure and function of signal-transducing GTP-binding proteins
Annu. Rev. Biochem.   60, 349-400    1991年
Molecular cloning and sequence determination of cDNAs for alpha subunits of the guanine nucleotide binding proteins Gs, Gi and Go from rat brain
Proceedings of National Academy of Science USA   83, 3776-3780    1986年
Presence of three distinct molecular species of Gi protein α subunits
Journal of Biological Chemistry   263, 6656-6664    1988年
Isolation and characterization of the human Gsα gene
Proc. Natl. Acad. Sci. USA   85, 2081-2085    1988年
Occurrence in Saccharomyces cerevisiae of a gene homologous to the cDNA coding for the α subunit of mammalian G proteins
Proc. Natl. Acad. Sci. USA   84, 2140-2144    1987年
IGUCHI Tokuichi, SAKATA Kensei, YOSHIZAKI Kotaro, TAGO Kenji, MIZUNO Norikazu, ITOH Hiroshi
J. Biol. Chem.   283(21) 14469-14478   2008年

書籍等出版物

 
化学物質の小事典
岩波ジュニア新書   2000年   
生化学辞典 第4版
東京化学同人   2007年   
理化学辞典 第5版
岩波書店   1998年   
Gタンパク質遺伝子ファミリー. 情報変換物質:G蛋白質. 広川ニューロサイエンス5
広川書店   1995年   
Heterotrimeric G-proteins:α, β, and γ subunits
Handbook of Experimental Pharmacology, Vol.108/I GTPases in Biology   1993年   

競争的資金等の研究課題

 
Gタンパク質共役受容体を介するシグナル伝達

特許

 
発芽バキュロウィルスを用いた蛋白質の発現と精製法
特許公開2001-333773
Gタンパク質共役受容体シグナルによるダイオキシン作用の軽減
特願2004-339219
Gタンパク質共役受容体に対する機能抗体およびその応用
特願2007-284829