高橋 伸幸

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/09 13:14
 
アバター
研究者氏名
高橋 伸幸
 
タカハシ ノブユキ
所属
北海道大学
部署
大学院文学研究科 人間システム科学専攻 行動システム科学講座
職名
助教授・准教授
学位
Ph.D(University of Arizona)
その他の所属
社会科学実験研究センター

研究分野

 
 

経歴

 
2007年
 - 
2014年
北海道大学 大学院・文学研究科 准教授
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
日本社会心理学会  理事
 
2015年1月
 - 
現在
日本人間行動進化学会  常務理事
 
2011年4月
 - 
2015年3月
日本社会心理学会  理事
 
2007年
 - 
2014年12月
日本人間行動進化学会  理事
 
2009年11月
 - 
2013年10月
日本心理学会  編集委員
 

受賞

 
1996年
Graduate Student Paper Award
 
1997年
研究優秀賞
 
2000年
優秀論文賞
 
2006年
優秀論文賞
 

論文

 
Preference and strategy in proposer’s prosocial giving in the ultimatum game.
Inaba, M., Inoue, Y., Akutsu, S., Takahshi, N., & Yamagishi, T.
Plos One   13(3) e0193877. DOI: 10.1371/journal   2018年   [査読有り]
The use of reputation in repeated dyadic interactions
稲葉美里、高橋伸幸
Rationality and Society   30(1) 54-79   2017年   [査読有り]
稲葉美里、高橋伸幸、大槻久
Journal of Theoretical Biology   409 97-107   2016年11月   [査読有り]
2つの集団で構成される社会で一般交換を維持させる利他行動の特徴
小野田竜一,高橋伸幸
心理学研究   87(3) 240-250   2016年   [査読有り]
内集団ひいき行動の適応的基盤:進化シミュレーションを用いた検討
小野田竜一, 高橋伸幸
社会心理学研究   29 65-74   2013年   [査読有り]
社会的交換の形態が社会的連帯に及ぼす影響の比較
稲葉美里, 高橋伸幸
心理学研究   83(1) 27-34   2012年
Chiang YS, Takahashi N
PloS one   6 e29188   2011年   [査読有り]
高岸治人, 高橋伸幸, 山岸俊男
実験社会心理学研究   48(2) 159-166 (J-STAGE)   2009年
Takahashi N, Mashima R
Journal of theoretical biology   243 418-436   2006年12月   [査読有り]
真島理恵, 高橋伸幸
心理学研究   76(5) 436-444   2005年12月
間接互恵性における二次情報の効果に対する理論的・実証的検討
理論と方法   (20) 177-195   2005年
In the Eye of the Beholder: Procedural Justice in Social Exchange
American Sociological Review   (68) 128-152   2003年
The Value of Exchange
Social Forces   1(80) 159-184   2001年
The emergence of generalized exchange
American Journal of Sociology   (105) 1105-34   2000年
Risk and trust in social exchange: An experimental test of a classical proposition
American Journal of Sociology   (105) 1396-1427   2000年
高橋伸幸, 山岸俊男, 林直保子
心理学研究   1(70) 9-16   1999年
Power in negotiated and reciprocal exchange
American Sociological Review   (64) 876-890   1999年
社会的不確実性のもとでの信頼とコミットメント
社会心理学研究   (11) 206-216   1996年
利他的行動の社会関係的基盤
実験社会心理学研究   (36) 1-11   1996年
信頼とコミットメント形成―実験研究
実験社会心理学研究   (35) 23-34   1995年

書籍等出版物

 
協力する種
BOWLES Samuel, GINTIS Herbert (担当:共訳, 範囲:5,6,8,9,11,12章)
NTT出版   2017年1月   
「社会のきまり」はどのように決まるか
高橋伸幸,稲葉美里 (担当:分担執筆, 範囲:規範はどのように実効化されるのか―実験的検討)
勁草書房   2015年1月   
社会のなかの共存
高橋伸幸,竹澤正哲 (担当:分担執筆, 範囲:協力と賞罰)
岩波書店   2014年6月   
実験が切り開く21世紀の社会科学
神信人,高橋伸幸 (担当:分担執筆, 範囲:他者の目が気になりますか?)
勁草書房   2014年4月   
Dynamics of Learning in Neanderthals and Modern Humans. Vol.2. Cognitive and Physical Perspectives
Takahashi, N., Hatano, A., Inaba, M., Onoda, R., & Simunovic, D. (担当:分担執筆, 範囲:Social learning, trial-and-error, and creativity)
Springer   2014年   
New Issues and Paradigms in Research on Social Dilemmas
MASHIMA Rie, TAKAHASHI Nobuyuki (担当:分担執筆, 範囲:The Emergence of Generalized Exchange by Indirect Reciprocity)
Springer   2008年   
葛藤と紛争の社会心理学-対立を生きる人間のこころと行動
高橋 伸幸 (担当:分担執筆, 範囲:公正と社会的関係)
北大路書房   2008年   
集団生活の論理と実践:互恵性を巡る心理学と人類学的検討
煎本孝・高橋伸幸・山岸俊男 (担当:共編者)
北海道大学出版会   2007年   
Encyclopedia of social theory
TAKAHASHI Nobuyuki (担当:分担執筆, 範囲:Generalized exchange)
Russell Sage   2005年   
Social Dilemmas and cooperation
YAMAGISHI Toshio, TAKAHASHI Nobuyuki (担当:分担執筆, 範囲:Evolution of Norms without Meta-Norms)
Springer-Verlag   1994年   

講演・口頭発表等

 
Voting with their feet promotes mutual cooperation
Takahashi, N. and Inaba, M.
日独社会科学学会   2018年3月16日   
パートナーの非協力行動への対処方略に対する機会コストの効果
真島理恵・高橋伸幸
日本人間行動進化学会第10回大会   2017年12月   
関係維持行動に対する機会コストの効果: パートナーの非協力行動への「矯正」行動に対する機会コストの効果
真島理恵・高橋伸幸
日本社会心理学会第58回大会   2017年10月   
格差が社会関係資本に与える影響
稲葉美里・高橋伸幸・犬塚敦也
日本社会心理学会第58回大会   2017年10月   
Who educates a defecting partner?: The effect of opportunity cost on the ability to control a partner's behavior
真島理恵・高橋伸幸
17th International Conference on Social Dilemmas   2017年6月22日   
Which type of sanctioning institution is the most attractive and effective?
稲葉美里・高橋伸幸・勝浦聖奈
17th International Conference on Social Dilemmas   2017年6月21日   
Does trust beget trustworthiness?: The effect of trusting intention on trustworthiness of the partner
高橋伸幸・稲葉美里・小野田竜一・柴田翠
17th International Conference on Social Dilemmas   2017年6月20日   
内集団をひいきすることによる一般交換の成立機序
小野田竜一、高橋伸幸
日本人間行動進化学会第9回年次大会   2016年12月   
フィールドにおけるサンクショナーに対する評価
稲葉美里、高橋伸幸、宮崎梨奈
日本人間行動進化学会第9回年次大会   2016年12月   
2つの集団で構成される社会で一般交換を維持させる利他行動の特徴 -2-
小野田竜一、高橋伸幸
日本社会心理学会第57回大会   2016年9月   
Voluntary formation of sanctioning institutions in social dilemmas and their effectiveness
稲葉美里、高橋伸幸、勝浦聖奈
The 31st International Congress of Psychology   2016年7月   
Direct exchange or indirect exchange; which exchange enables the evolution of cooperation in social dilemmas?
稲葉美里、高橋伸幸
The 28th Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society   2016年6月   
サンクション制度への自発的参加と効果の比較
稲葉美里、高橋伸幸、勝浦聖奈
日本社会心理学会第57回大会   2016年   
第三者サンクション行使に対する行動選択肢数の効果
真島理恵,高橋伸幸
日本人間行動進化学会第8回大会   2015年12月   
社会的交換と社会的ジレンマの連結に基づく選別的利他行動の進化条件
稲葉美里,高橋伸幸
日本人間行動進化学会第8回大会   2015年12月   
差別行動による均衡が崩壊する条件
小野田竜一,高橋伸幸
日本社会心理学会第56回大会   2015年11月   
「協力の進化」を巡る、次世代の新たな問いとは何か?
高橋 伸幸
日本社会心理学会第56回大会   2015年11月   
社会的交換と社会的ジレンマの連結:進化シミュレーションによる検討
稲葉美里,高橋伸幸
日本社会心理学会第56回大会   2015年11月   
An experimental examination of third-party sanctions when both punishments and rewards are possible
2015年6月23日   
Under what conditions can a linkage strategy lead to mutual cooperation?
2015年6月24日   
The role of psychological inference on the promotion of promiscuous trust
2015年6月24日   
Robustness of linkage strategy which leads to mutual cooperation
2015年5月27日   
An experimental examination of third-party sanctions when both punishments and rewards are possible
2015年5月27日   
連結戦略によって社会的ジレンマでの協力は達成されるか?-Panchanathan & Boyd (2004)の進化シミュレーションによる追試-
稲葉美里・高橋伸幸
日本人間行動進化学会第7回大会   2014年11月29日   
内集団ひいき vs. 普遍主義 -間接的互恵性における集団の役割-
小野田竜一・高橋伸幸
日本人間行動進化学会第7回大会   2014年11月29日   
高機会コスト社会への適応戦略としての防衛的悲観主義
稲葉美里・高橋伸幸・鈴木唯
日本グループ・ダイナミックス学会第61回大会   2014年9月6日   
罰・報酬の双方が可能な第三者サンクションの実験的検討
真島理恵・高橋伸幸
日本社会心理学会第55回大会   2014年7月26日   
評判が用いられる状況の特性
稲葉美里・高橋伸幸
日本社会心理学会第55回大会   2014年7月26日   
排除可能な状況における罰行使
波多野礼佳・高橋伸幸
日本人間行動進化学会第6回大会   2013年12月7日   
社会的交換場面での行動決定における評判利用の抑制
稲葉美里・高橋伸幸
日本人間行動進化学会第6回大会   2013年12月7日   
内生的・外生的サンクショニングシステムにおけるサンクショナー評判の実験的検討
真島理恵・高橋伸幸
日本人間行動進化学会第6回大会   2013年12月7日   
2つの集団で構成される社会において成立する間接的互恵性の形態
小野田竜一・高橋伸幸
日本人間行動進化学会第6回大会   2013年12月7日   
他者の存在は罰行動を促進させるのか?
波多野礼佳・高橋伸幸
日本社会心理学会第54回大会   2013年11月2日   
社会的交換場面における行動決定に評判が与える影響
稲葉美里・高橋伸幸
日本社会心理学会第54回大会   2013年11月2日   
サンクショナー評判に対する合意の効果の実験的検討
真島理恵・高橋伸幸
日本社会心理学会第54回大会   2013年11月2日   
2つの集団で構成される社会で成立する利他行動の特徴
小野田竜一・高橋伸幸
日本社会心理学会第54回大会   2013年11月2日   
Why do people selectively give benefits to cooperators in SD?
2013年7月17日   
Psychological processes of linkage between social dilemmas and social exchange.
2013年7月10日   
Experimental examination of reputation of collective sanctioners.
2013年7月10日   
Comparison of four types of sanctioning mechanism.
2013年7月10日   
Do people help those who helped a free-rider? –An experimental study to examine strategies in indirect reciprocity settings-.
2013年2月16日   
社会的ジレンマと繰り返し囚人のジレンマの連結メカニズム
稲葉美里・高橋伸幸
第16回実験社会科学カンファレンス   2012年12月8日   
印象形成によるゲーム間の連結
稲葉美里・高橋伸幸
日本人間行動進化学会第5回大会   2012年12月1日   
システムサンクション従事者の評判についての実証的研究
真島理恵・高橋伸幸
日本人間行動進化学会第5回大会   2012年12月1日   
Social learning, trial-and-error, and creativity.
2012年11月18日   
ゲーム間連結行動の心理メカニズム
稲葉美里・高橋伸幸
日本社会心理学会第53回大会   2012年11月17日   
サンクション行動は複数の形態の間で一貫するか?
波多野礼佳・高橋伸幸
日本社会心理学会第53回大会   2012年11月17日   
内集団ひいき行動の適応的基盤-ランダムマッチング状況における検討(2)-
小野田竜一・高橋伸幸
日本社会心理学会第53回大会   2012年11月17日   
サンクション行動は複数の形態の間で一貫するか?
波多野礼佳・高橋伸幸
北海道心理学会第59回大会   2012年9月29日   
行動履歴が非対称である場合のゲーム間連結行動
稲葉美里・高橋伸幸
日本グループ・ダイナミックス学会第59回大会   2012年9月22日   
内集団ひいき行動は頑健な社会を作り出せるのか
小野田竜一・高橋伸幸
日本グループ・ダイナミックス学会第59回大会   2012年9月22日   
Punishment and reward, peer-sanction and pool-sanction - Are they all the same “sanction”?
The 24th Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society   2012年6月13日   
Do people link a prisoner’s dilemma game with a social dilemma game even when only they know their partners’ behaviors in SD?
2012年6月13日   
Experimental examination of reputation of individual sanctioner and two types of collective sanctioners
2012年6月13日   
Are in-group favoring strategies evolutionarily stable against egoists?
2012年6月13日   
Are sanctioners selected as leaders?
The 24th Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society   2012年6月13日   
複数形態でのサンクション行動の一貫性に関する検討
波多野礼佳・高橋伸幸
グローバルCOE「心の社会性に関する教育研究拠点」総括シンポジウム   2012年3月17日   
社会的ジレンマにおけるサンクショニングメカニズムの4形態
稲葉美里・高橋伸幸・中川遥
グローバルCOE「心の社会性に関する教育研究拠点」総括シンポジウム   2012年3月17日   
怒りの適応的基盤-怒りが高評価につながる状況の探索的研究-
稲葉美里・高橋伸幸
日本人間行動進化学会第4回大会   2011年11月19日   
サンクションの種類による、サンクショナー評判の比較
真島理恵・高橋伸幸
日本人間行動進化学会第4回大会   2011年11月19日   
社会的ジレンマにおけるサンクショニングメカニズムの4形態
稲葉美里・高橋伸幸・中川遥
日本社会心理学会第52回大会   2011年9月18日   
サンクショナーの評判についての実証的検討:サンクションの分類による比較
真島理恵・高橋伸幸
日本社会心理学会第52回大会   2011年9月18日   
内集団ひいき行動の適応的基盤-ランダムマッチング状況における検討-
小野田竜一・高橋伸幸
日本社会心理学会第52回大会   2011年9月18日   
人間関係における資源投資戦略の国際比較
高橋伸幸・稲葉美里・Willer Robb・Barclay Pat.
日本社会心理学会第52回大会   2011年9月18日   
怒りへの評価に影響を与える状況要因の探索的研究
稲葉美里・高橋伸幸
日本心理学会第75回大会   2011年9月15日   
交換形態が社会的連帯に与える影響の比較
稲葉美里・高橋伸幸
北海道心理学会・東北心理学会第11回合同大会   2011年9月15日   
交換形態が社会的連帯に与える影響の比較
稲葉美里・高橋伸幸
日本グループ・ダイナミックス学会第58回大会   2011年8月23日   
Reputational benefits of sanctioners.
The 14th International Conference on Social Dilemmas   2011年7月5日   
Comparison of the effects of exchange form on social solidarity.
The 23rd Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society   2011年6月29日   
How do people evaluate different types of sanctioners?
The 23rd Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society   2011年6月29日   
The emergence of in-group favoring behavior in indirect reciprocity setting.
The 23rd Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society   2011年6月29日   
Comparison of four types of sanctioning mechanism.
The 23rd Annual Meeting of the Human Behavior and Evolution Society   2011年6月29日   
交換形態が社会的連帯に及ぼす影響
稲葉美里・高橋伸幸
日本人間行動進化学会第3回大会   2010年12月4日   
一般交換との連結による社会的ジレンマ解決-強制的プレイ・選択的プレイパラダイム間の比較-
真島理恵・高橋伸幸
日本人間行動進化学会第3回大会   2010年12月4日   
内集団ひいきと反内集団ひいき‐内集団ひいき行動の適応的基盤‐
小野田竜一・高橋伸幸
日本人間行動進化学会第3回大会   2010年12月4日   
内集団ひいきvs.反内集団ひいき‐集団内一般交換の成立‐
小野田竜一・高橋伸幸
北海道心理学会第57回大会   2010年10月10日   
「感情に駆られた利他行動」は適応的か?
真島理恵・高橋伸幸
日本社会心理学会第51回大会   2010年9月17日   
内集団ひいき vs. 反内集団ひいき-進化シミュレーションによる検討-
小野田竜一・高橋伸幸
日本社会心理学会第51回大会   2010年9月17日   
Indirect reciprocity may or may not solve the social dilemma.
The 22nd Annual Meeting of Human Behavior & Evolution Society   2010年6月16日   
The emergence of in-group favoring behavior: generalized exchange takes place within group boundaries.
The 22nd Annual Meeting of Human Behavior & Evolution Society   2010年6月16日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2012年 - 2015年    代表者: 高橋 伸幸
人類は、大集団で社会秩序を達成可能な唯一の種であり、このことは様々な学問分野で中心テーマとして取り上げられてきた。これまでの研究で社会秩序を維持するメカニズムとして最もよく用いられてきたのがサンクションである。しかし、サンクションを行使することそのものが二次の社会秩序問題となってしまうという二次のジレンマ問題により、理論的には解決は不可能だとされてきた。これに対し近年、実際に人々はサンクションを行使すること、そしてそれは一見非適応的に見えても実は適応的になる可能性が指摘され始めた。その中で...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 高橋 伸幸
非血縁間でも大規模な相互協力を達成可能であることは、他の種と比較したホモ・サピエンスの社会の特徴であり、様々な学問領域で中心的な研究テーマとして取り上げられてきた。そのようなこれまでの研究のほとんどは、それぞれ特定の状況を設定し、そこで相互協力がいかに達成されるかを扱ってきた。これに対し近年、人間は実際には同時に複数の状況に埋め込まれており、他の状況と相互に独立した個別の状況ではなく、相互依存性のある複数の状況のセットを分析すべきだという指摘がなされるようになった。先行研究に倣い、状況間が...
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 高橋 伸幸
ホモ・サピエンスがネアンデルタールと交替した原因として、サピエンスに特異的に備わった学習能力が想定されている。サピエンスは模倣による社会学習能力と試行錯誤による個体学習能力を兼ね備えていたため、社会学習能力のみで個体学習能力の低かったネアンデルタールより優位に立ったのだ、というわけである。しかし、この議論には大きな問題点がある。それは、進化の歴史を考えると、個体学習よりもむしろ社会学習の方が「高度な」能力であること、そして個体学習ではサピエンスが生息地域を急速に拡大していったことを説明でき...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 高橋 伸幸
本研究で扱う問いは、自己利益を追求する個体間で大規模な相互協力達成がいかにして可能かというものである。これは、これまでは理論的には説明不可能だった問題であるが、本研究により解明への端緒を見出すことができた。具体的には、他の社会的相互依存関係と相互協力達成状況との間に相互影響過程が存在すること、及び相互協力状態維持のためのサンクションを行うことが別な状況において自己利益をもたらす可能性があることを組み入れた理論を構築する必要性が明らかになった。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 高橋 伸幸
直接の返報が期待できない状況での他者への資源提供は、動物社会では見られない人間社会の特徴である。一般交換とはこのような行動により成立するマクロパターンであり、それは間接互恵性(資源提供者に対する第三者による返報)により成立することが、近年の社会科学及び生物学における研究の急速な発展の中で明らかにされてきた。本研究は、いかなる仕組みが間接互恵性を成立させるのかを、数理モデルとシミュレーションを用いた理論面と質問紙調査及び実験による実証面から明らかにしようとしたものである。