博多 義之

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/29 15:10
 
アバター
研究者氏名
博多 義之
 
ハカタ ヨシユキ
eメール
hakatamed.kindai.ac.jp
URL
http://www.med.kindai.ac.jp/immuno/
所属
近畿大学
部署
医学部
職名
講師
学位
博士(理学)(京都大学), 修士(理学)(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
近畿大学 医学部・免疫学教室 講師
 
2008年6月
 - 
2014年3月
近畿大学 医学部・免疫学教室 助教
 
2006年11月
 - 
2008年5月
ニューヨーク大学 医学部・微生物学 博士研究員
 
2005年3月
 - 
2006年10月
ソーク研究所 感染病態学 博士研究員
 
2002年9月
 - 
2005年6月
北海道大学 遺伝子病制御研究所・感染病態分野 助教
 
2002年4月
 - 
2002年8月
財団法人エイズ予防財団 リサーチレジデント
 

学歴

 
 
 - 
2002年
京都大学 理学研究科 化学専攻(細胞生物化学分科)
 
 
 - 
1996年
同志社大学 工学部 工業化学科
 

論文

 
Specific niches for lung-resident memory CD8+ T cells at the site of tissue regeneration enable CD69-independent maintenance
Shiki Takamura, Hideki Yagi, Yoshiyuki Hakata, Chihiro Motozono, Sean McMaster, Tomoko Masumoto, Makoto Fujisawa, Tomomi Chikaishi, Junko Komeda, Jun Itoh, Miki Umemura, Ami Kyusai, Michio Tomura, Toshinori Nakayama, David Woodland, Jacob Kohlmeier, and Masaaki Miyazawa
The Journal of Experimental Medicine   213(13) 3057-3073   2016年   [査読有り]
A novel leucine zipper motif-based hybrid peptide delivers a functional peptide cargo inside cells
Yoshiyuki Hakata*, Sayuri Tsuchiya, Hiroyuki Michiue, Takashi Ohtsuki, Hideki Matsui, Masaaki Miyazawa, Mizuki Kitamatsu, *corresponding author
Chemical Communications   51(2) 413-416   2015年   [査読有り]
Yoshiyuki Hakata*, Masaaki Miyazawa, Nathaniel R. Landau, *corresponding author
Virology Journal   11 108   2014年   [査読有り]
Jun Li, Yoshiyuki Hakata*, Eri Takeda, Qingping Liu, Yasumasa Iwatani, Christine A. Kozak, Masaaki Miyazawa*, *corresponding author
PLoS Pathogens   8(1) e1002478   2012年   [査読有り]
Mika Nagai-Fukataki, Takashi Ohashi, Iwao Hashimoto, Tominori Kimura, Yoshiyuki Hakata, Hisatoshi Shida
Genes to cells   16(2) 203-216   2011年   [査読有り]
Iñigo Narvaiza, Daniel C. Linfesty, Benjamin N. Greener, Yoshiyuki Hakata, David J. Pintel, Eric Logue, Nathaniel R. Landau, Matthew D. Weitzman
PLoS Pathogens   5(5) e1000439   2009年5月   [査読有り]
HIV-1 Vpr function is mediated by interaction with the damage-specific DNA-binding protein DDB1
Bärbel Schröfelbauer, Yoshiyuki Hakata, and Nathaniel R. Landau
Proc Natl Acad Sci U S A   104(10) 4130-4135   2007年   [査読有り]
Enhanced Replication of Human T-Cell Leukemia Virus Type 1 in T Cells from Transgenic Rats Expressing Human CRM1 That Is Regulated in a Natural Manner
Ryo Takayanagi, Takashi Ohashi, Eizaburo Yamashita, Yohei Kurosaki, Kumiko Tanaka, Yoshiyuki Hakata, Yasumasa Komoda, Satoru Ikeda, Yasuko Tsunetsugu-Yokota, Yuetsu Tanaka, and Hisatoshi Shida
Journal of Virology   81(11) 5908-5918   2007年   [査読有り]
Reversed Functional Organization of Mouse and Human apobec3 cytidine deaminase Domains 
Yoshiyuki Hakata and Nathaniel R. Landau
J. Biol. Chem   281(48) 36624-36631   2006年   [査読有り]
CRM1, an RNA transporter, is a major species-specific restriction factor of human T cell leukemia virus type 1 (HTLV-1) in rat cells
Xianfeng Zhang, Yoshiyuki Hakata, Yuetsu Yanaka, and Hisatoshi Shida
Microbes and Infection   8(3) 851-859   2006年   [査読有り]
Yoshiyuki Hakata, Masami Yamada, and Hisatoshi Shida
Molecular and Cellular Biology   23(23) 8751-8761   2003年   [査読有り]
Yoshiyuki Hakata, Masami Yamada, Naoto Mabuchi, and Hisatoshi Shida
Journal of VIrology   76(16) 8079-8089   2002年   [査読有り]
Yoshiyuki Hakata, Masami Yamada, and Hisatoshi Shida
Journal of Virology   75(23) 11515-11525   2001年   [査読有り]
Involvement of Human CRM1 (Exportin 1) in the Export and Multimerization of the Rex Protein of Human T-cell Leukemia Virus Type I
Yoshiyuki Hakata, Tomoe Umemoto, Shuzo Matsu
Journal of Virology   72(8) 6602-6607   1998年   [査読有り]

Misc

 
マウスAPOBEC3の生理機能と分子進化
宮澤正顯、博多義之、武田英里、李君、河原佐智代
生化学   88(5) 582-592   2016年   [依頼有り]
Multiple roles of cellular export machinery in HTLV-1 Rex functioning
Hisatoshi Shida and Yoshiyuki Hakata
Gann Monograph on Cancer Research   50 61-72   2003年   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
Mouse APOBEC3 interferes with proteolytic autoprocessing of Gag-Pol polyprotein and inhibits Gag processing
Yoshiyuki Hakata
The 30th international workshop on retroviral pathogenesis   2018年   
HIV-1 Vpr has two distinct functions on autophagy regulation
Yoshiyuki Hakata and Masaaki Miyazawa
日本ウイルス学会   2015年   
Vpr依存的G2期停止におけるVprと宿主因子との分子間相互作用
博多 義之、 宮澤 正顯、Nathaniel Landau
日本ウイルス学会   2012年   日本ウイルス学会
Rac2が発揮する抗HIV-1活性の分子機序
博多 義之、河原 佐智代、 宮澤 正顯
日本ウイルス学会   2010年   日本ウイルス学会
Vpr Binds to DCAF1 and to DDB1 to Mediate Its Biological Functions in a Species-specific Interaction
Yoshiyuki Hakata, Nathaniel R. Landau
The 15th Conference on Retroviruses and Opportunistic Infections   2008年   
Inhibition of Retrotransposition by APOBEC3 Proteins Requires a Catalytically Functional Active Site.
Chen H., Hakata Y., Sunseri N. and Landau N. R.
14th Conference on Retroviruses and Opportunistic Infections   2007年   
レトロウイルスの増殖戦略に利用される宿主因子群 [招待有り]
博多 義之
バイオ・材料に関する高分子ミクロシンポジウム   2006年   
Rat CRM1 is responsible for the poor propagation of Human T-Cell Leukemia Virus Type-1 in rat cells
Yoshiyuki Hakata, Xianfeng Zhang, Hisatoshi Shida
日米医学   2004年   
ヒト免疫不全ウイルス遺伝子発現におけるRNA輸送因子CRM1の新機能
志田壽利、大藤邦彦、金澤剛志、博多義之
日本分子生物学会   2004年   
HTLV-1 Rexタンパク質に作用する宿主因子
博多義之、志田壽利
感染症若手研究者沖縄フォーラム   2003年   
A multi-functional domain in human CRM1 (exportin1) mediates RanBP3 binding and multimerization of Human T-Cell Leukemia Virus Type-1 Rex protein
Yoshiyuki Hakata, Masami Yamada, Hisatoshi Shida
RNA2003 Kyoto   2003年   
ヒトT細胞白血病ウイルスのRexタンパク質に対する宿主因子の作用
博多義之、志田壽利
日本分子生物学会   2002年   
ヒト白血病ウイルス増殖の種間バリアーとしての輸送因子ラットCRM1
博多義之、長尾一生、志田壽利
日本分子生物学会   2001年   
HTLV-1 Rexの機能におけるCRM1の役割
博多義之、志田壽利
日本ウイルス学会   2000年   
Rex機能の支持に必須であるhCRM1(Exportin-1)分子中のアミノ酸の同定
博多義之、櫻井陽、志田壽利
日本エイズ学会   2000年   
Complex interaction between CRM1 and the Rex protein of HTLV-1 is necessary for Rex multimerization
博多義之、志田壽利
日本分子生物学会   2000年   
RevとRexの多量体化に関与するCRM1の機能ドメイン
博多義之、志田壽利
日本エイズ学会   1999年   
HIV/HTLV-1のmRNA核外輸送を担うCRM1の解析
博多義之、志田壽利
日本RNA学会   1999年   
A role of CRM1 family in HIV/HTLV-1 mRNA export
Yoshiyuki Hakata, Hisatoshi Shida
Cold spring harbor meeting   1999年   
HIV-1 Revの多量体化における細胞性因子(hCRM1)の関与
博多義之、志田壽利
日本ウイルス学会   1999年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
APOBEC3によるGag-Pol前駆体プロセシング阻害の機序解明
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 博多 義之
マウスAPOBEC3のプロテア-ゼ抑制機構解明による新規抗レトロウイルス薬開発
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 宮澤 正顕
HIV-1 Vprによるオ-トファジ-制御の分子機構と感染における意義の解明
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 博多 義之
細胞内ウイルス複製制限因子APOBEC3の遺伝子多型による宿主免疫応答制御機構
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 宮澤 正顕
HIV-1感染抵抗性因子Rac2によるウイルス増殖制御様式の解明
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 博多 義之
APOBEC3欠損によるリンパ腫発生機構の解析-内在性レトロウイルスとの関連性
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 河原 佐智代
同種由来レトロウイルス感染を制御するAPOBEC3の発現調節機構
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 宮澤 正顕
Rac2発現の制御機構及びRac2依存的抗HIV-1感染機序の解明
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 博多 義之
トランスジェニックラット感染モデルを用いたエイズワクチン・治療法開発
文部科学省: 特定領域研究
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 志田 壽利
ヒトレトロウイルスのRNA輸送複合体の形成と制御
文部科学省: 特定領域研究
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月    代表者: 志田 壽利
ヒトT細胞白血病ウイルスのRNA核外輸送機構の解明
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月    代表者: 博多 義之
HTLV-1高感受性のトランスジェニックラットモデルの作成と解析
文部科学省: 基盤研究(B)
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月    代表者: 志田 壽利
HIV/HTLV-1高感受性のヒトCRM1を発現するトランスジェニックラット
文部科学省: 特定領域研究
研究期間: 2002年4月 - 2003年3月    代表者: 志田 壽利

その他

 
2018年   大学院生の研究指導
近畿大学医学部に所属する大学院生の研究指導を行っている(2017年から2018年現在)
2018年   医学部生の研究指導
近畿大学医学部に所属する医学部生に対して年間を通して研究指導を行っている(2014年より2018年現在
2018年   国際医学生連盟(IFMSA)
国際医学生連盟(IFMSA)を通して近畿大学医学部に留学を希望する外国の大学(医学部)に所属する留学生を受け入れ研究指導をしている。
2013年 スペインから1名受け入れ
2014年 マルタ共和国から2名受け入れ
2017年 スロベニアから1名受け入れ
2018年 デンマークから1名受け入れ