松田 真希子

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/19 23:18
 
アバター
研究者氏名
松田 真希子
 
マツダ マキコ
URL
https://oldfriends33.wixsite.com/matsuda
所属
金沢大学
部署
国際機構
職名
准教授
学位
博士(学術)(一橋大学)

プロフィール

ことばの多様性と普遍性について研究しています。特に移住によって変容する人々のことばや社会のあり様、境界に生きる人々のことばや文化の多様性に興味があり、研究と実践を通じて応援できればと思っています。ことばの研究を通じて人類の福祉に貢献するWelfare Linguisticsの研究者でありたいと思っています。

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
 - 
現在
金沢大学 国際機構 准教授
 
2017年8月
 - 
2018年3月
サンパウロ大学 哲学文学人間科学部 客員教授
 
2015年8月
 - 
2015年9月
サンパウロ大学 日本文化研究所 客員教授 (国際交流基金派遣)
 
2002年9月
 - 
2010年3月
長岡技術科学大学 工学部 講師 工学部 長岡技術科学大学
 

委員歴

 
2015年
 - 
2017年
日本学術振興会  科学研究費補助金 第1段審査委員 
 
2010年
 - 
2012年
日本学術振興会  科学研究費補助金 第1段審査委員 
 

書籍等出版物

 
本田 弘之, 松田 真希子, 末永 サンドラ, 福島 青史, 中井 精一, 神吉 宇一, 岡田 浩樹, 小林 ミナ, 坂本 光代, Miyazaki Sachie, 佐藤 慎司(教育人類学), 定延 利之 (担当:共編者)
凡人社   2016年10月   ISBN:9784893589125
現場に役立つ日本語教育研究 2 ニーズを踏まえた語彙シラバス
松田 真希子 (担当:共著, 範囲:理工系留学生のための語彙シラバス)
くろしお出版   2016年10月   ISBN:978-4-87424-715-0 C3081
日本語教育文法のための多様なアプローチ
松田 真希子 (担当:共著, 範囲:「使わなかった」は「使っていない」-掘ったイモを活かす教育文法と授業実験‐)
ひつじ書房   2011年   ISBN:978-4-89476-569-6
ティアゴ・サレス・ピント
春風社   2008年3月   ISBN:4861101298

論文

 
松田 真希子・石川有香
Digital Resources for Learning Japanese   71-102   2018年5月   [査読有り]
JFL環境下での発音学習ストラテジー使用と発音習得 —中国の大学で学ぶ日本語学習者を対象に—
呉 麗楠・磯村 一弘・波多野博顕・金村 久美・松田真希子
音声研究   20(1) 1-10   2016年4月   [査読有り]
日本の「見えない」文化の継承教育を考える―メキシコ日系人・日本人アンケート調査に基づく分析―
松田真希子,嶋崎明美
本田弘之・松田真希子編『複言語・複文化時代の日本語教育』,(付属CD-ROM論文集),   271-278   2016年
松田 真希子
計量国語学 = Mathematical linguistics : 計量国語学会機関誌   30(6) 344-356   2016年   [査読有り]
超級日本語話者の談話特性―テキストマイニングを用いた分析―
松田 真希子・宮永愛子・庵 功雄
国立国語研究所論集   5 43-63   2013年5月
Phrase-based Statistical Machine Translation via Chinese Characters with Small Parallel Corpora
Matsuda Makiko, Takemoto Yuta and Yamamoto Kazuhide
International Journal of Intelligent Information Processing   Vol. 2(No. 3) 52-61   2011年9月
初級日本語コース"Can-do"化の提案と実践-学習者の自己評価を基に-
三浦香苗・笹原幸子・高木佳奈・松田真希子
ヨーロッパ日本語教育      2011年8月
「やさしい日本語」を用いたユニバーサルコミュニケーション実現のための予備的考察
庵 功雄、岩田一成、筒井千絵、森 篤嗣、松田真希子
一橋大学国際教育センター紀要   1 31-46   2010年7月
Automatic Paraphrasing System from Japanese into the Plain Japanese for Engineering Education.
International Symposium on Global Multidisciplinary Engineering 2010      2010年3月
留学生教育の視点から見た日本語工学語彙特性の分析
松田真希子,高橋智恵,湯川高志,三上喜貴
工学教育   57(5) 56-60   2009年11月
松田 真希子, タン・ティ・キム・テュエン, ゴ・ミン・トゥイ, 金村 久美, 中平 勝子, 三上 喜貴
世界の日本語教育. 日本語教育論集   18 21-33   2008年6月
本研究は、ベトナム人日本語学習者のための日本語の漢語とベトナム語の漢越語の対照分析である。現代ベトナム語は漢字を使用しないが、語彙には漢語からの借用語(漢越語)が多いため、韓国語・日本語と同様に漢字文化圏に属する。そのため、ベトナム語母語話者は、日本語を学ぶ際に学習ストラテジーとして漢越語知識を活性化させていることが明らかになっている(Tuyen 2003)。しかし、実際に漢越語知識がどの程度日本語学習に効果があるかはまだ明らかにされていない。そこで本研究では、ベトナム人学習者が日本語を学...
Makiko Matsuda,Tomoe Takahashi,Hiroki Goto,Yoshikazu Hayase,Robin Lee Nagano,Yoshiki Mikami
Third International Joint Conference on Natural Language Processing, IJCNLP 2008, Hyderabad, India, January 7-12, 2008   25-32   2008年   [査読有り]
平波 英子, 松田 真希子, 矢鍋 重夫
留学生教育   (12) 107-117   2007年12月
松田 真希子, 森 篤嗣, 金村 久美
留学生教育   (11) 45-53   2006年12月
松田 真希子
長岡技術科学大学言語・人文科学論集   (19) 215-240   2005年
松田 真希子
日本語・日本文化研究   (10) 37-47   2000年11月

Misc

 
外国にルーツをもつ児童の発達アセスメントと言語の問題について -発達障害と一時的リミテッド状況の鑑別のための調査研究-
金沢大学留学生センター紀要   29-42   2018年
小嶋 香織, 松田 真希子
金沢大学留学生センター紀要 = Research Bulletin,International Student Center Kanazawa University   19 11-22   2016年3月
WAKENIWAIKANAI is one of the least used forms by intermediate Japanese learners in class. However, it is one of the forms that intermediate to advanced Japanese students really should learn to use. This research reveals the meaning and use of this...
鈴木 美奈, 松田 真希子
金沢大学留学生センター紀要 = Research Bulletin,International Student Center Kanazawa University   19 23-36   2016年3月
Japanese learners are likely to avoid grammatical expression "-teoku" and its shortened form "-toku" in their production. The previous study said "-teoku" has 3 grammatical meanings: (I) "to prepare" that is to do something to prepare for future (...
マイサラ ビンティ カマール, 松田 真希子
金沢大学留学生センター紀要 = Research Bulletin,International Student Center Kanazawa University   19 69-78   2016年3月
A smooth shifts from beginner's Japanese class to technical Japanese education is a challenge for overseas preparatory education organization. This paper compares and focuses on the usage of causative expressions which appears in the beginner's le...
松田 真希子, 松田 佳子
日本語教育方法研究会誌   23(1) 36-37   2016年
In recent years, task-based Japanese teaching materials, such as Dekiru Nihongo (DK), have been published. This study provides a practical report of an intensive Japanese language program using the textbook DK for international university students...

講演・口頭発表等

 
松田 真希子・吉田 夏也・金村久美
日本音声学会第32回全国大会   2018年9月15日   
南米日系人子弟の日本語教育実践「ピラール方式」の有効性と課題 -CLILの枠組みからの分析-
松田真希子
第12回ブラジル日本研究l国際学会(CIEJB)・第25回全伯日本語日本文学日本文化大学教員学会(ENPULLCJ)   2018年8月30日   
外国にルーツをもつ特別支援学級在籍児童の複言語能力に関する調査研究
松田 真希子
博報財団第12回児童教育実践についての研究助成 成果報告会   2018年8月11日   
松田真希子・渡辺久洋
母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)学会 2018年度研究大会   2018年8月8日   
松田 真希子
言語文化教育研究学会 第 5 回研究集会   2018年6月17日   
【座談会】<すべての学習者>の学びを保障するために我々は何を変えるべきか  [招待有り]
松田 真希子
外国語授業実践フォーラム 第15回会合   2018年3月31日   
座談会<すべての学習者>の学びを保障するために我々は何を変えるべきか 
登壇者:住田環(立命館アジア太平洋大学)、田原憲和(立命館大学)、古屋憲章(武蔵野美術大学)、松田真希子(金沢大学)、コメンテーター:村上加代子 座長:中川正臣(目白大学)
ベトナム人のための日本語・日本語教育研究 -今後の展望と課題- [招待有り]
松田 真希子
ハノイ国家大学外国語大学国際シンポジウム 2017/11/10 ベトナムにおける日本語教育と日本研究 人材育成のための連携可能性を巡って?   2017年11月10日   
ベトナム人日本語学習者のための発音教育
金村久美・松田真希子
ハノイ国家大学外国語大学国際シンポジウム 2017/11/10 ベトナムにおける日本語教育と日本研究 ?人材育成のための連携可能性を巡って?   2017年11月10日   
日系バイリンガルの育て方 [招待有り]
松田 真希子
サンパウロ人文社会研究所主催講演会   2017年10月31日   サンパウロ人文社会研究所
Migration and Identity among Japanese-Brazilian Return Migrants [招待有り]
松田 真希子
JSPS Core-to-Core Program “Japan-Asia-Europe Comparative Symposium on Migration, Multiculturalization and Welfare in Naples 2017   2017年9月21日   
「ウェルフェアリングイスティクスの枠組みから留学生の地域奉仕活動を考える」パネル『ウェルフェア・リングイスティクス」と日本語・日本文化教育:参加者の多様な資源を生かした言語文化教育』
松田真希子・木村多恵子
AATJ2017 ANNUAL SPRING CONFERENCE   2017年3月15日   
「「具体的な状況設定」に基づく産出スキルとはどのようなものか―SNSに投稿された料理写真のコメント分析を例に―」
松田真希子
平成28年度NINJAL共同研究発表会・シンポジウム「具体的な状況設定」から出発する日本語ライティング教材の開発」研究発表会   2017年2月11日   
Japanese Language Education in the Era of Pluringualism/Pluriculturalism [招待有り]
松田 真希子
日欧亜におけるコミュニティの再生を目指す移住・多文化・福祉政策の研究拠点形成   2016年10月23日   
日本語学習者誤用換言対コーパスに見られる表記エラーについて
松田 真希子
言語研究と統計2016   2016年3月15日   
「『できる日本語』を用いた大学集中日本語教育の実践−『みんなの日本語』と比較して−」
松田真希子,松田佳子
日本語教育方法研究会   2016年   
「タイ語話者およびベトナム語話者による日本語アクセントの実現―アクセント記号の効果に注目して―」
磯村一弘,松田真希子,ユパカー福島
ICJLE2016   2016年   
「日本語学習者誤用換言対コーパスに見られる表記エラーについて」
松田真希子
統計数理研究所言語系共同研究グループ合同発表会 言語研究と統計2016   2016年   
ナラティブの計量分析-KHCoderを用いて- [招待有り]
松田 真希子
国際交流基金サンパウロ日本文化センター   2015年9月4日   
理工系留学生のための日本語教育における語彙指導 [招待有り]
松田 真希子
シンポジウム 『工学系学生へのL2語彙指導』   2015年7月20日   
「Web日本語Nグラムコーパス分析に基づく深層格の偏りの検証」
松田真希子
第59回計量国語学会   2015年   

競争的資金等の研究課題

 
南米日系社会における複言語話者の日本語使用特性の研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究B(海外学術調査)
研究期間: 2016年 - 2020年    代表者: 松田真希子
外国にルーツをもつ特別支援学級在籍児童の複言語能力に関する調査研究_
博報財団: 第12回児童教育実践についての研究助成
研究期間: 2017年 - 2018年    代表者: 松田真希子
Global Soundsを活用した日本語音風景アーカイブの構築と教育応用
日本学術振興会: 科学研究費補助金挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 松田真希子
日本語学習者データマイニングのための既存ツール評価とマニュアル設計
日本学術振興会: 科学研究費補助金挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 松田真希子
文脈依存の意味情報を判別する機能表現抽出WEBシステムの開発と運用実験
研究期間: 2011年 - 2013年

学歴

 
1997年4月
 - 
2001年3月
大阪大学大学院(旧大阪外国語大学大学院) 言語社会研究科 
 
1995年4月
 - 
1997年3月
姫路獨協大学大学院 言語教育研究科 
 
1991年4月
 - 
1995年3月
金沢大学 文学部 行動科学科
 

担当経験のある科目