共同研究・競争的資金等の研究課題

2013年4月 - 2016年3月

日本語学習者データマイニングのための既存ツール評価とマニュアル設計

日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究
  • 松田 真希子
  • ,
  • 林 良子
  • ,
  • 渡部 倫子
  • ,
  • 金田 純平

課題番号
25580109
担当区分
研究代表者
配分額
(総額)
3,380,000円
(直接経費)
2,600,000円
(間接経費)
780,000円
資金種別
競争的資金

本研究では日本語教育のためのデータマイニング技術開発を目的に、[1]既存データマイニング技術の日本語教育研究への応用可能性の検討、[2]既存ツールのカスタマイズ、[3]ツール開発、[4]マニュアル開発を行った。その結果、[1]ではKh-Coder,SVtoolsなどを用いた日本語教育研究への応用研究を行い、有効性を示した。[2]では日本語学習者誤用換言対データを約3000対開発した。[3]では日本語学習者アクセントの自動評定技術開発を行った。[4]ではマニュアルを一部Web公開した。学術的成果としては、6件の学術論文の発表、11件の学会発表等を行った。

リンク情報
Kaken Url
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-25580109/25580109seika.pdf