田中 公夫

J-GLOBALへ         更新日: 12/06/13 11:22
 
アバター
研究者氏名
田中 公夫
 
タナカ キミオ
URL
http//www.ies.or.jp
所属
公益財団法人環境科学技術研究所
部署
生物影響研究部
職名
部長(学部長含む),主任研究員
学位
医学博士(広島大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1978年
 - 
2000年
 広島大学原爆放射線医学研究所 助手
 
2001年
   
 
- (財)環境科学技術研究所 生物影響研究部 主任研究員
 
 
   
 
      細胞分子生物学グループリーダー
 
2009年
   
 
-    生物影響研究部 次長
 
2010年
   
 
- 生物影響研究部 部長
 

学歴

 
 
 - 
1978年
広島大学 大学院理学研究科 動物学専攻
 
 
 - 
1976年
山口大学 文理学部(理科系) 生物学
 

委員歴

 
2008年10月
 - 
現在
日本染色体学会  評議員
 
2003年
 - 
現在
日本血液学会  代議員
 
2011年
 - 
現在
日本放射線影響学会  評議委員
 
2007年
 - 
現在
日本人類遺伝学会  臨床細胞遺伝学認定士、指導士
 

Misc

 
低線量率放射線長期照射マウスの染色体異常頻度と線量・線量率効果
田中 公夫
放射線生物研究   44(3) 312-329   2009年   [依頼有り]
Sugihara T., Magae J., et al: Dose and Dose-rate effects of low-dose ionizing radiation on activation of Trp53 in immortalized murine cells
Radiation Research   vol. 162, 296-307    2004年
Tanaka H, Tanaka K., et al: Effects of interferon-α on chromosome abnormalities in treated Ph-positive chronic myelocytic leukemia patients.
Cancer Genet. Cytogenet.   Vol. 153, 133-143    2004年

書籍等出版物

 
Tanaka K, et al : RBE valves and doserate effects on the ratio of translocation to dicentrics yields in neutrons with low-energy spectrum
Elsevier International Congress Series Radiation and Homeostasis   2002年   

Works

 
セミパラチンスク核実験場被ばく者市民支援ヒロシマセミパラプロジェクト
1997年 - 2000年
放射線による白血病化機構
1996年 - 1998年
新しい遺伝子増幅機構機構
1999年 - 2000年
低線量放射線遺伝子影響調査
2001年 - 現在
生物学的線量評価手法
2003年 - 現在

競争的資金等の研究課題

 
染色体異常を用いた生物学的線量評価法
低線量率放射線被ばくと発がんリスク評価
低線量率放射線による細胞応答機構