HIRONAKA Shouji

J-GLOBAL         Last updated: Dec 10, 2018 at 19:40
 
Avatar
Name
HIRONAKA Shouji
Affiliation
Showa University
Section
School of Dentistry, Hygiene and Oral Health

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Nakano M, Wakabayashi H, Sugahara H, Odamaki T, Yamauchi K, Abe F, Xiao JZ, Murakami K, Ishikawa K, Hironaka S
Microbiology and immunology   61(10) 416-426   Oct 2017   [Refereed]
Takagi D, Watanabe Y, Edahiro A, Ohara Y, Murakami M, Murakami K, Hironaka S, Taniguchi Y, Kitamura A, Shinkai S, Hirano H
Gerodontology   34(3) 357-364   Sep 2017   [Refereed]
Morita Y, Ishikawa K, Nakano M, Wakabayashi H, Yamauchi K, Abe F, Ooka T, Hironaka S
Geriatrics & gerontology international   17(5) 714-721   May 2017   [Refereed]
Ogawa Ayano, Ishizaki Akiko, Asami Takuya, Kwon Hyosong, Fujii Kanako, Kasama Kimiko, Tanaka Akinobu, Hironaka Shouji
PEDIATRIC DENTAL JOURNAL   27(2) 85-93   Aug 2017   [Refereed]
Takagi D, Hirano H, Watanabe Y, Edahiro A, Ohara Y, Yoshida H, Kim H, Murakami K, Hironaka S
Geriatrics & gerontology international   17(3) 402-409   Mar 2017   [Refereed]

Misc

 
小児の口腔機能発達不全症について
弘中 祥司, 日本歯科医学会重点研究委員会
日本歯科衛生学会雑誌   13(1) 37-46   Aug 2018
【臨床のヒントUpdate Part II】 小児の食べる機能の発達と障害
弘中 祥司
国際歯科学士会日本部会雑誌   49(1) 31-36   Jul 2018
食べる飲み込む機能は、生後に学習して獲得する機能であり、プログラミングされた機能ではありません。したがって、食べる機能は「食べること」によってより効率よく習熟されます。ところが、食べる機能の発達には個人差が大きく、その学習過程において、「なかなか飲み込まない」とか「噛まない」という訴えは幼児期において、比較的多い訴えの一つです。また、摂食嚥下機能に関わる機能の多くは、乳幼児期に獲得されます。同時に口腔・咽頭部の形態の成長が著しい時期であり、形態的な成長変化とともに機能発達がなされるが、反対...
歯学部学生の医科病棟における多職種連携に関連するコンピテンシーの到達度 ポートフォリオの質的解析結果
片岡 竜太, 内海 明美, 安原 理佳, 弘中 祥司, 美島 健二, 佐藤 裕二, 宮崎 隆
医学教育   49(Suppl.) 163-163   Jul 2018
発達期摂食嚥下障害児(者)のための嚥下調整食分類2018
浅野 一恵, 小城 明子, 近藤 和泉, 鈴木 崇之, 曽根 翠, 藤谷 順子, 水上 美樹, 向井 美惠, 弘中 祥司, 武原 格, 口分田 政夫, 佐藤 秀夫, 田角 勝, 野本 たかと, 舟本 仁一, 日本摂食嚥下リハビリテーション学会医療検討委員会,医療検討委員会発達期嚥下調整食特別委員会
日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌   22(1) 59-73   Apr 2018
研修歯科医に対する口腔ケアセンター研修の自験割合と研修到達度に関する調査
石川 健太郎, 内海 明美, 久保田 一見, 石崎 晶子, 村上 浩史, 木村 有子, 柴田 由美, 弘中 祥司
日本歯科医学教育学会雑誌   33(3) 152-157   Dec 2017
本学では平成22年度より研修歯科医が大学附属病院において入院患者に対する口腔ケアを研修する1週間のプログラムを実施している。今回、我々は研修歯科医の口腔ケアセンター研修における自験割合を調査し、研修の到達度を評価するために、研修修了時にアンケートを実施した。対象は平成27年4月から平成29年3月の期間に昭和大学歯科病院に所属した研修歯科医のうち、口腔ケアセンター研修を履修した137名である。口腔ケアセンター研修終了後に口腔ケア手技や患者のリスクレベルにより分類した8項目について、自験割合と...