NOGUCHI Tomohiro


NOGUCHI Tomohiro

J-GLOBAL         Last updated: May 8, 2019 at 02:45
 
Avatar
Name
NOGUCHI Tomohiro
E-mail
CTNOGUad.com
Affiliation
Nihon University
Section
College of Humanities and Sciences, Department of Physical Education
Job title
Professor
Research funding number
30349948

Education

 
 
 - 
1989
体育学科, Faculty of Liberal Arts and Science (Humanities), Nihon University
 
 
 - 
Mar 2000
Training sciences, Graduate School, Division of Physical Fitness and Science, Nippon Sport Science University
 

Awards & Honors

 
Apr 2017
スポーツチャレンジ賞奨励賞, 公益財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団
 
Oct 2016
文部科学大臣顕彰, 文部科学省スポーツ庁オリンピック・パラリンピック課
 
Jun 2016
スポーツ功労者顕彰, 文部科学省スポーツ庁国際課
 
Jun 2015
スポーツ功労者顕彰, 文部科学省スポーツ庁国際課
 
Aug 2014
ジュニア競泳選手への技術指導法の検証, 日本体育学会 体育方法専門領域 優秀発表賞, 日本体育学会 体育方法専門領域
Winner: 野口智博、鈴木淳也、目黒拓也、酒井麻里子、武田篤
 

Published Papers

 
Combined Heme Iron Supplementation and Nutritional Counseling Improves Sports Anemia in Female Athletes
Megumi Matsumoto, Masahito Hagio, Miki Katsumata and Tomohiro Noguchi
Annuals of Sports medicine and Research   2(6) 1036   Jun 2015   [Refereed]
高地トレーニングは男子競泳短距離選手の競技力を高められるか
桜門体育学研究   45(2) 39-53   Mar 2011   [Refereed]
国際水泳連盟競技規則改定(水着規定の改訂)が競泳の競技力に与えた影響
Keiichi.Shinya
桜門体育学研究   45(2) 10-18   Sep 2010   [Refereed]
競泳トップレベルにおけるクロール泳者の泳動作に関する研究
Junichi.Sato Junya.Suzuki Seiji.Sugimoto Yu.Kuboki
桜門体育学研究   43(2) 36-44   Mar 2009   [Refereed]
エリート競泳選手の強化期間に摂取する飲料の違いが血液成分の変化におよぼす影響―D-リボース入りアミノ酸飲料接種とアミノ酸飲料摂取の比較―
野口智博,林田幸吉,松本和華子,吉元新,鈴木淳也,蓮沼裕二,今井愛
桜門体育学研究   第43(2) 1-9   Mar 2009   [Refereed]

Misc

 
大学スポーツ・アスリートにおけるスポーツ環境に対する満足度について
西川大輔・小山貴之・松本恵・竹又壽郎・野口智博・高橋正則・佐久間智央・小岩瑶
日本大学文理学部人文科学研究紀要   (88) 107-118   Mar 2014   [Refereed]
ロンドンパラリンピック競泳メダリストのウエイトトレーニング
野口智博
ストレングス&コンディショニングジャーナル   20(3) 2-11   Apr 2013   [Invited]

Books etc

 
鈴木 大地 (著, 編集), 藤本 秀樹 (著, 編集), 奥野 景介 (著), 加藤 健志 (著), 髙橋 淳一郎 (著), 黒滝 美音子 (著), 榎本 至 (著), 野口 智博 (著), 萩原 隆次郎 (著), 鷲見 全弘 (著), 鳥海 崇
東洋館出版社   Oct 2018   ISBN:978-4-491-03577-2
健康・スポーツ科学における運動処方としての水泳・水中運動
出村進一(監修)、佐藤進、池本幸雄、野口智博、滝瀬定文 (Part:Joint Work, 目的別運動処方の実際)
杏林書院   Sep 2016   
トップスイマーテクニック2
野口智博
ベースボールマガジン社   Nov 2015   
4泳法の教科書
野口智博
ナツメ社   Jul 2015   
水泳コーチ教本
日本水泳連盟編 (Part:Joint Work, 「競泳のトレーニング」)
大修館書店   Nov 2014   

Conference Activities & Talks

 
競泳男子平泳ぎの距離特性に関する研究 [Invited]
野口智博(日本大学文理学部) 木下海生(日本大学文理学部4年) 森重拓朗(日本大学文理学部4年) 目黒拓也(日本大学大学院) 藤井拓真(日本大学大学院)
桜門体育学会第9回大会   27 Jan 2019   桜門体育学会
Teaching methods of clothing swimming
Takuya Meguro (Graduate School of Literature and Social Sciences Nihon University) ∙ Tomohiro Noguchi (Nihon University) ∙ Shinichiro Moriyama (Tokyo Gakugei University) ∙ Junya Suzuki (Tamagawa University) ∙ Shoichi Kanazawa (Yamanashi University) ∙ Yuka Yoshida (Graduate School of Education Tokyo Gakugei Universit)
APCOCS2018   25 Oct 2018   APCOCS2018
Changes in upper body muscle activation duringSimulated form crawl stroke movement [Invited]
Dan TOMIUCHI2),Junichiro TAKAHASHI3),Yui NAGATA3) ,Takuya MEGURO2) ,Risako MITSUI2),Takuma FUJII2) ,Toru FUKUDA1) ,Tomohiro NOGUHI1)
Biomechanics and Medicine in Swimming   20 Sep 2018   Biomechanics and Medicine in Swimming
Training camp in quasi-altitude can improve highly trained Para-Swimmer’s performance. [Invited]
Tomohiro. Noguchi(Nihon University) Junya. Suzuki (Tamagawa University)Takuya. Meguro (Graduate School of Nihon University) Dan. Tomiuchi (Graduate School of Nihon University)Risako. Mitsui (Graduate School of Nihon University)Takuma. Fujii (Graduate School of Nihon University)Keiichi. Kimura(Tokyo Gas Co.)Uchu. Tomita (Graduate School of Nippon Sports Science University)
Biomechanics and Medicine in Swimming   19 Sep 2018   Biomechanics and Medicine in Swimming
パラリンピック競泳メダリストの4年間のパフォーマンスの変化から見た、ストレングストレーニングの効果
野口智博、谷川哲朗、寺田雅裕、立正伸、生田泰志
第5回NSCA国際カンファレンス   28 Jan 2017   NSCAジャパン