IWAI Tomoaki

J-GLOBAL         Last updated: Aug 2, 2019 at 02:42
 
Avatar
Name
IWAI Tomoaki
E-mail
iwaitomonifty.com
Affiliation
Nihon University
Section
College of Law, Department of Political Science and Economics
Job title
Professor
Degree
Master of Law(Keio University)
Other affiliation
Nihon University
Research funding number
10160079

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
1976
Department of Law, Faculty of Laws, Nihon University
 
 
 - 
1981
Political Science, Graduate School, Division of Law, Keio University
 

Committee Memberships

 
2000
 - 
2002
Japan political Science Association  Boad
 
1998
 - 
2000
Japan Elction Studies Association  Boad
 

Published Papers

 
憲法の制度的枠組みが生産性に与える効果に関する研究
政経研究   48(3) 1-75   Dec 2012   [Refereed]
退陣後も状況は変わらない-菅政権の1年は何だったか
改革者   2011年(8月号) 28-31   Aug 2011
菅おろしと大連立の無責任
週間エコノミスト   2011年(06月28日) 82-84   Jun 2011
一国平和・繁栄ボケのツケに翻弄される日本
週間エコノミスト   2010年(12月14日号) 39-40   Dec 2010
問われた首相としての資質と強すぎる参議院の影響力
週間エコノミスト   2010年(6月10日号) 11-12   Jun 2010

Misc

 
自民党農林族はどこへいった
岩井奉信
中央公論   2014(03) 82-87   Feb 2014   [Invited]
参議院選挙制度の改革
岩井奉信
Voters   (17) 12-13   Dec 2013   [Invited]
二院制が民主主義の質と経済的パフォーマンスに与える影響に関する研究
坂井吉良ほか
政経研究   50(01) 287-312   Jun 2013   [Refereed]

Books etc

 
国家をめぐるガバナンス論の現在
秋山和宏・岩崎正洋編 (Part:Joint Work, 政権交代と利益誘導政治(19-42頁))
勁草書房   Aug 2012   
現代地方自治の課題
学陽書房   Aug 2011   
世襲政治家交代
ほんの木   Feb 2010   
週刊エコノミスト臨時増刊日本の進路
毎日新聞社   Dec 2006   
現代日本政党史録:第4巻:五五年体制後期の政党政治
北村公彦ほか (Part:Joint Work)
第一法規   Dec 2003   

Conference Activities & Talks

 
いま、地方議会を問う [Invited]
岩井奉信
関西地区マスコミ倫理懇談会   19 Jan 2015   関西地区マスコミ倫理懇談会
政権交代と利益誘導
日本政治学会研究大会   8 Oct 2011   日本政治学会
日本経団連政治献金再開の経緯と論理
日本選挙学会   16 May 2004   
拡大連座制適用と選挙運動への影響
日本選挙学会   May 1999   
Political Reforms in Contemporary Japan
International Political Association   Aug 1994