加藤 徳剛

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/18 02:50
 
アバター
研究者氏名
加藤 徳剛
URL
http://www.isc.meiji.ac.jp/~nkato/
所属
明治大学
部署
理工学部
職名
専任教授

研究分野

 
 

委員歴

 
2006年
 - 
2006年
SPring-8利用懇談会 バイオ・ソフトマターソフト分野  広報
 

論文

 
Optical second harmonic generation microscopy: application to the sensitive detection of cell membrane damage.
Biophysical Reviews   11(3) 399-408   2019年5月   [査読有り]
Cellular internalization of polycation-coated microparticles and its dependence on their zeta-potential.
Noritaka Kato, Ryosuke Kondo
Japanese Journal of Applied Physics   57 03EK03   2018年1月   [査読有り]
DNA multilayer film for loading and release of DNA oligomer.
Yumi Kamimura, Noritaka Kato
MATEC Web of Conferences   98 02001   2017年2月   [査読有り]
Mesoporous silica hollow capsules embedded with magnetic nanoparticles.
Shougo Yoshikawa, Noritaka Kato
MATEC Web of Conferences   98 05001   2017年2月   [査読有り]
Polyelectrolyte/carbon nanotube composite microcapsules and drug release triggered by laser irradiation.
Haruyuki Saito, Noritaka Kato
Japanese Journal of Applied Physics   55 03DF06   2016年3月   [査読有り]

Misc

 
Molecular Arrangement in an Organic Dye Monolayer at the Air-Water Interface and Energy Level of its Visible Absorption Band.
Noritaka Kato, Kazuya Yuasa, Yoshiaki Uesu
SPring-8 Research Frontiers   2005 84-85   2006年8月
The thermochromic phase transition of two-dimensional organic-dye crystallites on the aqueous subphase.
Noritaka Kato, Yoshiaki Uesu
Institute of Physics, Journal of Physics: Conference Series   31 195-196   2006年
見出し「有機色素分子の結晶構造 「色」との関係明らかに 早大などX線解析」
日刊工業新聞 掲載面:科学技術
   2005年4月
見出し「結晶構造と色変化を定量化 有機光デバイス開発指針に 早大など研究グループ成功」
週間科学新聞 第3043号(1)
   2005年4月
見出し「色変化の仕組み解明 早大 結晶構造の違いに着目」
日経産業新聞 掲載面:先端技術
   2005年4月

書籍等出版物

 
Investugation of the two-dimensional polar molecular assembly using multipurpose nonlinear optical microscope
Noritaka Kato, Kentaro Saito, Toshinori Serata, Hiroaki Aida, Yoshiaki Uesu (担当:共著)
The Stefan university press Series on Frontiers in Science and Technology, La Jolla CA, Ferroelectrics, Edited by V. Stefan   2002年6月   
Relationship between the reconstituted vesicle size and the transmembrane protein to lipid ratio.
Noritaka Kato, Shunsuke Kimura, Takanori Sasaki (担当:共著)
2014年2月   

講演・口頭発表等

 
有機分子超薄膜の構造変化Ⅰ
加藤徳剛、可児淳一、高刀秀雄、上江洲由晃
日本物理学会「第51回年次大会石川県(金沢大学)」   1996年4月   
AFM studies of self-pattern formation in mixed monolayer of polar and nonpolar organic molecules
9th International Meeting on Ferroelectricity   1997年8月   
メロシアニン/アラキジン酸混合LB膜の相分離
加藤徳剛、会田祐明、上江洲由晃
応用物理学会「第58回応用物理学会学術講演会秋田県(秋田大学)」   1997年10月   
極性分子/非極性分子混合LB膜のAFM観察
加藤徳剛、会田祐明、上江洲由晃
日本物理学会「1997年秋の分科会兵庫県(神戸大学)」   1997年10月   
Seif-ordering of polar merocyanine dye molecules in Langmuir-Blodgett films
1998年3月   

競争的資金等の研究課題

 
微粒子が細胞膜に与える影響と微粒子の細胞内移行の関係
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 現在
色素会合体/金属微粒子複合化による生体材料標識用高効率2光子励起蛍光材料の作製
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月
放射光を用いた有機色素J会合体の構造相転移の観察と非線形光学素子への応用
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月
機能性有機色素会合体の光物性の実験的・理論的研究
実吉奨学会: 
研究期間: 2004年4月 - 2005年3月
カプセル化された有機微結晶の薄膜形成及び光デバイスとバイオセンサーへの応用
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2003年4月 - 2004年3月