河原 正浩

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/21 07:43
 
アバター
研究者氏名
河原 正浩
 
カワハラ マサヒロ
URL
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/kawahara/
所属
東京大学
部署
大学院工学系研究科
職名
准教授
学位
博士(工学)(東京大学)

経歴

 
2018年1月
 - 
現在
東京大学大学院工学系研究科 バイオエンジニアリング専攻 准教授
 
2015年4月
 - 
2017年12月
東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻 准教授
 
2008年8月
 - 
2015年3月
東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻 講師
 
2007年4月
 - 
2008年8月
東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻 助教
 
2006年4月
 - 
2008年3月
マサチューセッツ大学医学部 病理学科 日本学術振興会海外特別研究員
 
2002年4月
 - 
2007年3月
東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻 助手
 
2001年4月
 - 
2002年3月
日本学術振興会特別研究員 (DC2)
 

学歴

 
 
 - 
2002年3月
東京大学 大学院工学系研究科 化学生命工学専攻 博士課程修了
 
 
 - 
1999年3月
東京大学 大学院工学系研究科 化学生命工学専攻 修士課程修了
 
 
 - 
1997年3月
東京大学 工学部 化学生命工学科卒業
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本生物工学会次世代アニマルセルインダストリー研究部会  代表
 
2018年4月
 - 
現在
日本生物工学会バイオ計測サイエンス研究部会  委員
 
2015年6月
 - 
現在
J. Biosci. Bioeng.,  Editorial Board Member
 
2015年6月
 - 
現在
Sci. Rep.,  Editorial Board Member
 
2008年4月
 - 
現在
化学工学会バイオ部会  幹事
 
2011年4月
 - 
2018年3月
日本生物工学会セルプロセッシング計測評価研究部会  幹事長
 
2017年
 - 
2017年
第69回日本生物工学会大会  トピックス委員
 
2016年
 - 
2016年
生物工学若手研究者の集い(若手会)夏のセミナー2016  実行委員長
 
2011年4月
 - 
2013年3月
化学工学誌  編集委員
 
2010年4月
 - 
2013年3月
「バイオサイエンスとインダストリー」誌  トピックス委員
 
2012年
 - 
2012年
化学工学会第77年会  プログラム委員
 
2011年1月
 - 
2011年12月
生物工学会誌  バイオミディア委員
 
2009年4月
 - 
2011年3月
日本生物工学会セルプロセッシング計測評価研究部会  幹事
 
2009年
 - 
2009年
Asia Pacific Biochemical Engineering Conference ’09 (APBioChEC’09)  庶務幹事
 
2008年
 - 
2008年
Young Asian Biochemical Engineer’s Community 2008 (YABEC2008)  実行委員
 
2004年
 - 
2004年
Young Asian Biochemical Engineer’s Community 2004 (YABEC2004)  実行委員
 
2003年
 - 
2003年
化学工学会第68年会  実行委員
 

受賞

 
2018年3月
化学工学会 部会活動功労賞(部会CT賞) 「バイオ部会における企画・活動に関する顕著な貢献」
 
2016年12月
平成28年度 東京大学工学部Best Teaching Award
 
2016年9月
日本生物工学会 第39回生物工学奨励賞(照井賞) 「キメラ受容体による細胞運命制御系の構築とライブラリー選択への応用」
 
2010年2月
Biotechnology and Bioengineering誌 2009年 Top 50 Reviewers
 
2009年3月
化学工学会 平成20年度研究奨励賞 「受容体の工学的改変による細胞機能の制御技術の開発」
 
2008年10月
化学素材研究開発振興財団記念基金グラント研究奨励金(2008年度) 「動物細胞での増殖活性を指標とした抗体選択システムの開発」
 
2002年10月
財団法人内藤記念科学振興財団 第31回内藤記念特定研究助成金「遺伝子導入幹細胞の選択的増幅法」
 

論文

 
Nguyen TD, Nagamune T, Kawahara M
Biotechnology journal      2018年9月   [査読有り]
Ishizuka S, Lai CY, Otsu M, Nakauchi H, Nagamune T, Kawahara M
ACS synthetic biology   7(7) 1709-1714   2018年7月   [査読有り]
Saka K, Lai CY, Nojima M, Kawahara M, Otsu M, Nakauchi H, Nagamune T
Stem cell reviews and reports   14(1) 101-109   2018年2月   [査読有り]
Nakabayashi H, Kawahara M, Nagamune T
Biotechnology journal   12(12)    2017年12月   [査読有り]
Izuta S, Yamaguchi S, Misawa R, Yamahira S, Tan M, Kawahara M, Suzuki T, Takagi T, Sato K, Nakamura M, Nagamune T, Okamoto A
Scientific reports   7(1) 14962   2017年11月   [査読有り]
Nguyen TD, Takasuka H, Kaku Y, Inoue S, Nagamune T, Kawahara M
Journal of bioscience and bioengineering   124(1) 125-132   2017年7月   [査読有り]
Kashima D, Kawade R, Nagamune T, Kawahara M
Analytical chemistry   89(9) 4824-4830   2017年5月   [査読有り]
Nakabayashi H, Aoyama S, Kawahara M, Nagamune T
Journal of bioscience and bioengineering   122(3) 357-363   2016年9月   [査読有り]
Miura T, Nagamune T, Kawahara M
Biotechnology and bioengineering   113(5) 1113-1123   2016年5月   [査読有り]
Lee S, Kaku Y, Inoue S, Nagamune T, Kawahara M
Biotechnology journal   11(4) 565-573   2016年3月   [査読有り]
Honda S, Nagamune T, Kawahara M
Journal of bioscience and bioengineering   120(2) 223-230   2015年8月   [査読有り]
Yoshida R, Kawahara M, Nagamune T
Journal of biochemistry   157(6) 497-506   2015年6月   [査読有り]
Yamahira S, Yamaguchi S, Kawahara M, Nagamune T
Macromolecular bioscience   14 1670-1676   2014年12月   [査読有り]
Ma Y, Nagamune T, Kawahara M
Biochemical Engineering Journal   90 272-278   2014年9月   [査読有り]
Mabe S, Nagamune T, Kawahara M
Scientific reports   4 6127   2014年8月   [査読有り]
Kawahara M, Hitomi A, Nagamune T
Biotechnology journal   9 954-961   2014年7月   [査読有り]
Sun B, Kawahara M, Nagamune T
Cancer medicine   3 710-718   2014年6月   [査読有り]
Yoshida R, Kawahara M, Nagamune T
Biotechnology and bioengineering   111 1170-1179   2014年6月   [査読有り]
Saka K, Kawahara M, Nagamune T
Biotechnology and bioengineering   111 948-955   2014年5月   [査読有り]
Sun B, Kawahara M, Ehata S, Nagamune T
Cellular signalling   26 1863-1869   2014年4月   [査読有り]
Kawahara M, Hitomi A, Nagamune T
Biotechnology progress   30 411-417   2014年3月   [査読有り]
Nakabayashi H, Kawahara M, Tanaka K, Nagamune T
Cytotechnology   65 945-953   2013年12月   [査読有り]
Saka K, Kawahara M, Teng J, Otsu M, Nakauchi H, Nagamune T
Journal of biotechnology   168 659-665   2013年12月   [査読有り]
Saka K, Kawahara M, Nagamune T
Biotechnology and bioengineering   110 3197-3204   2013年12月   [査読有り]
Tone Y, Kawahara M, Hayashi J, Nagamune T
Biotechnology and bioengineering   110 3219-3226   2013年12月   [査読有り]
Ogawa K, Kawahara M, Nagamune T
Biotechnology progress   29 1512-1518   2013年11月   [査読有り]
Tone Y, Kawahara M, Kawaguchi D, Ueda H, Nagamune T
Human gene therapy methods   24 141-150   2013年6月   [査読有り]
Inagaki T, Yoshimi T, Kobayashi S, Kawahara M, Nagamune T
Journal of bioscience and bioengineering   115(3) 339-345   2013年3月   [査読有り]
Saka K, Kawahara M, Ueda H, Nagamune T
Biotechnology and bioengineering   109 1528-1537   2012年6月   [査読有り]
Kaneko E, Kawahara M, Ueda H, Nagamune T
Journal of bioscience and bioengineering   113 641-646   2012年5月   [査読有り]
Kawahara M, Nagamune T
Current Opinion in Chemical Engineering   1(4) 411-417   2012年   [査読有り]
Kawahara M, Chen J, Sogo T, Teng J, Otsu M, Onodera M, Nakauchi H, Ueda H, Nagamune T
Cytokine   55(3) 402-408   2011年9月   [査読有り]
KAWAHARA Masahiro, UEDA Hiroshi, NAGAMUNE Teruyuki
Biochemical engineering journal   48(3) 283-294   2010年2月   [査読有り]
Inagaki T, Kawahara M, Nagamune T
European Cells and Materials   20(SUPPL.3)    2010年   [査読有り]
Kawahara M, York IA, Hearn A, Farfan D, Rock KL
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   183(10) 6069-6077   2009年11月   [査読有り]
Tanaka K, Kawahara M, Ueda H, Nagamune T
Biotechnology progress   25(4) 1138-1145   2009年7月   [査読有り]
Liu W, Kawahara M, Ueda H, Nagamune T
Journal of biochemistry   145(5) 575-584   2009年5月   [査読有り]
Sogo T, Kawahara M, Ueda H, Otsu M, Onodera M, Nakauchi H, Nagamune T
Cytokine   46(1) 127-136   2009年4月   [査読有り]
Liu W, Kawahara M, Ueda H, Nagamune T
Biotechnology and bioengineering   101(5) 975-984   2008年12月   [査読有り]
Sogo T, Kawahara M, Tsumoto K, Kumagai I, Ueda H, Nagamune T
Journal of immunological methods   337(1) 16-23   2008年8月   [査読有り]
Kawahara M, Shimo Y, Sogo T, Hitomi A, Ueda H, Nagamune T
Journal of biotechnology   133(1) 154-161   2008年1月   [査読有り]
Kawahara M, Ueda H, Tsumoto K, Kumagai I, Nagamune T
Journal of biochemistry   141(4) 563-571   2007年4月   [査読有り]
Kawahara M, Inoue T, Ren X, Sogo T, Yamada H, Katoh M, Ueda H, Oshimura M, Nagamune T
Biochimica et biophysica acta   1770 206-212   2007年2月   [査読有り]
Kawahara M, Ogo Y, Tsumoto K, Kumagai I, Ueda H, Nagamune T
Cytotechnology   52(3) 171-179   2006年11月   [査読有り]
Yamada H, Kunisato A, Kawahara M, Tahimic CG, Ren X, Ueda H, Nagamune T, Katoh M, Inoue T, Nishikawa M, Oshimura M
Journal of human genetics   51(2) 147-150   2006年   [査読有り]
Pihkala P, Kawahara M, Ueda H, Nagamune T
Biochemical and biophysical research communications   324(4) 1165-1172   2004年11月   [査読有り]
Kawahara M, Ogo Y, Ueda H, Nagamune T
Protein engineering, design & selection : PEDS   17(10) 715-719   2004年10月   [査読有り]
Kawahara M, Ishii S, Tsumoto K, Kumagai I, Ueda H, Nagamune T
Biochemical pharmacology   68 539-548   2004年8月   [査読有り]
Kawahara M, Kimura H, Ueda H, Nagamune T
Biochemical and biophysical research communications   315(1) 132-138   2004年2月   [査読有り]
Kawahara M, Ueda H, Tsumoto K, Kumagai I, Nagamune T
Journal of Immunological Methods   284(1-2) 187-194   2004年   [査読有り]
Kaneko E, Kawahara M, Tsumoto K, Kumagai I, Ueda H, Nagamune T
Journal of Chemical Engineering of Japan   37(10) 1259-1264   2004年   [査読有り]
Kawahara M, Ueda H, Morita S, Tsumoto K, Kumagai I, Nagamune T
Nucleic acids research   31(7)    2003年   [査読有り]
Kawahara M, Ueda H, Tsumoto K, Kumagai I, Mahoney W, Nagamune T
Journal of Bioscience and Bioengineering   93(4) 399-404   2002年   [査読有り]
Kawahara M, Ueda H, Tsumoto K, Kumagai I, Mahoney W, Nagamune T
ACS Symposium Series   830 140-152   2002年   [査読有り]
Kawahara M, Natsume A, Terada S, Kato K, Tsumoto K, Kumagai I, Miki M, Mahoney W, Ueda H, Nagamune T
Biotechnology and Bioengineering   74(5) 416-423   2001年   [査読有り]
Kawahara M, Ueda H, Tsumoto K, Kumagai I, Mahoney W, Nagamune T
Journal of Biochemistry   130(2) 305-312   2001年   [査読有り]
Ueda H, Kawahara M, Aburatani T, Tsumoto K, Todokoro K, Suzuki E, Nishimura H, Schueler P.A, Winter G, Mahoney W.C, Kumagai I, Nagamune T
Journal of Immunological Methods   241(1-2) 159-170   2000年   [査読有り]

書籍等出版物

 
細胞応答シグナルの自在な制御を可能にする受容体改変技術
河原正浩
化学工学 82(5), 287 (2018).   
Chemical reaction engineering methodologies for biomedical imaging analysis
Kawahara M
Biomedical Engineering Challenges: A Chemical Engineering Insight (Piemonte, V. et al., Ed.), Wiley, Chapter 7, 119-144 (2018). doi: 10.1002/9781119296034.ch7   
キメラ受容体による細胞運命制御系の構築とライブラリー選択への応用
河原正浩
生物工学会誌 95, 127-135 (2017).   
2017 KSBB春季大会に参加して
河原正浩
生物工学会誌 95(5), 303 (2017).   
人獣共通感染症の機構解明と防除のための基盤技術の開発
河原正浩
JATAFFジャーナル 4(7), 58 (2016).   
細胞内シグナル伝達を操る:再生医療・創薬への応用を目指して
河原正浩
生物工学会誌 94, 535-538 (2016).   
生物工学若手研究者の集い 夏のセミナー2016顛末記
河原正浩
生物工学会誌 94(9), 582-583 (2016).   
特集『産業応用を指向した細胞の操作・計測技術』特集によせて
境 慎司, 河原正浩
生物工学会誌 94(9), 530 (2016).   
造血幹細胞の増幅を指向したキメラ受容体の構築
河原正浩, 長棟輝行
『三次元ティッシュエンジニアリング最前線』, エヌ・ティー・エス社, pp. 95-101 (2015).   
書評:生命システム工学 進化分子工学から進化生命工学へ
河原正浩
バイオサイエンスとインダストリー 71(3), 297 (2013).   
生体における「危険信号」
河原正浩
生物工学会誌 89(1), 28 (2011).   
四半世紀後の化学工学
河原正浩
化学工学 75(13) (創立75周年記念増刊号), 228 (2011).   
子育てと感染症
河原正浩
バイオサイエンスとインダストリー 69(4), 314 (2011).   
Growth control of mammalian cells via a human artificial chromosome harboring a chimeric receptor
Kawahara M, Inoue T, Ren X, Sogo T, Yamada H, Katoh M, Ueda H, Oshimura M, Nagamune T
Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects (Kamihira, M. et al., Ed.), 16, Springer, 253-258 (2010). DOI: 10.1007/978-90-481-3892-0_41   
The characteristic of chimeric receptors based on erythropoietin receptor
Liu W, Kawahara M, Ueda H, Nagamune T
Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects (Kamihira, M. et al., Ed.), 16, Springer, 265-270 (2010). doi: 10.1007/978-90-481-3892-0_43   
幹細胞工学による再生医療の進展
河原正浩, 上田 宏, 長棟輝行
バイオ部会ニュースレター(化学工学会バイオ部会) 22, 5-7 (2009).   
Construction of a fluorescein-responsive chimeric receptor with strict ligand dependency and analysis of the role of erythropoietin receptor domains in signal transduction
Liu W, Kawahara M, Ueda H, Nagamune T
Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects (Ikura, K. et al., Ed.), 15, Springer, 187-193 (2009). doi: 10.1007/978-1-4020-9646-4_30   
Promoting non-hematopoietic cell proliferation by chimeric receptors
Tanaka K, Kawahara M, Ueda H, Nagamune T
Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects (Ikura, K. et al., Ed.), 15, Springer, 87-93 (2009). doi: 10.1007/978-1-4020-9646-4_14   
Selective expansion of genetically modified T cells using a chimeric IL-2 receptor for cancer therapy
Sogo T, Kawahara M, Ueda H, Nagamune T
Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects (Ikura, K. et al., Ed.), 15, Springer, 11-18 (2009). doi: 10.1007/978-1-4020-9646-4_2   
工学研究者が覗いた米国医学部の研究
河原正浩
生物工学会誌 87(5), 258 (2009).   
マサチューセッツ大学留学体験記
河原正浩
生命化学研究レター(日本化学会生命化学研究会)26, 42-45 (2008).   
膜タンパク質の改変による細胞応答の制御
河原正浩,十河孝浩,上田宏,長棟輝行
高分子 56, 828-830 (2007).   
動物細胞での抗体選択・生産一貫システムの開発
河原 正浩、上田 宏、長棟 輝行
抗体医薬の最前線 pp. 26-34,CMC出版(東京)(2007).   
細胞表面受容体工学の最近の進歩
上田宏, 河原正浩, 長棟輝行
バイオサイエンスとインダストリー 64, 82-87 (2006).   
抗体-受容体キメラによる遺伝子導入細胞のポジティブ選択法
河原正浩, 上田宏, 長棟輝行
実験医学 22, 871-875 (2004).   
キメラ受容体を用いた抗体産生細胞の安価な増殖促進
河原正浩, 上田宏, 長棟輝行
バイオインダストリー, 21(11), 63-68 (2004).   
Cell proliferation switch responsive to fluorescein dimer
Kimura H, Kawahara M, Tomlinson IM, Ueda H, Nagamune T
Animal Cell Technology: Basic & Applied Aspects (Yagasaki, K., Ed.), 13, Kluwer Academic Publishers, Dordrecht, 335-339 (2004). doi: 10.1007/978-94-017-0726-8_58   
抗体を用いた受容体のエンジニアリング−効果的な細胞医療を目指して−
河原 正浩、上田 宏、長棟 輝行
抗体エンジニアリングの最前線. 植田充美監修, シーエムシー出版(東京), 37-47 (2004).   
Lysozyme-dependent proliferation switch: hematopoietic and hybridoma cell growth control with the use of antibody/gp130 chimera
Kawahara M, Natsume A, Terada S, Kato K, Tsumoto K, Kumagai I, Miki M, Mahoney W, Ueda H, Nagamune T
Animal cell technology for creation of new era (JAACT 2000), Kluwer Academic Publishers, Dordrecht, 337-341 (2002). doi: 10.1007/978-94-017-0728-2_60   
Antigen-mediated genetically modified cell amplification
Kawahara M, Ueda H, Tsumoto K, Kumagai I, Mahoney W, Nagamune T
ACS SYMPOSIUM SERIES 830 (Biological System Engineering), 140-152 (2002). doi: 10.1021/bk-2002-0830.ch011   
無血清・低血清培地で増殖する動物細胞の創出
河原正浩, 上田宏, 長棟輝行
バイオサイエンスとインダストリー, 59, 35-36 (2001).   
抗原に応答する抗体−サイトカインキメラレセプター
長棟 輝行、上田 宏、河原 正浩、油谷隆秀
バイオミメティックスハンドブック(Osada, Y., Ed.), NTS, Tokyo, 332-337 (2000).   
細胞表層工学を用いた動物細胞の育種
長棟 輝行,河原 正浩,油谷隆秀,上田 宏
生物工学会誌, 77, 510-513 (1999).   
Monovalent antigen activates antibody/cytokine receptor chimera and controls hematopoietic cell growth
Kawahara M, Ueda H, Tsumoto K, Todokoro K, Mahoney W, Kumagai I, Nagamune T
Animal Cell Technology: Challenges for the 21st Century(JAACT/ESACT) (Sasaki, R., Ed.), Kluwer Academic Publishers, Dordrecht, 255-259 (1999). doi: 10.1007/0-306-46869-7_45   

その他

 
2018年9月
第70回日本生物工学会大会シンポジウム「工学が見出すエッセンシャル細胞培養~動物細胞培養の根本に工学はどう立ち向かうか~」オーガナイザー:河原正浩(東京大学)・加藤竜司(名古屋大学)・児島 宏之(味の素),関西大学千里山キャンパス, 2018.9.7.
2017年6月
第17回日本蛋白質科学会年会ワークショップ「Bottom-up design of functional artificial proteins in vitro and in vivo」オーガナイザー:新井亮一(信州大学)・河原正浩(東京大学), 仙台国際センター, 2017.6.20.
2016年9月
第68回日本生物工学会大会シンポジウム 「遺伝子改変技術によるセルエンジニアリングの革新:産業応用に向けて」 オーガナイザー: 河邉佳典(九州大学)・河原正浩(東京大学), 富山国際会議場-ANA クラウンプラザホテル富山, 2016.9.28.
2016年9月
第89回日本生化学会大会 フォーラム 「デザイナーペプチド・蛋白質が創成する新しい生化学」 オーガナイザー: 河原正浩(東京大学)・今中洋行(岡山大学), 仙台国際センター/東北大学川内北キャンパス, 2016.9.26.
2015年12月
BMB2015(第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会 合同大会)ワークショップ 「産業応用を指向した細胞の操作・計測技術の最先端」 オーガナイザー: 藤田聡史(産業技術総合研究所)・河原正浩(東京大学), 神戸ポートアイランド, 2015.12.4.
2012年7月
日本生物工学会セルプロセッシング計測評価研究部会主催 「第4回 若手研究シンポジウム ~細胞の組織化と機能評価技術~」 オーガナイザー: 藤田聡史(産業技術総合研究所)・河原正浩(東京大学), モンタナリゾート岩沼, 2012.7.1.
2012年3月
日本生物工学会セルプロセッシング計測評価研究部会主催 「第2回先端技術ワークショップ」 オーガナイザー: 宮本義孝(国立成育医療研究センター)・河原正浩(東京大学), 東京大学本郷キャンパス, 2012.3.15.
2011年9月
日本生物工学会セルプロセッシング計測評価研究部会主催 「第1回先端技術ワークショップ」 オーガナイザー: 河原正浩(東京大学)他部会幹事一同, 東京大学本郷キャンパス, 2011.9.26.
2010年10月
第62回日本生物工学会大会 「セルプロセッシング計測評価研究部会 優秀学生発表賞」 オーガナイザー: 井藤彰(九州大学)・河原正浩(東京大学), 宮崎シーガイア, 2010.10.28–29.
2010年9月
化学工学会第42回秋季大会 「バイオ部会ポスターセッション」 オーガナイザー: 河原正浩(東京大学)、今中洋行(岡山大学)、安部道玄(東京工業大学), 同志社大学今出川キャンパス, 2010.9.6.
2009年11月
日本生物工学会セルプロセッシング計測評価研究部会主催 「第1回 若手研究シンポジウム ~次世代を担う生物工学技術~」 オーガナイザー: 河原正浩(東京大学)・加藤竜司(名古屋大学), 神戸国際会議場, 2009.11.26.