谷本 奈穂

J-GLOBALへ         更新日: 14/10/24 02:59
 
アバター
研究者氏名
谷本 奈穂
 
タニモト ナホ
所属
関西大学
部署
総合情報学科 総合情報学部 総合情報学科
職名
教授

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
   
 
大阪大学 人間科学研究科 社会学
 
 
   
 
大阪大学 人間科学部 人間科学科
 

論文

 
ポピュラー音楽の歌詞における携帯電話の意味
谷本奈穂
青弓社   『恋愛ドラマとケータイ』191−222    2014年1月
2014/1/22
ミドルエイジ女性向け雑誌における身体の「老化」イメージ
谷本奈穂
マス・コミュニケーション研究      2013年7月
2013/7/31
化粧広告と美容雑誌に於ける科学——1980年代以降を中心に
谷本奈穂
世界思想社・『科学化する日常の社会学』      2013年4月
2013/4/30
化粧品のミュージアム——その困難と可能性——
谷本奈穂
ミネルヴァ書房・『ポピュラー文化ミュージアム』      2013年3月
2013/3/30
フランスにおける日本アニメの受容——二層化するリテラシー
谷本奈穂 東園子 猪俣紀子 増田のぞみ 山中千恵
情報研究      2013年
2013/

書籍等出版物

 
社会学からひもとく美容整形と美容医療
独立行政法人国民生活センター、『国民生活』   2014年   
「表象の枠組みの連動」確認
産経新聞社・産経新聞   2010年   
博覧の世紀——消費/ナショナリティ/メディア
梓出版社   2009年   
メディア文化を社会学する——歴史・ジェンダー・ナショナリティ
世界思想社   2009年   
恋愛の社会学――「遊び」とロマンティック・ラブの変容
青弓社   2008年   

講演・口頭発表等

 
女の子文化・身体・メディア
マスコミ学会マルチメディア部会第33期第10回研究会   2013年   
美容意識に関する一考察:美容整形を中心に
日本心理学会 よそおい・しぐさ研究会   2013年   
美容整形・美容医療に対する意識分析
家政学会被服心理部会30周年記念夏季セミナー   2013年   
女性雑誌の変遷と作り出される女性像
寝屋川市男女共同参画推進センター   2013年   
Cosmetic Surgery and Cosmetic Medical Care in Contemporary Japan
London Asia Pacific Cultural Studies Forum   2013年   

Works

 
Le « cadre des histoires » dans les séries télévisées d’animation japonaise de 1966 à 2006
その他   2012年
池田理代子トークショーのインタビュアー
その他   2011年
美容と科学
その他   2009年
中高年の美容研究
その他   2008年
痛みを乗り越えて
その他   2008年

競争的資金等の研究課題

 
恋愛論・美容整形調査・ポピュラーカルチャー論
(選択しない)