谷本 奈穂

おとなりの研究者
削除

谷本 奈穂

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/03 03:26
 
アバター
研究者氏名
谷本 奈穂
 
タニモト ナホ
所属
関西大学
部署
総合情報学部総合情報学科
職名
教授
学位
博士(人間科学)
科研費研究者番号
90351494

研究キーワード

 
 

学歴

 
 
   
 
大阪大学 人間科学部 人間科学科
 
 
   
 
大阪大学 人間科学研究科 社会学
 

委員歴

 
2004年
 - 
2006年
学会賞委員会 幹事
 
2013年4月
   
 
社会学評論専門員
 
2011年7月
   
 
マルチメディア研究部会幹事
 
2013年4月
   
 
企画委員
 
2010年
 - 
2013年
学会誌専門委員
 

論文

 
現代的恋愛の諸相―雑誌の言説における社会的物語―
谷本 奈穂;
日本社会学会・『社会学評論』   49巻2号116-131頁    1998年9月
人気マンガの魅力の構造
谷本 奈穂;
日本マス・コミュニケーション学会、マス・コミュニケーション研究   51号168-181頁    1997年7月
視覚社会における見ることの経験
谷本 奈穂;
大阪大学人間科学研究科『人間科学研究』   3号163-181頁    2001年12月
遊び、生の未決定性を快楽にする形式
谷本 奈穂;
大阪大学人間科学部『年報人間科学』   20号439-457頁    1999年3月
化粧品広告における身体の<イメージ>―美の問題を中心に―
谷本 奈穂;
大阪大学(博士論文)      2001年3月

Misc

 
曖昧な関係・遊びの関係
谷本 奈穂;
マスコミフォーラム      1998年11月
化粧品広告の身体像に関する一考察
谷本 奈穂;
マスコミフォーラム      2001年3月
恋愛における別れの理由
谷本 奈穂;
筑摩書房http://www.chikumashobo.co.jp/new_chikuma/yamada/151index.html      2006年4月
女性は強いのか?
谷本 奈穂;
筑摩書房http://www.chikumashobo.co.jp/new_chikuma/yamada/151index.html      2006年4月
中高年の美容研究
谷本 奈穂;
出版ニュース   2008年12月号    2008年

書籍等出版物

 
恋愛の社会学――「遊び」とロマンティック・ラブの変容
谷本 奈穂;
青弓社   2008年4月   
適度に曖昧な距離感と関係性を楽しみながら、サプライズでお互いにさりげなく盛り上げ、結論を先送りして二人だけの世界で恋愛する若者たち。雑誌にあふれる恋愛記事を数量的に分析し、若者たちへのアンケートを緻密に読み解きながら、「物語」「遊戯性」「関係の不確かさ」「消費」などの視点からロマンティック・ラブの変容と「遊びとしての恋愛」という性質を照らし出す
美容整形と化粧の社会学――プラスティックな身体
谷本 奈穂;
新曜社   2008年7月   
かつては忌むべきものと見なされた美容整形も、いまや現代人の積極的な関心事の一つとなった。そこで第一部では、整形の意識をアンケート調査やインタビューで調べた。そこでの意外な事実と発見が、第二部の、化粧品広告(明治から平成まで)の分析にみる身体観の変容と呼応し、従来の意味づけを超えた新たな現代的アイデンティティを抽出した。
美容整形というコミュニケーション――社会規範と自己満足を超えて
谷本 奈穂
花伝社   2018年6月   
博覧の世紀——消費/ナショナリティ/メディア
谷本奈穂;福間良明;難波功士; (担当:共訳)
梓出版社   2009年7月   
メディア文化を社会学する——歴史・ジェンダー・ナショナリティ
谷本奈穂;高井昌吏; (担当:共訳)
世界思想社   2009年12月   

講演・口頭発表等

 
雑誌記事における恋愛のディスクール
谷本 奈穂;
関西社会学会(第47回大会)   1996年5月26日   
若者が読む雑誌の言説について
谷本 奈穂;
日本教育学会(第55回大会)   1996年8月28日   
日常のメディア使用に関する実験的エスノグラフィーの試み
谷本 奈穂;小田原敏;西田晃一;岡田朋之;門部昌志;
日本社会学会(第69回大会)   1996年11月23日   
若者向け雑誌の恋愛言説における人間の関係性
谷本 奈穂;
日本社会学会(第71回大会)   1998年11月23日   
広告における視覚的なものの考察
谷本 奈穂;
日本マス・コミュニケーション学会(2001年度春期)   2001年6月3日   

競争的資金等の研究課題

 
離婚急増化社会における夫婦関係(文部科学省科学研究費補助金・基盤研究) 研究分担者
研究期間: 2003年 - 2005年
美的整形を通じた身体観の変容に関する実証的研究(文部科学省科学研究費補助金・若手研究(B)) 研究代表者
研究期間: 2005年 - 2007年
フィットネス・クラブにおけるジェンダーアイデンティティ構築様式の変容について(文部科学省科学研究費補助金・基盤研究(C)) 研究分担者
研究期間: 2005年 - 2006年
地方博覧会の文化史的研究(文部科学省科学研究費補助金・基盤研究(C)) 研究分担者
研究期間: 2005年 - 2007年
家族の個人化の進展とその社会的影響に関する実証研究(文部科学省科学研究費補助金・基盤研究(B) 研究分担者
研究期間: 2006年 - 2008年

社会貢献活動

 
専門社会調査士
【】  2005年10月1日
京都精華大学全学研究センター客員研究員
【】  2009年5月1日 - 2010年3月31日
(財)ひょうご震災記念21世紀研究機構査読専門委員
【】  2008年 - 2009年