柿沼 義孝

J-GLOBALへ         更新日: 11/01/20 00:00
 
アバター
研究者氏名
柿沼 義孝
 
カキヌマ ヨシタカ
所属
獨協大学
部署
外国語学部 ドイツ語学科
職名
教授
学位
文学修士(学習院大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
   
 
学習院大学  
 
 
   
 
学習院大学 文学部 
 

委員歴

 
 
   
 
日本独文学会ドイツ語教育部会監事
 
 
   
 
(財)ドイツ語学文学振興会評議員
 

Misc

 
Versuch der Analyse der Schmerzwahrnehmungsverben im Deutschen.
柿沼義孝
『獨協大学ドイツ学研究』第9号、獨協大学外国語学部   61-81   1981年
「ドイツ語学習に関するアンケート」調査結果と分析 
柿沼義孝
『獨協大学ドイツ学研究』第11号、獨協大学外国語学部   55-82   1982年
„bevor nicht” に関する若干の考察
柿沼義孝
『獨協大学ドイツ学研究』第12号、獨協大学外国語学部   15-30   1983年
教養課程におけるドイツ語教育
柿沼義孝
『獨協大学外国語教育研究』第3号、獨協大学外国語教育研究所   389-399   1985年
ドイツ語におけるAltersadjektivと日本語との対応について
柿沼義孝
『獨協大学ドイツ学研究』第17号、獨協大学外国語学部   157-163   1987年

書籍等出版物

 
「外国語CALL教材の高度化の研究」文部科学省特定領域研究(A)『高等教育改革に資するマルチメディアの高度利用に関する研究』 領域番号120領域略称名メディア教育利用 研究成果報告書 (研究分担者)
2003年   
「外国語CALL教材の高度化の研究」文部科学省特定領域研究(A)『高等教育改革に資するマルチメディアの高度利用に関する研究』 領域番号120領域略称名メディア教育利用 研究成果報告書 (研究分担者)
2002年   
Sprache, Literatur und Kommunikation im kulturellen Wandel. Festschrift für Eijiro IWASAKI anläßlich seines 75. Geburtstags
Dogakusha, Tokyo   1997年   ISBN:4-8102-0110-4 C3
『レトリックと慣用語法 対照研究の諸問題-ドイツ語教育の視点から』
日本独文学会研究叢書 021   2003年   
(Hrsg. U.Ammon):Die deutsche Sprache in Japan. Verwendung und Studium.(iudicium, München Germany):Die japanische Medizin im Übergang von Deutsch zu Englisch.
iudicium, Germany   1994年   ISBN:3-89129-257-0

競争的資金等の研究課題

 
日独対照意味研究 形容詞の意味研究 外国語学習 
研究期間: 1000年 - 1000年