岡田 弘隆

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/06 02:50
 
アバター
研究者氏名
岡田 弘隆
 
オカダ ヒロタカ
eメール
hokadataiiku.tsukuba.ac.jp
所属
筑波大学
部署
体育系
職名
准教授

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1993年
筑波大学大学院 体育研究科 コーチ学
 

論文

 
Kita, Masaki; Watanabe, Shun; Oka, Hirotaka; Kigoshi, Hideo
TETRAHEDRON LETTERS   59(41) 3664-3668   2018年10月   [査読有り]
大学柔道選手を対象とした合宿期間中における体重減 少と免疫機能の変動
増地, 克之;平岡拓晃;花岡裕吉;清水和弘;岡田弘隆;渡部厚一
日本臨床スポーツ医学会誌   26(1) 100-108   2018年1月   [査読有り]
川戸, 湧也;Okada, Hirotaka;増地, 克之;小野, 卓志
武道学研究   49(3) 183-191   2017年3月   [査読有り]
高校柔道部員のコーチに対する信頼感の競技レベルによる違いと学校差
Okada,Hirotaka
筑波大学体育系紀要第39巻   13-21   2016年3月   [査読有り]
大学柔道選手のスポーツ傷害とストレス反応、競技特性不安との関連について
小林, 好信; 山口, 香; 松田, 基子; 岡田, 弘隆; 橋本, 佐由理
日本体育学会大会予稿集   67(0) 285_1-285_1   2016年
<p> 本研究は、大学柔道選手のスポーツ傷害と心理社会的要因との関連を明らかにすることを目的に、自記式質問紙調査による前向き調査(調査時期は1回目2012年、2回目2013年)を行った。分析対象は1回目調査時点にて傷害のない男女柔道部員(n=184)とした。ロジスティック回帰分析の結果、1年間の傷害発生に影響する変数(カッコ内はオッズ比)として、傷害歴の有無(6.49)とストレス反応の合計点(1.05)、競技特性不安の「動作の乱れ」(0.86)が選択された(p<0.05)。そこで、ストレス...

書籍等出版物

 
IDE現代の高等教育
岡田,弘隆 (担当:分担執筆, 範囲:大学とスポーツ-筑波大学体育系のミッションと取組-)
2017年7月   
実践柔道論
Okada,Hirotaka (担当:分担執筆, 範囲:審判論)
2017年3月   

講演・口頭発表等

 
Spezifische Ärgerbewältigung bei deutschen und japanischen Judoka im Training und Wettkampf.
Okada,Hirotaka
German - Japanese Symposium 2018   
Judo rule revisions and the media
MASUCHI, KATSUYUKI;Fujihara, Mika;Komata, Koji;Okada, Hirotaka;Ono, Takashi
50th International Budo Conference   
Biomechanical analysis of Ouchigari depends on movement of hopping on one foot
MASUCHI, KATSUYUKI;Sannohe, Yuki;Okada, Hirotaka;Ono, Takashi;Komata, Koji
50th International Budo Conference   
高校柔道選手の指導者に対する信頼感の競技レベルによる差異
金丸, 雄介;小野, 卓志;岡田, 弘隆;増地, 克之;山口, 香
日本武道学会第48回大会   
ガッツポーズに関する意識調査 〜武道に携わる大学生を対象として〜
小野, 卓志;小林, 優希;岡田, 弘隆;横山, 喬之;石川, 美久;竹澤, 稔裕;増地, 克之
日本武道学会第49回大会   

Works

 
柔道上達プログラムDVD(監修)
Okada,Hirotaka   教材   2017年3月

競争的資金等の研究課題

 
柔道コーチング