佐藤 喜和

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/19 12:34
 
アバター
研究者氏名
佐藤 喜和
 
サトウ ヨシカズ
eメール
ysatorakuno.ac.jp
所属
酪農学園大学
部署
農食環境学群環境共生学類
職名
教授
学位
博士(農学)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
酪農学園大学 農食環境学群 教授
 
2002年
 - 
2003年
:日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2003年4月
 - 
2007年3月
:日本大学 生物資源科学部 助手
 
2007年4月
 - 
2012年3月
:日本大学 生物資源科学部 専任講師
 
2012年4月
 - 
2013年3月
日本大学 生物資源科学部 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1998年
東京大学 農学生命科学研究科 応用動物科学専攻
 
 
 - 
2002年
東京大学 農学生命科学研究科 応用動物科学専攻
 
 
 - 
1996年
北海道大学 農学部 農業生物学科
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
知床世界自然遺産地域科学委員会 エゾシカ・ヒグマワーキンググループ  特別委員
 
2013年12月
 - 
現在
北海道環境生活部  北海道ヒグマ保護管理検討委員会委員
 
2013年4月
 - 
現在
環境省  鳥獣保護プランナー
 
2012年7月
 - 
現在
一般財団法人 自然環境研究センター  特定鳥獣に関わる保護管理検討会およびワーキンググループ(クマ類) 委員
 
2007年1月
 - 
現在
農林水産省  農作物野生鳥獣被害対策アドバイザー
 
2004年7月
 - 
現在
(財)日本生態系協会  専門研究委員
 
2016年5月
 - 
2017年3月
環境省釧路地方事務所  平成28年度知床世界自然遺産地域科学委員会 第2期ヒグマ保護管理方針検討会議特別委員
 
2015年7月
 - 
2017年3月
札幌市  札幌市ヒグマ対策基本計画に関わる検討委員会委員
 
2014年2月
 - 
2016年3月
札幌市  札幌市版レッドリスト作成委員会委員
 
2013年12月
 - 
2014年3月
札幌市  札幌市ヒグマ対策委員会 ヒグマ出没に関する河畔林対策専門部会委員
 
2011年4月
 - 
2014年3月
日本哺乳類学会  「Mammal Study」編集委員会
 
2007年10月
   
 
日本哺乳類学会  保護管理専門委員会クマ保護管理検討作業部会 事務局
 
2006年6月
 - 
2007年3月
東京の森づくりモデル事業  検討委員
 
2003年10月
   
 
日本哺乳類学会  保護管理専門委員会クマ保護管理検討作業部会
 
2005年4月
 - 
2008年3月
日本哺乳類学会  選挙管理委員会
 

受賞

 
2008年
日本哺乳類学会奨励賞
 

論文

 
酪農学園大学における野生動物管理の専門家育成に関する実践的教育
中谷(細田)祥子・吉田剛司・伊吾田宏正・赤坂猛・佐藤喜和
酪農学園大学紀要   42(2) 155-161   2018年3月   [査読有り]
ヒグマの生息地としての森林とその管理.天然林・人工林・林床食性・そしてシカ
佐藤 喜和
北方森林研究   66    2018年2月   [招待有り]
Analysis of the feeding conditions of brown bear (Ursus arctos) habitat in Amur region
Pavlov, A.M., Sato, Y. & Senchik, A.V.
Innovations and Food Safety   4(18) 119-126   2017年12月   [査読有り]
Hata, A., Takada, M. B., Nakashita, R., Fukasawa, K., Oshida, T., Ishibashi, Y. & Sato, Y
Journal of Zoology   303 207-217   2017年11月   [査読有り]
生物多様性の違いがヒグマの生態におよぼす影響.大陸と島の比較
佐藤喜和・伊吾田宏正・Aleksandr Senchik・Frank T. van Manen
酪農学園大学紀要   42(1) 59-67   2017年10月   [査読有り]
Population monitoring of brown bears using camera-traps with scented wooden posts in the Akan-Shiranuka region, eastern Hokkaido, Japan.
Sato, Y., Kato, A., Tsukano, M., Shibata, S., Suzuki, S. and Ishibashi, Y.
Materials of the International Scientific and Practical Conference on Ecological and Biological Well-being of Flora and Fauna, Far Eastern State Agrarian University Publishing House, Bragoveshchensk, Russia   64-66   2017年10月
Tomiyasu, J., Yanagawa, Y., Sato, Y., Shimozuru, M., Nagano, M., Sasaki, M., Sakamoto, H., Matsumoto, N., Kobayashi, K., Kayano, M., Haneda, S. & Matsui, M.
Canadian Journal of Zoology      2017年9月   [査読有り]
日露隣接地域における環境変動がクマ類の生態に与える影響
佐藤 喜和
第4回日露隣接地域生態計保全協力ワークショップ(概要報告)   49-52   2017年4月
The future of urban brown bear management in Sapporo, Hokkaido, Japan: a review.
佐藤 喜和
Mammal Study   42(1) 17-30   2017年3月   [査読有り][招待有り]
北海道東部浦幌地域におけるヒグマが採食するアリ類以外の昆虫相
岸本祐樹・高橋慎二・大原昌宏・佐藤喜和
浦幌町立博物館紀要   (17)    2017年3月
Naoe, S., Tayasu, I., Sakai, Y., Masaki, T., Kobayashi, K., Nakajima, A., Sato, Y., Yamazaki, K., Kiyokawa, H. and Koike, S.
Cullent Biology   26 R315-R316   2016年4月   [査読有り]
北海道東部におけるヒグマの分散
佐藤喜和・小林由美・伊藤哲治・園原和夏・浦田 剛
浦幌町立博物館紀要   (15) 9-13   2015年3月
Itoh, Y. & Sato, Y.
Development Genes and Evolution   225 63-78   2015年2月   [査読有り]
浦幌地域におけるヒグマによる背擦り木の利用と特徴
小泉沙奈恵・佐藤喜和
浦幌町立博物館紀要   (14) 9-20   2014年3月
麻布大学第11回学術展示「哺乳類学を垣間見る:2012年哺乳類学会大会記念展示」
高槻成紀・子安和弘・織田銑一・森 健人・玉手英利・樋口尚子・南 正人・佐藤喜和
麻布大学雑誌   (25) 37-44   2014年3月
Sato, Y., Kamiishi, C., Tokaji, T., Mori, M., Koizumi, S., Kobayashi, K., Itoh, T., Sonohara, W., Takada, M.B. & Urata, T.
Acta Theriologica   59 129-137   2014年1月   [査読有り]
浦幌町におけるヒグマ駆除数の推移II(1967-2012年)
佐藤 喜和
浦幌町立博物館紀要   (13) 15-23   2013年3月
Itoh, T., Sato, Y., Tsuruga, H., Mano, T., Kohira, M., Yamanaka, M., Kasai, S., Kobayashi, K., & Iwata, R.
Acta Theriologica   58 127-138   2012年10月   [査読有り]
Kobayashi, K., Sato, Y. & Kaji, K.
Ecological Research   27 849-865   2012年7月   [査読有り]
Itoh, T., Sato, Y., Kobayashi, K., Mano, T. & Iwata, R.
Mammal Study   37 29-31   2012年3月   [査読有り]
北海道東部,浦幌地域におけるヒグマ(Ursus arctos)のアリ食
小林由美・佐藤喜和
浦幌町立博物館紀要   (12) 7-10   2012年
クマ類の個体群モニタリング手法の確立に向けて
間野勉・佐藤喜和
哺乳類科学   50(1) 95-97   2011年6月
Sato, Y., Itoh, T., Mori, Y., Satoh, Y. and Mano, T.
Ursus   22(2) 120-132   2011年   [査読有り]
Tsuji, Y., Sato, K. and Sato, Y.
Mammalian Biology   76 525-533   2011年   [査読有り]
Sato, Y., Nakamura, H., Ishifune, Y. and Ohtaishi, N.
Ursus   22(1) 84-90   2011年   [査読有り]
国後・択捉の白いヒグマ-特に白いヒグマについて-.
佐藤喜和・中村秀次・石船夕佳
オホーツク生態系保全日露協力シンポジウム報告書(外務省・環境省主催「オホーツク生態系保全日露協力シンポジウム」事務局,編)   349-357   2011年   [招待有り]
「夷酋列像」イニンカリ図の白い子グマについて
太子夕佳・佐藤喜和
北海道考古学   (46) 189-196   2010年3月   [査読有り]
Tomoko Kitamura, Yoshikazu Sato and Seiki Takatsuki
Acta Theriologica   55(1) 89-93   2010年   [査読有り]
カラマツ人工林におけるヒグマの生息地適性
佐藤喜和・中村秀次
浦幌町立博物館紀要   (10) 21-27   2010年
Itoh, T., Sato, Y., Mano, T. and Iwata, R.
Journal of Forest Research   14(2) 117-122   2009年4月   [査読有り]
神奈川県藤沢市周辺におけるタイワンリスの分布
長谷川啓太・佐藤喜和
関東森林研究   (60) 211-214   2009年3月   [査読有り]
浦幌地域におけるヒグマの生態と保全
伊藤哲治・中村秀次・小泉沙奈恵・佐藤喜和
浦幌町立博物館紀要   (9) 17-26   2009年
Yoshikazu Sato, Yumi Kobayashi, Tsuyoshi Urata, and Seiki Takatsuki
Mammal Study   33(3) 99-109   2008年9月   [査読有り]
湯浅卓・佐藤喜和
哺乳類科学   48(1) 109-118   2008年6月   [査読有り]
佐藤喜和・湯浅卓
哺乳類科学   48(1) 101-107   2008年6月   [査読有り]
本田剛・林雄一・佐藤喜和
哺乳類科学   48(1) 11-16   2008年6月   [査読有り]
浦幌町におけるヒグマによるビートの摂食量と被害株数の季節変化
清瀬うつき・佐藤喜和・浦田剛・蛭田眞一
浦幌町立博物館紀要   (8) 17-21   2008年
ヒグマの冬眠開始時期と気象条件および採食物の資源量との関係
中筋朝子・佐藤喜和・浦田 剛
浦幌町立博物館紀要   (7) 29-36   2007年3月
浦幌町におけるエゾシカの個体数の急増とその後の推移
佐藤喜和
浦幌町立博物館紀要   (7) 23-28   2007年3月
ヒグマの背擦り行動に伴う樹木被害と樹木の選択性
佐藤喜和・戸梶智彰・上石智里
樹木医学研究   11(4) 218-219   2007年
Akiko Nagasaka, Yu Nagasaka, Kinuko Ito, Tsutomu Mano, Masami Yamanaka, Atsushi Katayama, Yoshikazu Sato, Andrey L. Grankin, Andrey I. Zdorikov, and Gennady A. Boronov
Journal of Forest Research   11(5) 377-382   2006年10月   [査読有り]
Yoshikazu Sato and Masumi Endo
Mammal Study   31(2) 93-104   2006年6月   [査読有り]
ミヤマクワガタと格闘したヒナコウモリ
佐藤喜和/岩田隆太郎/河合久仁子
浦幌町立博物館紀要   (6) 13-15   2006年3月
ヒグマの食性
佐藤喜和
哺乳類科学   45(1) 79-84   2005年6月   [招待有り]
Sato, Y., Mano, T. and Takatsuki, S.
Wildlife Biology   11(2) 133-144   2005年6月   [査読有り]
ヒグマに食害を受けたビート圃場の立地条件
佐藤喜和・中田泰徳
浦幌町立博物館紀要   (5) 11-15   2005年3月
ヘアトラップによる体毛回収とDNA個体識別を用いたクマ類の個体数推定の現状と課題
佐藤喜和
哺乳類科学   44(1) 91-96   2004年6月   [招待有り]
Yoshikazu Sato, Toshiki Aoi, Koichi Kaji, and Seiki Takatsuki
Mammal Study   29(1) 47-53   2004年3月   [査読有り]

Misc

 
北方四島の生き物たち②
佐藤 喜和
北海道新聞2017年10月16日夕刊   5-5   2017年10月   [依頼有り]
5.効率的,長期的な分布把握手法の検討
中島亜美・佐藤喜和・中下留美子・坪田敏男
日本クマネットワーク(編)「ツキノワグマおよびヒグマの分布域拡縮の現況把握と軋轢防止および危機個体群回復のための支援事業」報告書   160-161   2014年3月
3-1.阿寒白糠地域
佐藤喜和・根本唯・園原和夏・瀧口さやか・中村秀次
日本クマネットワーク(編)「ツキノワグマおよびヒグマの分布域拡縮の現況把握と軋轢防止および危機個体群回復のための支援事業」報告書   86-92   2014年3月
2-1.全国のクマ分布の概要,過去との比較
佐藤喜和・中下留美子・坪田敏男・中島亜美
日本クマネットワーク(編)「ツキノワグマおよびヒグマの分布域拡縮の現況把握と軋轢防止および危機個体群回復のための支援事業」報告書   4-13   2014年3月
森の中の伝言板-ヒグマの背擦り.
佐藤 喜和
モーリー   (31) 30-31   2013年6月   [依頼有り]
平成23年度第2回企画展報告「国後・択捉の白いヒグマ」
佐藤 喜和
日本大学生物資源科学部博物館報   (21) 14-113   2012年6月   [依頼有り]
都市農業地域における電気柵を用いたブドウ園へのハクビシン侵入防御策
瀧口さやか・佐藤喜和
果実日本   64(7) 98-101   2009年   [依頼有り]
研究テーマと取り組み方に関する提言.
佐藤喜和・中下留美子・小池伸介
JBN緊急クマシンポジウム&ワークショップ報告書-2006年ツキノワグマ大量出没の総括とJBNからの提言-   98-102   2007年
ヒグマによる被害増加の背景と保護管理
佐藤喜和
ビオストーリー   5 32-39   2006年   [依頼有り]
北海道のヒグマの分布
佐藤喜和
モーリー   (13) 45-47   2005年   [依頼有り]
北方領土のヒグマ.択捉島陸上生態系調査から.
間野 勉・山中正実・片山敦司・佐藤喜和
モーリー   (8) 74-81   2003年8月   [依頼有り]
ヒグマ捕獲個体の分析(3)捕獲個体の胃内容分析調査.
佐藤喜和・間野勉
ヒグマ・エゾシカ生息実態調査報告書 Ⅳ. 北海道環境科学研究センター, 札幌   14-16,-33-47   2000年3月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
オホーツクの生態系とその保全
北海道大学出版会   2013年   
オホーツク生態系保全日露協力シンポジウム報告書
外務省・環境省主催「オホーツク生態系保全日露協力シンポジウム」事務局   2011年   
「人里に出没するクマ対策の普及啓発および地域支援事業」人身事故情報の取りまとめに関する報告書
日本クマネットワーク   2011年   ISBN:4-9903230-3-3
日本のクマ-ヒグマとツキノワグマの生物学
東京大学出版会   2011年   ISBN:978-4-13-060220-4
ヒグマとつきあう.ヒトとキムンカムイの関係学
総北海   2010年   ISBN:978-915478-70-3
ヒグマのHSIモデルver.1.0
日本生態系協会   2010年   
野生動物保護の事典
朝倉書店   2010年   ISBN:978-4-254-18032-9
The Wild Mammals of Japan
Shoukado   2009年   
アジアのクマたち-その現状と未来-
日本クマネットワーク   2007年   
JBN緊急クマシンポジウム&ワークショップ報告書-2006年ツキノワグマ大量出没の総括とJBNからの提言-
日本クマネットワーク   2007年   
野生動物の保全
改訂 森林資源科学入門(日本大学森林資源科学科編).日本林業調査会.   2007年   
野生動物と人間社会の軋轢の背景
改訂 森林資源科学入門(日本大学森林資源科学科編).日本林業調査会   2007年   
Understanding Asian Bears to Secure Their Future
Japan Bear Nerwork   2006年   
ヒグマ学入門
北海道大学図書刊行会   2006年   

講演・口頭発表等

 
国後島のヒグマのシンプルな食性-知床半島・白糠丘陵に生息するヒグマとの比較
中下留美子, 小林喬子, 伊藤哲治, 中村秀次, 飯島勇人, 増田泰, ログンツェフA, 大泰司紀之, 下鶴倫人, 秦彩夏, 釣賀一二三, 山中正実, 佐藤喜和
日本生態学会第65回全国大会   2018年3月16日   
ヒグマ研究の最近の成果から [招待有り]
佐藤 喜和
占冠村第0回ヒグマミーティング   2018年2月27日   占冠村
駆除しても駆除してもヒグマは里に下りてくる―人の目線とクマの目線から見た浦幌のクマ問題の20年 [招待有り]
佐藤 喜和
うらほろスタイル・セミナール「卒業論文大発表会2018in浦幌」   2018年2月10日   浦幌町立博物館
日本クマネットワーク(JBN)の取り組み [招待有り]
佐藤 喜和
日本クマネットワークシンポジウム「四国のツキノワグマ知っとん? 剣山系のツキノワグマ保全に向けて」   2018年1月28日   日本クマネットワーク(JBN)
人とヒグマの関係の現状と課題:地域が目指す適切な管理とは? [招待有り]
佐藤 喜和
浜中町環境講演会   2017年11月28日   浜中町
ヒグマの生息地としての森林とその管理―天然林・人工林・林床植生そしてシカ― [招待有り]
佐藤 喜和
北方森林学会第66回大会シンポジウム「生きものの生息地として森林管理に期待すること」   2017年11月9日   北方森林学会
国後島の白いヒグマとその保全 [招待有り]
佐藤 喜和
北方四島専門家交流20周年記念北方四島専門家交流等に関する報告会~北方四島における自然の恵み・魅力について~   2017年11月3日   環境省
Urban brown bear management in Sapporo, Japan
Sato, Y., Asakura, K. & Kuriki, H.
25th International Conference on Bear Research and Management   2017年11月   
自然豊かな知床半島における夏期のヒグマ激やせの原因は?
小林喬子・中村秀次・山中正実・伊藤哲治・中下留美子・ログンツェフ A・大泰司紀之・佐藤喜和
第23回「野生動物と社会」学会大会   2017年11月   
札幌市へのヒグマ侵入防止と生物多様性保全の両立を目標とした河畔林管理活動の実践
佐藤喜和・亀山明子・松山周平・中村秀次・佐藤久美子・宮内泰介
第23回「野生動物と社会」学会大会   2017年11月   
Population monitoring of brown bears using camera-traps with scented wooden posts in the Akan-Shiranuka region, eastern Hokkaido, Japan.
Sato, Y., Kato, A., Tsukano, M., Shibata, S., Suzuki, S. and Ishibashi, Y.
International Conference on Ecological and Biological Well-being of Flora and Fauna   2017年10月   
mtDNA多型から見た強度駆除圧を受けたヒグマ個体群の空間構造の変化
加藤亜友美・伊藤哲治・間野 勉・佐藤喜和
日本哺乳類学会2017年度大会   2017年9月9日   
ヒグマは匂いで個体の違い・発情・非発情を識別できるか:背部脂腺から分泌される油脂性物質による嗅覚コミュニケーションの検討
豊島尚章・成瀬泰平・松本直也・冨安洵平・下鶴倫人・佐藤喜和
日本哺乳類学会2017年度大会   2017年9月9日   
カメラ・トラップで撮影されたヒグマの顔で性判別ができるか? ―性的二型に基づく耳の位置の違いに注目して
鈴木 輝・佐藤喜和
日本哺乳類学会2017年度大会   2017年9月9日   
静かだけれど傍にいる~2015-2016年度カメラトラップ調査の成果から~ [招待有り]
佐藤 喜和
平成29年度第1回札幌市ヒグマ対策委員会   2017年4月27日   札幌市
近年のヒグマの出没と被害の背景について [招待有り]
佐藤 喜和
第4回DCCネットワーク研修会「ヒグマ問題の最前線」   2017年4月23日   DCCネットワーク
大都市札幌におけるヒグマ対策とその課題 [招待有り]
佐藤 喜和
第38回知床博物館特別展「ヒグマ,その過去現在未来」連続講演会   2017年3月5日   知床博物館
エゾシカの糞を用いた栄養状態評価のための近赤外スペクトル分析法の有用性の検討
山中岳史郎・倉田洋平・中辻浩喜・佐伯真魚・佐藤喜和
第128回日本森林学会大会   2017年3月   
ヒグマの市街地侵入地点は予測できるか-出没防止のためのリスク評価の試み
栗木隼大・佐藤喜和
第22回「野生動物と社会」学会東京大会   2016年11月   
Effects of environmental changes in ecology of bears in the neighboring areas of Japan and Russia [招待有り]
佐藤 喜和
第4回日露隣接地域生態系保全協力ワークショップ   2016年10月26日   日本国外務省,環境省
春グマ捕獲を活用したヒグマ捕獲者の育成 [招待有り]
佐藤 喜和
第4回狩猟サミット 分科会④「若手が考える猟友会のミライ」   2016年10月22日   第4回狩猟サミット実行委員会
厄介な野生動物を野外教育に活かす-ヒグマの場合 [招待有り]
佐藤 喜和
ヒグマフォーラム2016in遠軽「野外レクリエーション施設のヒグマ対策」   2016年10月2日   ヒグマの会・遠軽町ヒグマフォーラム実行委員会
ヒグマは匂いで個体の違いを識別できるか:背部脂腺から分泌される油脂性物質による嗅覚コミュニケーションの検討
豊島尚章・成瀬泰平・松本直也・冨安洵平・下鶴倫人・佐藤喜和
日本哺乳類学会2016年度大会   2016年9月   
ヒグマ(Ursus arctos)の嗅覚器における形態学的特徴
冨安洵平・近藤大輔・松本直也・坂元秀行・佐々木基樹・佐藤喜和・羽田真悟・松井基純
日本哺乳類学会2016年度大会   2016年9月   
理想専制分布から見たヒグマの地域別人里出没原因の推定と適切な管理への応用
佐藤喜和・深見峻甫・高田まゆら
日本哺乳類学会2016年度大会   2016年9月   
札幌市におけるDNA分析を用いたヒグマ調査の取組み
早稲田宏一・釣賀一二三・井部真理子・佐藤喜和・間野勉
日本哺乳類学会2016年度大会   2016年9月   
Behavioral patterns of brown bears for intraspecific communication with rub trees
Genki Takahashi, Satomi Hirose, Yuri Miyawaki, Daichi Ito, Nozomi Yonezawa, and Yoshikazu Sato
24th International Conference on Bear Research and Management   2016年7月   
分布周縁部のヒグマ~2015年DNA調査とカメラトラップの成果から~ [招待有り]
佐藤 喜和
平成28年度第1回札幌市ヒグマ対策委員会   2016年4月27日   札幌市
安定同位体比分析によるヒグマのトウモロコシ利用の検証とその個体差を決める要因の解明
秦彩夏・高田まゆら・深澤圭太・中下留美子・押田龍夫・石橋悠樹・佐藤喜和
日本生態学会第63回全国大会   2016年3月   
カメラトラップを用いた阿寒白糠地域のヒグマ個体群の繁殖実態の推定
石橋悠樹・鈴木晋悟・田中博子・柴田悟・佐藤喜和
日本生態学会第63回全国大会   2016年3月   
登山家グマが温暖化の危機からサクラを救う:彼らの垂直方向の趣旨散布に注目して
直江将司・陀安一郎・酒井陽一郎・正木隆・小林和樹.中島晶子・佐藤喜和・山﨑晃司・清川紘樹・小池伸介
日本生態学会第63回全国大会   2016年3月   
国後島ヒグマ調査 [招待有り]
佐藤 喜和
平成27年度北方四島専門家交流等成果報告会   2016年2月27日   環境省
分布周縁部のヒグマ [招待有り]
佐藤 喜和
さっぽろヒグマフォーラム~市街地侵入抑制策と共存に向けて~(市民ヒグマ講座)   2016年2月1日   札幌市
Feeding ecology of Hokkaido brown bears revealed by stable isotope analisis and La-ICPMS imaging
Nakashita, R., Suzuki, Y., Oishi, M., Kobayashi, K., Itoh, T., Masuda, R., Ohtaishi, N., Loguntsev, A. & Sato, Y.
The Wildlife Society 22nd Annual Conference   2015年10月   
Bears approach near human settlements as a result of habitat selection
Sato, Y., Takada, M.B., Sonohara, W. & Mano, T.
The Wildlife Society 22nd Annual Conference   2015年10月   
Country-wide range mapping revealed the geographic range of Asiatic black bears and brown bears increased in Japan
Sato, Y., Nakashita, R., Tsubota, T., Nakajima, A., Nemoto, Y. & Yamazaki, K.
5th International Wildlife Management Congress   2015年10月   
The sebaceous gland development in the back skin of adult male brown bear (Ursus arctos) in the wild during the mating season
Tomiyasu, J., Sato, Y., Sasaki, M. & Matsui, M.
5th International Wildlife Management Congress   2015年7月   
Spatial distribution of brown bear occurrence and mortality points in Urahoro, eastern Hokkaido, Japan
Sonohara, W. & Sato, Y.
5th International Wildlife Management Congress   2015年7月   
Is it good news or bad news? The impact of increasing sika deer population for foraging behavior of brown bears
Kobayashi, K., Kaji, K., Mano, T. & Sato, Y.
5th International Wildlife Management Congress   2015年7月   
Trials for extensive trend monitoring of brown bear (Ursus arctos) population using the combination of scented wooden post hair-snares and camera traps
Ishibashi, Y., Suzuki, S., Tanaka, H., Shibata, S. & Sato, Y.
5th International Wildlife Management Congress   2015年7月   
Analysis of factors affecting brown bear (Ursus arctos) maize consumption with attention to the effect of landscape structure and genetic information in eastern Hokkaido, Japan
Hata, A., Takada, M.B., Nakashita, R., Fukasawa, K., Oshida, T., Ishibashi, Y. & Sato. Y.
5th International Wildlife Management Congress   2015年7月   
Urban and suburban brown bear management in depopulating society Sapporo, Japan [招待有り]
佐藤 喜和
5th International Wildlife Management Congress   2015年7月   
Elucidation of mitochondrial DNA haplotypes from bone samples of extinct Japanese black bear in Kyushu Island
Itoh, T., Sato, Y., Ishiguro, N., Shimizu, M., Kurihara, N., Minami, M. & Yamazaki, K.
5th International Wildlife Management Congress   2015年7月   
国後島のヒグマ・浦幌のヒグマ [招待有り]
佐藤 喜和
平成27年度北方四島野生動植物専門家受け入れ事業レクチャー   2015年6月22日   NPO北の海の動物センター
Chicken or the egg? Possibility of new wildlifejob or reforming academic curriculum in Japan
Hosoda, S., Akasaka, T., Igota, H., Sato, Y., Takafumi, H. & Yoshida, T.
5th International Wildlife Management Congress   2015年5月   
札幌市の特性を踏まえた今後のヒグマ対策について [招待有り]
佐藤 喜和
平成27年度第1回札幌市ヒグマ対策委員会   2015年4月23日   札幌市
札幌市の特性を踏まえた今後のヒグマ対策について [招待有り]
佐藤 喜和
さっぽろヒグマフォーラム~市街地侵入防止に向けて~(市民ヒグマ講座)   2015年2月28日   札幌市
冬眠中に知るクマのこと [招待有り]
佐藤 喜和
北方自然教育園地域活動等事業「地域の環境を知る ミニフォーラム」   2015年2月22日   北方自然教育園
Study Plan: Comparison in biology of brown bears between continental and island population [招待有り]
佐藤 喜和
第3回日露隣接地域生態系保全協力ワークショップ   2015年2月17日   日本国外務省,環境省
都市と地方の野生動物共存の考え方~ヒグマの事例を中心に~ [招待有り]
佐藤 喜和
ワイルドライフ・マネジメント・フォーラムin札幌「野生動物と共生する地域づくりを目指して」   2014年11月   知床自然大学院大学設立財団

担当経験のある科目

 
 

Works

 
国後島・択捉島産の白いヒグマに関する保全生物学的研究
2010年 - 2011年

競争的資金等の研究課題

 
分布周縁部のアトラクティブ・シンク化がヒグマ個体群および人間社会に及ぼす影響
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 佐藤 喜和
自然科学と社会科学の融合による都市の環境共生と野生動物管理の調和的実現への挑 戦
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 佐藤 喜和
毛色変異の適応的意義-国後島・択捉島にのみ生息する白いヒグマによる検証の試み
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 佐藤 喜和
生物多様性の違いがヒグマの生態におよぼす影響:大陸と島の比較
酪農学園大学: 学内共同研究助成
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 佐藤 喜和
国後島における白いヒグマの毛色パタンが採餌行動におよぼす効果の解明
公益財団法人 秋山記念生命科学振興財団: 研究助成(一般)
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 佐藤 喜和
ヒグマ個体群のアトラクティブ・シンク現象解明とモニタリングおよび被害管理への応用
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月    代表者: 佐藤 喜和
国後島・択捉島産の白いヒグマに関する保全生物学的研究
三井物産: 三井物産環境助成
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月    代表者: 佐藤 喜和
ソース・シンクモデルによるヒグマ個体群の構造・遺伝子流動の解明と被害管理への応用
日本学術振興会: 科学研究費補助金  若手研究(B)
研究期間: 2007年4月 - 2012年3月    代表者: 佐藤 喜和
ヒグマの背擦り行動の意義の解明と生息数モニタリングへの応用
日本大学: 日本大学学術研究助成
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月    代表者: 佐藤 喜和
ヒグマの生態と保護管理
研究期間: 2003年 - 2010年
ヒグマの生息地適性からみた手入れの異なる人工林の比較
日本大学: 日本大学学術研究助成
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 佐藤 喜和
強度駆除圧を受けるヒグマ地域集団の維持機構に関する研
日本学術振興会: 科学研究費補助金  若手研究(B)
研究期間: 2004年4月 - 2008年3月    代表者: 佐藤 喜和
ハクビシン・アライグマによる果樹園被害防止に関する研究
研究期間: 2007年 - 2008年
応用基礎分類:応用的
広葉樹液果・核果類の種子分散者としてのヒグマの役割
日本大学: 日本大学学術研究助成
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 佐藤 喜和
応用基礎分類:どちらかといえば基礎的
北方四島の白いヒグマに関する保全生物学的研究
研究期間: 2009年   
都市緑地における外来種アライグマの生態および在来種タヌキへの影響に関する研究
日本大学: 日本大学学術研究助成
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月    代表者: 佐藤 喜和