櫻井 健一

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/02 03:09
 
アバター
研究者氏名
櫻井 健一
 
サクライ ケンイチ
eメール
sakurai.kenichinihon-u.ac.jp
所属
日本大学
部署
医学部医学科
職名
准教授
学位
医学博士(日本大学)
科研費研究者番号
20366602

研究キーワード

 
 

研究分野

 

経歴

 
1993年4月
 - 
1995年3月
日本大学医学部 医学部附属板橋病院 研修医(外科学1)
 
1995年4月
 - 
1999年3月
日本大学大学院 医学研究科 博士課程(臨床系外科学1専攻)
 
1999年4月
 - 
2000年1月
公立阿伎留医療センター 外科 医長
 
2000年2月
 - 
2002年4月
米国National Institutes of Health(NIH) National Cancer Institute(NCI) visiting fellow
 
2002年5月
 - 
2003年2月
春日部市立病院 外科 医長
 

学歴

 
 
 - 
1993年
日本大学 医学部 医学科
 
 
 - 
1999年
日本大学 大学院 医学系研究科 臨床系外科学Ⅰ
 

委員歴

 
2009年11月
   
 
日本がん検診・診断学会  認定医
 
2009年3月
   
 
日本内分泌外科学会  専門医
 
2009年1月
   
 
日本臨床外科学会  評議員
 
2009年1月
   
 
日本超音波学会  指導医
 
2009年1月
   
 
日本大腸肛門病学会  指導医
 

受賞

 
2016年9月
日本大学医学部同窓会 平成28年度日本大学医学部同窓会学術奨励賞 乳癌化学療法時の妊孕性の変化
 

論文

 
乳癌の薬物療法による妊孕性の変化
櫻井健一
日大医学雑誌   76(4-5) 241-244   2017年11月   [査読有り][招待有り]
Pathophysiology of Interdigestive Migrating Motor Complex in Human
日本臨床生理学会雑誌   47(3) 121-125   2017年10月   [査読有り]
タキサン系薬剤抵抗性進行乳癌に対しエリブリン投与が効果的であった2症例の検討
安達慶太、鈴木周平、窪田仁美、原由起子、藤原麻子、和賀瑛子、平野智寛、榎本克久、櫻井健一、槙島 誠、越永従道
癌と化学療法   44(10) 938-940   2017年10月   [査読有り]
局所進行乳癌におけるMohsペースト使用時のIndoleamine 2,3-Dioxygenase発現の変化について
窪田仁美、櫻井健一、藤崎 滋、原由起子、鈴木周平、安達慶太、富田凉一、榎本克久、平野智寛、嵯峨玲奈、槙島 誠
癌と化学療法   44(10) 915-917   2017年10月   [査読有り]
炎症性乳癌型再発における治療経過中のIAPの変化について
後藤洋伯、櫻井健一、藤崎 滋、窪田仁美、原由起子、鈴木周平、安達慶太、富田凉一、榎本克久、平野智寛、嵯峨玲奈、槙島 誠
癌と化学療法   44(10) 909-911   2017年10月   [査読有り]

Misc

 
編集後記
櫻井健一
日本外科系連合学会誌   42(4) 761-761   2017年8月   [査読有り][依頼有り]
学童の乳腺腫瘤、生検は必要か
長島沙樹、櫻井健一、鈴木周平、阪上雅史、安達慶太、榎本克久、天野定雄、越永従道
小児外科   47(10) 1020-1022   2015年10月   [査読有り][依頼有り]

講演・口頭発表等

 
座長、一般演題1「マイクロRNA」
櫻井健一
第30回日本バイオセラピィ学会学術集会総会   2017年11月30日   日本バイオセラピィ学会
乳癌術後経過観察に超音波検査が有用であった1例
櫻井健一、安達慶太、窪田仁美、鈴木周平、原由起子、藤原麻子、榎本克久、平野智寛、富田凉一、藤崎 滋
日本超音波医学会第29回関東甲信越地方会学術集会   2017年11月12日   日本超音波医学会
術式決定に全自動乳房超音波診断装置(ABUS)が有用であった1例.
櫻井健一、安達慶太、窪田仁美、鈴木周平、原由起子、榎本克久、平野智寛、富田凉一、藤崎 滋、権田憲士
日本超音波医学会第29回関東甲信越地方会学術集会   2017年11月12日   日本超音波医学会
超音波検査で診断に難渋した硬癌の一例
窪田仁美、安達慶太、櫻井健一、鈴木周平、藤崎 滋、原由起子、榎本克久、富田凉一、平野智寛、櫻井健一
日本超音波医学会第29回関東甲信越地方会学術集会   2017年11月12日   日本超音波医学会
超音波検査が有用であった一側乳房に多発腫瘤を認めた乳癌の1例
安達慶太、鈴木周平、窪田仁美、禹有佳里、後藤洋伯、渡邉美帆、原由起子、平野智寛、榎本克久、櫻井健一
日本超音波医学会第29回関東甲信越地方会学術集会   2017年11月12日   日本超音波医学会