kanou yosuke

J-GLOBAL         Last updated: Dec 3, 2019 at 02:57
 
Avatar
Name
kanou yosuke
E-mail
kanou.yousukenihon-u.ac.jp
Affiliation
Nihon University
Section
College of Industrial Technology, Department of Civil Engineering
Job title
Associate Professor
Research funding number
50451315

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2006
 - 
Mar 2007
副手, 日本大学生産工学部
 
Apr 2007
 - 
Mar 2009
助手, 生産工学部, 日本大学
 
Apr 2009
 - 
Mar 2015
助教, 生産工学部, 日本大学
 
Apr 2015
 - 
Mar 2018
専任講師, 生産工学部, 日本大学
 
Apr 2018
   
 
准教授, 生産工学部, 日本大学
 

Education

 
 
 - 
2006
土木工学, Graduate School, Division of Industrial Technology, Nihon University
 

Published Papers

 
TECHNIQUES TO REGAIN THE OLD ASPHALT PROPERTIES BY APPLYING THE HYDROTHERMAL DECOMPOSITION METHOD
Yousuke KANOU, Kengo AKATSU and Shouichi AKIBA
土木学会論文集E1(舗装工学)   74(3)    Dec 2018   [Refereed]
高温高圧水の溶媒性能に着目し,水と熱を用いて老化したアスファルトの性状を初期状態に若返らせる回復技術を開発提案した.
Separation Recycling Technology for Restoring Reclaimed Asphalt Pavement
赤津憲吾,加納陽輔,秋葉正一
JOURNAL OF JAPAN SOCIETY OF CIVIL ENGINEERS      Dec 2018   [Refereed]
Influence of rejuvenator composition on the properties of repeatedly recycled asphalt and asphalt mixtures
Atsushi Kawakami, Hiroyuki Nitta, Takashi Kanou, Yosuke Kanou, Kengo Akatsu and Shouichi Akiba
ISAP APE(Asphalt Pavement & Environment) Symposium 2017   Vol.4    Nov 2017   [Refereed]
A BASIC STUDY ON THE SEPARATION RECYCLING TECHNOLOGY OF RECLAIMED ASPHALT PAVEMENT
加納陽輔,秋葉正一,赤津憲吾
土木学会論文集E1(舗装工学)   72(3) 61-68   Dec 2016   [Refereed]
舗装発生材を素材状態に復元する分別再材料化技術を提案し,基礎実験から回収した骨材及びアスファルトの性状を評価した.
ESTIMATION METHOD OF CAVITY BELOW THE ROAD SURFACE CONSIDERING SOUNDNESS OF PAVEMENT FOR THE HEAVY TRAFFIC
佐藤克己,秋葉正一,※加納陽輔,赤津憲吾
土木学会論文集E1   71(3) 135-143   Dec 2015   [Refereed]
地中レーダー画像とFWDたわみの複合的な解析結果に基づいて,道路舗装の健全度を評価・判定する新たな手法を提案した.

Misc

 
アスファルト舗装発生材を素材状態に復元する分別再材料化技術の提案
加納陽輔,秋葉正一,赤津憲吾
舗装   52(6) 14-19   Jun 2017
熱水すりもみ法による骨材およびアスファルトの分別技術と,高温高圧水によるアスファルトの改質技術からなる分別再材料化技術を提案し,基礎実験の成果を報告した.
再生用添加剤の性質が繰返し再生された再生混合物と再生アスファルトの性状に与える影響
加納陽輔,赤津憲吾,秋葉正一,川上篤史,新田弘之
舗装   52(3) 1-6   Mar 2017
組成の異なる再生用添加剤と針入度の大きな石油アスファルトを用いて,繰返し再生した再生アスファルト混合物および再生アスファルトの性状を評価した.
亜臨界水を溶媒とした環境適合型アスファルト抽出試験
加納陽輔,秋葉正一,赤津憲吾,岩田幸浩
舗装   51(10) 22-27   Oct 2016
亜臨界水を溶媒とした環境適合型抽出試験を開発し,本試験の装置及び方法とともに,高精度の測定結果が簡便に得られることを紹介した.
アスファルト混合物のはく離抵抗性評価試験の現況と確立に向けて
加納陽輔,鎌田孝行
アスファルト合材   (106) 8-13   Jun 2013
アスファルト混合物のはく離抵抗性に関して,評価試験の現況と確立の必要性を報告し,簡便かつ効率的な新試験法を提案した.
亜臨界水を用いたアスファルト抽出試験の開発
加納陽輔,秋葉正一
舗装   46(10) 3-7   Oct 2011
有機溶剤等を用いない環境適合型技術として,亜臨界水を用いたアスファルト抽出試験を提案し,測定精度と実用性を検証した.

Books etc

 
マンガでわかる土質力学
Apr 2016   
2015年制定 舗装標準示方書(土木学会舗装工学委員会共著)
土木学会   Oct 2015   
舗装工学ライブラリー12道路交通振動の評価と対策技術(土木学会舗装工学委員会共著)
土木学会   Jul 2015   
土木映画の100年(土木学会技術映像委員会共著)
言視舎   Aug 2014   

Conference Activities & Talks

 
ポリマー改質アスファルト含有発生材に対する分別再材料化技術の適用性
土木学会第72回年次学術講演会   Sep 2017   
高温高圧水による劣化アスファルトの改質検討
土木学会第72回年次学術講演会   Sep 2017   
アスファルト舗装発生材の分別再材料化技術に関する基礎的検討
第71回土木学会舗装工学講演会   Dec 2016   
舗装の健全度を考慮した重交通路線の路面下空洞の評価
第70回土木学会舗装工学講演会   Dec 2015   
再生用添加剤の組成の違いが繰り返し再生された混合物とアスファルトの性状に与える影響
第70回土木学会舗装工学講演会   Dec 2015   

Research Grants & Projects

 
「水」を抽出溶媒とした環境調和型アスファルト抽出試験の開発と展開
日本学術振興会: 科研費
Project Year: Apr 2015 - Mar 2017    Investigator(s): 加納陽輔
有機溶媒等を用いない環境や人体に優しいアスファルト抽出試験の開発を目指して、水と油の関係に着目し、亜臨界水を溶媒とした方法を開発した。この結果、水のみを用いて迅速かつ正確にアスファルト混合物からアスファルトを抽出できることを確認した。

Patents

 
特許第6064426号(P6064426) : ブロック舗装用目地・下地材
特許第5979532号(P5979532) : アスファルト含有廃棄物の処理方法およびアスファルト含有廃棄物処理装置
特許第5812585号(P5812585) : アスファルト混合物の剥離促進方法
特許第5505931号(P5505931) : 舗装路、舗装路の修復方法及び舗装路の製造方法
特許第5311329号(P5311329) : アスファルト舗装発生材の再材料化装置、アスファルト舗装発生材を原料とした骨材、アスファルト及び微粒材の製造方法

Social Contribution

 
ISAP APEシンポジウム2017 論文委員会
[]  Oct 2016

Others

 
Apr 2011
2011年3月発生地震千葉地区被害速報(No6)