TAKADA Masao

J-GLOBAL         Last updated: May 25, 2019 at 21:57
 

Research Areas

 
 

Misc

 
佐々木 千穂, 境 信哉, 星 有理香, 髙田 政夫, 森本 誠司, 野尻 明子, 坂本 淑江, 伊佐 地隆
保健科学研究誌   (11) 81-90   Mar 2014
TAKADA Masao
Journal of health sciences   (5) 13-18   Mar 2008
国立病院機構重症心身障害児病棟において,重症児に対して『感覚あそび』を導入した。そこで,重症心身障害児の障害の捉え方について作業療法の視点からのべ,この子ども達のおかれている状況を感覚面から概観し,実施した『感覚あそび』について紹介する。『感覚あそび』については,基礎となる作業療法理論を紹介する。中でも,重要な役割を果たすと思われる感覚刺激は,覚醒レベルの調整,気分の高揚と沈静,能動的な活動の糸口となっている。感覚が発達におよぼす役割,及び感覚刺激の充実が,重症心身障害児のケアに貢献する。
髙田 政夫
保健科学研究誌 = Journal of health sciences   (5) 13-18   Mar 2008
国立病院機構重症心身障害児病棟において,重症児に対して『感覚あそび』を導入した。そこで,重症心身障害児の障害の捉え方について作業療法の視点からのべ,この子ども達のおかれている状況を感覚面から概観し,実施した『感覚あそび』について紹介する。『感覚あそび』については,基礎となる作業療法理論を紹介する。中でも,重要な役割を果たすと思われる感覚刺激は,覚醒レベルの調整,気分の高揚と沈静,能動的な活動の糸口となっている。感覚が発達におよぼす役割,及び感覚刺激の充実が,重症心身障害児のケアに貢献する。
Takada Masao, Nishida Seiji, Kanno Rie, Motoyoshi Yasufumi, Aoki Kazuo
Japanese journal of human sciences of health-social services   12(2) 33-40   2006
Communication means are important for severely handicapped persons because communication aid devices are the only way to communicate with other people and control some equipments. Progressive neuro-muscular disorder patients suffering from an amyo...
Yamada Takako, Takada Masao, Hara Kazuko, Igami Takanori, Kagaya Hajime, Miwa Chihiro
Bulletin of Nagoya University College of Medical Technology   1 83-88   Mar 1989