高田 政夫

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/25 21:57
 
アバター
研究者氏名
高田 政夫
 
タカダ マサオ
URL
http://www.yuai.ac.jp
所属
愛知医療学院短期大学
部署
作業療法学専攻
職名
教授
学位
工学修士(日本大学)
その他の所属
NPO法人いきもの語り

研究分野

 
 

経歴

 
2015年
 - 
現在
愛知医療学院短期大学 教授
 
2007年
 - 
2015年
熊本保健科学大学 教授
 
2004年
 - 
2007年
県立広島大学 助教授
 
1986年
 - 
1998年
名古屋大学 講師
 
1999年
 - 
2003年
国立療養所下志津病院臨床研究部
 

学歴

 
 
 - 
2003年
日本大学 総合理工学研究科 医療福祉工学
 
 
 - 
1976年
国立療養所東京病院附属リハビリテーション学院  
 

委員歴

 
 
   
 
地域作業療法学会  理事
 

Misc

 
佐々木 千穂, 境 信哉, 星 有理香, 髙田 政夫, 森本 誠司, 野尻 明子, 坂本 淑江, 伊佐 地隆
保健科学研究誌   (11) 81-90   2014年3月
高田 政夫, 森本 誠司
九州理学療法士・作業療法士合同学会誌   2010(0) 302-302   2010年
【はじめに】<BR>自立支援法では重度障害者用意思伝達装置は補装具へ移行した.作業療法士にとって補装具の選定に関する役割が重要視されている.高ステージ・デュシェンヌ型筋ジストロフィー(以下DMD)患者において意思伝達装置は無くては成らないものである.DMD患者は,終末期になるに従い手指変形は高度となり,スイッチの適合は困難を極める.したがって,障がい手管理のため,変形成立見極めが大切である.そこで,終末期高ステージDMD患者に対して,手指,手関節変形状況を調査した. <BR><BR>【対象...
奥村 チカ子, 高田 政夫, 木村 伊津子, 吉田 真理子, 野尻 明子, 森本 誠司, 鈴木 修一, 益満 美寿, 北村 幸恵
九州理学療法士・作業療法士合同学会誌   2010(0) 213-213   2010年
【はじめに】<BR>本学が立地する熊本市北部は、農業を主産業とする地域である。小学校区をみると10の町で構成され、人口約7,500人で65歳以上の高齢者が約20%を占める。年代別では50歳代後半が最も多く、今後10年内に高齢化率がさらに上昇することが予測される。我々は、高齢社会における作業療法士の地域活動を模索するため、地域住民の心身機能を前方視的に追跡する研究に着手した。まだ緒についたばかりで、地域住民への広報、調査項目の検討など問題も多い。今回、経過を報告し問題点について検討した。<B...

競争的資金等の研究課題

 
地域在宅重度障害者に対する作業療法支援技術
研究期間: 2004年 - 2004年
重度障害者のための入力スイッチ部の形態に関する調査
民間学術研究振興費補助金
研究期間: 2004年 - 2005年
重度障害者の福祉用具に関する研究