WATANABE Tokuo

J-GLOBAL         Last updated: Dec 3, 2019 at 02:47
 
Avatar
Name
WATANABE Tokuo
Affiliation
Nihon University
Section
College of Law, General Subject
Job title
Professor
Degree
Master of Arts(Nihon University)
Research funding number
40366539

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1988
 - 
Mar 1989
非常勤講師, Lecutere(Part-Time), School of Medicine,Kitasato-University
 
Apr 1988
 - 
Mar 2003
非常勤講師, Lecutere(Part-Time), College of Humanitie and Sciences ,Nihon-University
 
Apr 1989
 - 
Mar 2003
非常勤講師, Lecutere(Part-Time),Kokusikan-University
 
Apr 1990
 - 
Mar 1999
非常勤講師, Lecutere(Part-Time), College of Industial Technology, Nihon-University
 
Apr 1990
 - 
Mar 2003
非常勤講師, Lecutere(Part-Time), Kanagawa-University
 

Education

 
Apr 1978
 - 
Mar 1982
German literature, Faculty of Liberal Arts and Science (Humanities), Nihon University
 
Apr 1985
 - 
Mar 1988
German literature, Graduate School, Division of Letters, Nihon University
 

Published Papers

 
クライストの『こわれがめ』における舞台空間について―映画『こわれがめ』(1937)を手掛かりに―
WATANABE Tokuo
Lynkeus   (50(記念号)) 1-28   Mar 2017   [Refereed]
H.v.クライストの作品における矛盾の構造
OMON RONSO   89    Feb 2015   [Refereed]
クライストの人物は、全く正反対の、相反する性格を併せ持ち、極端から極端へと行動するところが認められる。しかし、一方の極から他方の極へと彼らを走らせる動因について説明することは難しいが、彼らはデモーニッシュな衝動に従って突き動かされているのではないかということを述べた。
クライストの作品におけるアナグノリシスとペリペティア
Lynkeus   (45) 45-74   Mar 2012   [Refereed]
作劇術の古典であるアリストテレスの詩学の中の「急転(アナグノリス)」と「急転(ペリペティア)」の理論をクライストの作品に当てはめ、彼の戯曲と小説における高潮場面の特徴について言及した。
Zur tektonishen und atektonischen Form in Heinrich von Kleists》Prinz Friedrich von Homburg《.
OMON RONSO   73 255‐282   Feb 2009
H.v.Kleists 》Die Marquise von O...《. Zur Interpretation von Eric Rohmer
LYNKEUS   (43) 113-148   Mar 2010   [Refereed]
ロメールによるクライストの『O侯爵夫人』の解釈について述べた。事件の真相は、テキストではダッシュによって伏せられているため、この作品はさまざまな読み方がされるが、映像分析を通して主人公の性格は純粋な犠牲者として捉えられていると指摘した。

Books etc

 
ドイツ文法の要点
Kenji Hongo,Akira Sato,Ichiro Kawada (Part:Joint Work, 9-133)
sanshusya   Jul 2011   ISBN:978-4-384-04420-1
一般向け独学用のドイツ語参考書
Foreigen Countries Through Japanese Eyes
富田 仁 編 (Part:Joint Work, 272-273,321-322,328-330)
日外アソシエーツ   Jan 2008   
独検過去問題集2006年度版
(財)ドイツ語学文学振興会
郁文堂   May 2006   ISBN:261-07275-0

Conference Activities & Talks

 
the dramaturgy of Heinrich von Kleist
日本文体論学会 第101回大会   23 Jun 2012   
欧州評議会語学力評価基準について―Niveau A1,A2―を中心に
渡辺徳夫
桜門ドイツ文学会   10 Dec 2004   
独検の会話問題の傾向・分析
渡辺徳夫
Research Institute Educational Systems Nihon University   24 Jun 2003   
ドイツ語技能検定試験(4級)の傾向―文法問題を中心に―
渡辺徳夫
桜門ドイツ文学会   Jul 1999   
クライストの『ホンブルク公子』における矛盾について
渡辺徳夫
日本大学独文学科 学術研究発表会   Nov 1996   

Research Grants & Projects

 
1、H.v.クライストを中心とした西欧演劇 2、ドイツ語教育 3、ドイツ語圏における能狂言の受容
Project Year: Apr 2018 - Mar 2019
1、H.v.クライストを中心とした西欧演劇 2、ドイツ語教育 3、ドイツ語圏における能狂言の受容
Project Year: Apr 2017 - Mar 2018
1、H.v.クライストを中心とした西欧演劇 2、ドイツ語教育 3、ドイツ語圏における能狂言の受容
Project Year: Apr 2016 - Mar 2017
1、H.v.クライストを中心とした西欧演劇 2、ドイツ語教育 3、ドイツ語圏における能狂言の受容
Project Year: Apr 2015 - Mar 2016
1、H.v.クライストを中心とした西欧演劇 2、ドイツ語教育 3、ドイツ語圏における能狂言の受容
Project Year: Apr 2014 - Mar 2015

Others

 
翻訳 喜劇 六人僧
F.A.ユンカー・フォン・ランゲッグによる狂言『六人僧』独訳の翻訳