置田 真生

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/14 05:16
 
アバター
研究者氏名
置田 真生
学位
博士(情報科学)(大阪大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2007年3月
大阪大学 大学院情報科学研究科 コンピュータサイエンス専攻
 
 
 - 
2003年
大阪大学 基礎工学研究科 情報数理系専攻
 
 
 - 
2001年
大阪大学 基礎工学部 情報科学科
 

受賞

 
2003年
電気通信普及財団 第18回テレコムシステム技術学生賞
 

論文

 
Tomohiro Okuyama, Masao Okita, Takeshi Abe, Yoshiyuki Asai, Hiroaki Kitano, Taishin Nomura, Kenichi Hagihara
IEEE Transactions on Parallel and Distributed Systems   25(8) 1966-1975   2014年8月   [査読有り]
MapReduce を用いたグラフアプリケーションにおける重複メッセージの排除による高速化
黒松信行, 置田真生, 萩原兼一
第11回先進的計算基盤システムシンポジウム論文集      2013年5月   [査読有り]
An Open Platform toward Large-scale Multilevel Modeling and Simulation of Physiological Systems
Yoshiyuki Asai, Taishin Nomura, Hideki Oka, Takeshi Abe, Masao Okita, Kenichi Hagihara, Hiroaki Kitano
In Proceedings of the 11th IEEE/IPSJ International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2011)      2011年7月   [査読有り]
A versatile platform for multilevel modeling of physiological systems: Template/instance framework for large-scale modeling and simulation
Yoshiyuki Asai, Takeshi Abe, Hideki Oka, Masao Okita, Tomohiro Okuyama, Kenichi Hagihara, Samik Ghosh, Yukiko Matsuoka, Hiroaki Kitano
   2013年7月   [査読有り]
Yoshiyuki Asai, Takeshi Abe, Hideki Oka, Masao Okita, Ken ichi Hagihara, Samik Ghosh, Yukiko Matsuoka, Yoshihisa Kurachi, Taishin Nomura, and Hiroaki Kitano
Advanced Biomedical Engineering   3 50-58   2014年5月   [査読有り]

Misc

 
メッセージ通信プログラムの改善可能性を評価するための性能予測ツール
情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム   Vol. 44, No. SIG 11(ACS 3), pp. 101--110    2003年
MPI-PreDebugger:通信依存解析に基づくメッセージ通信並列プログラム向けデバッグ支援ツール
情報処理学会論文誌:ハイパフォーマンスコンピューティングシステム   Vol. 43, No. SIG6(HPS), pp.88—98    2002年
複数の並列計算環境に対応したMapReduceのPythonによる実装
情報処理学会研究報告   2009-ARC-177    2009年
MPIプログラムにおける大規模な実行履歴生成の検討
情報処理学会研究報告   2004-HPC-98, pp.19-24    2004年

Works

 
GPGPUの並列プログラミングモデルの研究
2009年

競争的資金等の研究課題

 
並列プログラムにおける性能改善支援
その他の研究制度
研究期間: 2003年 - 2004年