出水 庸介

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/19 09:56
 
アバター
研究者氏名
出水 庸介
 
デミズ ヨウスケ
URL
http://www.nihs.go.jp/doc/index.html
所属
厚生労働省 国立医薬品食品衛生研究所
部署
有機化学部
職名
部長
学位
博士(薬学)(九州大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
横浜市立大学大学院 生命医科学研究科 大学院客員教授
 
2017年4月
 - 
現在
国立医薬品食品衛生研究所 有機化学部 部長
 
2016年4月
 - 
現在
長崎大学 非常勤講師
 
2013年4月
 - 
2014年3月
東京工業大学 非常勤講師
 
2011年12月
 - 
2017年3月
国立医薬品食品衛生研究所 有機化学部 室長
 
2012年2月
 - 
2013年1月
ウィスコンシン大学マディソン校 JSPS海外特別研究員
 
2011年4月
 - 
2011年11月
国立医薬品食品衛生研究所 有機化学部 主任研究官
 
2008年12月
 - 
2011年3月
国立医薬品食品衛生研究所有機化学部 研究員
 
2006年1月
 - 
2008年11月
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 助教
 
2004年4月
 - 
2005年12月
徳島文理大学香川薬学部 助手
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2006年3月
九州大学大学院 薬学府 創薬科学
 
1997年4月
 - 
2001年3月
九州大学 薬学部 
 

委員歴

 
2019年
 - 
現在
依存性薬物検討会委員
 
2019年
 - 
現在
日本薬学会代議員
 
2018年
 - 
現在
厚生労働省薬事食品衛生審議会薬事分科会委員
 
2018年
 - 
現在
厚生労働省薬事食品衛生審議会指定薬物部会委員
 
2018年
 - 
現在
ICH-M7専門家会議副トピックリーダー
 
2017年4月
 - 
現在
独立行政法人医薬品医療機器総合機構 医薬品一般名称委員会委員
 
2015年9月
 - 
現在
独立行政法人医薬品医療機器総合機構  日本薬局方原案審議委員会化学薬品委員会委員
 
2011年11月
 - 
現在
独立行政法人医薬品医療機器総合機構  日本薬局方原案審議委員会医薬品名称委員会委員
 

受賞

 
2014年
2014年日本ペプチド学会奨励賞
 
2010年
2010年有機合成化学協会 研究企画賞(カネカ)
 
2006年
2006年有機合成化学協会研究企画賞(大正製薬)
 
2003年
第20回日本薬学会九州支部大会優秀発表賞
 

論文

 
Misawa T, Ohoka N, Oba M, Yamashita H, Tanaka M, Naito M, Demizu Y
Chemical communications (Cambridge, England)   55(54) 7792-7795   2019年6月   [査読有り]
Masada S, Tsuji G, Arai R, Uchiyama N, Demizu Y, Tsutsumi T, Abe Y, Akiyama H, Hakamatsuka T, Izutsu KI, Goda Y, Okuda H
Scientific reports   9(1) 11852   2019年8月   [査読有り]
Sakai-Kato K, Yoshida K, Ohgita T, Takechi-Haraya Y, Demizu Y, Saito H
Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry      2019年7月   [査読有り]
Tsuji G, Hattori T, Kato M, Hakamata W, Inoue H, Naito M, Kurihara M, Demizu Y, Shoda T
Bioorganic & medicinal chemistry   26(20) 5494-5498   2018年9月   [査読有り]
Koba Y, Ueda A, Oba M, Doi M, Kato T, Demizu Y, Tanaka M
Organic letters   20(24) 7830-7834   2018年11月   [査読有り]
Misawa T, Tsuji G, Takahashi T, Ochiai E, Takagi KI, Horie K, Kakuda S, Takimoto-Kamimura M, Kurihara M, Demizu Y
Bioorganic & medicinal chemistry   26(23-24) 6146-6152   2018年12月   [査読有り]
Tsutsumi T, Akiyama H, Demizu Y, Uchiyama N, Masada S, Tsuji G, Arai R, Abe Y, Hakamatsuka T, Izutsu KI, Goda Y, Okuda H
Biological & pharmaceutical bulletin   42(4) 547-551   2019年2月   [査読有り]
Misawa T, Goto C, Shibata N, Hirano M, Kikuchi Y, Naito M, Demizu Y
MedChemComm   10(6) 896-900   2019年6月   [査読有り]
Mizuno M, Mori K, Misawa T, Takaki T, Demizu Y, Shibanuma M, Fukuhara K
Bioorganic & medicinal chemistry letters      2019年7月   [査読有り]
Oba M, Umezawa N, Demizu Y
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   139(4) 579-580   2019年   [査読有り]
Takashi Misawa, Chihiro Goto, Norihito Shibata, Motoharu Hirano, Yutaka Kikuchi, Mikihiko Naito, Yosuke Demizu
MedChemComm      2019年   [査読有り]
Kobayashi H, Misawa T, Oba M, Hirata N, Kanda Y, Tanaka M, Matsuno K, Demizu Y
Chemical & pharmaceutical bulletin   66(5) 575-580   2018年   [査読有り]
Eto R, Misawa T, Noguchi-Yachide T, Ohoka N, Kurihara M, Naito M, Tanaka M, Demizu Y
Bioorganic & medicinal chemistry   26(8) 1638-1642   2018年2月   [査読有り]
Eto R, Oba M, Ueda A, Uku T, Doi M, Matsuo Y, Tanaka T, Demizu Y, Kurihara M, Tanaka M
Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   23(72) 18120-18124   2017年12月   [査読有り]
Tsuji G, Misawa T, Doi M, Demizu Y.
ACS Omega   3(6) 6395-6399   2018年6月   [査読有り]
Okitsu K, Hattori T, Misawa T, Shoda T, Kurihara M, Naito M, Demizu Y
Journal of medicinal chemistry   61(2) 576-582   2017年5月   [査読有り]
Kobayashi H, Misawa T, Matsuno K, Demizu Y
The Journal of organic chemistry   82(19) 10722-10726   2017年9月   [査読有り]
Misawa T, Kanda Y, Demizu Y
Bioconjugate chemistry   28(12) 3029-3035   2017年12月   [査読有り]
Hattori T, Okitsu K, Yamazaki N, Ohoka N, Shibata N, Misawa T, Kurihara M, Demizu Y, Naito M
Bioorganic & medicinal chemistry letters   27(18) 4478-4481   2017年9月   [査読有り]
Ohoka N, Misawa T, Kurihara M, Demizu Y, Naito M
Bioorganic & medicinal chemistry letters   27(22) 4985-4988   2017年11月   [査読有り]
Misawa T, Imamura M, Ozawa Y, Haishima K, Kurihara M, Kikuchi Y, Demizu Y
Bioorganic & medicinal chemistry letters   27(17) 3950-3953   2017年9月   [査読有り]
Okitsu K, Misawa T, Shoda T, Kurihara M, Demizu Y
Bioorganic & medicinal chemistry letters   27(15) 3417-3422   2017年8月   [査読有り]
Sugiyama T, Hasegawa G, Niikura C, Kuwata K, Imamura Y, Demizu Y, Kurihara M, Kittaka A
Bioorganic & medicinal chemistry letters   27(15) 3337-3341   2017年8月   [査読有り]
Furukawa K, Oba M, Toyama K, Opiyo GO, Demizu Y, Kurihara M, Doi M, Tanaka M
Organic & biomolecular chemistry   15(30) 6302-6305   2017年8月   [査読有り]
Misawa T, Tanaka K, Demizu Y, Kurihara M
Bioorganic & medicinal chemistry letters   27(11) 2590-2593   2017年3月   [査読有り]
Okuhira K, Shoda T, Omura R, Ohoka N, Hattori T, Shibata N, Demizu Y, Sugihara R, Ichino A, Kawahara H, Itoh Y, Ishikawa M, Hashimoto Y, Kurihara M, Itoh S, Saito H, Naito M
Molecular pharmacology   91(3) 159-166   2017年3月   [査読有り]
Yamashita H, Misawa T, Oba M, Tanaka M, Naito M, Kurihara M, Demizu Y
Bioorganic & medicinal chemistry   25(6) 1846-1851   2017年3月   [査読有り]
Yamashita H, Kato T, Oba M, Misawa T, Hattori T, Ohoka N, Tanaka M, Naito M, Kurihara M, Demizu Y
Scientific reports   6 33003   2016年9月   [査読有り]
Shoda T, Kato M, Fujisato T, Misawa T, Demizu Y, Inoue H, Naito M, Kurihara M
Bioorganic & medicinal chemistry   24(13) 2914-2919   2016年5月   [査読有り]
Demizu Y, Shibata N, Hattori T, Ohoka N, Motoi H, Misawa T, Shoda T, Naito M, Kurihara M
Bioorganic & medicinal chemistry letters   26(20) 4865-4869   2016年9月   [査読有り]
Demizu Y, Doi M, Yamashita H, Misawa T, Oba M, Kurihara M, Suemune H, Tanaka M
Biopolymers   106(5) 757-768   2016年9月   [査読有り]
Tamoxifen and fulvestrant hybrids showed potency as selective estrogen receptor down-regulators.
Shoda T, Kato M, Fujisato T, Demizu Y, Inoue H, Naito M, Kurihara M
Medicinal chemistry (Shariqah (United Arab Emirates))      2016年8月   [査読有り]
Okuhira K, Demizu Y, Hattori T, Ohoka N, Shibata N, Kurihara M, Naito M
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1366 549-560   2016年   [査読有り]
Demizu Y, Ohoka N, Nagakubo T, Yamashita H, Misawa T, Okuhira K, Naito M, Kurihara M
Bioorganic & medicinal chemistry letters   26(11) 2655-2658   2016年6月   [査読有り]
Akiyama N, Takizawa N, Miyauchi M, Yanai H, Tateishi R, Shinzawa M, Yoshinaga R, Kurihara M, Demizu Y, Yasuda H, Yagi S, Wu G, Matsumoto M, Sakamoto R, Yoshida N, Penninger JM, Kobayashi Y, Inoue J, Akiyama T
The Journal of experimental medicine   213(8) 1441-1458   2016年7月   [査読有り]
Sugiyama T, Kuwata K, Imamura Y, Demizu Y, Kurihara M, Takano M, Kittaka A
Chemical & pharmaceutical bulletin   64(7) 817-823   2016年   [査読有り]
Kato T, Yamashita H, Misawa T, Nishida K, Kurihara M, Tanaka M, Demizu Y, Oba M
Bioorganic & medicinal chemistry   24(12) 2681-2687   2016年4月   [査読有り]
Demizu Y, Yamashita H, Doi M, Misawa T, Oba M, Tanaka M, Kurihara M
The Journal of organic chemistry   80(17) 8597-8603   2015年9月   [査読有り]
Demizu Y, Misawa T, Nagakubo T, Kanda Y, Okuhira K, Sekino Y, Naito M, Kurihara M
Bioorganic & medicinal chemistry   23(15) 4132-4138   2015年8月   [査読有り]
Misawa T, Yorioka M, Demizu Y, Noguchi-Yachide T, Ohoka N, Kurashima-Kinoshita M, Motoyoshi H, Nojiri H, Kittaka A, Makishima M, Naito M, Kurihara M
Bioorganic & medicinal chemistry letters   25(22) 5362-5366   2015年9月   [査読有り]
Yamashita H, Oba M, Misawa T, Tanaka M, Hattori T, Naito M, Kurihara M, Demizu Y
Chembiochem : a European journal of chemical biology   17(2) 137-140   2015年11月   [査読有り]
Koba Y, Hirata Y, Ueda A, Oba M, Doi M, Demizu Y, Kurihara M, Tanaka M
Biopolymers      2015年11月   [査読有り]
Sakakibara N, Balboni G, Congiu C, Onnis V, Demizu Y, Misawa T, Kurihara M, Kato Y, Maruyama T, Toyama M, Okamoto M, Baba M
Antiviral chemistry & chemotherapy   24(2) 62-71   2015年4月   [査読有り]
Sakakibara N, Igarashi J, Takata M, Demizu Y, Misawa T, Kurihara M, Konishi R, Kato Y, Maruyama T, Tsukamoto I
Chemical & pharmaceutical bulletin   63(9) 701-709   2015年   [査読有り]
Demizu Y, Oba M, Okitsu K, Yamashita H, Misawa T, Tanaka M, Kurihara M, Gellman SH
Organic & biomolecular chemistry   13(20) 5617-5620   2015年4月   [査読有り]
Oba M, Demizu Y, Yamashita H, Kurihara M, Tanaka M
Bioorganic & medicinal chemistry   23(15) 4911-4918   2015年8月   [査読有り]
Sakakibara N, Baba M, Okamoto M, Toyama M, Demizu Y, Misawa T, Kurihara M, Irie K, Kato Y, Maruyama T
Antiviral chemistry & chemotherapy   24(1) 3-18   2015年2月   [査読有り]
Shoda T, Kato M, Harada R, Fujisato T, Okuhira K, Demizu Y, Inoue H, Naito M, Kurihara M
Bioorganic & medicinal chemistry   23(13) 3091-3096   2015年7月   [査読有り]
Misawa T, Demizu Y, Kawamura M, Yamagata N, Kurihara M
Bioorganic & medicinal chemistry   23(5) 1055-1061   2015年3月   [査読有り]
Usui K, Yamamoto K, Shimizu T, Okazumi M, Mei B, Demizu Y, Kurihara M, Suemune H
The Journal of organic chemistry   80(12) 6502-6508   2015年6月   [査読有り]
Demizu Y, Yamashita H, Misawa T, Doi M, Tanaka M, Kurihara M
Chemical & pharmaceutical bulletin   63(3) 218-224   2015年   [査読有り]
Yamada S, Kotake Y, Demizu Y, Kurihara M, Sekino Y, Kanda Y
Scientific reports   4 5952   2014年8月   [査読有り]
Oba M, Takazaki H, Kawabe N, Doi M, Demizu Y, Kurihara M, Kawakubo H, Nagano M, Suemune H, Tanaka M
The Journal of organic chemistry   79(19) 9125-9140   2014年10月   [査読有り]
Nagakubo T, Demizu Y, Kanda Y, Misawa T, Shoda T, Okuhira K, Sekino Y, Naito M, Kurihara M
Bioconjugate chemistry   25(11) 1921-1924   2014年11月   [査読有り]
Yamashita H, Demizu Y, Shoda T, Sato Y, Oba M, Tanaka M, Kurihara M
Bioorganic & medicinal chemistry   22(8) 2403-2408   2014年4月   [査読有り]
Shoda T, Okuhira K, Kato M, Demizu Y, Inoue H, Naito M, Kurihara M
Bioorganic & medicinal chemistry letters   24(1) 87-89   2014年1月   [査読有り]
Demizu Y, Yamashita H, Yamazaki N, Sato Y, Doi M, Tanaka M, Kurihara M
The Journal of organic chemistry   78(23) 12106-12113   2013年12月   [査読有り]
Okuhira Keiichiro, Demizu Yosuke, Hattori Takayuki, Ohoka Nobumichi, Shibata Norihito, Nishimaki-Mogami Tomoko, Okuda Haruhiro, Kurihara Masaaki, Naito Mikihiko
MOLECULAR CANCER THERAPEUTICS   12(11)    2013年11月   [査読有り]
Zaima K, Wakana D, Demizu Y, Kumeta Y, Kamakura H, Maruyama T, Kurihara M, Goda Y
Journal of natural medicines   68(2) 432-435   2013年11月   [査読有り]
Sakakibara N, Hamasaki T, Baba M, Demizu Y, Kurihara M, Irie K, Iwai M, Asada E, Kato Y, Maruyama T
Bioorganic & medicinal chemistry   21(18) 5900-5906   2013年9月   [査読有り]
Yamazaki N, Demizu Y, Sato Y, Doi M, Kurihara M
The Journal of organic chemistry   78(19) 9991-9994   2013年9月   [査読有り]
Okuhira K, Demizu Y, Hattori T, Ohoka N, Shibata N, Nishimaki-Mogami T, Okuda H, Kurihara M, Naito M
Cancer science   104(11) 1492-1498   2013年8月   [査読有り]
Demizu Y, Nagoya S, Shirakawa M, Kawamura M, Yamagata N, Sato Y, Doi M, Kurihara M
Bioorganic & medicinal chemistry letters   23(15) 4292-4296   2013年6月   [査読有り]
Demizu Y, Nagoya S, Doi M, Sato Y, Tanaka M, Kurihara M
The Journal of organic chemistry   77(20) 9361-9365   2012年10月   [査読有り]
Demizu Y, Yabuki YU, Doi M, Sato Y, Tanaka M, Kurihara M
Journal of peptide science : an official publication of the European Peptide Society      2012年5月   [査読有り]
Demizu Y, Doi M, Kurihara M, Maruyama T, Suemune H, Tanaka M
Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   18(8) 2430   2012年2月   [査読有り]
Demizu Y, Okuhira K, Motoi H, Ohno A, Shoda T, Fukuhara K, Okuda H, Naito M, Kurihara M
Bioorganic & medicinal chemistry letters   22 1793-1796   2012年2月   [査読有り]
Kuriyama M, Takeichi T, Ito M, Yamasaki N, Yamamura R, Demizu Y, Onomura O
Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   18(9) 2477-2480   2012年2月   [査読有り]
DEMIZU Yosuke, DOI Mitsunobu, KURIHARA Masaaki, MARUYAMA Tokumi, SUEMUNE Hiroshi, TANAKA Masakazu
Chem Eur J   18(8) 2430-2439   2012年
Sugiyama T, Imamura Y, Demizu Y, Kurihara M, Takano M, Kittaka A
Bioorganic & medicinal chemistry letters   21(24) 7317-7320   2011年12月   [査読有り]
Demizu Y, Takahashi T, Kaneko F, Sato Y, Okuda H, Ochiai E, Horie K, Takagi K, Kakuda S, Takimoto-Kamimura M, Kurihara M
Bioorganic & medicinal chemistry letters   21(20) 6104-6107   2011年10月   [査読有り]
Demizu Y, Doi M, Sato Y, Tanaka M, Okuda H, Kurihara M
Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   17(40) 11107-11109   2011年9月   [査読有り]
DEMIZU Yosuke, YAMAGATA Nanako, YAMAGATA Nanako, NAGOYA Saori, SATO Yukiko, DOI Mitsunobu, TANAKA Masakazu, NAGASAWA Kazuo, OKUDA Haruhiro, KURIHARA Masaaki
Tetrahedron   67(34) 6155-6165   2011年8月
Demizu Y, Doi M, Kurihara M, Okuda H, Nagano M, Suemune H, Tanaka M
Organic & biomolecular chemistry   9(9) 3303-3312   2011年5月   [査読有り]
Demizu Y, Doi M, Sato Y, Tanaka M, Okuda H, Kurihara M
Journal of peptide science : an official publication of the European Peptide Society   17(6) 420-426   2011年6月   [査読有り]

Misc

 
江藤諒, 大庭誠, 上田篤志, 土井光暢, 出水庸介, 栗原正明, 田中正一
次世代を担う有機化学シンポジウム講演要旨集   16th 40‐41   2018年5月
三澤隆史, 大岡伸通, 大庭誠, 田中正一, 内藤幹彦, 出水庸介
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   34th 215-215   2018年5月
出水庸介, 三澤隆史, 栗原正明
反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集   43rd 38   2017年10月
出水庸介
薬学研究の進歩   34(34) 51‐57-57   2018年3月
杉山亨, 小原美咲, 桑田啓子, 今村保忠, 出水庸介, 栗原正明, 橘高敦史
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   138th ROMBUNNO.27PA‐am110   2018年
江藤諒, 大庭誠, 上田篤志, 土井光暢, 出水庸介, 栗原正明, 宇久翼, 田中正一
反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集   43rd 152   2017年10月
小林寛幸, 小林寛幸, 三澤隆史, 松野研司, 出水庸介
反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集   43rd 147   2017年10月
小林寛幸, 小林寛幸, 三澤隆史, 大庭誠, 田中正一, 内藤幹彦, 松野研司, 出水庸介
複素環化学討論会講演要旨集   47th 174   2017年10月
古場百合恵, 池田光生, 上田篤志, 大庭誠, 出水庸介, 土井光暢, 田中正一
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   138th ROMBUNNO.26M‐pm01   2018年
小林寛幸, 小林寛幸, 三澤隆史, 内藤幹彦, 松野研司, 出水庸介
日本薬学会関東支部大会講演要旨集   61st 110   2017年9月
河村麻衣子, 三澤隆史, 出水庸介, 花尻(木倉)瑠理, 袴塚高志
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   138th ROMBUNNO.26PA‐am394   2018年
三澤隆史, 出水庸介
日本薬学会関東支部大会講演要旨集   61st 180   2017年9月
江藤諒, 大庭誠, 上田篤志, 土井光暢, 出水庸介, 栗原正明, 宇久翼, 田中正一
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   138th ROMBUNNO.26P‐am07S   2018年
古場百合恵, 池田光生, 上田篤志, 大庭誠, 出水庸介, 栗原正明, 田中正一
化学関連支部合同九州大会・外国人研究者交流国際シンポジウム講演予稿集   54th 63   2017年7月
辻厳一郎, 小林寛幸, 小林寛幸, 三澤隆史, 木下恵愛, 松野研司, 出水庸介
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   138th(2) ROMBUNNO.27PA‐am079-138   2018年3月
二次構造制御を基盤とした膜透過性ペプチドの開発
三澤 隆史, 小林 寛幸, 大庭 誠, 田中 正一, 栗原 正明, 出水 庸介
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   33回 225-225   2017年6月
三澤隆史, 大岡伸通, 大庭誠, 田中正一, 内藤幹彦, 栗原正明, 出水庸介
次世代を担う有機化学シンポジウム講演要旨集   15th 28‐29   2017年5月
三澤隆史, 諫田泰成, 出水庸介
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   138th ROMBUNNO.27PA‐am080   2018年
三澤隆史, 出水庸介, 栗原正明
ビタミン   91(4) 300   2017年4月
三澤 隆史, 出水 庸介, 大岡 伸通, 内藤 幹彦, 栗原 正明, 谷内出 友美, 野尻 久雄, 橘高 敦史, 槇島 誠
ビタミン   91(2) 113-120   2018年
三澤隆史, 出水庸介, 谷内出友美, 大岡伸通, 野尻久雄, 橘高敦史, 槇島誠, 内藤幹彦, 栗原正明
ビタミン   91(2) 113‐120-120   2017年2月
池田光生, 古場百合恵, 上田篤志, 大庭誠, 出水庸介, 栗原正明, 田中正一
日本薬学会九州支部大会講演要旨集   34th 89   2017年11月
三澤隆史, 三澤隆史, 大岡伸通, 山下博子, 服部隆行, 加藤巧馬, 大庭誠, 田中正一, 内藤幹彦, 出水庸介, 栗原正明
日本バイオマテリアル学会シンポジウム予稿集   2016 248   2016年11月
出水庸介, 三澤隆史, 山下博子, 大庭誠, 田中正一, 内藤幹彦, 栗原正明
メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集   34th 64   2016年11月
杉山亨, 長谷川元気, 新倉千絵, 桑田啓子, 今村保忠, 出水庸介, 栗原正明, 高野真史, 橘高敦史
メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集   34th 71   2016年11月
古場百合恵, 上田篤志, 大庭誠, 出水庸介, 土井光暢, 田中正一
メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集   35th 171   2017年10月
正田卓司, 藤里卓磨, 藤里卓磨, 三澤隆史, 出水庸介, 井上英史, 内藤幹彦, 栗原正明
反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集   42nd 134   2016年10月
杉山亨, 小原美咲, 桑田啓子, 今村保忠, 出水庸介, 栗原正明, 橘高敦史
メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集   35th 70   2017年10月
出水庸介, 沖津航陽, 沖津航陽, 服部隆行, 三澤隆史, 内藤幹彦, 栗原正明
反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集   42nd 20   2016年10月
大庭誠, 古川かほり, 遠山琴美, OPIYO George Ouma, 出水庸介, 栗原正明, 土井光暢, 田中正一
メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集   35th 66   2017年10月
田中克哉, 出水庸介
東京生化学研究会助成研究報告集   30 292‐298   2016年9月
小林寛幸, 小林寛幸, 三澤隆史, 大庭誠, 田中正一, 内藤幹彦, 松野研司, 出水庸介
メディシナルケミストリーシンポジウム講演要旨集   35th 67   2017年10月
沖津航陽, 沖津航陽, 服部隆行, 出水庸介, 三澤隆史, 正田卓司, 内藤幹彦, 栗原正明
日本薬学会関東支部大会講演要旨集   60th (CD-ROM) ROMBUNNO.C‐09   2016年9月
三澤隆史, 山下博子, 加藤巧馬, 大岡伸通, 服部隆行, 大庭誠, 田中正一, 内藤幹彦, 出水庸介, 栗原正明
日本薬学会関東支部大会講演要旨集   60th (CD-ROM) ROMBUNNO.C‐10   2016年9月
杉山亨, 桑田啓子, 今村保忠, 出水庸介, 栗原正明, 高野真史, 橘高敦史
複素環化学討論会講演要旨集   46th 309‐310   2016年9月
出水庸介, 小林寛幸, 小林寛幸, 山下博子, 三澤隆史, 大庭誠, 田中正一, 松野研司, 栗原正明
複素環化学討論会講演要旨集   46th 25‐26   2016年9月
Takashi Misawa, Takuma Fujisato, Yasunari Kanda, Nobumichi Ohoka, Takuji Shoda, Momoko Yorioka, Makoto Makishima, Yuko Sekino, Mikihiko Naito, Yosuke Demizu, Masaaki Kurihara
MedChemComm   8 239-246   2017年1月
© The Royal Society of Chemistry. Estrogen receptors (ERs) are a family of nuclear receptors (NRs) that regulate physiological effects such as reproduction and bone homeostasis. It has been reported that approximately 70% of human breast cancers a...
Yurie Koba, Atsushi Ueda, Makoto Oba, Mitsunobu Doi, Yosuke Demizu, Masaaki Kurihara, Masakazu Tanaka
ChemistrySelect   2 8108-8114   2017年1月
© 2017 Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim l–Leu-based heteropeptides having (R)- or (S)-chiral five-membered carbocyclic ring amino acids (Ac 5 c 3EG ) with an ethylene acetal moiety were prepared. A conformational analysis using FT-IR a...
古場百合恵, 池田光生, 上田篤志, 大庭誠, 出水庸介, 栗原正明, 田中正一
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   137th ROMBUNNO.25PA‐am092   2017年
三澤隆史, 大岡伸通, 山下博子, 加藤巧馬, 大庭誠, 田中正一, 内藤幹彦, 出水庸介, 栗原正明
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   137th(2) ROMBUNNO.26U‐am13-106   2017年3月
正田卓司, 藤里卓磨, 藤里卓磨, 三澤隆史, 出水庸介, 井上英史, 内藤幹彦, 栗原正明
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   137th(2) ROMBUNNO.27PA‐am037-231   2017年3月
杉山亨, 長谷川元気, 新倉千絵, 桑田啓子, 今村保忠, 出水庸介, 栗原正明, 橘高敦史
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   137th(2) ROMBUNNO.25PA‐pm119-182   2017年3月
大岡伸通, 鈴木孝昌, 橋井則貴, 出水庸介, 栗原正明, 石井明子, 内藤幹彦
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   137th ROMBUNNO.26PB‐am171   2017年
はい島一史, 出水庸介, 三澤隆史, 菊池裕, 栗原正明
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   137th(2) ROMBUNNO.27PA‐am031S-230   2017年3月
沖津航陽, 沖津航陽, 服部隆行, 出水庸介, 三澤隆史, 正田卓司, 内藤幹彦, 栗原正明
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   137th(2) ROMBUNNO.26R‐am13S-92   2017年3月
小林寛幸, 小林寛幸, 出水庸介, 三澤隆史, 山下博子, 大庭誠, 田中正一, 松野研司, 栗原正明
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   137th(2) ROMBUNNO.27PA‐am010-226   2017年3月
三澤隆史, 山下博子, 出水庸介, 服部隆行, 原矢佑樹, 加藤巧馬, 大庭誠, 加藤くみ子, 田中正一, 合田幸広, 内藤幹彦, 栗原正明
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   32nd 190   2016年6月
Yosuke Demizu, Kohei Tsutsui, Takashi Misawa, Masaaki Kurihara
MolBank   2016(2)    2016年6月
© 2016 by the authors; licensee MDPI, Basel, Switzerland. The title compound was prepared by inducing amide bond formation between 1,4-bis(aminomethyl)benzene and tripeptide Ac-Phe-Gly-Ala-OH. The structure of the synthesized compound was determin...
Atsushi Ueda, Makoto Oba, Yuki Izumi, Yasuhito Sueyoshi, Mitsunobu Doi, Yosuke Demizu, Masaaki Kurihara, Masakazu Tanaka
Tetrahedron   72(39) 5864-5871   2016年9月
© 2016 Elsevier LtdThe chiral deuterium- and 13C-isotope-labeled α-aminoisobutyric acids CD3-Aib and 13CH3-Aib were enantioselectively synthesized from L-Ala aldimine using simplified Maruoka chiral phase-transfer catalysts. Homo-chiral (S)-CD3-Ai...
二次構造制御に基づく高膜透過性ペプチドの開発
三澤 隆史, 山下 博子, 出水 庸介, 服部 隆行, 原矢 佑樹, 加藤 巧馬, 大庭 誠, 加藤 くみ子, 田中 正一, 合田 幸広, 内藤 幹彦, 栗原 正明
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   32回 190-190   2016年6月
出水庸介, 山下博子, 三澤隆史, 大庭誠, 田中正一, 栗原正明
次世代を担う有機化学シンポジウム講演要旨集   14th 48‐49   2016年5月
三澤隆史, 出水庸介, 谷内出友美, 大岡伸通, 野尻久雄, 橘高敦史, 槇島誠, 内藤幹彦, 栗原正明
ビタミン   90(4) 197   2016年4月
ビタミンD受容体(VDR)の活性を制御するノンセコステロイド型VDRリガンドの創製
三澤 隆史, 出水 庸介, 谷内出 友美, 大岡 伸通, 野尻 久雄, 橘高 敦史, 槇島 誠, 内藤 幹彦, 栗原 正明
ビタミン   90(4) 197-197   2016年4月
Hisタグタンパク質分解誘導分子の開発
沖津 航陽, 服部 隆行, 出水 庸介, 三澤 隆史, 正田 卓司, 内藤 幹彦, 栗原 正明
日本薬学会年会要旨集   136年会(2) 66-66   2016年3月
環境応答型二次構造変化を利用した細胞膜高透過性ペプチドの開発
山下 博子, 出水 庸介, 加藤 巧馬, 大岡 伸通, 三澤 隆史, 服部 隆行, 田中 正一, 内藤 幹彦, 大庭 誠, 栗原 正明
日本薬学会年会要旨集   136年会(2) 78-78   2016年3月
ヘリカルプロモーター導入によるオリゴアルギニンの構造制御と膜透過能への効果
三澤 隆史, 山下 博子, 加藤 巧馬, 服部 隆行, 大庭 誠, 田中 正一, 内藤 幹彦, 出水 庸介, 栗原 正明
日本薬学会年会要旨集   136年会(2) 80-80   2016年3月
二次構造制御に基づく抗菌ペプチドフォルダマーの開発
小澤 佑斗, 出水 庸介, 三澤 隆史, 菊池 裕, 栗原 正明
日本薬学会年会要旨集   136年会(2) 158-158   2016年3月
Yosuke Demizu, Koyo Okitsu, Mitsunobu Doi, Takashi Misawa, Makoto Oba, Masakazu Tanaka, Masaaki Kurihara
ChemistrySelect   1 5805-5811   2016年1月
© 2016 Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim A dodecapeptide, Boc-( L -Leu- L -Leu-Aib- L -Leu- D -Leu-Aib) 2 -OMe (2), was designed and synthesized to investigate the influence of L -Leu to D -Leu residue replacement on the helical seconda...
Yosuke Demizu, Hiroko Yamashita, Hiroko Yamashita, Takashi Misawa, Mitsunobu Doi, Makoto Oba, Masakazu Tanaka, Masaaki Kurihara, Masaaki Kurihara
European Journal of Organic Chemistry   2016(4) 846-846   2016年1月
© 2015 WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim. A homochiral L-Leu-L-Leu-Aib segment was incorporated into the N- or C-termini of left-handed (M) helical peptides (D-Leu-L-Leu-Aib)n. We then investigated the preferred conformations of two sets ...
Yosuke Demizu, Koyo Okitsu, Hiroko Yamashita, Mitsunobu Doi, Takashi Misawa, Makoto Oba, Masakazu Tanaka, Masaaki Kurihara
European Journal of Organic Chemistry   2016(16) 2820-2820   2016年1月
© 2016 WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, WeinheimWe investigated the preferred conformations of l-Leu-Aib-alternating peptides, Boc-(l-Leu-Aib)n-OMe (n = 1: 1, 2: 2, 3: 3, 4: 4, 5: 5), in solution and in the crystalline state. Peptides that contai...
エストロゲン受容体分解誘導ペプチドの創製
出水 庸介, 大岡 伸通, 三澤 隆史, 内藤 幹彦, 栗原 正明
日本薬学会年会要旨集   136年会(2) 164-164   2016年3月
エストロゲン受容体分解活性を有するラロキシフェン誘導体の開発
正田 卓司, 加藤 雅士, 藤里 卓磨, 三澤 隆史, 出水 庸介, 井上 英史, 内藤 幹彦, 栗原 正明
日本薬学会年会要旨集   136年会(2) 168-168   2016年3月
小澤佑斗, 出水庸介, 三澤隆史, 菊池裕, 栗原正明
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   136th ROMBUNNO.28AB‐AM128   2016年
正田卓司, 加藤雅士, 加藤雅士, 藤里卓磨, 藤里卓磨, 三澤隆史, 出水庸介, 井上英史, 内藤幹彦, 栗原正明, 栗原正明
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   136th ROMBUNNO.28AB‐AM187   2016年
三澤隆史, 山下博子, 山下博子, 加藤巧馬, 服部隆行, 大庭誠, 田中正一, 内藤幹彦, 出水庸介, 栗原正明, 栗原正明
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   136th ROMBUNNO.28U‐PM20   2016年
古場百合恵, 上田篤志, 大庭誠, 土井光暢, 出水庸介, 栗原正明, 田中正一
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   136th ROMBUNNO.28AB‐PM052   2016年
出水庸介
QSARによる化学物質の有害性予測の迅速化・高度化に関する研究 平成27年度 総括・分担研究報告書   98‐133   2016年
出水庸介, 山下博子, 山下博子, 三澤隆史, 大庭誠, 田中正一, 栗原正明, 栗原正明
複素環化学討論会講演要旨集   45th 37-38   2015年11月
出水庸介
東京生化学研究会助成研究報告集   29 89-93   2015年7月
Nahoko Uchiyama, Yoshihiko Shimokawa, Ruri Kikura-Hanajiri, Yosuke Demizu, Yukihiro Goda, Takashi Hakamatsuka
Forensic Toxicology   33(2) 244-259   2015年7月
© 2015, Japanese Association of Forensic Toxicology and Springer Japan. Six new psychoactive substances were identified together with two other substances (compounds 1–8) in illegal products by our ongoing survey in Japan between January and July ...
榊原紀和, 五十嵐淳介, 高田麻紀, 出水庸介, 三澤隆史, 栗原正明, 小西良士, 加藤善久, 丸山徳見, 塚本郁子
複素環化学討論会講演要旨集   45th 243-244   2015年11月
Yosuke Demizu, Yosuke Demizu, Makoto Oba, Koyo Okitsu, Koyo Okitsu, Hiroko Yamashita, Hiroko Yamashita, Takashi Misawa, Masakazu Tanaka, Masaaki Kurihara, Masaaki Kurihara, Samuel H. Gellman
Organic and Biomolecular Chemistry   13 5617-5620   2015年5月
© The Royal Society of Chemistry 2015. A cyclic β-amino acid (APC < sup > Gu < /sup > ) bearing a side-chain guanidinium group has been developed. The APC < sup > Gu < /sup > residue was incorporated into an α/β-peptide based on the Tat(47-57) fr...
田中克哉, 田中克哉, 依岡桃子, 三澤隆史, 諫田泰成, 関野祐子, 出水庸介, 栗原正明
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   135th(2) ROMBUNNO.27PB-PM269S-239   2015年3月
大庭誠, 古川かほり, 加藤巧馬, 山下博子, 出水庸介, 栗原正明, 田中正一
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   31st 191   2015年6月
三澤隆史, 依岡桃子, 依岡桃子, 出水庸介, 大岡伸通, 木下恵愛, 槇島誠, 内藤幹彦, 栗原正明, 栗原正明
反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集   41st 54   2015年10月
Takayuki Hirata, Atsushi Ueda, Makoto Oba, Mitsunobu Doi, Yosuke Demizu, Masaaki Kurihara, Masanobu Nagano, Hiroshi Suemune, Masakazu Tanaka
Tetrahedron   71(16) 2409-2420   2015年4月
© 2015 Elsevier Ltd. All rights reserved. Abstract Two diastereomeric six-membered ring α,α-disubstituted α-amino acids (1R,3R)- and (1S,3R)-1-amino-3-methylcyclohexanecarboxylic acids (Ac6c3M); side-chain restricted leucine analogs, were stereose...
山下博子, 山下博子, 出水庸介, 三澤隆史, 大庭誠, 田中正一, 服部隆行, 内藤幹彦, 栗原正明, 栗原正明
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集   31st 186   2015年6月
山下博子, 山下博子, 出水庸介, 三澤隆史, 服部隆行, 大庭誠, 田中正一, 内藤幹彦, 栗原正明, 栗原正明
反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集   41st 142   2015年10月
三澤隆史, 依岡桃子, 出水庸介, 大岡伸通, 木下恵愛, 槇島誠, 内藤幹彦, 栗原正明, 栗原正明
日本薬学会関東支部大会講演要旨集   59th 151   2015年9月
Yosuke Demizu, Takashi Misawa, Nanako Yamagata, Mitsunobu Doi, Masaaki Kurihara
MolBank   2015(2)    2015年4月
© 2015 by the authors; licensee MDPI, Basel, Switzerland. The title compound was prepared by inducing amide bond formation between methyl 2-[(2-aminophenyl)ethynyl]benzoate and 2-[(2-acetamidophenyl)ethynyl]benzoic acid in the presence of dichloro...
出水庸介, 三澤隆史, 内山奈穂子, 花尻瑠理, 袴塚高志, 栗原正明
日本薬学会関東支部大会講演要旨集   59th 152   2015年9月
Hiroko Yamashita, Hiroko Yamashita, Yosuke Demizu, Takashi Misawa, Takuji Shoda, Masaaki Kurihara, Masaaki Kurihara
Tetrahedron   71(15) 2241-2245   2015年4月
© 2015 Elsevier Ltd All rights reserved. A new bis-cationic cyclic amino acid, 9-amino-3,7-diazabicyclo[3.3.1]nonane-9-carboxylic acid (9-amino-bispidine-9-carboxylic acid; Abp), which is available for both solution phase and solid phase peptide s...
依岡桃子, 依岡桃子, 三澤隆史, 出水庸介, 大岡伸通, 槙島誠, 南雲紳史, 内藤幹彦, 栗原正明
日本薬学会関東支部大会講演要旨集   59th 151   2015年9月
Kazuhiro Tanda, Kazuhiro Tanda, Ryo Eto, Kazuya Kato, Makoto Oba, Atsushi Ueda, Hiroshi Suemune, Mitsunobu Doi, Yosuke Demizu, Masaaki Kurihara, Masakazu Tanaka
Tetrahedron   71(23) 3909-3914   2015年3月
© 2015 Elsevier Ltd. All rights reserved. Chiral cyclic α,α-disubstituted α-amino acids with four chiral centers at their acetal moieties were synthesized. An X-ray crystallographic analysis of homo-chiral tripeptide with (2R,3R)-butane-2,3-diol a...
田中克哉, 田中克哉, 三澤隆史, 出水庸介, 諫田泰成, 槇島誠, 関野祐子, 内藤幹彦, 栗原正明, 栗原正明
日本薬学会関東支部大会講演要旨集   59th 162   2015年9月
榊原紀和, 馬場昌範, 岡本実佳, 外山政明, 出水庸介, 三澤隆史, 栗原正明, 入江晃司, 加藤善久, 丸山徳見
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   135th(2) ROMBUNNO.27PB-PM277-241   2015年3月
Makoto Oba, Naomi Kawabe, Hiroomi Takazaki, Yosuke Demizu, Mitsunobu Doi, Masaaki Kurihara, Hiroshi Suemune, Masakazu Tanaka
Tetrahedron   70(46) 8900-8907   2014年11月
© 2014 Elsevier Ltd. The chiral cyclic α,α-disubstituted α-amino acid, (3R,4R)-1-amino-3,4-diazido-1-cyclopentanecarboxylic acid [(R,R)-Ac5cdN3], was introduced into achiral α-aminoisobutyric acid (Aib) peptides. The azido groups of (R,R)-Ac5cdN3 ...
清水貴士, 山本耕介, メイ ビョウ, 出水庸介, 栗原正明, 末宗洋, 臼井一晃
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   135th ROMBUNNO.27PB-PM077S   2015年
山下博子, 出水庸介, 三澤隆史, 大庭誠, 田中正一, 栗原正明
反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集   40th 47   2014年10月
岡崎優祐, 出水庸介, 細谷翼, 栗原正明, 須原義智
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   135th ROMBUNNO.27PB-AM032   2015年
平田尚也, 山田茂, 出水庸介, 栗原正明, 関野祐子, 諫田泰成
日本薬理学会関東部会プログラム・要旨集   132nd 78   2015年
沖津航陽, 出水庸介, 三澤隆史, 正田卓司, 服部隆行, 内藤幹彦, 栗原正明
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   135th ROMBUNNO.27PB-AM266   2015年
江藤諒, 大庭誠, 上田篤志, 栗原正明, 出水庸介, 末宗洋, 田中正一
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   135th ROMBUNNO.27PB-PM091S   2015年
古場百合恵, 上田篤志, 大庭誠, 土井光暢, 出水庸介, 栗原正明, 田中正一
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   135th ROMBUNNO.27PB-AM074   2015年
山下博子, 出水庸介, 三澤隆史, 服部隆行, 大庭誠, 田中正一, 内藤幹彦, 栗原正明
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   135th ROMBUNNO.26C-PM01S   2015年
杉山亨, 桑田啓子, 今村保忠, 出水庸介, 栗原正明, 高野真史, 橘高敦史
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   135th ROMBUNNO.27PB-PM104   2015年
杖本望, 出水庸介, 百合野翔太郎, 中村陽菜, 土井麻緒, 栗原正明, 須原義智
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   135th ROMBUNNO.27PB-AM075   2015年
野尻久雄, 村田拓哉, 橘高敦史, 出水庸介, 三澤隆史, 栗原正明
日本生化学会大会(Web)   88th 1P0188 (WEB ONLY)   2015年
出水庸介, 長久保貴哉, 三澤隆史, 諫田泰成, 奥平桂一郎, 関野祐子, 内藤幹彦, 栗原正明
日本薬学会年会要旨集(CD-ROM)   135th ROMBUNNO.26C-PM04   2015年
Nahoko Uchiyama, Yoshihiko Shimokawa, Ruri Kikura-Hanajiri, Yosuke Demizu, Yukihiro Goda, Takashi Hakamatsuka
Forensic Toxicology      2015年2月
© 2015 Japanese Association of Forensic Toxicology and Springer Japan Six new psychoactive substances were identified together with two other substances (compounds 1–8) in illegal products by our ongoing survey in Japan between January and July 20...

講演・口頭発表等

 
光学活性環状α,α-ジ置換アミノ酸の合成とそのペプチド
第18回日本薬学会九州支部大会   2001年   
Asymmetric synthesis and conformational analysis of α,α-disubstituted α-amino acids and their peptides
第38回ペプチド討論会   2001年   
Synthesis of chiral cyclic α,α-disubstituted α-amino acid and its peptides
第39回ペプチド討論会   2002年   
α-エチル化α,α-ジ置換アミノ酸よりなるペプチドのコンフォメーション解析
第39回化学関連支部合同九州大会   2002年   
キラル環状α,α-ジ置換アミノ酸よりなるペプチドのコンフォメーション解析
日本薬学会第122年会   2002年   
環状α,α-ジ置換アミノ酸を用いたヘリカル構造の制御
第40回化学関連支部合同九州大会   2003年   
光学活性環状α,α-ジ置換アミノ酸を用いたヘリカル構造の構築
日本薬学会第123年会   2003年   
α位に不斉を持たない光学活性アミノ酸によるヘリカル構造の制御は可能か?
第20回日本薬学会九州支部大会   2003年   
ペプチド側鎖上での不斉中心のみによるヘリックス2次構造の制御
第29回反応と合成の進歩シンポジウム   2003年   
キラルな環状α,α-ジ置換アミノ酸によるヘリックス2次構造の制御
第40回ペプチド討論会   2003年   
キラルな双環式α,α-ジ置換アミノ酸の合成とそのペプチドのヘリカル二次構造
第30回反応と合成の進歩シンポジウム   2004年   
水溶性キラル環状α,α-ジ置換アミノ酸よりなるオリゴペプチドの二次構造
日本薬学会第124年会   2004年   
キラルアミノ酸を含むオリゴペプチドのヘリカル構造の予測
日本薬学会第124年会   2004年   
キラルな環状α,α-ジ置換アミノ酸とそのペプチドの設計・合成
第21回日本薬学会九州支部大会   2004年   
3−ベンジル−1−シアノメチルウラシル類の合成と抗HIV−1作用
第14回抗ウイルス化学療法研究会   2004年   
1-置換-3-(3,5-ジメチルベンジル)ウラシルの合成ならびに抗HIV-1作用
第31回核酸化学シンポジウム   2004年   
側鎖上に不斉中心を持つアミノ酸とそのオリゴペプチドの二次構造
第3回次世代シンポジウム   2005年   
右巻きα-ヘリックス形成能を有するキラル環状α,α-ジ置換アミノ酸の合成とその機能
第31回反応と合成の進歩シンポジウム   2005年   
2つの不斉中心を有するキラル環状α,α-ジ置換アミノ酸とそのペプチドのコンフォメーション
第42回ペプチド討論会   2005年   
各種官能基を有するキラル環状α,α-ジ置換アミノ酸の合成とそのペプチドのコンフォメーション解析
第42回ペプチド討論会   2005年   
化学計算によるキラル環状α,α-ジ置換アミノ酸を含むオリゴペプチドのコンフォメーション解析
第42回ペプチド討論会   2005年   
官能基を有する環状α,α-ジ置換アミノ酸とそのペプチドの設計・合成
第22回日本薬学会九州支部大会   2005年   
α位とγ位に2つの不斉中心を有するキラル環状α,α-ジ置換アミノ酸とそのペプチドの2次構造
第22回日本薬学会九州支部大会   2005年   
α位とγ位に不斉を有する環状α,α-ジ置換アミノ酸の合成とそのペプチド
第42回化学関連支部合同九州大会   2005年   
光学活性環状α,α-ジ置換アミノ酸によるヘリックスの方向性と構造安定化
日本薬学会第125年会   2005年   
官能基を有する環状α,α-ジ置換アミノ酸の設計・合成とそのペプチド
日本薬学会第125年会   2005年   
側鎖にキラル中心を持つオリゴペプチドのコンフォメーション予測
日本薬学会第125年会   2005年   
キラルα,α-ジ置換アミノ酸を含むオリゴペプチドのヘリカル構造の予測と設計
日本コンピュータ化学会   2005年   
1-アザビシクロ[3.3.0]オクタン誘導体の電極酸化
2006年電気化学会秋季大会   2006年   
電極酸化を利用したジアミノ化合物の合成と機能性ペプチドへの応用
第30回有機電子移動化学討論会   2006年   
1,2-ジオールの選択的電極酸化と不斉反応への応用
第30回有機電子移動化学討論会   2006年   
速度論的光学分割を用いた光学活性環状ジ置換アミノ酸の合成とそのペプチド
第23回日本薬学会九州支部大会   2006年   
キラル銅触媒を用いるアミノアルコール類の光学分割の反応機構
第23回日本薬学会九州支部大会   2006年   
2つの異なる不斉中心を有する環状ジ置換アミノ酸からなるペプチドの2次構造
第32回反応と合成の進歩シンポジウム   2006年   
動的分子認識に基づくアミノアルデヒド類の不斉電極酸化
第32回反応と合成の進歩シンポジウム   2006年   
酵素を用いた光学分割によるキラル環状ジ置換アミノ酸の合成
第18回若手研究者のためのセミナー   2006年   
異なる2つの不斉中心を有する環状α,α-ジ置換アミノ酸とそのペプチド2次構造
第18回若手研究者のためのセミナー   2006年   
酵素的光学分割による光学活性環状ジ置換アミノ酸の合成
日本薬学会第126年会   2006年   
環状ジ置換アミノ酸の側鎖上官能基の変換とそのペプチドの二次構造
日本薬学会第126年会   2006年   
α位とγ位に不斉中心を有するキラル環状α,α-ジ置換アミノ酸よりなるペプチドの2次構造
日本薬学会第126年会   2006年   
6−アリールチオ−9-(2,3−ジデオキシ−3−フルオロ−β−D−リボフラノシル)プリン類の合成並びにそれらの抗HBV活性
日本薬学会第126年会   2006年   
トリクロロシランの有機触媒による活性化とケトン・イミンの高効率不斉還元
第16回福岡シンポジウム 戦略的「もの創り」の有機合成   2006年   
4-置換ピペリジンの選択的合成法とその不斉反応
日本プロセス化学会2006サマーシンポジウム   2006年   
ピペリジン環4位への高効率的求電子剤導入
第36回複素環化学討論会   2006年   
DL-β-ヒドロキシカルボン酸及びアミドの非酵素的速度論的光学分割
日本薬学会第127年会   2007年   
リパーゼによる環状1,2-ジオールの速度論的光学分割とキラル環状ジ置換アミノ酸含有ペプチドの合成
日本薬学会第127年会   2007年   
ジアステレオメリックな環状ジ置換アミノ酸の合成とそのホモペプチドの2次構造
日本薬学会第127年会   2007年   
ラセミジヒドロキシピペリジンの電極酸化による光学分割
日本化学会第87春季年会   2007年   
Control of regioselectivity in electrochemical α-methoxylation of N-protected amines
第74回電気化学会春季大会   2007年   
アルコールの超効率的電極酸化を目的とした新規有機メディエーターの開拓
第74回電気化学会春季大会   2007年   
N-オキシルを用いる二級アルコールの不斉電極酸化
第31回有機電子移動化学討論会   2007年   
光学活性C2対称ピロリジン誘導体の合成とその有機触媒としての利用
日本プロセス化学会2007サマーシンポジウム   2007年   
キラル銅触媒を用いるアミノアルデヒド類の不斉電極酸化
2007年電気化学会秋季大会   2007年   
L-プロリン5位へのジアステレオ選択的アリール基導入とトリクロロシラン類のキラル活性化剤合成への応用
第37回複素環化学討論会   2007年   
アルコール類のエナンチオ特異的酸化を目的とするキラルアザビシクロ-N-オキシルの開発
第33回反応と合成の進歩シンポジウム   2007年   
キラル銅触媒を用いるα-ヒドロキシカルボン酸類の不斉スルホニル化
第33回反応と合成の進歩シンポジウム   2007年   
トリクロロシランの新規活性化剤の開発とイミンの不斉還元
第24回日本薬学会九州支部大会   2007年   
極性転換に基づくピペリジン環4位への求電子剤導入とその不斉化
第24回日本薬学会九州支部大会   2007年   
α,α-ジ置換アミノ酸を含むオリゴペプチドのコンフォメーション予測
第44回ペプチド討論会   2007年   
ジアステレオメリックなジ置換アミノ酸よりなるペプチドのヘリカル2次構造
第44回化学関連支部合同九州大会   2007年   
不斉酸化メディエーターとなるキラルアザビシクロ-N-オキシルの開発
第25回日本薬学会九州支部大会   2008年   
糖類の多官能基化を目指した段階的保護化法の開発
第25回日本薬学会九州支部大会   2008年   
α-アリルマロンアミドの不斉ハロアミノ化法の開発と光学活性γ-ラクタムの合成
第25回日本薬学会九州支部大会   2008年   
トリクロロシランによるイミンのシス選択的還元と速度論的光学分割
第25回日本薬学会九州支部大会   2008年   
アミノアルデヒドの高効率酸化的光学分割
第34回反応と合成の進歩シンポジウム   2008年   
アザビシクロ-N-オキシルアミノ酸の合成とアルコールの不斉酸化
2008日本化学会西日本大会   2008年   
L-プロリン5位への立体選択的求核剤導入法の開拓
第38回複素環化学討論会   2008年   
β-置換ピペリジンの位置選択的環開裂反応
第25回有機合成化学セミナー   2008年   
新規キラルN-オキシルの創製
第25回有機合成化学セミナー   2008年   
分子認識に基づく糖の自在分子変換
第25回有機合成化学セミナー   2008年   
ハレニウムイオンによるラセミ-1,2-ジオールおよびアミノアルデヒドの高効率不斉酸化
第25回有機合成化学セミナー   2008年   
二級アルコールの不斉電極酸化を指向した新規キラルN-オキシルの開発
第32回有機電子移動化学討論会   2008年   
分子認識に基づくアルコール類の不斉トシル化
日本薬学会第128年会   2008年   
α,α-ジ置換ペプチドのコンフォメーション予測法の検討
日本薬学会第128年会   2008年   
有機スズ触媒を用いた糖類への位置選択的モノアシル化
日本薬学会第128年会   2008年   
Direct electrochemical α-cyanation of cyclic amines
第75回電気化学会春季大会   2008年   
アミノアルデヒドの電極酸化による光学分割
日本化学会第88春季年会   2008年   
TFA-NaNO2系による環状アミン類の選択的開裂反応とその有機合成への応用
日本化学会第88春季年会   2008年   
キラル化合物を簡単に作る
平成19年度長崎大学コラボ産学官交流会   2008年   
Selective anodic cyanation of protected amines at α-position
2nd Asian Symposium on Pharmaceutical Sciences   2009年   
キラル銅触媒を用いたα-ヒドロキシリン酸類の速度論的光学分割
日本薬学会第129年会   2009年   
超原子価ヨウ素の創製と不斉転位反応
日本薬学会第129年会   2009年   
水酸基活性化に基づく1,2-ジオールの選択的酸化
日本薬学会第129年会   2009年   
水溶性キラル環状α,α-ジ置換アミノ酸およびペプチドの合成とコンフォメーション解析
第46回ペプチド討論会   2009年   
N末端プロリンによるへリックス二次構造の制御
第46回ペプチド討論会   2009年   
キラルα,α-ジ置換アミノ酸オリゴペプチドのコンフォメーション予測と解析
第46回ペプチド討論会   2009年   
ノンセコステロイド型VDRリガンドのデノボ設計
第35回反応と合成の進歩シンポジウム   2009年   
アジド基を持つ環状アミノ酸からなるペプチドの2次構造研究
第35回反応と合成の進歩シンポジウム   2009年   
ノンセコステロイド型VDRリガンドの設計と合成
第28回メディシナルケミストリーシンポジウム   2009年   
水素結合救済型ノンセコVDRリガンドの設計と合成
日本薬学会第130回年会   2010年   
ノンセコステロイド型VDRリガンドYR301の簡便合成
日本薬学会第130回年会   2010年   
ハイブリッドペプチドフォールダマーの設計と合成
日本薬学会第130回年会   2010年   
光学活性6員環ジ置換アミノ酸の合成とそのペプチドの2次構造研究
日本薬学会第130回年会   2010年   
2つのアセタールを有する6員環アミノ酸の合成とそのオリゴマーの2次構造解析
日本薬学会第130回年会   2010年   
C末端バリンによるヘリカル二次構造の制御
日本薬学会第130回年会   2010年   
シート構造を形成するペプチドの設計と合成
日本薬学会第130回年会   2010年   
α,α‐ジ置換アミノ酸オリゴペプチドのコンフォメーション予測と解析
日本薬学会第130回年会   2010年   
光学活性5員環アミノ酸の設計・合成とそのペプチドの二次構造解析
日本薬学会第130回年会   2010年   
ヘリカルオリゴマーによるα,β-不飽和ケトンの不斉エポキシ化
「協奏機能触媒」第7回公開シンポジウム   2010年   
In vitro and in vivo characterization of nonsecosteroidal vitamin D3 analogue
第2回核内受容体研究会   2010年   

競争的資金等の研究課題

 
次世代型中分子ペプチド医薬品の品質及び安全性確保のための規制要件に関する研究
国立研究開発法人日本医療研究開発機構: 医薬品等規制調和評価研究事業
研究期間: 2018年7月 - 2021年3月    代表者: 出水 庸介
二次構造制御を基軸としたペプチド創薬研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2017年 - 2020年    代表者: 出水 庸介
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 出水 庸介
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 出水 庸介
新たな構造特性と機能を併せ持つ新規な人工タンパク質の創製には、天然に存在しない非天然(人工)アミノ酸を用いることが有用である。本研究ではプロリン誘導体の合成、非天然アミノ酸によるペプチド二次構造の制御と不斉分子触媒としての利用を目的とし研究を遂行した。その結果、ハイブリッド手法(有機合成化学的、電気化学的手法)によりプロリン誘導体の効率的合成に成功した。また天然アミノ酸から構成されるペプチドに、ジ置換アミノ酸と側鎖架橋を導入することで安定化ヘリカルペプチドの開発に成功し、そのヘリカルペプチ...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 出水 庸介
新たな構造特性と機能を併せ持つ新規な人工タンパク質の創製には、天然に存在しない人工アミノ酸を用いることが有用である。本研究では人工アミノ酸の効率的合成とその利用を目的とし研究遂行した。その結果、入手容易な天然アミノ酸から有機化学的手法と電気化学的手法を駆使したハイブリット手法により、人工アミノ酸の効率的合成に成功した。また、合成したアミノ酸とその誘導体は、酸化触媒として機能することを明らかとした。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 出水 庸介
本研究では、コンフォメーション自由度の制限された光学活性α,α-ジ置換アミノ酸(フォールドマー)を設計し、含有ペプチド二次構造の不斉反応場を利用した機能性分子の創製を目的とした。本年度は、アミノ酸側鎖を修飾した新規光学活性環状α,α-ジ置換アミノ酸の合成、および不斉反応場を構築するためのモデルペプチドの合成とコンフォメーション解析を行った。新規光学活性環状α,α-ジ置換アミノ酸としては、アミノ酸の側鎖にアジド基、アミノ基、ピリジル基、トリアゾール基、およびグアニジノ基を有する化合物を合成し...

特許

 
尾野村 治, 出水 庸介, 久保 裕紀, 岩崎 史哲
松村 功啓, 出水 庸介, 尾野村 治
尾野村 治, 出水 庸介, 久保 裕紀, 岩崎 史哲
松村 功啓, 出水 庸介, 尾野村 治