上野 貴將

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/08 16:28
 
アバター
研究者氏名
上野 貴將
 
ウエノ タカマサ
URL
https://caids-kumamoto-u.wixsite.com/ueno-lab
所属
熊本大学
部署
ヒトレトロウイルス学共同研究センター
職名
教授
学位
理学修士(早稲田大学), 理学博士(早稲田大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1989年
早稲田大学 理工学研究科 
 
 
 - 
1987年
早稲田大学 理工学部 物理学科
 

論文

 
Francis Mwimanzi, Mako Toyoda, Macdonald Mahiti, Jaclyn K. Mann, Jeffrey N. Martin, David Bangsberg, Mark A. Brockman, Philip Goulder, Frank Kirchhoff, Zabrina L. Brumme, Thumbi Ndung{\textquotesingle}u, Takamasa Ueno
Journal of Virology   JVI.01409   2017年10月   [査読有り]
Yi Shi, Ai Kawana-Tachikawa, Feng Gao, Jianxun Qi, Chuansheng Liu, Jia Gao, Hao Cheng, Takamasa Ueno, Aikichi Iwamoto, George F. Gao
Journal of Virology   91(17) e00725   2017年9月   [査読有り]
Masako Nomaguchi, Naoya Doi, Yosuke Sakai, Hirotaka Ode, Yasumasa Iwatani, Takamasa Ueno, Yui Matsumoto, Yasuyuki Miyazaki, Takao Masuda, Akio Adachi
Journal of Virology   90(9) 4563   2016年5月   [査読有り]
Motozono C, Bridgeman J.S, Price D.A, Sewell A.K, Ueno T.
Clinical and Experimental Immunology   180(3) 560-570   2015年   [査読有り]
Yanaka S, Ueno T, Tsumoto K, Sugase K.
Biophysics (Japan)   11 103-106   2015年   [査読有り]

Misc

 
べん毛モーター回転子の再構成
上野 貴將
細胞   24(13) 526-533   1992年
Overproduction of the bacterial flagellar switch proteins and their interactions with the MS ring complex in vitro.
上野 貴將
Journal of Bacteriology   176 3683-3691   1994年
上野 貴將
Biochemistry and Biophysics Research Communications   207 903-909   1995年

書籍等出版物

 
抗原ペプチドの寸法合わせをするプロテアーゼ
臨床免疫   2003年   

講演・口頭発表等

 
HIV-specific cytotoxic T lymphocyte clone unable to kill HIV-infected cells shows increased binding capacity to peptide-HLA complex.
The Second International AIDS Society Conference on HIV Pathogenesis and Treatment   2003年   
Characterization of HIV-specific cytotoxic T cells showing unresponsiveness to HIV-infected cells.
The Awaji International Forum on Infection and immunity   2003年   
HIV感染細胞に不応答性を示すHIVエピトープ特異的CD8 T細胞のex vivo解析
第51回日本ウイルス学会学術集会   2003年   
HIVのヒト細胞傷害性T細胞からの逃避機構
第17回日本エイズ学会学術集会   2003年   
TCRの抗原結合親和性とT細胞活性化の再検討
第33回日本免疫学会   2003年   

Works

 
可溶型T細胞レセプターを用いたHIV-1抗原提示細胞の解析
2001年 - 2003年
HIV-1の細胞傷害性T細胞からの逃避機序の研究
2002年 - 2003年
HIV-1の細胞傷害性T細胞からの逃避機序の研究
2003年 - 2004年
ヒト記憶型T細胞のレパートリーが免疫監視機能に及ぼす影響の解明
2004年 - 2005年
ヒト記憶型T細胞のレパートリーが免疫監視機能とその維持に与える影響
2005年 - 2007年