杉井 健

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/11 10:24
 
アバター
研究者氏名
杉井 健
 
スギイ タケシ
URL
http://www.let.kumamoto-u.ac.jp/history/his/koukogaku/merhaba/sugi%20index.html
所属
熊本大学
部署
文学部 熊本大学文学部歴史学
職名
准教授
学位
修士(文学)(大阪大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2007年4月
 - 
現在
熊本大学 文学部歴史学科 准教授
 
1998年4月
 - 
2007年
熊本大学 文学部歴史学科 助教授
 
2004年4月
 - 
2006年3月
国立歴史民俗博物館 客員助教授
 
1994年4月
 - 
1998年3月
大阪大学 埋蔵文化財調査室 助手
 

学歴

 
 
 - 
1992年
大阪大学 文学研究科 (博士課程前期)史学専攻
 
 
 - 
1989年
大阪大学 文学部 考古学専攻
 

委員歴

 
2018年6月
 - 
現在
熊本県  文化財保護審議会 委員
 
2017年12月
 - 
現在
豊後大野市教育委員会  豊後大野市内遺跡調査指導委員会
 
2017年6月
 - 
現在
嘉島町教育委員会  嘉島町史跡保存整備検討委員会 委員
 
2017年4月
 - 
現在
熊本市経済観光局文化振興課  古墳の復旧方法等に対する意見聴取委員会 委員
 
2016年5月
 - 
現在
日本考古学協会  理事
 
2015年2月
 - 
2017年3月
別府市教育委員会  実相寺古墳群調査検討委員会委員 委員
 
2014年9月
 - 
2018年3月
氷川町教育委員会  野津古墳群・大野窟古墳保存活用検討委員会 委員
 
2014年6月
 - 
現在
上天草市教育委員会  上天草市史(姫戸・龍ヶ岳編)編さん委員会 委員
 
2014年2月
 - 
現在
熊本県教育庁文化課  『八代海周辺の装飾古墳の発生とその展開』に係る協議会 委員
 
2014年1月
 - 
現在
宇城市教育委員会  国指定史跡小田良古墳発掘調査に係る現地指導 委員
 
2012年4月
 - 
現在
人吉市教育委員会  史跡大村横穴群保存修理専門指導会議 委員
 
2002年4月
 - 
現在
考古学研究会  全国委員
 
2001年5月
 - 
2018年6月
九州前方後円墳研究会  事務局長
 
1998年4月
 - 
現在
熊本古墳研究会  副会長
 
2003年10月
 - 
2012年3月
竜北町→氷川町教育委員会  大野窟古墳範囲内容確認調査会議 委員
 
2005年10月
 - 
2008年3月
玉名市教育委員会  玉名市文化財保護審議会 委員(2005-2008)
 
2006年7月
 - 
2007年3月
和水町教育委員会  菊水町史編纂委員会 委員(2006-2007)
 
2004年7月
 - 
2007年3月
上天草市教育委員会  上天草市史(大矢野町編)編纂委員会 委員(2004-2007)
 
2004年5月
 - 
2006年3月
山鹿市教育委員会  弁慶ヶ穴古墳保存整備検討委員会 副委員長(2004-2006)
 
2004年4月
 - 
2006年3月
天水町教育委員会  経塚・大塚古墳群保存整備検討委員会 委員(2004-2006)
 

受賞

 
2015年11月
平成27年度国立大学法人熊本大学教育活動表彰 準グランプリ 「人材育成のための継続的な実践教育の実施と成果公開」
受賞者: 熊本大学文学部考古学研究室
 
2010年2月
第31回熊日出版文化賞 共著『新宇土市史』『宇土の今昔 百ものがたり』(1992~2009年)に対して
受賞者: 宇土市
 
2008年10月
天草出版文化賞 編著『上天草いにしえの暮らしと古墳』を含む『上天草市史大矢野町編』全5巻に対して
受賞者: 上天草市
 
1997年6月
第6回雄山閣考古学特別賞 編著『雪野山古墳の研究』(八日市市教育委員会、1996年3月発行)に対して
受賞者: 雪野山古墳発掘調査団
 

論文

 
Ancient Pelvis Reconstruction From Collapsed Component Bones Using Statistical Shape Models
Ken’ichi Morooka, Ryota Matsubara, Shoko Miyauchi, Takaichi Fukuda, Takeshi Sugii, Ryo Kurazume
Machine Vision and Applications   30(1) 59-69   2019年2月   [査読有り]
古墳時代中央政権の外交政策と国家形成
杉井 健
『待兼山考古学論集』Ⅲ 大阪大学考古学研究室30周年記念論集   239-254   2018年3月
弥生時代後期集落の消長よりみた古墳時代前期有力首長墓系譜出現の背景-なぜそこに古墳は築かれたのか-
杉井 健
『国立歴史民俗博物館研究報告』   (211) 351-407   2018年3月   [査読有り]
文化財保護と考古学-平成28年(2016年)熊本地震によせて-
杉井 健
『平成28年熊本地震による被災古墳の現状と課題』九州前方後円墳研究会第20回熊本大会発表要旨集   1-18   2017年6月   [招待有り]
平成28年(2016年)熊本地震からの提言
杉井 健
『災害と考古学-持続と断絶-』考古学研究会第63回総会・研究集会資料   3-12   2017年4月   [招待有り]
熊本大学における考古学教育-考古学の楽しさを伝えるために-
杉井健
一般社団法人日本考古学協会2015年度奈良大会研究発表資料集   149-157   2015年10月   [招待有り]
集落構造
杉井 健
21世紀初頭における古墳時代歴史像の総括的提示とその国際発信   128-139   2015年3月
生業と生産
杉井 健
21世紀初頭における古墳時代歴史像の総括的提示とその国際発信   140-150   2015年3月
前方後円墳体制論の再検討
杉井 健
古墳時代の考古学   9 35-49   2014年6月   [招待有り]
日本文化とは何か
杉井 健
考古学研究60の論点   85-86   2014年4月   [招待有り]
七観古墳出土矢の構造および副葬状態の復元ならびに砂鉄蒔き末矧の史的意義
杉井 健
七観古墳の研究-1947年・1952年出土遺物の再検討-   211-220   2014年3月
記憶をつなぐために-埋蔵文化財行政と大学-
杉井 健
先史学・考古学論究   6 335-344   2014年2月
漆塗り製品
杉井 健
古墳時代の考古学   4 189-202   2013年5月   [招待有り]
古墳時代の繊維製品・皮革製品
杉井 健
講座日本の考古学   8 197-236   2012年5月   [招待有り]
マロ塚古墳出現の背景
杉井 健
国立歴史民俗博物館研究報告   173 541-562   2012年3月   [査読有り]
熊本県阿蘇市中通古墳群の基礎的研究1-東岳川西側の古墳名称の整理-
杉井健
熊本古墳研究   4 13-22   2011年6月
首長居館と集落・生活
杉井健
史跡で読む日本の歴史   2 181-211   2010年7月   [査読有り]
高知県地域における甑形土器と竈の動向
杉井健
弥生・古墳時代における太平洋ルートの文物交流と地域間関係の研究   71-89   2010年3月
三ツ寺Ⅰ遺跡と北谷遺跡の時間的関係
杉井健
先史学・考古学論究   5 651-666   2010年2月
補遺・上天草市大矢野町の古墳
杉井健
地域の考古学   325-330   2009年6月

Misc

 
「2018年度陵墓公開運動の経過について」「佐紀陵山古墳(日葉酢媛命狹木之寺間陵)佐紀部事務所ほか整備工事に伴う調査の見学(2018年7月26日)」「大阪府堺市大山古墳(仁徳天皇百舌鳥耳原中陵)第1堤の事前調査の見学(限定公開)(2018年11月22日)」「『百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産推薦に関する見解』の表明」「『陵墓立入り観察に係る第三次リスト』の提出」
杉井 健
『日本考古学協会会報』   (196) 22-31   2019年3月
ふるさと発見~姫戸町・龍ヶ岳町編~ 市史編さんコラム 全国的にも注目される装飾古墳を生み出した地域
杉井 健
広報上天草   (189) 14-14   2019年2月
大規模災害への対応(2)-平成28年熊本地震-
杉井 健
『日本考古学』   (47) 53-58   2018年10月   [依頼有り]
四条塚山古墳(綏靖天皇桃花鳥田丘上陵)の立入り観察
杉井 健
『日本考古学協会会報』   (194) 70-74   2018年8月
災害対応委員会報告
杉井 健
『日本考古学協会会報』   (194) 78-78   2018年8月
集落と古墳-その関係についての理論的整理と1つの事例-
杉井 健
『集落と古墳の動態Ⅰ-弥生時代終末期~古墳時代前期-』   1-30   2018年6月
平成28年(2016年)熊本地震被災古墳、2年後
杉井 健
『九前研通信』   (36) 5-8   2018年4月
熊本地震と古墳
杉井 健
『企画展示 世界の眼でみる古墳文化』   88-88   2018年3月
「2017年度陵墓公開運動の経過について」「淡輪ニサンザイ古墳(宇度墓)外堤護岸その他整備工事に伴う調査の見学(2017年12月7日)」「その他」
杉井 健
『日本考古学協会会報』   (193) 21-24   2018年3月
ふるさと発見~姫戸町・龍ヶ岳町編~ 市史編さんコラム 天草諸島の古墳群
杉井 健
広報上天草   (176)    2018年1月

書籍等出版物

 
『九前研通信』
杉井 健 (担当:編者)
九州前方後円墳研究会   2018年4月   
『考古学研究室報告』第53集
杉井 健 (担当:共著, 範囲:第2部 上御倉古墳測量調査報告)
熊本大学文学部考古学研究室   2018年3月   
『九前研通信』第35号
杉井 健 (担当:編者)
九州前方後円墳研究会   2017年11月   
『九前研通信』第34号
杉井 健 (担当:編者)
九州前方後円墳研究会   2017年4月   
『九前研通信』第33号
杉井 健 (担当:編者)
九州前方後円墳研究会   2016年9月   
『九前研通信』第32号
杉井 健 (担当:編者)
九州前方後円墳研究会   2016年5月   
『九前研通信』第31号
杉井 健 (担当:編者)
九州前方後円墳研究会   2016年2月   
『九前研通信』第30号
杉井 健 (担当:編者)
九州前方後円墳研究会   2015年3月   
『考古学研究室報告』第50集
熊本大学文学部考古学研究室   2015年3月   
21世紀初頭における古墳時代歴史像の総括的提示とその国際発信
大阪大学大学院文学研究科   2015年3月   

講演・口頭発表等

 
熊本地震発生から2年半後の被災文化財・埋蔵文化財調査の現状
杉井 健
日本考古学協会2018年度静岡大会   2018年10月21日   
朝鮮半島系渡来文化の伝播・普及と国家形成 [招待有り]
杉井 健
下関市立考古博物館 平成28年度第2回一般教養講座   2016年7月16日   
平成28年(2016年)熊本地震による文化財被害および今後に向けて [招待有り]
杉井 健
文化財保存全国協議会第47回佐賀大会   2016年6月19日   
熊本県高森町高塚横穴出土の短甲-整理作業途中経過の報告-
杉井 健
科学研究費補助金基盤研究B「阿蘇地域を中心とした古墳時代の九州島における情報伝達・文物交流の実証的研究」第2回調査研究成果報告会   2016年3月13日   
古墳時代首長の館と民衆のムラ-火山災害に遭った遺跡の分析を交えて- [招待有り]
杉井 健
平成27年度りゅうおう歴史文化講座   2015年12月   

担当経験のある科目

 

Works

 
熊本県阿蘇郡高森町高塚横穴群出土遺物の考古学的調査
杉井 健   その他   2015年3月 - 現在
和歌山県田辺市磯間岩陰遺跡出土遺物の考古学的調査
杉井 健   芸術活動   2013年12月 - 現在
奈良県奈良市円照寺墓山古墳出土遺物の考古学的調査
上野祥史・杉井 健   その他   2013年4月 - 現在
熊本県阿蘇市上御倉古墳墳丘の測量調査
杉井 健   その他   2017年4月 - 2017年9月
熊本県上天草市鬼の釜古墳測量調査・石室実測調査
杉井 健   その他   2016年8月

競争的資金等の研究課題

 
海浜部在地墓制にみるヤマト政権と在地勢力の相互関係の学際的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 清家 章
阿蘇地域を中心とした古墳時代の九州島における情報伝達・文物交流の実証的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 杉井 健
武装具の集積現象と古墳時代中期社会の特質
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 上野祥史
古墳時代における海浜部墳墓の考古学・人類学的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C) 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 清家 章
東アジアにおける倭世界の実態
国立歴史民俗博物館: 基幹研究
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 上野祥史