KODAMA Nozomi

J-GLOBAL         Last updated: Nov 15, 2019 at 14:05
 
Avatar
Name
KODAMA Nozomi
URL
http://lg.let.kumamoto-u.ac.jp/
Affiliation
Kumamoto University
Section
Faculty of Letters
Job title
Professor
Degree
Master of Literature(The University of Tokyo)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
1990
 - 
1993
 Research Associate,Kumamoto University
 
1993
 - 
1998
 Lecturer,
 
1998
 - 
2007
 Associate Professor, ,Faculty of Letters,Kumamoto University
 
2009
   
 
 Professor, ,Faculty of Letters,Kumamoto University
 

Education

 
 
 - 
1986
Graduate School, Division of Humanities, The University of Tokyo
 
 
 - 
1982
Faculty of Literature, The University of Tokyo
 

Misc

 
Kodama Nozomi
ありあけ : 熊本大学言語学論集   (15) 59-82   Mar 2016
本稿は、日本放送協会編(1999)『CD-ROM版 全国方言資料』第9巻辺地・離島編Ⅲに収録の、旧本渡市(現天草市)佐伊津の談話音声資料全文に簡略的な音声・韻律注記を施し、これを分析することにより、この方言の二つのアクセント型を、共に境界特徴をもつ語声調として解釈することを試みる。
Kodama Nozomi
ありあけ : 熊本大学言語学論集   (18) 29-80   Mar 2019
東京方言語末核語や京都方言高起次末核語で知られている格助詞ノが接続した場合の無核のピッチ形について、ピッチアクセント祖体系に残存した日本語祖体系の語声調的な助詞融合形に遡りうることを論じ、その根拠として、『全国方言資料』のピッチアクセント方言諸体系の談話音声資料に見いだされるその継承形をリストアップする。
Kodama Nozomi
ありあけ : 熊本大学言語学論集   14(14) 1-36   Mar 2015
隠岐島諸方言のアクセントが語声調として分析できることを、広戸惇・大原孝道 (1953)の記述データと『全国方言資料』(旧黒木村、旧中村伊後)の談話資料データの解釈により示し、これらの体系が近畿・中国で起きたと仮定される位置アクセント獲得の改新を経ていないことを主張する。
Kodama Nozomi
ありあけ 熊本大学言語学論集   (17) 53-70   Mar 2018
拍の等時性が成り立たない鹿児島方言で母音消去によって生じた長母音と3モーラ音節がアクセント上2単位となる場合の音声的実現について、複数の談話資料音声に基づいて分析する。
KODAMA Nozomi
Journal of the Phonetic Society of Japan   18(3) 27-42   Dec 2014
The author argues that the loss of Proto-Japanese right edge tone, a possible source of the pitch accent HL, left the lexical tone systems in Kyushu with only non-falling tones: H+ (high level), L+{(low level with the right edge rise), L+H (slow r...