中尾 薫

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/14 02:40
 
アバター
研究者氏名
中尾 薫
 
ナカオ カオル
所属
大阪大学
部署
文学研究科 文化表現論専攻
職名
准教授
学位
博士(文学)(大阪大学)
その他の所属
大阪大学
科研費研究者番号
30546247

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
同志社大学 文学部 非常勤講師
 
2016年4月
 - 
現在
関西学院大学 文学部 非常勤講師
 
2014年4月
 - 
現在
大阪大学大学院 文学研究科 准教授
 
2012年4月
 - 
2014年3月
: 同志社大学  非常勤講師
 
2011年4月
 - 
2014年3月
: 大阪大学大学院 文学研究科 専任講師
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2008年3月
大阪大学 文学研究科 文化表現論博士後期課程(演劇学)
 
2001年4月
 - 
2003年3月
大阪大学 文学研究科 文化表現論博士前期課程(演劇学)
 
1997年4月
 - 
2001年3月
奈良女子大学 文学部 言語文化学科
 

委員歴

 
2017年6月
 - 
現在
芸能史研究会  委員
 
 
 - 
現在
民族藝術学会  理事
 
 
 - 
現在
能楽学会  常任委員
 
2012年6月
 - 
2018年5月
日本演劇学会  幹事
 
2003年6月
 - 
2017年5月
芸能史研究会  事務局
 

論文

 
「野口米次郎が再発見した能―その出会いと傾倒の時期をめぐって―」
中尾薫
古典演劇研究の対象と視点      2018年1月   [招待有り]
「明治・大正期の京都京都における素謡の場」
中尾薫
   2017年12月   [招待有り]
「世阿弥時代の足拍子をめぐって」
中尾薫
   2017年11月   [招待有り]
名刀観世正宗と宗節
中尾薫
   2016年12月
福王流平岡家一門の素謡番組―近代における京都素謡会の片鱗―
中尾薫
謡を楽しむ文化―京都の謡の風景      2016年10月

Misc

 
永正三年本《玄上》と明和改正謡本―加藤枝直説の投影をめぐって―
中尾薫
東海能楽研究会催花賞受賞記念論文集   11-23   2007年
観世元章の《鉄輪》―明和改正の実態とその影響
中尾薫
演劇学論叢   5 164-171   2002年
明和本《冊子洗》をめぐる諸問題―詞章・演出・改訂者
中尾薫
演劇学論叢   7 394-403   2004年
明和改正謡本と田安宗武ー新作能《梅》を中心にー
中尾薫
能と狂言   2 90-102   2004年
明和本における『源氏物語』享受―《住吉詣》の改訂をめぐってー
中尾薫
演劇学論叢   8 

書籍等出版物

 
観世元章の世界
松岡心平,中尾薫,山中玲子 (担当:共著)
檜書店   2014年6月   
新作能マクベス
泉紀子,辰巳満次郎,中尾薫 (担当:共著)
和泉書院   2015年10月   

講演・口頭発表等

 
明和改正謡本のかざし詞
能楽フォーラム   2008年   
明和改正謡本における記紀説話ー田安宗武『古事記詳説』の影響をめぐってー
日本近世文学会   2008年   
明和改正謡本制作の経緯―謡曲改正草案幀の再検討から―
日本演劇学会   2005年   
田安家と明和改正謡本―田安家旧蔵版本番外謡本の書込みをめぐって―
芸能史研究会   2004年   
田安家と明和改正謡本―新作能《梅》と脇能をめぐって―
能楽学会第2回大会   2002年   

競争的資金等の研究課題

 
〈明和の改正〉が及ぼした影響についてー中津藩能大夫の事例を中心にー
補助金
研究期間: 2009年 - 2009年
九州中津藩における江戸観世大夫家の影響について
明和改正謡本の研究
明和改正謡本における国学の影響について