馬部 隆弘

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/06 15:43
 
アバター
研究者氏名
馬部 隆弘
 
バベ タカヒロ
所属
大阪大谷大学
部署
文学部 歴史文化学科
職名
准教授
学位
博士(文学)(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
大阪大谷大学 文学部 准教授
 
2015年4月
 - 
2018年3月
大阪大谷大学 文学部 専任講師
 
2013年4月
 - 
2015年3月
長岡京市教育委員会 生涯学習課 主査
 
2012年4月
 - 
2013年3月
長岡京市教育委員会 生涯学習課 技師
 
2006年8月
 - 
2007年3月
大阪大学 特任研究員
 
2005年4月
 - 
2012年3月
枚方市教育委員会 中央図書館 市史資料調査専門員
 
2004年4月
 - 
2005年3月
枚方市教育委員会 枚方図書館 歴史資料整理員
 
2002年7月
 - 
2004年3月
枚方市 法制室 歴史資料整理員
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2007年3月
大阪大学 文学研究科 文化形態論専攻博士後期課程
 
1999年4月
 - 
2002年3月
大阪大学 文学研究科 文化形態論専攻博士前期課程
 
1995年4月
 - 
1999年3月
熊本大学 文学部 史学科
 

委員歴

 
2011年9月
 - 
2017年3月
茨木市史編さん委員会  執筆委員
 
2008年6月
 - 
2010年2月
枚方市 楠葉台場跡調査検討委員会  委員
 

Misc

 
楠葉台場研究の回顧と展望
馬部 隆弘
幕末の大阪湾と台場   184-204   2018年8月
伏見の津田家とその一族
馬部 隆弘
大阪大谷大学歴史文化研究 第18号   71-82   2018年3月
木沢長政の政治的立場と軍事編成
馬部 隆弘
南近畿の戦国時代   180-227   2017年12月
偽文書「椿井文書」が受容される理由
馬部 隆弘
近代日本の偽史言説   21-59   2017年11月
木沢長政の墓と遺族の動向
馬部 隆弘
八尾市立歴史民俗資料館研究紀要 第28号   1-7   2017年3月
細川京兆家の内訌と京郊の土豪―今村家の動向を中心に―
馬部 隆弘
史敏 2017春号(通巻15号)   114-137   2017年3月
『政基公旅引付』補注
『政基公旅引付』読書会
史敏 2017春号(通巻15号)   2-76   2017年3月
細川晴元に対する交渉と取次
馬部 隆弘
大阪大谷大学歴史文化研究 第17号   151-164   2017年3月
畠山家における奉書の展開と木沢家の出自
馬部 隆弘
大阪大谷大学歴史文化研究 第17号   134-150   2017年3月
摂津守護代薬師寺氏の寄子編成
馬部 隆弘
新修茨木市史年報 第15号   39-64   2017年3月
青年期の細川晴元
馬部 隆弘
戦国史研究 第73号   32-33   2017年2月   [査読有り]
細川晴元の取次と内衆の対立構造
馬部 隆弘
ヒストリア 第258号   85-112   2016年10月   [査読有り]
淀城と周辺の地域秩序―新出の中世土地売券を手がかりに―
馬部 隆弘
古文書研究 第81号   77-90   2016年6月   [査読有り]
細川澄元陣営の再編と上洛戦
馬部 隆弘
史敏 平雅行先生退職記念号(通巻14号)   51-88   2016年4月
奉行人奉書にみる細川京兆家の政治姿勢―勝元期から政元期にかけてを中心に―
馬部 隆弘
大阪大谷大学歴史文化研究 第16号   60-84   2016年3月
戦国期畿内政治史と細川権力の展開
馬部 隆弘
日本史研究 第642号   51-76   2016年2月   [依頼有り]
大名領国における公的城郭の形成と展開―「城督」を手がかりに―
馬部 隆弘
城館と中世史料   111-144   2015年9月
細川高国の近習とその構成―「十念寺念仏講衆」の紹介と分析―
馬部 隆弘
年報中世史研究   第40号 81-108   2015年5月   [査読有り]
細川高国の近習と内衆の再編
馬部 隆弘
史敏   2015春号(通巻13号) 1-42   2015年3月
明治八年の小笠原島調査日記
馬部 隆弘
年報近現代史研究   第7号 65-84   2015年3月   [査読有り]
細川高国の家督継承と奉行人
馬部 隆弘
戦国史研究   第69号 31-32   2015年2月   [査読有り]
「堺公方」期の京都支配と柳本賢治
馬部 隆弘
ヒストリア   第247号 129-157   2014年12月   [依頼有り]
「堺公方」期の京都支配と松井宗信
馬部 隆弘
中近世の領主支配と民間社会   59-83   2014年10月
勝龍寺城近隣の堀跡について
馬部 隆弘
城郭研究の軌跡と展望Ⅲ   36-39   2014年10月
長岡京市への流入文書の紹介と若干の雑感
馬部 隆弘
乙訓文化遺産   18号 15-27   2014年8月
細川国慶の上洛戦と京都支配
馬部 隆弘
日本史研究   第623号 28-56   2014年7月   [査読有り]
三好元長の下山城郡代
馬部 隆弘
日本歴史   第792号 85-93   2014年5月   [査読有り]
神足家旧蔵文書の復元的考察
馬部 隆弘
史敏   2014春号(通巻12号) 52-77   2014年3月
山城国相楽郡賀茂郷の土豪と文書
賀茂郷文書研究会
史敏   2014春号(通巻12号) 2-51   2014年3月
上山城守護代の内堀東雲軒
馬部 隆弘
戦国史研究   第67号 34-35   2014年2月   [査読有り]
西園寺公望別邸清風荘の執事所蔵文書
馬部 隆弘
ヒストリア   第242号 80-101   2014年2月   [査読有り]
細川晴国陣営の再編と崩壊―発給文書の年次比定を踏まえて―
馬部 隆弘
古文書研究   第76号 41-61   2013年12月   [査読有り]
松江藩士神谷家の蒐集文書
馬部 隆弘
史敏   2013夏号(通巻11号) 125-135   2013年7月
京都守護職会津藩の地方支配
馬部 隆弘
史敏   2013夏号(通巻11号) 29-74   2013年7月
茄子作の村落秩序と偽文書(下)―近現代の修史事業と伝承―
馬部 隆弘
枚方市史年報   第15号 1-28   2013年3月
桂川合戦前夜の細川晴元方による京都包囲網
馬部 隆弘
戦国史研究   第65号 35-36   2013年2月   [査読有り]
京都府長岡京市に残る豊臣政権関係の史料三点
馬部 隆弘
織豊期研究   第14号 66-72   2012年10月   [査読有り]
細川晴国・氏綱の出自と関係―「長府細川系図」の史料批判を兼ねて―
馬部 隆弘
戦国・織豊期の西国社会   303-341   2012年10月
枚方寺内町の沿革と対外関係―「私心記」の相対化をめざして―
馬部 隆弘
史敏   村田修三先生古稀記念号(三)(通巻10号) 56-95   2012年6月
細川国慶の出自と同族関係
馬部 隆弘
史敏   村田修三先生古稀記念号(二)(通巻9号) 60-74   2011年10月
茄子作の村落秩序と偽文書(上)―近世宮座の勢力抗争―
馬部 隆弘
枚方市史年報   第14号 18-60   2011年4月
写真にみる北河内軍事施設の戦中・戦後
馬部 隆弘
発掘・復元・検証 いま、よみがえる枚方の20世紀   57-75   2011年1月
御三卿職制の形成過程―流出文書の古文書学的検討―
馬部 隆弘
史敏   2010秋号(通巻7号) 63-111   2010年9月
堺町人出身の旗本鹿塩氏について―河内国正保郷帳の補填―
馬部 隆弘
史敏   2010秋号(通巻7号) 35-48   2010年9月
幻の楠葉台場設計図
馬部 隆弘
枚方市史年報   第13号 48-55   2010年4月
享保期の新田開発と出口寺内町
馬部 隆弘
枚方市史年報   第13号 27-40   2010年4月
淀川警衛体制と京都守護職会津藩の関門構想
馬部 隆弘
ヒストリア   第217号 47-73   2009年10月
信長上洛前夜の畿内情勢―九条稙通と三好一族の関係を中心に―
馬部 隆弘
日本歴史   第736号 16-33   2009年9月   [査読有り]
元和・寛永期における交野郡の村落支配―「誓円ノ日記」を手がかりに―
馬部 隆弘
枚方市史年報   第12号 40-51   2009年4月
牧・交野一揆の解体と織田政権
馬部 隆弘
史敏   2009春号(通巻6号) 51-80   2009年4月
交野天神社末社貴船神社の祭祀構造と樟葉宮伝承地
馬部 隆弘
枚方市建造物調査報告Ⅵ 枚方市指定文化財交野天神社末社貴船神社本殿保存修理工事概報   55-78   2009年3月
戦国期における石清水八幡宮勢力の展開と寺内町―肥後藩士小篠家と河内国招提寺内の関係を手がかりに―
馬部 隆弘
熊本史学(のち『日本史学年次別論文集』に再録)   第89・90・91合併号 27-54   2008年10月
京都守護職会津藩の京都防衛構想とその実現過程―河内国交野郡楠葉村における台場修築の事例から―
馬部 隆弘
城館史料学   第6号 61-78   2008年7月   [査読有り]
史料紹介「誓円ノ日記」(一)
馬部 隆弘
枚方市史年報   第11号 46-56   2008年4月
史料紹介「布施山息長寺縁起」
馬部 隆弘
史敏   2008春号(通巻5号) 113-117   2008年4月
有明海沿岸における条里と開発に関する一史料―(財)江北図書館所蔵「長禄三年高城寺領南里田地目録」の紹介―
馬部 隆弘
史敏   2008春号(通巻5号) 82-94   2008年4月
椿井政隆による偽文書創作活動の展開
馬部 隆弘
忘れられた霊場をさぐる3   53-63   2008年3月
一七世紀中葉の代官手代宛書状群―幕領代官平野藤次郎と元締手代片岡宗信のやりとり―
馬部隆弘・蓮井岳史
大阪の歴史   第70号 99-123   2007年12月
京都守護職会津藩の京都防衛構想と楠葉台場
馬部 隆弘
ヒストリア   第206号 135-162   2007年9月
法隆寺旧蔵大般若経と「要義綱集」―三浦蘭阪蒐集古代・中世文書補遺―
馬部 隆弘
枚方市史年報   第10号 47-54   2007年8月
近世後期における淀川水系の環境変化と天の川橋
馬部 隆弘
枚方市史年報   第10号 31-46   2007年8月
永禄九年の畿内和平と信長の上洛―和泉国松浦氏の動向から―
馬部 隆弘
史敏(のち『日本史学年次別論文集』に再録)   2007春号(通巻4号) 48-72   2007年4月
蘭阪随筆―翻刻と解説―
加島美和・中野賢治・馬部隆弘
三浦家文書の調査と研究   249-284   2007年3月
一七世紀後半における医家由緒の創作と大名家への仕官―久居藩藤堂家に仕えた医師田丸家二代の生涯―
馬部 隆弘
三浦家文書の調査と研究   209-248   2007年3月
畠山氏による和泉守護細川家の再興―「河州石川郡畑村関本氏古文書模本」の紹介―
馬部 隆弘
三浦家文書の調査と研究   195-208   2007年3月
三浦蘭阪の古文書蒐集―大山崎における調査を中心に―
馬部隆弘・松永和浩
三浦家文書の調査と研究   175-194   2007年3月
史料翻刻 三浦蘭阪蒐集古代・中世文書
田村正孝・中野賢治・長谷川裕峰・馬部隆弘・松永和浩・森榮倫
三浦家文書の調査と研究   61-121   2007年3月
旗本水野家の陣屋支配と坂村・岡田家・三浦家
蓮井岳史・馬部隆弘
三浦家文書の調査と研究   3-44   2007年3月
本阿弥光悦書状・松花堂昭乗書状
馬部 隆弘
まんだ   第88号 40-44   2006年12月
枚方宿とその周辺の高槻藩預所支配―触の廻達を中心に―
馬部 隆弘
まんだ   第87号 32-36   2006年8月
蝦夷の首長アテルイと枚方市―官民一体となった史蹟の捏造―
馬部 隆弘
史敏   2006春号(通巻3号) 72-90   2006年4月
河内国楠葉の石清水八幡宮神人と室町将軍家祈願寺伝宗寺―寺内町成立前史―
馬部 隆弘
枚方市史年報(のち『日本史学年次別論文集』に再録)   第9号 15-50   2006年4月
城郭政策比較試論―西国における「城督」を手がかりに―
馬部 隆弘
中世城郭研究   第19号 252-255   2005年7月
偽文書からみる畿内国境地域史―「椿井文書」の分析を通して―
馬部 隆弘
史敏(のち『日本史学年次別論文集』に再録)   2005春号(通巻2号) 43-82   2005年4月
ある商人の茸狩り
馬部 隆弘
大阪春秋   第118号 32   2005年4月
史料紹介 一五~一六世紀の楠葉今中家文書―中世都市楠葉の構造分析序説―
馬部 隆弘
枚方市史年報   第8号 47-58   2005年3月
大阪府枚方市所在三之宮神社文書の分析―由緒と山論の関係から―
馬部 隆弘
ヒストリア   第194号 94-121   2005年3月   [査読有り]
三浦家の言順堂と文化人グループ
馬部 隆弘
大阪春秋   第117号 49-51   2005年1月
戦国期毛利氏の領国支配における「検使」の役割
馬部 隆弘
ヒストリア   第192号 77-108   2004年11月   [査読有り]
大阪府枚方市に残る織豊政権関係の史料四点
馬部 隆弘
織豊期研究   第6号 33-43   2004年10月   [査読有り]
城郭由緒の形成と山論―「津田城主津田氏」の虚像と北河内戦国史の実態―
馬部 隆弘
城館史料学   第2号 1-37   2004年7月   [査読有り]
史料紹介 津田村役人日記「見聞録」補遺―文化元年~文化六年―
馬部 隆弘
枚方市史年報   第7号 31-44   2004年3月
戦国期の諜報活動と山伏―毛利領国の事例から―
馬部 隆弘
史敏   2004春号(通巻1号) 6-9   2004年3月
戦国期毛利領国における「塀隔子」の構造と役割
馬部 隆弘
中世城郭研究   第17号 158-173   2003年7月
史料紹介「旗本永井家知行所御用記録」―市域の旗本知行支配解明にむけて―
馬部 隆弘
枚方市史年報   第6号 17-29   2003年6月
城郭支配政策からみた戦国期毛利氏の権力構造
馬部 隆弘
新視点中世城郭研究論集(のち『論集戦国大名と国衆17 安芸毛利氏』に再録)   87-128   2002年8月

書籍等出版物

 
戦国期細川権力の研究
馬部 隆弘
吉川弘文館   2018年10月   
近畿の城郭 Ⅳ
馬部 隆弘 (担当:分担執筆, 範囲:枚方寺内 p340-342)
戎光祥出版   2017年8月   
新修茨木市史 第2巻 通史Ⅱ 
馬部 隆弘 (担当:分担執筆, 範囲:織豊期の茨木 p2-55)
茨木市   2016年7月   
近畿の名城を歩く―滋賀・京都・奈良編―
馬部 隆弘 (担当:分担執筆, 範囲:勝龍寺城 p226-229)
吉川弘文館   2015年6月   
近畿の城郭 Ⅱ
馬部 隆弘 (担当:分担執筆, 範囲:開田城 p143-145)
戎光祥出版   2015年4月   
近畿の名城を歩く―大阪・兵庫・和歌山編―
馬部 隆弘 (担当:分担執筆, 範囲:私部城(交野城) p70-73)
吉川弘文館   2015年3月   
近畿の城郭
馬部 隆弘 (担当:分担執筆, 範囲:津田城 p267-269/犬田城 p270-272)
戎光祥出版   2014年8月   
枚方の歴史
馬部 隆弘 (担当:分担執筆, 範囲:戦乱の枚方 p101-150)
松籟社   2013年5月   
茄子作村中西家文書の研究―小身旗本長井氏の幕末維新―
馬部 隆弘
枚方市立中央図書館市史資料室   2010年9月   
大阪の地名由来事典
馬部 隆弘 (担当:分担執筆)
東京堂出版   2010年8月   
大阪府枚方市所在 楠葉台場跡―京都を守る幕末の関門―
馬部 隆弘 (担当:分担執筆, 範囲:p1-12)
枚方市教育委員会   2010年7月   
楠葉台場跡(史料編)
馬部 隆弘
枚方市教育委員会 (財)枚方市文化財研究調査会   2010年2月   
招提村片岡家文書の研究
馬部 隆弘
枚方市立中央図書館市史資料室   2009年3月   
江戸時代の医師三浦蘭阪の古文書コレクション―枚方で発見された古代・中世文書―
馬部 隆弘
枚方市立中央図書館市史資料室   2007年10月   
くずは物語
馬部 隆弘 (担当:監修)
楠葉地域学習教材制作委員会   2007年3月   
枚方・交野今昔写真帖
馬部 隆弘 (担当:分担執筆, 範囲:暮らしのなかで p83-106)
郷土出版社   2005年10月   
重要文化財交野天神社本殿及び交野天神社末社八幡神社本殿保存修理報告書
馬部 隆弘 (担当:分担執筆, 範囲:枚方市楠葉と交野天神社の概要 p1-3/『交野天神縁起』 p41-43)
交野天神社   2005年8月   
図説近畿中世城郭事典
馬部 隆弘 (担当:分担執筆, 範囲:津田城 p200-201/犬田城 p202-203)
2004年12月   

講演・口頭発表等

 
戦国期畿内政治史と細川権力の展開 [招待有り]
馬部 隆弘
日本史研究会大会   2015年10月11日   
「堺公方」期の京都支配と柳本賢治 [招待有り]
馬部 隆弘
大阪歴史学会大会   2014年6月29日   
城郭政策比較試論 ―西国における「城督」を手がかりに― [招待有り]
馬部 隆弘
全国城郭研究者セミナー   2004年7月31日