TAKAMURA Soichi

J-GLOBAL         Last updated: Dec 22, 2018 at 12:44
 
Avatar
Name
TAKAMURA Soichi
Affiliation
University of Shizuoka
Section
School of Nursing
Job title
Lecturer,lecturer
Other affiliation
Tokyo Healthcare University

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Misc

 
コミュニケーションツールとして学生が統合失調症患者にアロマオイルを用いた手浴・足浴をすることの検討
近藤 美保, 篁 宗一, 遠藤 りら
日本看護科学学会学術集会講演集   37回 [O56-3]   Dec 2017
看護実践における疫学・臨床疫学の機能と役割に関する一提案
猫田 泰敏, 篁 宗一, 吉野 亨
日本公衆衛生学会総会抄録集   75回 314-314   Oct 2016
大学生のメンタルヘルス教育の開発と評価
篁 宗一, 清水 隆裕, 猫田 泰敏
日本公衆衛生学会総会抄録集   75回 547-547   Oct 2016
大学生のメンタルヘルスリテラシー教育の開発と支援ネットワークの構築
篁 宗一, 清水 隆裕, 猫田 泰敏
全国大学メンタルヘルス研究会報告書   37回 93-96   Mar 2016
看護学部学生の学業とアルバイトに関する実態調査
若杉 早苗, 松井 謙次, 篁 宗一, 佐久間 佐織, 山村 江美子, 安田 智洋, 山本 智子, 松岡 亜希, 柴田 めぐみ, 鮫島 道和, 聖隷クリストファー大学看護学部学生委員会
聖隷クリストファー大学看護学部紀要   (24) 33-45   Mar 2016
本調査は、東海地方にあるA看護系大学に在籍する623名を対象に、アルバイト実施の実態と学業への影響を把握し、学生指導の方向性を検討することを目的に実施した。本論では、アルバイトが原因と思われる眠気や体調不良について学業への影響の有無とアルバイトの職種、実施時期、週の回数などの実施状況から、学業に影響を及ぼす要因を探ると共に、学生のアルバイト経験から得られたことの自由記載内容を社会人基礎力(箕浦、2014)を参考に分析し、社会性の発達効果について検討した。本調査の結果、学業に影響を及ぼす要因...

Research Grants & Projects

 
development of mental health education
development of mental health education
development of mental health education
Project Year: 2004   
development of mental health education