SHIMADA Muneaki

J-GLOBAL         Last updated: Nov 30, 2018 at 10:10
 
Avatar
Name
SHIMADA Muneaki
Section
Graduate School of Medicine

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Jul 2018
 - 
Today
Associate Professor, Department of Gynecology, Tohoku University Graduate School of Medicine
 
Aug 2016
 - 
Jun 2018
Associate Professor, Department of Gynecology, Tohoku University Hospital
 

Published Papers

 
Matsuo K, Shimada M, Yamaguchi S, Kanao H, Nakanishi T, Saito T, Kamiura S, Iwata T, Mikami M, Sugiyama T
International journal of cancer   142(5) 1022-1032   Mar 2018   [Refereed]
Matsuo K, Shimada M, Saito T, Takehara K, Tokunaga H, Watanabe Y, Todo Y, Morishige KI, Mikami M, Sugiyama T
Journal of gynecologic oncology   29(1) e11   Jan 2018   [Refereed]
Kojima A, Shimada M, Mikami Y, Nagao S, Takeshima N, Sugiyama T, Teramoto N, Kiyokawa T, Kigawa J, Nishimura R, Sankai Gynecology Study Group.
International journal of gynecological cancer : official journal of the International Gynecological Cancer Society   28(1) 99-106   Jan 2018   [Refereed]
Matsuo K, Shimada M, Yokota H, Satoh T, Katabuchi H, Kodama S, Sasaki H, Matsumura N, Mikami M, Sugiyama T
Oncotarget   8(63) 106866-106875   Dec 2017   [Refereed]
Tsuji K, Watanabe Y, Tokunaga H, Shimada M, Watanabe M, Yaegashi N
The journal of obstetrics and gynaecology research   43(11) 1781-1783   Nov 2017   [Refereed]

Misc

 
【術前・術後補助化学療法の現在とこれから】 各がん腫における術前・術後補助化学療法の現在 婦人科がん
島田 宗昭, 徳永 英樹, 八重樫 伸生
臨床腫瘍プラクティス   14(3) 198-203   Aug 2018
<View Points!>▼子宮頸がんIB〜IIB期に対する術前補助化学療法(NAC)と広汎子宮全摘出術との集学的治療は、術後療法を必要とする症例を減少させるものの、生存期間延長への寄与を支持する科学的根拠はない。▼再発中・高リスク症例に対する標準的な術後治療は放射線療法/化学同時放射線療法であり、術後補助化学療法の有用性を支持する明確な科学的根拠はない。▼術後合併症の最小化、治療成績の最善化の観点から、子宮頸がんIB〜II期に対する「高い局所制御を期する広汎子宮全摘出術と(術前/術後)...
不妊治療中に発見されたMixed germ cell tumorの一例
徳永 英樹, 渡邉 善, 立花 眞仁, 菅原 準一, 島田 宗昭, 八重樫 伸生
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   34(Suppl.I) 276-276   Aug 2018
婦人科鏡視下手術における尿管ステントの有用性の検討
永井 智之, 渡邊 善, 徳永 英樹, 立花 眞仁, 島田 宗昭, 新倉 仁, 八重樫 伸生
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   34(Suppl.I) 315-315   Aug 2018
腹腔鏡下付属器切除術後に発症した尿膜管膿瘍
石橋 ますみ, 徳永 英樹, 吉田 悠人, 品川 真澄, 湊 純子, 渋谷 祐介, 櫻田 尚子, 永井 智之, 島田 宗昭, 八重樫 伸生
日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   34(Suppl.I) 381-381   Aug 2018
【難治性婦人科悪性腫瘍の臨床最前線】 子宮頸部腺癌
工藤 敬, 島田 宗昭, 徳永 英樹, 新倉 仁, 山田 秀和, 八重樫 伸生
産婦人科の実際   67(7) 739-744   Jul 2018
<文献概要>子宮頸部腺癌は扁平上皮癌に比して,化学療法や放射線療法に対する感受性が低く,腺癌は扁平上皮癌よりも予後不良と認識されている。しかしながら,腺癌に特化した臨床研究は極めて少なく,組織型に基づく治療の個別化を支持するエビデンスはないことから,扁平上皮癌に準じた治療が行われている。わが国では,IB〜II期では手術療法と化学療法との集学的治療,III〜IVA期では放射線療法と化学療法との集学的治療,IVB期・再発例には化学療法による予後改善が図られてきた。がんのゲノム解析が急速に進み,...